渡瀬恒彦 胆のうがんに関するニュース

『十津川警部シリーズ』から渡瀬と伊東が降板!惜しむ声続々

しらべぇ / 2016年08月26日20時30分

十津川警部役が渡瀬恒彦から内藤剛志へ、亀井刑事役が伊東四朗から石丸謙二郎にそれぞれ交代となる。1992年からコンビを組み、「ハマリ役」となっていた両者だけに視聴者からはショックの声が。恒ちゃんが...伊東四朗との十津川警部はテッパン。個人的にはSMAP解散よりショック。渡瀬恒彦は私の永遠のヒーローさ...— Palm (@palm0107) August [全文を読む]

渡瀬恒彦 胆のうに腫瘍、闘病しながらドラマ撮影継続

NEWSポストセブン / 2016年05月25日16時00分

俳優・渡瀬恒彦(71才)が現在闘病中であることが明らかになった。昨秋に詳細な健康診断を受けたところ、胆のうに腫瘍が見つかったという──。 4月スタートのドラマ『警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日系)が好調だ。2006年4月にスタートしたロングランの刑事ドラマで、今回がシリーズ第11弾。渡瀬恒彦がいぶし銀のキレ者刑事を熱演し、V6の井ノ原快彦(40才)、羽田美 [全文を読む]

現場で国会議員を一喝! “ケンカ最強”故・渡瀬恒彦さんの知られざる武勇伝

日刊サイゾー / 2017年03月18日11時00分

人気俳優の渡瀬恒彦さんが3月14日、胆のうがんによる多臓器不全のため、都内の病院で死去した。72歳だった。4月スタートのテレビ朝日系ドラマ『警視庁捜査一課9係』に出演予定だったが、所属事務所の発表では、2月中ごろ左肺に気胸を発症し、入院治療していたという。 「2015年の秋に、胆のうがんで闘病中であることを告白しましたが、ドラマの撮影現場で、闘病の話は一切 [全文を読む]

渡瀬恒彦 胆のうがんは「小康状態」も新作ドラマ進行中

NEWSポストセブン / 2017年01月19日07時00分

渡瀬恒彦(72才)はその事故を振り返り、平然とこう言ってのける。「結果的には、芝居の幅が広がりましたね」──。 渡瀬が女性セブンに「胆のうがん」闘病を告白したのは昨年6月のことだ。胆のうがんは自覚症状がないため早期発見が難しく、検診の超音波検査で偶然見つかるケースがほとんど。すぐに手術で摘出するのが一般的だが、発見時にはすでに他の部位に転移していて、手術が [全文を読む]

森友学園問題 籠池理事長&昭恵夫人の「神ってる」発言を検証

文春オンライン / 2017年03月25日07時00分

渡瀬恒彦 (緊張してNGを出した貫地谷しほりに)美しいことじゃない。 貫地谷しほりインスタグラムより 3月20日 貫地谷しほりインスタグラムより 3月14日、胆のうがんのために死去した俳優の渡瀬恒彦さん。かつて朝の連続テレビ小説『ちりとてちん』で共演した女優の貫地谷しほりは自らのインスタグラムに追悼の言葉を綴った。 緊張のあまり、長セリフでNGを出し [全文を読む]

渡瀬恒彦さん 闘病中駆けつけていた元妻・大原麗子さんの法要

WEB女性自身 / 2017年03月25日06時00分

3月14日に死去した渡瀬恒彦さん(享年72)。渡瀬さんは往年の東映アクション映画で頭角を現し、その後、演技派のベテラン俳優として活躍を続けていた。最近では脳梗塞を患ったあとに胆のうがんを発症、約1年半にわたって闘病中だった。 渡瀬さんが医師から胆のうがんを発症していることを告知される直前の15年8月2日、元妻で女優・大原麗子さん(享年62)の7回忌法要にそ [全文を読む]

がん闘病の渡瀬恒彦が連ドラ復帰 兄・渡哲也と励まし合う

NEWSポストセブン / 2017年02月24日07時00分

それを“みんなでやってみようよ”と言ってもらえた」 がんと闘いながらでも「演じられることの喜び」を噛みしめたのは、渡瀬恒彦(72才)だ。主役を務めるドラマシリーズ『警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日系)のこの4月からの放送が発表され、取材会で心境を吐露した。 昨年、女性セブン6月9日・16日号で胆のうがん闘病中であることを告白。2015年秋にがんが発覚した後 [全文を読む]

がん治療の渡瀬恒彦、苦渋の十津川警部降板 後任は内藤剛志

NEWSポストセブン / 2016年08月25日16時00分

「十津川警部」といえば、渡瀬恒彦(72才)だ。1992年からおよそ四半世紀にわたって、これまで計54作品で演じ続けてきた。部下の「亀井警部補」役の伊東四朗(79才)との名コンビで、次回作もお茶の間に登場し、トラベルミステリーを解決していくはずだった。ところが、下田のロケに、渡瀬の姿はない。《撮影現場が僕に力をくれます。ご心配おかけしましたが、「9係」、その [全文を読む]

渡哲也の今…弟・渡瀬恒彦さんの最期を苦しめた肺気腫と闘う

NEWSポストセブン / 2017年03月31日07時00分

スペシャルドラマ『そして誰もいなくなった』(テレビ朝日系、3月25、26日放送)のクライマックスで、渡瀬恒彦さん(享年72)が遺した最期の演技だ。多くのファンや視聴者がその熱演に、現実での渡瀬さんとの突然の別れを重ね、改めてその俳優魂に震えたに違いない。 渡瀬さんはその放送の11日前、3月14日に亡くなった。 「入院中もベッドの横に『警視庁捜査一課9係』の [全文を読む]

フジは4月期も惨敗! 嵐メンバーの独壇場だった「春ドラマ総まとめ」

日刊サイゾー / 2016年06月27日18時00分

06年4月期にシーズン1がスタートした『警視庁捜査一課9係』のシーズン11(テレビ朝日系/渡瀬恒彦主演/水曜午後9時~)は、平均12.2%で根強い人気を示した。11話すべてで2ケタ台を記録する抜群の安定感で、平均視聴率も11シーズン連続で2ケタ台をマーク。渡瀬は胆のうがんと闘いながら撮影を続けたというが、その役者根性には敬意を表したい。 竹野内豊主演の弁 [全文を読む]

フォーカス