渡辺淳一 川島なお美に関するニュース

がん告白の川島なお美が大物作家から受けた寵愛秘話

東京ブレイキングニュース / 2014年07月07日13時10分

奇しくも「失楽園愛」が報じられ、4月30日に逝去した直木賞作家・渡辺淳一氏と同じ病魔に侵されていることが明らかになった。 「ふたりの付き合いが始まったのは、映画『失楽園』の主演を狙った川島なお美からの猛烈なアピールから。ルックスにもベッドテクにも自信満々だった川島でしたが、氏からはダメ出しの連続で逆に手ほどきを受けるようになっていた。男女としての仲は終始、 [全文を読む]

川島なお美、女優としての仕事とその人柄ーー岡田惠和作品ではコメディのセンスも

リアルサウンド / 2015年09月26日08時22分

「川島さんの一般的な代表作というと、やはり渡辺淳一さん原作の『失楽園』が挙げられますが、個人的にはその前後に出演した『イグアナの娘』や『可愛いだけじゃダメかしら?』など、岡田惠和さんが脚本を手がけた作品の演技が印象に残っています。『イグアナの娘』では、娘を愛することができない母親・青島ゆりこをシリアスに演じて評価されましたし、コメディタッチの青春ドラマ『 [全文を読む]

川島なお美の「遺品」大量処分で夫・鎧塚氏を直撃!

アサ芸プラス / 2015年11月21日17時57分

著者は故・渡辺淳一氏(享年80)。その表紙裏には、〈川島なお美さんへ〉 と、著者の直筆サインが記されていた。渡辺氏が川島に宛てた贈呈本のようだ。週刊アサヒ芸能に写真を提供した古物商関係者が語る。「11月の初旬に、複数の業者を介して、ある熱心なファンの手に渡ったと聞いています」 その本は、夫でパティシエの鎧塚俊彦氏(50)が大量処分した「遺品」の一部だという [全文を読む]

百田尚樹だけじゃない! 2014お騒がせ小説家No.1は誰だ!?●文芸編集者匿名座談会

リテラ / 2014年12月31日13時30分

渡辺淳一にもたかじんと同様のトラブルが勃発?■X 今年の文壇をふりかえるってことなんだけど、これまで以上に今年はとにかく本が売れなくて、さみしい状況だったね。とくに、小説は......。Y 1位が「半沢直樹」シリーズの最新作『銀翼のイカロス』(池井戸潤)。同じく『ロスジェネの逆襲』も5位にランクインしているね。去年の半沢直樹ブームの余波が1位で、9位の『 [全文を読む]

石田純一が川島なお美さん葬儀で超“KY発言”マスコミからは「ボケたの?」と心配の声も……

日刊サイゾー / 2015年10月08日13時00分

川島さんの出世作といえば、故・渡辺淳一さん原作のドラマ『失楽園』(日本テレビ系)。川島さんはヒロインを演じ、俳優・古谷一行との激しい濡れ場は当時大きな話題となった。 その『失楽園』に関して、石田は突然「実は謝らなくちゃいけないことがあって……」と切り出し、次のように続けた。 「このドラマは渡辺淳一先生が僕をイメージして書いたと聞いて、ドラマ化のときは主演 [全文を読む]

川島なお美の陶酔と強さが私たちの不安を救う――失笑されても「私は女優」

ウートピ / 2015年10月02日19時04分

渡辺淳一の「女優はさらけだしてなんぼだ」という言葉に従ったのではないかと書かれていた。「女優はさらけだしてなんぼ」の是非はおいといて、川島が自分をさらけ出し続けたことは事実である。14年1月、胆管がんの手術を受けたあと、2014年2月6日から公式ブログで不定期に自叙伝を書き始めた。2014年2月11日には「お笑いマンガ道場」について「女優への階段をあがる [全文を読む]

川島なお美と渡辺淳一の密会をスクープ、「噂の真相」岡留編集長が語る女優・川島なお美の美学と肝っ玉

リテラ / 2015年10月01日13時14分

それが昨年逝去したベストセラー作家・渡辺淳一との関係だ。 女子大生DJとして芸能界入りし女優に転身した川島だが、長らく不遇時代にあった。その後へアヌード写真集の出版や映画『極道の妻たち』への出演など徐々に女優としての地位を確立していくのだが、それを決定的なものにしたのが1997年に放映されたドラマ『失楽園』(日本テレビ系)に主演女優として抜擢されたことだっ [全文を読む]

川島なお美 渡辺淳一さん一周忌で明かした追憶秘話

WEB女性自身 / 2015年04月29日11時00分

「先日、渡辺淳一先生のお墓参りへ秘書の方と行ってきました。ソメイヨシノが散り際で、桜の花びらがまるで絨毯のように敷き詰められて……。墓前で手を合わせていると、花びらが舞い降りてきて、『桜の時期になったら俺のことを思い出してくれ』と、先生がそうおっしゃっているように思えました」直木賞作家・渡辺淳一さんが前立腺がんで亡くなったのは昨年4月30日。不倫愛の代名詞 [全文を読む]

渡辺淳一お別れ会で 黒木瞳と川島なお美鉢合わせ心配された

NEWSポストセブン / 2014年08月01日07時00分

7月28日、4月30日に前立腺がんのため、この世を去った作家の渡辺淳一さん(享年80)の『お別れの会』が、都内のホテルで営まれた。 この日、渡辺さんとの最後の別れを惜しんで、文壇をはじめ映画、出版、芸能界から約850人が会場に駆けつけた。その中には、渡辺作品の映画『愛の流刑地』で主演を務めた豊川悦司(52才)や渡辺作品11本に出演した津川雅彦(74才)、『 [全文を読む]

渡辺淳一氏お別れ会で勃発 黒木瞳と川島なお美「女の意地」

NEWSポストセブン / 2014年08月03日16時00分

7月28日、4月30日に前立腺がんのためこの世を去った作家の渡辺淳一さん(享年80才)の『お別れの会』が、都内のホテルで営まれた。 そこには、共演NGといわれてきた、映画『失楽園』で主演を務めた黒木瞳(53才)と川島なお美(53才)が同席した。2人とも渡辺さんとはただならぬ関係にあったと言われているが、『お別れの会』でのその胸中はいかに。17年前の映画『失 [全文を読む]

渡辺淳一さん 生前明かしていた「石田純一に僕の言葉が“盗まれた”…」

WEB女性自身 / 2014年05月18日07時00分

4月30日、小説家・渡辺淳一さんが前立腺がんのため逝去した。享年80。男女の性愛の世界を書き続け、不倫をテーマにした代表作『失楽園』は’97年に映画も大ヒットし、社会現象に。それだけに渡辺さんには不倫愛の第一人者としての強い自負も持っていたようだ。「’96年10月、石田純一さんの発言が世間で話題になっていたころです」と、親しかった知人が、こんなエピソードを [全文を読む]

『失楽園』川島なお美は“枕営業”だった──女と銀座を愛した作家・渡辺淳一さんを偲ぶ

日刊サイゾー / 2014年05月13日13時00分

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす! 直木賞作家の渡辺淳一さんが4月30日、前立腺がんのために死去した。享年80歳。渡辺さんは、テレビドラマ版『失楽園』に主演した川島なお美が今年3月、肝内胆管がんの手術を受けていたことが報じられた際、激励のメールを送っていたという。渡辺さんと川島 [全文を読む]

渡辺淳一 日経新聞に書かなかった有名女優との性豪交遊(2)「パーティでの猛アプローチ」

アサ芸プラス / 2013年02月13日09時59分

が、それもかなわぬうち、川島との前からつきあっていた渡辺氏の愛人が、2人を別れさせたのです」(文芸誌編集者) [全文を読む]

激やせ心配される川島なお美 堂々と出る姿に関係者が決意感じる

NEWSポストセブン / 2015年09月19日07時00分

その姿勢は、生前親交の深かった作家・渡辺淳一さん(享年80)の影響も大きかった。 「渡辺さんは、“女優はすべてをさらけ出してなんぼだ”とことあるごとに川島さんに言っていました。渡辺さんの言葉を信奉する彼女は、たとえ重い病に侵されようが今の自分を受け入れて、包み隠さず超然としています。彼女がことさら治療をしないのもその精神の表れでしょう」(前出・川島を知る関 [全文を読む]

故・渡辺淳一と川島なお美の“失楽園愛”真相

アサ芸プラス / 2014年05月20日09時58分

4月30日、濃厚な描写で男女の性愛を描き続けた直木賞作家・渡辺淳一氏(享年80)が、前立腺ガンで逝去した。特別な寵愛を受けた人気女優も、計り知れない衝撃に襲われたようだ。 渡辺氏の訃報を知り、女優・川島なお美(53)は、「ショックで何も言葉が出てきません。思い出がたくさんあり、気持ちの整理が今はつきません」 と、心境を吐露。かつて渡辺氏との“不倫旅行”を2 [全文を読む]

故・渡辺淳一氏「不倫なんかしても利益はない。危険なだけ」

NEWSポストセブン / 2014年05月10日16時00分

4月30日、前立腺がんのため、この世を去った作家の渡辺淳一さん(享年80)。渡辺さんは、男女の濃密な関係を描いた『愛の流刑地』や『鈍感力』など数々の作品を世に送り出す。特に映画やドラマにもなった『失楽園』は、作中の過激な性描写などが話題を呼び、流行語大賞を受賞するなど、一大ブームを巻き起こした。 「渡辺さんの恋愛小説が読者を引きつけたのは、単に性描写が刺激 [全文を読む]

【ウラ芸能】黒木瞳の涙は…?

NewsCafe / 2014年05月08日15時00分

記者「芸能界とのつながりも強かった作家の渡辺淳一さんが80歳で亡くなりましたね」デスク「イヤ、ちょっとショックだったね。オイラも一度先生にインタビューして原稿を書いたんだけど、『よく書けてるよ』っておほめの言葉をいただいたことがある」記者「いや、そんな話じゃなくて、訃報に接して女優の黒木瞳(53)や川島なお美(53)三田佳子(72)、男優でも役所広司(58 [全文を読む]

故・渡辺淳一氏の「お別れ会」で“共演NGすぎる”黒木瞳と川島なお美がニアミスか

日刊サイゾー / 2014年05月08日13時00分

『遠き落日』『失楽園』などで知られる直木賞作家の渡辺淳一氏が4月30日午後11時42分、前立腺がんのため、東京都内の自宅で亡くなったことが5日、各メディアで報じられた。享年80歳。喪主は妻、敏子さんが務め、すでに葬儀・告別式は親族で行ったという。 渡辺氏の死を受け、映画『失楽園』に出演した女優の黒木瞳は「今、訃報を知り、一人泣いています。先生に初めてお会い [全文を読む]

さようなら先生

クオリティ埼玉 / 2014年05月08日09時00分

大好きな渡辺淳一先生が逝ってしまった。 「愛の流刑地」「失楽園」などでブームを起こしたが、私はすべての作品を読破した、根っからのファンだ。 講演会にもサイン会にも出かけたし、札幌にある記念館にも行った。 先生の作品には素敵な宿泊地が出てくるが、映画のロケ地となった宿にも泊まった。 婚外恋愛という言葉や、エアロール(それがどうしたの?)ドレサージュ(調教)と [全文を読む]

海老蔵を土下座させた豪快伝説も!? 作家・渡辺淳一の体調不良に心配の声

サイゾーウーマン / 2013年11月10日15時30分

『愛の流刑地』(幻冬舎)、『失楽園』(講談社)などで知られ、2003年には紫綬褒章を受章した大物作家・渡辺淳一が、「週刊新潮」(新潮社)で連載中のコラム「あとの祭り」を先月から休載している。「週刊現代」(講談社)連載の「いくつになっても」は継続しているが、かねてから渡辺は体調が芳しくなかったようだ。 「渡辺氏は今年8月に階段から落ちてしまい、現在でも車椅子 [全文を読む]

フォーカス