桃田賢斗 田児賢一に関するニュース

【闇カジノ問題】バト2選手は氷山の一角?スポーツ界に蔓延る”悪しき習慣”

デイリーニュースオンライン / 2016年04月12日12時04分

バドミントン男子シングルスの桃田賢斗(21)と、2012年ロンドン五輪代表の田児賢一(26)が都内の違法カジノ店で賭博行為を行っていたことが明らかになった。これに対して4月10日、日本バドミントン協会は二人の処分を決定。田児賢一は無期限登録抹消、桃田賢斗は強化指定選手を解除され、メダルが期待されていた8月のリオオリンピックに派遣しないことを決めた。 さらに [全文を読む]

<桃田選手闇カジノ問題>「損切りできない人」と「仕組みを理解できない人」はギャンブルをやってはいけない

メディアゴン / 2016年04月10日07時40分

メディアゴン編集部* * *違法カジノ店での賭博行為により、リオ五輪代表の座を失うこととなったバドミントン日本代表・桃田賢斗選手の話題で持ちきりだ。今この時期になぜ、2人の賭博疑惑が発覚し、報道されてしまったかについての真相は定かではないが、桃田賢斗、田児賢一両選手の記者会見が開催された4月8日は、五輪エンブレムの最終候補作品の公開日。早くも不可解な繰り上 [全文を読む]

余りにも愚か......バド・田児賢一選手「KYな海外移籍」に見る深層と、待ち受ける地獄

Business Journal / 2016年05月10日14時00分

女子ダブルスの世界ランキング1位、高橋礼華選手と松友美佐紀選手や、賭博問題で桃田賢斗選手が世界ランキングから抹消された結果出場が決まった佐々木翔選手などが出席。 参加する選手たちには素直に頑張ってもらいたいものだが、その一方、桃田選手らの違法賭博の「起点」となった田児賢一選手が「マレーシア含めた海外のプロリーグに移籍の意向」が取りざたされ、その点でも非常に [全文を読む]

「闇カジノ問題」バドミントン・桃田賢斗の知られざる素顔(2)問題の闇カジノの実態とは?

アサ芸プラス / 2016年04月16日17時56分

闇カジノ「P」は新装開店から約2カ月後の昨年3月24日に警察の摘発を受けて閉店するまで、1億円以上を売り上げていたという。常連客の一人が語る。「24時間営業で朝も夜も関係なくにぎわっていた。定期的に開催されるビンゴ大会では、100万円近い腕時計を賞品として客に提供することもあった」 雑居ビルの最上階で営業していたカジノには、限られた人間しか入れなかった。「 [全文を読む]

裏カジノ賭博・桃田賢斗の母 ショックのあまり寝込む

NEWSポストセブン / 2016年04月16日16時00分

ただ残念なだけです…」 憔悴しきった表情で言葉を絞り出したのは、バドミントン選手・桃田賢斗(21才)の父親だった。 男子バドミントン選手の裏カジノ賭博問題が波紋を呼んでいる。今夏のリオデジャネイロ五輪でメダル獲得が有力視されていた桃田は、2012年のロンドン五輪代表である田児賢一(26才)に誘われて東京・墨田区の違法カジノ店に何度も出入りしていた。 誰より [全文を読む]

闇カジノ店長が語る「バトミントン」田児賢一の勝負師ぶり

WEB女性自身 / 2016年04月12日06時00分

リオ五輪の出場が絶望的となった桃田賢斗選手(21)が声を詰まらせると、ロンドン五輪代表だった田児賢一選手(26)は号泣しながらこう訴えた。 「桃田にもう一度チャンスを与えてやってください」 新旧バドミントン王者による 闇カジノ賭博 騒動はNTT東日本のOB2人に加え、部員6人の賭博行為へと拡大した。いずれも年長の田児選手が後輩たちを賭博に巻き込んだものだっ [全文を読む]

バドミントンの桃田賢斗、違法カジノ賭博でリオ五輪絶望=中国ネット「えっ!?そんなに厳しいの?」「これで日本は終わり」

Record China / 2016年04月08日10時50分

2016年4月7日、日本バドミントン協会が裏カジノに出入りしていた桃田賢斗をリオデジャネイロ五輪に派遣しない方針を固めたことに、バドミントン強豪国・中国のネットユーザーも注目している。 桃田賢斗と前回のロンドン五輪の代表だった田児賢一の2選手について、このほど違法な裏カジノに出入りしていたことが発覚。本人らも認めている。これを受け、両選手はマレーシアで行わ [全文を読む]

野球に続きバドミントンも!? 五輪候補・桃田賢斗選手「国内裏カジノ出入り」発覚で囁かれる「余波」と裏カジノの実態

Business Journal / 2016年04月07日14時00分

バドミントン男子シングルスでリオデジャネイロ五輪代表入りを確実とし、有力なメダル候補と期待される桃田賢斗選手が、ロンドン五輪代表だった田児賢一選手とともに国内の違法性が疑われる「カジノ」に出入りしていたと報じられた。2人は出入りしたことを認めている。 国内での「カジノ行為」は当然ながら違法。日本バドミントン協会は「JOCのジャッジも必要だが、違法ならアウト [全文を読む]

二世タレントの特権?清水アキラ三男への”大甘処分”で深まる疑念

デイリーニュースオンライン / 2017年02月15日11時40分

「昨年4月には、バドミントン日本代表の田児賢一(27)、桃田賢斗(22)が闇カジノに出入りしていたことが明るみになり、無期限試合出場停止処分を受けました。そして、プロ野球開幕直前に、巨人の選手が違法賭博に興じていたことが問題となり、数名が解雇処分を受けたことも記憶に新しく、世間の目もまだ厳しい時にこれです。今後、清水に対して厳しい声が飛ぶのは当然でしょう [全文を読む]

清水アキラ三男だけじゃない!? 違法賭博疑惑報道で“芋づる”候補の二世タレントN、紅白歌手T……

日刊サイゾー / 2017年02月11日09時00分

16年にはバドミントン元日本代表の桃田賢斗、田児賢一が東京・墨田区にある違法のバカラ賭博場に通っていたことが明らかになった。 しかし、問題人物は、これだけではないという。 「紅白出場したことのある男性歌手のTや、お騒がせのお笑いタレントKらの違法カジノ通いも芸能界では有名な話。今回の清水の報道は、氷山の一角にすぎませんよ」(同) 違法賭博は、言わずと知れた [全文を読む]

フォーカス