徳川家康 上杉謙信に関するニュース

株式会社モニタス「好きな戦国武将ランキング調査」を実施。堂々の1位は「変わり者」で有名なあの人!? そして、2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放送に先立ち、井伊直虎の人気についても公開!

DreamNews / 2016年12月29日12時00分

戦国時代から安土桃山時代に豊臣秀吉の臣下として活躍し、大坂夏の陣では、徳川家康をあと一歩まで追い詰めた猛将ぶりが人気を得たのか、14.5%との高い支持を集めました。3位は、11.7%を獲得した奥羽の独眼竜・伊達政宗。東北の戦国武将として武力も名を馳せましたが、その政治力、さらには慶長遣欧使節を派遣してスペインとの外交まで始めてしまうという先進的な視点をもっ [全文を読む]

【紀伊國屋書店 先行配信】 『徳川家康は二人だった 』『信長殺し、光秀ではない』など 八切止夫シリーズの電子書籍を発売

PR TIMES / 2013年10月11日17時10分

電子書籍レーベル「impress QuickBooks(R)」の新刊インプレスグループで出版物販売、電子出版物の販売を手掛ける株式会社インプレスコミュニケーションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大)は、電子書籍レーベル「impress QuickBooks(R)」(インプレス・クイックブックス)より、『徳川家康は二人だった 』『信長殺し、光秀で [全文を読む]

真の敵は酒中にあり!? 戦国武将と酒をめぐる喫驚エピソード4つ

サライ.jp / 2017年06月11日17時00分

西軍につくか東軍につくか、ギリギリまで悩み、結局は徳川家康の脅しに屈する形で東軍に加勢した。だがこれについて、最近では「肝疾患のせいで決断が遅れた」という新説が浮上している。秀秋は関ヶ原の戦後、若くして命を落としているが、これは幼い頃からの飲酒による肝硬変ではないかという見方は以前からあった。それに加味する形で、関ヶ原当時からすでに体調が芳しくなく、肝性脳 [全文を読む]

史上初!武田家の秘宝「清光」を『武将の末裔 伝家の宝刀』が誌上公開。高倉健さんの秘話も必読

PR TIMES / 2017年03月15日12時38分

刀剣にスポットを当て、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康らの末裔しか知りえない刀剣にまつわる事件を本誌だけに語ってもらいました。刀剣本は数多あれど、子孫が語るシリーズは本誌のみです。さらに武田家の秘宝「清光」を独占取材し初公開。刀コレクターとして知られた高倉健さんの(秘)エピソードも必見の価値ありです。 [画像: https://prtimes.jp/i/47 [全文を読む]

11/25(金)eラーニング『戦国武将に学ぶ相続(遺言)事業承継シリーズ「戦国武将に学ぶ相続、遺言」 「戦国武将に学ぶ事業承継」』開講!

DreamNews / 2016年11月25日15時00分

【受講対象者】相続・遺言に興味を持つ高齢者事業承継を考えている企業オーナー【価格】「戦国武将に学ぶ相続、遺言」 通常価格 9,000円(税込)「戦国武将に学ぶ事業承継」 通常価格 9,000円(税込)【講座収録時間】110分 【目次】「戦国武将に学ぶ相続、遺言」・講座ガイダンス・登場人物の説明、真田昌幸・黒田官兵衛・黒田長政・織田信長・豊臣秀吉・徳川家康[全文を読む]

「こどもの日」にぜひとも飾ってみたい!武将通ママ が選ぶ「五月人形に欲しい武将ランキング」3位 徳川家康 2位 伊達政宗 そして、1位は 上杉謙信

PR TIMES / 2016年04月19日10時27分

【調査結果トピックス】======================================1. 武将通ママが選ぶ「五月人形に欲しい武将」 1位は4割のママから支持を獲得 “上杉謙信”2. 一番人気は「兜飾り」 8割弱の母親が購入3. “健やかに育つよう願いを込めて飾りたい” 9割弱の母親が「男の子が生まれたら購入する」と回答============ [全文を読む]

武将が敵味方なく供養される高野山 織田信長と明智光秀も

NEWSポストセブン / 2016年03月03日11時00分

そこには徳川家康・秀忠、武田信玄・勝頼・上杉謙信、豊臣秀吉らも供養されている。 冥福を祈るための供養塔は、死者のゆかりの地に建てられることが多い。しかし、これだけ多くの塔が高野山に集まるのはなぜか──。 真言宗には、誰もが平等であるという教えがある。山全体が聖地とされる高野山は古くから「天下の総菩提所」と呼ばれ、ここを浄土と信じた人々の墓が宗派を超えてこの [全文を読む]

トーハン MVPブランド 初の書店向けオリジナルトミカ「タカラトミー トミカ武将コレクション」発売~第一弾の真田幸村をはじめ全6種のトミカを順次販売~

DreamNews / 2015年12月25日16時00分

以降、織田信長・上杉謙信・豊臣秀吉・武田信玄・徳川家康をイメージしたトミカが隔月で発売されます。コレクションボックスには全6種を収納可能で、トミカファン、戦国ファンも楽しめるコレクション性の高いアイテムです。 なお、展開書店の情報はトーハンのホームページ(http://www.tohan.jp/)、タカラトミーのホームページ(http://www.taka [全文を読む]

400年の美。なぜ狩野派だけが、天下人の心を捉えたか?

まぐまぐニュース! / 2015年12月20日19時00分

画壇に君臨し続けた絵師集団「狩野派」とは 今年は琳派の祖・本阿弥光悦が徳川家康から与えられた洛北・鷹峯の地に芸術村を開いてから400年となる記念の年でした。 京都国立博物館でも琳派展が開催され俵屋宗達、尾形乾山、酒井抱一の「風神雷神図屏風」が一堂に集まり展示されました。琳派や朝廷の絵所預(えどころあずかり)として活躍した土佐派など、日本美術史には京都を起 [全文を読む]

【毎週5作品が無料】『歴史群像デジタルアーカイブス』週替り無料キャンペーンを開催! 全470作品を紹介するカタログも配信中

PR TIMES / 2015年06月18日18時09分

[画像1: http://prtimes.jp/i/9949/180/resize/d9949-180-359116-1.jpg ]◇第1週 6月18日(木)~6月24日(水)「大坂の陣」特集<真田幸村と大坂の陣>豊臣家に引導を! 幸村の好敵手たち(大野信長)<真田幸村と大坂の陣>死ぬも生きるも共に 幸村の戦友たち(大野信長)<真田幸村と大坂の陣>真田丸、 [全文を読む]

「最強の戦国武将」は結局、誰だったのか? 「武勇、知略、動員力…」総合力は、この武将だ

東洋経済オンライン / 2017年06月01日10時00分

■確かに「戦国の覇者」は徳川家康だが…1467年に京都で始まった「応仁の乱」。足かけ11年にわたるこの戦いの終結後も、各地では争乱がやまず、その後100年以上ものあいだ、長く激しい戦乱の嵐が吹き荒れました。現代の私たちが「戦国時代」と呼ぶこの期間には、国内各地で群雄がひしめき、その中で数多くの伝説的英雄が誕生しています。彼らは歴史の教科書に限らず、テレビド [全文を読む]

豊臣秀吉は140cm45kgで170cmの織田信長は下戸説

NEWSポストセブン / 2016年07月21日07時00分

天下統一へ導いた「三英傑」と呼ばれる織田信長、豊臣秀吉、徳川家康にも思いがけない事実があった。 「信長は170cm、61kgという引き締まった体で比較的健康だったようですが、実は下戸という説もある」(同上) 戦国ドラマでは、信長が家臣と酒を酌み交わすシーンをよく見かけるが、どうやら史実ではなさようだ。 「一際小さかったのは秀吉。彼と会ったオランダ商館長のテ [全文を読む]

歴史を裏で支えた影の主役「忍者」。しかし「忍者」とは一体何者なのか―忍術・武器・食生活や掟まで「忍者」の実態を徹底解明!新刊書籍『もっと知りたい!忍者』(著者:日本忍者研究会)5月27日(金)発売!

DreamNews / 2016年06月01日18時00分

かの徳川家康は忍者に命を救われたこともあるのです。本書では、こうした忍者の武勇伝や戦での活躍ぶりはもちろん、実際におこなっていた忍術や、任務完遂に欠かせない忍器、食生活や細かい掟に至るまで、写真とイラストを使ってあらゆる角度から「忍者」に迫ります! ◇超人的な活躍はウソ? ホント?【変装術】親兄弟にも見破られてはならない!【飛術】“ムササビの術”は可能だっ [全文を読む]

真田幸村、徳川家康、坂本龍馬――戦国の名将や維新の名士が患った病を、現役医師が診断・解明!

PR TIMES / 2016年05月23日13時29分

徳川家康も恐れた勇将・真田幸村の「赤備え」には、医学的にも根拠があった。その家康落命を招いた、美食の一皿とは?坂本龍馬の破天荒な革命家気質の裏には“あの症状”が――? 名だたる名将・名士たちの人生も、歴史をも変えた病の謎に迫りつつ、現代医療での治療法も随所に提案する。国内外の医学・歴史・科学文献の最新情報に基づくon evidence(論拠のある)な姿勢 [全文を読む]

スマホゲーム初!漫画界のレジェンド・松本零士先生が参戦!!~完全描き下ろしの新武将はメーテル似!?~【スマホRPG『戦国修羅SOUL』】

PR TIMES / 2016年04月28日12時54分

キャンペーン期間:2016年4月28日(木)~4月30日(土) 23時59分[画像1: http://prtimes.jp/i/3670/656/resize/d3670-656-321001-1.jpg ]<登場する武将一覧>☆5武将銀河の戦士・宇宙大海賊 、銀河の旅人・宇宙美女、友の契・戦国悪魔武者、超生命・戦国悪魔武者、摩利支天・山本勘助、道鬼斎・山 [全文を読む]

武田信玄の武勇伝、上杉謙信の美談は嘘だった?謙信、“利益のない”戦いをひたすら続けた謎

Business Journal / 2015年07月08日23時00分

甲州軍学は幕府の旗本、御家人、譜代大名の間で流行しましたが、それもそのはず、徳川家康の家臣団には三河以来の家臣以外にも、旧武田家配下の武士たちが多く、それ以外の家来たちと張り合う意味もあって、「おれたちのご先祖さまは家康公も一目置く信玄公の家臣だったのだ」というのを自慢していたからです。 興味深いことに、この甲州軍学に対して越後軍学というのも江戸時代に流 [全文を読む]

1,200万人を突破した大人気恋愛ゲーム「イケメンシリーズ」待望の最新作『イケメン戦国◆時をかける恋』シリーズ初の豪華声優陣によるボイス機能を搭載し、サービス開始!

PR TIMES / 2015年06月22日17時31分

【キャラクターおよび、キャラクターボイス担当声優】・織田信長 CV : 杉田智和 ・伊達政宗 CV : 加藤和樹・真田幸村 CV : 細谷佳正 ・豊臣秀吉 CV : 鳥海浩輔・徳川家康 CV : 増田俊樹 ・明智光秀 CV : 武内駿輔・石田三成 CV : 山谷祥生 ・武田信玄 CV : 梅原裕一郎・上杉謙信 CV : 三浦祥朗 ・猿飛佐助 CV : 赤羽 [全文を読む]

鬼を殺した刀、長すぎる刀…オタク垂涎あの名刀の仰天伝説!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年05月30日11時30分

そんな名刀だが、源頼光が酒呑童子を退治したあとは足利将軍家、豊臣秀吉、本阿弥家、徳川家康、徳川秀忠、越前松平家ところころと持ち主が変わり、今では上野の東京国立博物館で保管されているようだ。こんなふうに持ち主が次々と手放したのも、ひょっとしたら妖刀としてのエピソードがあったからかも。しかし、そのエピソードもオタクからしたらたまらないものだろう。 また、童子切 [全文を読む]

信玄(甲斐)と謙信(越後)の2人の銅像が建つのは何県か?

NEWSポストセブン / 2012年06月29日07時00分

後に信玄は上洛を志して徳川家康・織田信長連合軍を三方原で破るも、病死。信玄の没後、謙信は越中・能登・加賀へ進出。“越後の雄”となるが、病に倒れる。 こうした歴史の教科書で学んだ偉人の顔を眺めながら偉業を感じ取るのも趣深い。 【プロフィール】 金子治夫(かねこ・はるお):1941年富山県生まれ。1959年に富山県立高岡工芸高校図案絵画科を卒業。1975年にコ [全文を読む]

東出昌大が語る司馬遼太郎の魅力――人生を変えた司馬文学

文春オンライン / 2017年06月11日17時00分

東軍の徳川家康と親交がありながら、親友の石田三成との信義を優先して西軍についた。その清廉潔白な姿に同じく「義の武将」である上杉謙信と共に憧れます。 語り尽くせぬ『坂の上の雲』の魅力 少し時代がさかのぼりますが、『空海の風景』も外すことはできません。父の実家が和歌山県だったので、高野山は目と鼻の先。「空海は凄い人なんだ」と言われて育ったそうです。父から私も [全文を読む]

フォーカス