鳩山邦夫 衆院議員に関するニュース

1999年都知事選との不思議な因縁

政治山 / 2016年07月21日11時50分

自民、党本部と都連の一部が分裂 1995年の都知事選でほとんど組織の力を借りずに当選した青島幸男知事が不出馬を表明し、民主党を離党した鳩山邦夫氏(今年6月21日死去)を後継指名しました。 一方、自民党本部は森喜朗幹事長が指揮を執って、明石康・元国連事務次長を擁立します。この年の10月に成立する自自公連立政権に配慮し、公明党との選挙協力を円滑にするために同 [全文を読む]

故・鳩山邦夫氏、急死の原因は「炭水化物抜きダイエット」だった? 激ヤセの裏に……

日刊サイゾー / 2016年06月23日18時00分

元首相、鳩山由紀夫氏の弟で、総務相や法相などを務めた自民党の鳩山邦夫衆院議員が67歳で死去したことが伝えられたが、原因が徹底して炭水化物を抜くダイエット法にあったのではないかと疑われているからだ。 死因は十二指腸潰瘍と発表されているが、鳩山氏はここ最近、激ヤセ。3月には党の地方創生実行統合本部長として、和歌山県を視察。政府関係機関の移転を進めるためのもので [全文を読む]

衆院補選勝利で浮上した解散説の裏事情

経済界 / 2016年11月16日13時59分

また、福岡6区は、鳩山邦夫元総務相の死去に伴うもので、次男の二郎氏と、自民党福岡県連が推す蔵内謙氏の公認争いがまとまらず、ともに無所属での出馬となった。保守分裂選挙である。“弔い合戦”と位置付けた二郎氏が10万6531票を獲得しての勝利。民進候補の新井氏には約6万6千票、蔵内氏には8万5千票近く引き離しての圧勝。鳩山氏は当選後、自民の追加公認を得た。 一 [全文を読む]

【蓮舫代表初めての選挙】裏切りと欲望渦巻いた衆院補選東京都第10区

東京ブレイキングニュース / 2016年10月26日15時01分

まあなんていっても東京都第10区は東京都知事選に転出した小池百合子氏の後継選出でしたし、福岡県第6区は6月21日に亡くなった鳩山邦夫元総務相の弔い合戦でしたからね。 しかし個別的に見れば、チョロチョロしすぎの人が多かったですね。まず民進党の蓮舫代表、あんたよ! 「僕はずっと新潟に取材に行っていたんだけど、蓮舫の評判って最悪だったわ」 衆院補選の投開票日に、 [全文を読む]

小池百合子「国民に大ウケ」本当の理由

日刊大衆 / 2016年10月24日11時00分

6月に急逝した故・鳩山邦夫氏の次男、鳩山二郎候補の応援演説のためだ。「福岡6区は自民公認の調整がつかず、鳩山候補と自民福岡県連会長だった蔵内勇夫県議の長男・蔵内謙候補が無所属のまま争う分裂選挙になっています。生前の邦夫氏と親交があった小池都知事が義理堅く応援に駆けつけてくれたことは、二郎候補にとって百人力でしょうね」(前同) [全文を読む]

「条例破り」の争点も虚しい埼玉県知事選。多選批判より深刻な県民の無関心

週プレNEWS / 2015年08月07日14時20分

ギリギリまで候補者を擁立できなかったことから、自民系の首長ですら上田支持を明らかにする者がおり、さらに鳩山邦夫元総務相、平沢勝栄衆院議員といった自民所属の国会議員まで上田氏の応援に駆けつけている。これに対して、つかだ陣営は麻生太郎副首相、上川陽子法相など閣僚レベルの人物を応援に招き、対抗する。 現職候補、有力対抗馬とも迷走ぶりが浮き彫りとなっている埼玉県 [全文を読む]

フォーカス