武豊 天皇賞に関するニュース

武豊騎手「過去との再会」 天皇賞に挑むエイシンヒカリと“悲劇の名馬”の数奇な運命

日刊サイゾー / 2015年10月14日00時00分

11日、中央競馬・東京競馬場第11R「毎日王冠(G2)」で、武豊鞍上のエイシンヒカリ(牡・4歳)がスタートから一度も先頭をゆずらないまま逃げ切り勝ちを収めた。同馬は通算戦積を9戦8勝とし、11月1日に開催される「天皇賞・秋(G1)」に主役として出走を予定している。 エイシンヒカリはデビュー戦以外の全レースで「逃げ」を選択し、大きく外にヨレたり気性が荒かった [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】市川海老蔵、財布に入りきらないほど勝った。武豊「大口を払い戻している噂聞いた」

TechinsightJapan / 2014年10月28日16時55分

5日後に天皇賞(秋)を控え、競馬界のサラブレッド武豊と歌舞伎界のサラブレッド市川海老蔵がイベントに登場した。「競馬の話は俺より熱くなる」と武に言わしめるほど海老蔵の競馬への思いは熱い。さて、天皇賞の狙いは? 28日、東京・三越本店にて「JRA60周年記念 馬と歌舞伎 サラブレッドトークショー~武豊×市川海老蔵~」が開催され、サラブレッドJRA・ジョッキー武 [全文を読む]

平成の盾男「武豊と天皇賞」(2)“淡白な強さ”だったメジロマックイーン

アサ芸プラス / 2014年05月01日09時57分

◆作家 島田明宏 ◆アサヒ芸能4/28発売(5/8・15合併号)より [全文を読む]

武豊「競馬記者&ファンが選んだ“GI100勝”渾身騎乗ベスト10レース!」(2)

アサ芸プラス / 2013年12月03日09時57分

武豊といえば、オグリキャップとディープインパクトとのコンビで2度の競馬ブームを演出。特にオグリは、アンケートでも1位と2位に輝き、有馬記念の復活ラストランで涙したファンも多いのではないか。 ただ、衝撃度ならディープが3冠に輝いた翌年の天皇賞・春だろう。スポーツ報知の牧野博光記者が回顧する。 「3コーナー手前の残り5ハロン付近からロングスパートして4コーナー [全文を読む]

武豊と名馬たち「マックイーンは最後のレースが一番強かった」

アサ芸プラス / 2013年06月25日09時59分

オグリキャップの「奇跡のラストラン」で新たな伝説を作った翌年の91年、天才・武豊騎手に大仕事が舞い込んできた。それは「メジロ軍団」総帥の遺志であり、メジロ関係者の悲願「天皇賞父仔3代制覇」である。騎乗依頼を受けた天才に緊張感が広がった──。 スーパークリーク、イナリワン、オグリキャップの「平成三強」が1990年限りで引退し、ひとつの時代が幕を降ろした。 三 [全文を読む]

武豊、「忙しすぎた上半期」終了......ではない! 北島三郎の愛馬キタサンブラックで「グランプリ制覇締め」も射程圏?

Business Journal / 2016年06月16日19時00分

武豊騎手が騎乗したエイシンヒカリが、英プリンスオブウェールズS(G1)で6着に敗れた。敗因は様々あるが、この舞台に主役として立つまでに至った本馬、鞍上ならびに陣営には敬意を表すべきであろう。 この春、武騎手は国内と海外でレースに乗りまくった。ある時はドバイ、ある時はアメリカや香港、時にはフランス、ある時は中央、地方も乗ってイギリスへ……47歳とは思えない過 [全文を読む]

武豊がホームで語った“ウイニングランの瞬間”「10万人の“ユタカ・コール”がたまらなく気持ちいいんですよ」

週プレNEWS / 2016年05月25日06時00分

これまでは先に対談場所に赴き、相手を待ち構えていた加藤を今回、逆に迎え入れたのは…天才ジョッキー、武豊(たけ・ゆたか)。ダービーを5度も制した男は今、何を思っているのか。ファンキー加藤が、その本音に迫る! ■十何万人のバンザイって…それ、マジですか!? 武 ようこそ、京都競馬場へ。 加藤 ここが、武さんのホームの競馬場になるんですか? 武 野球やサッカー [全文を読む]

北島サブちゃんの馬がキター!春の天皇賞

クオリティ埼玉 / 2016年05月09日15時38分

勝ったのは武豊の乗ったサブちゃん馬「キタサンブラック」。 この馬は2015年の菊花賞に続くGIレース、二勝目を飾った。 武豊騎手は「まだまださらに強くなりそうですね。楽しみです」と言っていた。 武豊は近年不調にあえぎ天皇賞(春)は2006年ディープインパクト以来となる久々の栄冠だった。 サブちゃんの強運が馬と騎手に勝利をあたえたのだ。 その後、サブチャン [全文を読む]

武豊騎手と佐野量子が生番組でサプライズ共演! ネプチューン:ホリケンの好アシストで実現

Entame Plex / 2016年05月06日12時07分

武豊騎手が、5月2日21時より生放送された映像配信プラットフォーム:AbemaTV FRESH!の競馬トークバラエティ番組『競馬のおはなし』(隔週月曜放送)にゲスト出演した。さらには、番組放送中に急遽、佐野量子夫人も出演することとなり、貴重な夫婦での共演というサプライズに番組は大きな盛り上がりをみせた。 同番組は、競馬好きとして知られるタレントの見栄晴、デ [全文を読む]

海老蔵、伊藤英明の結婚を祝福 お相手は「きれいな人」

WEB女性自身 / 2014年10月28日20時00分

歌舞伎俳優の市川海老蔵(36)とJRA騎手の武豊(45)が28日、都内で行われた『JRA60周年記念 馬と歌舞伎 サラブレッドトークショー~武豊×市川海老蔵~』に登場し、お互いの印象や来週行われる天皇賞について語った。また、海老蔵は親友である伊藤英明(39)の結婚にも言及した。 競馬と歌舞伎という別世界に属する二人だが、海老蔵が大の競馬好きということもあり [全文を読む]

「ドバイWCデー」で日本人騎手たちがオイルマネーを目指す!(1)武豊も虎視眈々と目を光らす

アサ芸プラス / 2014年03月28日09時57分

だが、レジェンド・武豊騎手も虎視眈々と、07年以来の世界制覇をもくろむ。 メインレース「ドバイワールドカップ」の優勝賞金は驚きの600万ドル(約6億円)。当然、世界制覇を目指して各国の名馬が集結する。11年にはダービー馬ヴィクトワールピサとダート王・トランセンドがワンツーフィニッシュを決め、日本競馬が世界水準であることを知らしめた。 昨年も「シーマクラシッ [全文を読む]

武豊騎手「不吉?発言」でキタサンブラック凱旋門賞失格!? あの「超名馬」と共通点が多すぎて......

Business Journal / 2017年05月18日15時00分

武豊騎手が18日、大阪・北区の阪急うめだ本店・阪急うめだギャラリーで初日を迎えた「デビュー30周年記念 武豊展」のトークショーに出席。集まった300人のファンを沸かせた。 武騎手は今週末21日に開催されるオークスで、人気の一角となるリスグラシューに騎乗予定。本人はお笑いコンビ「シャンプーハット」のこいでの「ずばり何着の予定ですか」と聞かれると、「1着になる [全文を読む]

武豊騎手が実は「大記録」を達成していた! 海外G1制覇や天皇賞勝利も霞む、「地方競馬」での大偉業とは?

Business Journal / 2016年07月15日18時00分

今春の武豊騎手は、まさに「ワールドワイド」に活躍。エイシンヒカリでフランスG1を勝利し、アメリカクラシック三冠にも皆勤、その上国内で天皇賞・春をキタサンブラックで制するなど、勝利数以上にその存在感を示したのは多くの人が知るところである。 しかし、実は武騎手、ある意味この世界を股にかけた活躍以上にとんでもないことをやってのけていた。 「さすがに天皇賞とかイス [全文を読む]

未だローテーションが不明なエアスピネル。「5強」の一角が狙うべきは「盾」か「菊」か......?

Business Journal / 2016年07月15日13時00分

果たして「いつか大きなレースを勝たせたい」と鞍上を務める武豊騎手も高く評価するエアスピネルにとって、“最良の選択”とは何なのだろうか? 現段階で考えられる大目標は「天皇賞・秋」「菊花賞」の二つだろう。 今までのレース振りからもマイラー気質である事は間違いなく、前向きな気性を考えても天皇賞・秋を選択する可能性は高い。 しかし傾向を見ると必ずしもベストの選択 [全文を読む]

「THE 上がり馬」マーベラスサンデーが老衰で死亡。競馬全盛の時代、稀代のスターとともに刻んだ「記憶」と「激闘」

Business Journal / 2016年07月01日16時00分

マヤノトップガン、サクラローレルという圧倒的な自力を持つG1ホースに肉迫する存在として、そして当時全盛に差し掛かった武豊騎手と合わせて大きな人気を集めた。 3歳(現2歳)から素質馬として期待されたが、右膝の骨折、疝痛による命の危機、4歳2月からデビュー2連勝を飾るもまたも骨折、菊花賞を目指す過程でさらに骨折と、順調とは程遠い状況下でクラシック戦線に顔を出す [全文を読む]

北島三郎も武豊にメロメロ!? キタサンブラックの「秋ローテ発表」に見える名手への「配慮」?

Business Journal / 2016年07月01日15時00分

今春キタサンブラックの主戦を務めた武豊騎手の「選択」である。 キタサンブラックで天皇賞・春に挑んだ際は、1000m61.8秒という絶妙なペースで逃げ、レースを完全に支配。最後はカレンミロティックとの叩き合いをわずかに制して春の盾を獲得し、現役最強クラスの実力を証明した。 一方、早い段階から天皇賞・秋への挑戦を表明していたのが、仏イスパーン賞を10馬身近い圧 [全文を読む]

北島三郎、武豊から「注意」された!? 愛馬キタサンブラックで宝塚記念(G1)制覇に気合い満点だが......

Business Journal / 2016年06月22日13時00分

26日の宝塚記念で、キタサンブラックに騎乗する武豊騎手。前走の天皇賞・春では絶妙 ペースで逃げを披露し、見事春の盾を獲得してみせたコンビだ。 キタサンブラックの馬主は、言わずもがなの演歌歌手・北島三郎。天皇賞を制した際の勝利インタビューでは、「武さんが『まつり』を歌います!」と武騎手に“ムチャぶり”をしたことでも大きな話題となった(結局は自身で歌唱)。自身 [全文を読む]

断たれた「夢の続き」が見たい......武豊騎手、エイシンヒカリと挑む欧州遠征にファンが期待する理由

Business Journal / 2016年04月25日15時00分

2戦とも、主戦は変わらず武豊騎手。海外経験豊富な名手にこれまで通り託すというのは自然な流れ。22日には栗東の坂路調教で好調をアピール。来る欧州遠征に向け準備万端といったところか。まずは無事に走り切ることを願おう。 国内最強クラスの逃げ馬に武豊騎手がまたがっての海外遠征......。往年の競馬ファンにとっては、心躍る要素が満載だ。15年以上前、武豊騎手での [全文を読む]

平成の盾男「武豊と天皇賞」(4)キズナを相棒に12度目の天皇賞制覇を狙う

アサ芸プラス / 2014年05月02日09時57分

◆作家 島田明宏 ◆アサヒ芸能4/28発売(5/8・15合併号)より [全文を読む]

平成の盾男「武豊と天皇賞」(3)ディープインパクトより強い馬はいない

アサ芸プラス / 2014年05月02日09時56分

◆作家 島田明宏 ◆アサヒ芸能4/28発売(5/8・15合併号)より [全文を読む]

フォーカス