矢沢永吉 永ちゃんに関するニュース

矢沢永吉と長渕剛…2大カリスマシンガー、アナタはどっちが好き?

NewsCafe / 2014年08月25日12時00分

一方、日本ロックの代名詞的存在である矢沢永吉も、「SUMMER SONIC 2014」や今週末開催の「SPACE SHOWER TV 25TH ANNIVERSARY SWEET LOVE SHOWER 2014」など、夏の音楽フェスに精力的に出演し、若いファン層をさらに広げようという勢いが見える。どちらも1970年代デビューのベテラン、熱狂的な男性ファン [全文を読む]

「1年の締めは矢沢永吉の武道館」という経営者が何人もいる

NEWSポストセブン / 2012年09月18日07時00分

矢沢永吉は今年デビュー40周年を迎えた。彼ほど長く愛され、歳を重ねるほどファンを広げてきたアーティストはいないだろう。普段は黒いスーツに身を包みしこしことパソコンのキーを叩いているビジネスマンでも、武道館コンサートでは白いスーツにリーゼントで「永ちゃん」になりきる。作家で人材コンサルタントの常見陽平氏も、毎年コンサートに通うほどだ。中年ビジネスマンに、「Y [全文を読む]

孫に永吉と名付けようとした例も 男が矢沢永吉に惚れる理由

NEWSポストセブン / 2012年09月16日07時00分

ロックミュージシャン・矢沢永吉(62才)のデビュー40周年記念ライブが神奈川・横浜の日産スタジアムで行われた。 午後6時開演で、開場は午後2時。コンサートが始まる4時間も前から来る客がいるのか…と思って取材を始めたが、会場周辺はすでに“永ちゃん祭り”状態だった。 スタジアムの最寄り駅、JR小机駅はラッシュ並みの混雑。近くのコンビニでは永ちゃんの曲がガンガン [全文を読む]

奈良の「ロックンロールたこ焼き」が、全力で常識を覆している

まぐまぐニュース! / 2015年11月07日02時00分

「それはやっぱり、永ちゃん、矢沢永吉さんの影響ですね。小学生のときに『黒く塗りつぶせ』『鎖を引きちぎれ』を聴いて『なんていい曲なんだろう』と感動して、初めて矢沢さんの名を知ったんです。ぼくは『ザ・ベストテン』の世代で、それまでスターといえばジュリーや世良公則さんでした。ジュリーがパラシュートを背負って歌ったり、もう毎週テレビに釘付けですよ。そのザ・ベスト [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】板谷由夏が“矢沢永吉”タオル姿。「リクエストにお答えして」意外なショットを公開。

TechinsightJapan / 2015年07月21日18時00分

女優の板谷由夏がロックスター・矢沢永吉のビーチタオルを羽織った1枚をInstagramで公開した。その意外な姿に、「YAZAWA?」「いやー何してもカッコいい」とファンも驚いたり喜んだり様々な反応が出ている。彼女は「リクエストにお答えして」とコメントしているが、いったい誰の要望なのか。 ドラマや映画に活躍する板谷由夏が7月20日に『板谷由夏 yukaita [全文を読む]

矢沢永吉 キャロル40 周年でジョニー大倉との“ケンカ再燃” 「ドロ沼金銭トラブルで絶対に共演できない」

アサ芸プラス / 2012年09月18日10時59分

9月1日、横浜・日産スタジアムに6万5000人の観客を動員したロックのカリスマ・矢沢永吉(62)。“キャロル復活”のサプライズにオールドファンは歓喜したが、かつての盟友の姿はステージになかった。 * 「ウッチャンと一緒にやれてホントうれしいです!」 キャロル時代の大ヒット曲「ファンキー・モンキー・ベイビー」など2曲を元メンバーでリードギター担当の内海利勝 [全文を読む]

矢沢永吉『成りあがり』のマンガ版が、原作以上にロックしすぎて“ルイジアンナ”な件

日刊サイゾー / 2015年03月20日19時00分

みなさんは、永ちゃんこと矢沢永吉の自伝『成りあがり』(角川書店)を読んだことはありますでしょうか? 永ちゃんの少年時代や青年時代の超貧乏な苦労話に始まり、伝説のバンド「キャロル」の結成から解散までの秘話、そしてソロミュージシャン矢沢永吉として成功する、文字通りロック界のスーパースターの成りあがりの過程が書かれています。 これは幾多のタレント自伝の中でも傑作 [全文を読む]

山路徹 矢沢永吉マニアの操縦術伝授「永ちゃんなら…」でOK

NEWSポストセブン / 2013年02月22日16時00分

今回は、矢沢永吉マニアの夫に困り果てる女性からのお悩み。 【質問】 うちの夫は矢沢永吉さんの大ファン。部屋にはCDやDVD、コンサートグッズがところ狭しと並び、置き場に困っています。あげくの果て、スタイルまでまねて、話し方も永ちゃんになりきっています。私の友人や近所の人に「似てますね」と言われるたびにご機嫌ですが、私はちょっと恥ずかしいです。やめてもらう方 [全文を読む]

「引退をにおわせる作戦も!」矢沢ビジネス健在──なぜ今"永ちゃん節"がメディア席巻なのか

日刊サイゾー / 2012年07月25日08時00分

このところ「ロックの王様」矢沢永吉のメディア登場が目立っている。主なカルチャー誌や音楽誌の表紙を飾ったほか、地方のFM局などにも細かく出演し、8月1日発売のアルバム『Last Songs』(GARURU RECORDS)のPRに努めている模様だ。メディア関係者が語る。「今回の永ちゃんは、媒体露出にかつてないほど気合を入れています。一般誌はもちろん、少部数の [全文を読む]

YAZAWAファンVS長渕ファン「どっちが本物の漢か!?」大激論

日刊大衆 / 2016年11月15日10時00分

矢沢永吉。ロックバンド「キャロル」のリーダー、そしてソロ歌手として同時代の満たされぬ男たちの心を熱く切なく歌い上げ、日本の音楽界に“E.YAZAWA”の文字を刻んだ男。 長渕剛。ギター一本を抱えて痩せた狼のように音楽シーンに現れて以来、常にギラギラと何かに飢えた目をしながら己を革新し続け、その過剰とも言える情熱でファンを鼓舞し続ける男。 来歴もスタイルも違 [全文を読む]

フォーカス