柳井正 孫正義に関するニュース

秘書に聞いた理想の上司に関する調査

PR TIMES / 2012年04月17日18時41分

現役秘書が選ぶ“秘書につきたい理想の上司”ランキング発表!今より昔!? あの元首相が、現首相や今を時めくカリスマ経営者を抑えて堂々の第1位政治家・経営者部門 1位「小泉純一郎」 2位「孫正義」「柳井正」タレント・文化人では「池上彰」、歴史上の人物では「坂本龍馬」が1位【調査概要】 ■調査方法:インターネット調査 ■調査期間:3月29日(木)~4月9日(月) [全文を読む]

ドナルド・トランプ、柳井正、孫正義……お金がバンバン貯まる「実践!大富豪の言葉」

プレジデントオンライン / 2017年03月07日09時15分

ファーストリテイリング「トップメッセージ」) 16年5月11日、ファーストリテイリングは社長・柳井正のメッセージをサイト上で公開した。この中でユニクロの営業不振を率直に認めている。 「高い成長の陰で慢心し、ローコスト経営を怠り、商品にお客様が求めている新しさ・革新性が少なかったことなど、さまざまな反省点がありました。しかし、この業績悪化の中でこそ新しいビジ [全文を読む]

「大風呂敷」を広げる人は、一体何を考えているのか?

プレジデントオンライン / 2017年01月16日15時15分

■孫正義も柳井正も若い頃、大風呂敷を広げた あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 年頭にあたって、「目標」それも大きな目標を持つことの大切さをお話したいと思います。 私が好きな言葉に「散歩のついでに富士山に登った人はいない」というのがありますが、人はどのような目標を持つかで行き着くところが違うとつくづく思っています。 ソフトバンクの [全文を読む]

柳井正と孫正義に共通する「原体験」と「失敗力」

Forbes JAPAN / 2016年07月18日08時30分

ランキング1位の柳井正個人の自社株保有率は21%、2位孫正義は19%と比べるべくもない。ちなみに、世界一のビル・ゲイツの資産のほとんどは自社株評価額とされる点からも、ビリオネアになるための条件のひとつは「創業者たれ」であると言っていい。だが日本ではそれが簡単ではない。何しろ大卒就職率が日本ほど高い国はそう多くないからだ。2015年に文部科学省が調査した結果 [全文を読む]

トヨタ社長は孫正義の2倍も優秀だった!ソニー平井社長に「優秀社長6位」の栄冠!

Business Journal / 2015年12月31日06時00分

残った3席は常連の日本電産の永守重信氏が4位、ファーストリテイリングの柳井正氏が同数票で7位、ローソンからサントリーHDに転身した新浪剛史氏が9位だった。今年のトップテンは以下の通り。 1位 豊田章男(トヨタ自動車) 2位 孫正義(ソフトバンクグループ) 3位 森本浩通(三菱航空機) 4位 永守重信(日本電産) 5位 ティム・クック(アップル) 6位 平井 [全文を読む]

尊敬し合う対照的な名経営者 情熱の天才・孫正義、冷徹な知性派・柳井正

Business Journal / 2014年07月06日01時00分

実質的な創業社長として日本を代表する2人、ユニクロなどを展開するファーストリテイリング社長の柳井正氏と、ソフトバンク社長の孫正義氏について、本連載では3回にわたって比較・分析してきました。ここで改めて、2人の特徴の相違を上記表で整理しておきます。●孫正義の誇大妄想 上記表で掲げた「基本的な事業性向」と「ビジネス拡大の手法」については、これまでの本連載で分析 [全文を読む]

孫正義は、なぜ稀代の名経営者なのか?“辺り構わず”業容拡大する狩猟民族経営の正体

Business Journal / 2014年05月25日01時00分

・文=山田修/経営コンサルタント、MBA経営代表取締役 ユニクロなどを展開するファーストリテイリング社長の柳井正氏と、ソフトバンク社長の孫正義氏は、実質的な創業社長として現在日本における2大名経営者だと思います。ビジネス拡大の手腕については、ともに稀有というべき実績を残してきた2人ですが、その経営手法やスタイルには大きな差異が見られます。差異の筆頭ともいえ [全文を読む]

日本から「ジェフ・ベゾス」を輩出するために必要な2つのこと

Forbes JAPAN / 2017年05月02日12時30分

孫さんに次ぐストーリーテラーは、ユニクロの柳井正さん(ランキング60位)、日本電産の永守重信さん(同522位)の2人でしょう。よく、孫さん、柳井さん、永守さんは「ホラ吹き3兄弟」と呼ばれます。しかしこれは、3人とも強烈なストーリーテラーであるということを意味します。これからの起業家・経営者には、ボーン・グローバルの資質に加えて、このセンスメイキング理論の示 [全文を読む]

1位は孫正義、2位は柳井正 長者番付で分かった日の丸ベンチャーの弱点

経済界 / 2017年04月25日15時55分

1位は孫正義・ソフトバンクグループ社長(世界34位)、2位は柳井正・ファーストリテイリング社長(同60位)。この2人は毎年トップ争いを繰り広げており、2014年から毎年1、2位が入れ替わっている。 今回、孫氏が1位に返り咲いたのは、株価が大幅に上昇したためだ。昨年7月、ソフトバンクグループは英半導体設計大手のアーム社を3兆3千億円という、日本のM&A史上 [全文を読む]

フォーブスが恒例の「日本長者番付」を発表!

IGNITE / 2017年04月07日08時00分

昨年トップだったファーストリテイリング会長兼社長の柳井正は、保有資産額を昨年の163億ドルから164億ドル(約1兆8200億円)へとわずかに増やしたものの、首位防衛には至らなかった。ユニクロの親会社であるファーストリテイリングは、米国での業績不振を受けてアジア地域での事業拡大に力を入れ、2020年までに売上高3兆円を目指している。3位を維持したのは、サント [全文を読む]

フォーカス