写真集 宮沢りえに関するニュース

有吉弘行、白石麻衣写真集のヒットに不満!?

日刊大衆 / 2017年04月22日16時05分

4月16日放送のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)で、お笑いタレントの有吉弘行(42)が乃木坂46のメンバー、白石麻衣(24)の写真集について言及。かつて大ヒットした宮沢りえ(44)の写真集と比較し、持論を述べた。 今回の放送は冒頭から、アシスタントを務めるアルコ&ピースの酒井健太(33)が、別の仕事のため遅刻して [全文を読む]

伝説のPOP職人が「不朽の名作写真集」で広告を描いたら…

しらべぇ / 2016年07月20日06時30分

今回、依頼したのは名作写真集である「菅野美穂」「宮沢りえ」「武田久美子」だ。一体どんなPOPが誕生するのだろうか。■第1作: 菅野美穂写真集『NUDITY』「今回はポップを作るにあたって、当時の空気感を出すことに専念しました。菅野美穂さんの写真集は1997年に発売されたのですが、代表作である『イグアナの娘』は1996年の放送なんです。その事を全面に押し出す [全文を読む]

小池都知事が「1位」で小林幸子はナマ脚披露、オジサン向け写真集の激ヤバ度

アサ芸プラス / 2017年06月26日09時58分

6月14日に発売された「小池百合子写真集 YURiKO KOiKE 1992-2017」が、6月26日付のオリコン週間ランキングで写真集部門の1位に輝いた。この結果に出版業界は色めきだっているという。 その小池都知事に刺激されたのか、1歳年下の歌手・小林幸子も写真集をリリース。こちらはケンタッキーフライドチキンのキャンペーンで抽選により10名限定で当たる写 [全文を読む]

アイドル中古写真集の聖地 蒐集家から1000冊買い取りも

NEWSポストセブン / 2017年01月21日07時00分

日本一の古書店街、東京・神田神保町に、女優やアイドルの写真集・雑誌・グッズの専門店がある。1971年創業の荒魂書店(あらたましょてん)だ。アダルト系商品を扱う本店と、アイドル・女優系商品を主とする新店があり、その品揃えは3万点以上。天井まで伸びる棚にびっしりと写真集が並ぶ新店は、海外からも客が来店するほどの人気を博している。3代目店長の鎌田俊一氏(41)が [全文を読む]

宮沢りえ『Santa Fe』発売時 出版元に1分間1000回の電話

NEWSポストセブン / 2016年06月17日07時00分

宮沢りえの写真集『Santa Fe』の突然の発売告知である。 その日、出版元の朝日出版社には、問い合わせの電話が1分間に1000回鳴ることもあり、計30万本にも上った。撮影した篠山紀信氏は、当時こう語っている。 「(それまでのヌードは)陰の部分、後ろ暗いものがあった。でも宮沢りえさんのヌードには全くない。つまり、『あっけらかんのすっぽんぽん』なのです」 売 [全文を読む]

1000人アンケート!もう一度見たい美女の一糸まとわぬ姿(1)「伝説の宮沢りえの写真集」

アサ芸プラス / 2016年01月16日17時57分

全国40歳以上の男性1000人がアツ~く脳裏に焼きつけた「俺が愛でたい最高のヘアヌード写真集」のアンケート結果で、堂々の1位はやはり宮沢りえ(42)の「Santa Fe」。他の追随を微塵たりとも許さぬ500票超の大量票を独り占めだ。91年10月13日の朝刊に打たれた広告が新たなヘアの地平を切り開いた。「ダウンタウン・浜田(雅功)がその広告だけで『嫁の目を [全文を読む]

宮沢りえ ヨルタモリで明かされた“伝説の写真集”未公開ショットとは?「“撮影時17歳”説も囁かれ?」

アサ芸プラス / 2015年08月08日17時57分

91年に発売、155万部を売り上げた写真集「Santa Fe」。現在までのところ宮沢りえ最初で最後の一糸まとわぬ写真集となっている。「撮影時に宮沢が18歳未満だった」という疑惑もあり、取り扱い中止状態で、現在入手は困難。だが、約四半世紀の時を経て、3枚の未公開カットがさらされたのだ! 宮沢りえ(42)がみずみずしい裸身を惜しげもなくさらし、155万部の記録 [全文を読む]

指原莉乃「サンタフェ目指す」ヘアヌードも辞さない覚悟にファンの反応は

メンズサイゾー / 2013年10月12日11時00分

初回では、指原が「初めての写真集を出したい」と提案。これまで指原はフォトブックを発売したことはあるものの、純粋な写真集を出したことはない。意外にも思えるが、福田監督は「ファンがさっしーに求めているのは面白さ」と分析し、写真集は求められていないと指摘した。続けて福田監督は、言いづらそうにしながらも「胸が残念」「さっしーの水着は需要がない」などと写真集企画を [全文を読む]

下着姿を解禁...堀北真希が「NG出したお蔵入りカット」【芸能記者座談会】

東京ブレイキングニュース / 2013年10月03日10時00分

今回は下着姿を披露するなど「セクシー解禁」が話題の堀北真希写真集の舞台裏についてお送ります。 ◇ ※出席者 ・週刊誌記者A(38歳/西麻布、銀座、六本木で情報収集) ・女性誌記者B(39歳/恵比寿、青山がホームグラウンド) ・スポーツ新聞記者C(42歳/お台場、汐留、新橋が拠点) ◇ A「堀北真希のセクシーショット。『セクシー解禁』が話題になっているね」 [全文を読む]

写真家・篠山紀信が語った「ジョンとヨーコ」のある思い出――仙田学の『女のコより僕のほうが可愛いもんっ!!』

日刊SPA! / 2017年04月09日08時51分

宮沢りえの『Santa Fe』、樋口可南子の『water fruit』、高岡早紀『one, two, three』の3冊の写真集は、いまもたまに開くことがある。10代だった私には、安価とはいえない写真集をジャケ買いすることも、書店のレジまで持っていくことも大冒険だった。 この連載の第1回で書いたように、私にとってグラビアアイドルとは、果てしなく所有欲を掻き [全文を読む]

フォーカス