容疑者 植松聖に関するニュース

植松聖容疑者 マイルドヤンキーな素顔と拡大した妄想&大麻

NEWSポストセブン / 2016年07月28日07時00分

殺人未遂などの疑いで逮捕された植松聖容疑者(26才)はこの施設の元職員。植松容疑者は警察の取り調べに対し、「障害者なんていなくなればいい」という旨の供述をしているという。今年2月には、衆議院議長公邸に「私の目標は重複障害者が安楽死できる世界」「今こそ革命を」「作戦内容」などと書かれた殺人予告文書を渡している。植松容疑者の中の狂気。その原点は──。 植松容 [全文を読む]

【相模原19人刺殺】イルミナティとフリーメイソンに傾倒した植松容疑者! 犯行現場にみる“ヒトラーばりの優性思想”とは?

tocana / 2016年07月29日07時30分

元職員の植松聖容疑者は19人を殺害、26人に重軽傷を負わせた。事件の性質や施設名を短縮した連想から、1938年に岡山県で発生した津山事件と関連付ける向きもあるが、いずれにしても植松容疑者は実生活でもSNS上でも、これまで奇天烈な言動を連発していた。 「過去のおかしな書き込みに関しては、素材が多すぎて取捨選択が難しいほど。ただ、容疑者の言動とはいえ、あまりに [全文を読む]

相模原大量刺殺事件の犯人ツイートがDQNすぎると話題に

しらべぇ / 2016年07月26日18時00分

神奈川県相模原市の障害者施設で19人を殺害した植松聖容疑者は、「障害者は死ぬべき」という考えを持っていた。植松容疑者は衆議院議長宛てに「障害者を安楽死させるべき」という手紙を送り、警察にマークされていたのだ。障害者に対して強い憎しみを抱いていたことは確かな様子。実は、植松容疑者はTwitterのアカウントを持っている。さっそくそれを覗いてみよう。■ 植松容 [全文を読む]

新証言!私は植松聖と「黒幕」に「第2の大量殺人」を持ちかけられた(1)「安楽死を変えるために革命」

アサ芸プラス / 2016年08月21日05時53分

元職員の植松聖容疑者が逮捕されて幕引きと思われたが、驚愕の情報を入手! 植松容疑者は危険なグループに所属し、「黒幕」が神奈川県内で「第2の大量殺人」を計画しているというのだ。犯行を持ちかけられた告発者の証言を、独占スクープで届ける──。「相模原で起きた事件を知った時、初めは同姓同名の人物が捕まったんだ、という印象でした。犯人が送検された映像をニュースで見る [全文を読む]

相模原殺傷事件 知的障害者と家族に与えた3重のショック

NEWSポストセブン / 2016年08月06日07時00分

神奈川県相模原市緑区にある知的障害者らが入る施設「県立津久井やまゆり園」に元職員の植松聖容疑者(26才)が乱入。入所者を次々に刺し、19人を死亡させ、職員2人を含む26人に重軽傷を負わせた。植松容疑者は、少なくとも2本のハンマーと5本の刃物を持って犯行におよび、寝ていて反応がなかった重複障害者を中心に切りつけた──。 厚生労働省の発表によると、日本にいる知 [全文を読む]

相模原大量殺傷事件で佐藤優が警鐘!「世の中の極端な人たちを刺激して、もっと恐ろしい危険性が…」

週プレNEWS / 2016年08月25日06時00分

事件を起こした植松聖(さとし)容疑者は「障害者は、家族にとっても負担があるし、生きていても経済的に人を煩(わずら)わせて意味がない。だから、いないほうがいい」という思想で凝り固まっていました。 しかし、今回の事件を起こしたことによって、植松容疑者自身も「精神障害者」ということになってしまった。これは論理学でいう「ラッセルのパラドックス」です。「障害者はい [全文を読む]

植松聖容疑者の言動 危険ドラッグ常用者の「気付き」に酷似

NEWSポストセブン / 2016年08月06日16時00分

容疑者の身勝手な言葉から、危険ドラッグが容疑者の言動に及ぼした影響について、『脱法ドラッグの罠』著者のライターの森鷹久氏が考察する。 * * *<植松容疑者から大麻の薬物反応 今年2月の措置入院時> これは神奈川県相模原市の障害者福祉施設で起きた戦後最悪の殺傷事件を報じる際に、朝日新聞がウェブ版に7月26日の午後2時半、つまり事件発生からおよそ12時間後に [全文を読む]

退院後のフォローアップを【相模原福祉施設殺傷事件】

NewsCafe / 2016年07月29日14時11分

7月26日午前2時半すぎ、刃物を持った植松聖容疑者(26)が施設に乱入し、19人を殺害、26人が重軽傷を負わせたのです。 翌27日、現場となった「津久井やまゆり園」を訪れました。施設は県道515線沿線にあります。福祉施設の中には、駅や幹線道路から遠い場所、あるいは、周辺に民家がなないといった場合があります。しかし、「津久井やまゆり園」は駅から遠くなく、民家 [全文を読む]

新証言!私は植松聖と「黒幕」に「第2の大量殺人」を持ちかけられた(2)凶行直前に周囲を探した理由

アサ芸プラス / 2016年08月22日05時53分

Xと植松容疑者の関係も奇妙に見えたという。「植松の3歳下だと言っていましたが、すごく崇拝していて、植松は『Xさん』と呼び、Xは『植松』と呼び捨て。食事中にXの口元に食べかすが付いていたら、植松が拭いてあげるんです」 XはAさんに福島県出身で中学の時に相模原市に引っ越し、最終学歴は中卒だと説明。だが、Xのフェイスブックには、横浜市在住で学歴として私立大学の記 [全文を読む]

相模原・障害者19人刺殺「植松聖」の鬼畜プロフィール(1)10分で10名を刺殺した殺意

アサ芸プラス / 2016年08月04日05時53分

神奈川県警に殺人未遂などの容疑で緊急逮捕されたのは、元職員の植松聖容疑者(26)だ。出頭時に乗っていた乗用車から、血の付いた結束バンドや、血に染まった3本の刃物が見つかり、現場からも刃物2本が押収されている。 植松容疑者は、2月15日に大島理森衆議院議長の住む公邸を訪れ、警備の警察官に手紙を手渡していた。そこには、〈作戦内容 職員の少ない夜勤に決行致しま [全文を読む]

相模原の知的障害者大量殺傷事件「神のお告げ」発言で揺れるテレビ局 匿名報道に切り替え検討も

日刊サイゾー / 2016年07月29日11時00分

「もしかすると、早いうちに実名報道ができなくなるかも……」 神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」の大量殺傷事件で逮捕された植松聖容疑者に精神疾患の疑いがあり、ある情報番組のテレビディレクターは慎重な対応を検討しているという。「局のガイドラインでは、心神喪失者の事件は匿名報道が原則です。実際には、裁判で認定されてから匿名に切り替えることが多いです [全文を読む]

新証言!私は植松聖と「黒幕」に「第2の大量殺人」を持ちかけられた(3)ドラッグを飲み込み豹変した

アサ芸プラス / 2016年08月23日05時53分

漫画には植松容疑者の刺殺事件を想起させるセリフもあった。〈単なる犯罪じゃない 崇高な目的が流血をあがなう〉〈資格を持つ者には手段として殺しも許される〉 Aさんを脅す時にもこんな場面があったという。「グループの入会を断り続けていると、Xはバッグから新聞紙にくるまれたものを見せ、『マカロフPMを持っている』と拳銃の存在をにおわせてきました。『罪と罰』にも同じ拳 [全文を読む]

相模原・障害者19人刺殺「植松聖」の鬼畜プロフィール(3)「津久井やまゆり園」での勤務態度

アサ芸プラス / 2016年08月06日09時53分

3年前まで植松容疑者と一緒に遊んでいた女性が振り返る。「当時はクスリをやっていた話は聞いたことはありません。グループの中ではお笑い担当でしゃべりがうまく、ノリノリで場を盛り上げていました」 植松容疑者が通っていた相模原市内のクラブのスタッフもこう語る。「最後に来たのは、3年ほど前。ここはセキュリティチェックが厳しいので、大麻を持ち込んでいたらすぐにわかりま [全文を読む]

相模原・障害者19人刺殺「植松聖」の鬼畜プロフィール(2)大学デビューで墨を入れる

アサ芸プラス / 2016年08月05日05時53分

植松容疑者の父は小学校教師、母はホラー漫画を描いていた漫画家だった。高校卒業後、父と同じ小学校教員を目指し、2008年に帝京大学初等教育学科に現役合格して入学。近所の住民にはうれしそうに、「子供が好きなので学校の先生になりたいんです!」 と抱負を語っていた。大学4年時の11年には、小学校で教育実習も行っている。「孫が学校で授業を教わっていて、放課後には鬼ご [全文を読む]

<相模原殺傷>容疑者の「SNS画像」利用、報道目的なら問題ない?

弁護士ドットコムニュース / 2016年08月02日10時15分

相模原市の障害者施設で7月26日の未明に起きた殺人事件で、メディアには逮捕された植松聖容疑者(26)の人物像に迫る記事が多く配信されている。 そのソースのひとつになっているのが、植松容疑者のものとみられるSNSアカウントの投稿だ。ツイッターやフェイスブック投稿内容を詳細に報じ、顔写真を紹介するメディアもある。 SNSの投稿内容の引用や、顔写真の掲載をめぐっ [全文を読む]

【相模原19人刺殺】ニュースは決して報じない! 戦後最悪の殺人鬼・植松容疑者があぶり出した日本の最暗部

tocana / 2016年07月29日08時00分

逮捕された同施設の元職員・植松聖容疑者は26日、施設に押し入り、鋭利な刃物で入居者19人を次々と殺害、26人に重軽傷を負わせた。亡くなった人は首や顔を中心に刺され、その傷は神経や気管奥の骨に達するものもあった。 植松容疑者は同施設で約3年間働き、今年2月に退職。直前には衆院議長公邸を訪れ、大島理森議長宛てに「作戦内容」と記した手紙を持参していた。手紙には「 [全文を読む]

点滴殺人事件と障害者惨殺事件に見える共通点、日本の危険な「優越論」―華字紙

Record China / 2016年09月30日06時30分

相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で、刃物を持った植松聖容疑者(26)が入所者19人を刃物で殺害した事件のことだ。大口病院の事件の真相はまだ明らかになっていないが、仮に病院内部の犯行だった場合、2つの事件には共通点があると記事は指摘する。 それは病人や障害者といった社会的弱者を狙った犯行という点だ。やまゆり園の事件の植松容疑者が、「障害者はいなく [全文を読む]

170万年前の女性 歩けなくても栄養過多だったのはなぜか

NEWSポストセブン / 2016年09月26日16時00分

神奈川県相模原市の障害者施設で起きた殺傷事件を起こした容疑者も、そういった身勝手な理屈を犯行動機として供述している。諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が、事件をきっかけに人間が構築する社会の可能性について考えた。 * * * 障害者支援施設「津久井やまゆり園」の殺傷事件から2か月が経つ。元職員の植松聖容疑者が、無抵抗の障害者19人の命を奪った残忍な事件は、各 [全文を読む]

【相模原19人刺殺、最大の議論】感動を与えられる障害者は評価され、与えられない重度の重複障害者は評価されない構造

tocana / 2016年08月11日15時00分

19人を刺殺した植松聖容疑者は周囲にこう漏らしていた。植松容疑者は、衆議院議長あての手紙にもあるように、特に重複障害者は「不幸を作ることしかできない」と存在を否定している。しかし、これは植松容疑者なりの経験からきている発言だ。手紙にもあるように、<保護者が絶縁状態にあることも珍しくありません>などの認識からきたものと思われる。 筆者は、重複障害者が入所して [全文を読む]

相模原障害者施設大量殺傷事件「植松はヒーロー」とツイートした人物の“生の声”を聞いた

日刊サイゾー / 2016年08月05日21時00分

神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で、19名が殺害された大量殺人事件の植松聖容疑者をヒーロー視する声が後を絶たない。神奈川県警には「いつ植松に面会できますか?」という問い合わせが重なっており、その中に「労いの言葉をかけたい」とか「応援してるので、差し入れしたい」といったことを述べる者がいたというのだ。 事件は、就寝中の重度障害者を次々に刺し殺 [全文を読む]

フォーカス