くも膜下出血 星野源に関するニュース

『逃げ恥』好演の星野源 音楽家の魅力はどろどろと二面性?

しらべぇ / 2016年11月23日06時00分

■病気、そして今歌う星野源が評価され、文筆家やラジオのDJ、俳優とマルチに活躍していた2012年にくも膜下出血を発症。その後、この病気をきっかけに「もうつらいことはいい」という思いで活動を再開。2016年には、空前の恋ダンスブームを巻き起こす『恋』を発売する。もともとディアンジェロなどのブラックミュージックにも魅せられていた星野は、ファンクやディスコ、ネオ [全文を読む]

ガッキーとキスして◯◯ 星野源の感想を勝手に想像するネット民

しらべぇ / 2016年11月24日07時00分

中高この容姿で、当時はパニック障害の引きこもりで、さらに数年後くも膜下出血で生死さまようところまでいったのに、35歳にしてガッキーとキスできた星野源の大逆転人生すごい pic.twitter.com/2SLUDsMsPL— 水希 (@izunagi) 2016年11月18日ガッキーとキスシーン演じるなんて、星野源も出世したなあ— しょうさん (@UCHID [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】星野源がライブで「楽しい」連発 コント番組で新キャラも大ウケ 好調の秘訣は?

TechinsightJapan / 2016年04月16日15時00分

2012年12月にくも膜下出血で緊急入院した彼は手術後の痛みと闘う日々を送っていた。やがて「ずっと自分と向き合っていると、もう自分は十分だからいいやと人に会いたくなった」ことで曲作りのスタンスが、自分の思いを伝えることから「あなたの話をきかせて?」に変わっていく。また、このツアーではハンドマイクを多用してこれまでよりも自由に動けるよう工夫しており、それも手 [全文を読む]

星野源「病気療養」が、大成功の理由だった!?

日刊大衆 / 2017年05月03日12時05分

星野は2012年12月にくも膜下出血で倒れ、2度の手術と約1年間の療養生活を送った。作詞作曲とパフォーマンスに加え、演技や執筆など、何でも器用にこなすため、倒れる直前の生活は超多忙。主演舞台1本、映画の撮影2本をこなしながら、シングル曲を3枚リリース。さらに雑誌の連載の他、本も執筆するなど休む暇なく働く毎日だった。星野はその頃のことを「今思うととんでもな [全文を読む]

星野源、「お爺ちゃん伝説」とは

NewsCafe / 2016年12月01日12時31分

ドラマ撮影の多忙さは理解できるんですが、4年前の悪夢を思い出し、過密スケジュールを心配する声が多くあがっています」 4年前の悪夢…とは、星野が2012年12月、くも膜下出血で倒れ、緊急入院したことだ。 翌年に再発し、1年以上もの闘病生活を強いられた。 「ラジオ番組では変態エロネタで沸かせる派で、手記にもあるように、闘病中は性への執着で死より生を優先。ネタと [全文を読む]

星野源、KCO、桜井和寿――ミュージシャンを襲う脳疾患の恐怖

日刊サイゾー / 2013年01月02日09時00分

人気俳優でシンガーソングライターとしても評価の高い星野源が12月22日、くも膜下出血を発症して緊急手術を受け、当面の活動を休止すると報じられた。手術は成功し、現在は会話等を行えるほど回復しているという。 「星野さんは今、サブカル系では一番人気と言っていい人ですからね。当初は『病状は重い』という情報も出ましたが、結果的にそれは間違っていたようです。早期発見で [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】星野源LIVEにバカリズム、バナナマンら参戦 笑顔で集合ショット

TechinsightJapan / 2016年01月26日11時33分

特に日村勇紀と星野は、かつて星野がくも膜下出血で入院した際には真っ先に日村が留守電にメッセージを残していたり、毎年日村の誕生日に星野がバースデーソングを贈ったりと厚い友情を見せている。 写真では5人が明るい表情でポーズを撮っており、それぞれの仲の良さが伝わってくる。フォロワーからは「最高の写真ですね!」「みなさんが楽しそうなのが伝わって来ます」「最強メンバ [全文を読む]

「サブカル女子にケンカ売ってる」二階堂ふみ&星野源の熱愛報道に大ブーイング

メンズサイゾー / 2015年10月28日19時00分

くも膜下出血で星野が倒れた時もaikoは彼に寄り添い、星野との恋愛体験が生かされた曲もあるとされている。5歳年上であまり世間的に美人扱いはされないaikoを恋人に選んだというあたりが女性ファンのハートに刺さり、これが人気上昇につながっていた部分もあった。 また、星野のファン層はサブカル系が中心とされているが、2013年に女性ファッション誌『an・an』(マ [全文を読む]

GWは「おげんさんといっしょ」に過ごしたい。星野源、一夜限りの初冠番組!

TABIZINE / 2017年05月03日18時00分

もともとは、ここまでポップで開かれた作風ではなかったという星野さんを変えたのは、2度のくも膜下出血で死の淵をさまよった経験だといいます。大ブレイクの背景にはそんな経験があったんですね。星野さんをよりくわしく知りたい人は最新号の「ダ・ヴィンチ 星野源総力特集」を要チェックです。 どんな番組なの? 音楽をこよなく愛するおげんさん一家が、謎のネズミと「だらだら [全文を読む]

星野源はなぜ大衆ウケするようになったのか?...いまだから語れる、くも膜下出血が変えた人生観

リテラ / 2017年04月24日12時00分

そこには、2度にわたるくも膜下出血の手術、一度ならず二度も死の淵をさまよった経験が強く影響しているというのである。「ダ・ヴィンチ」(KADOKAWA)2017年5月号に掲載された小説家・米澤穂信との対談ではこのように語られている。米澤「『化物』(3rdアルバム『Stranger』収録)の歌詞では、「僕」が「誰かこの声を聞いてよ」と言っていますよね。次に出さ [全文を読む]

超多忙! 星野源の穴を埋めるのは、あの大物ミュージシャン?

アサジョ / 2017年04月13日10時15分

しかし、星野は12年12月にくも膜下出血の治療のため、活動を休止した過去があります。事務所も星野が最近オーバーワーク気味なことをわかっているため、休ませたいという思いがある。しかし代わりを務めるタレントがいないというのが本当のところのようです」(芸能記者) そんな状況から、星野の穴を埋められる人材は誰かと、業界がザワついているという。「19年ぶりに新曲『流 [全文を読む]

風俗でくも膜下出血、死にかけた漫画家の実話が映画化! こだわったものとは?

週プレNEWS / 2017年02月03日21時00分

去年、一昨年と年始の「おもしろ荘」に出演し、反響を呼んだ彼がなんと初の映画主演!? 彼が演じるのは風俗で絶頂を迎えようとしたその瞬間、くも膜下出血で倒れてしまった男、マナブ…これ実話! その映画『くも漫。』公開を直前にして主演の脳みそ夫と、そのモデルで漫画家の中川学に『週刊プレイボーイ』本誌で風俗ルポを連載する九界猛が迫る。 ―脳さんが主演に選ばれたのは、 [全文を読む]

星野源 お気に入りはあの女優?紅白では封印した意外な素顔

アサ芸プラス / 2017年01月16日05時57分

まず12年12月、くも膜下出血で入院生活を送っていた時のこと。星野は担当医に、こんな質問をしている。「慰める行為はいいんでしょうか?」 激しい運動や辛い食事は禁じられているが、星野にとって最重要課題は「発射」だった。これには医師が涼しい顔でひと言。「1カ月我慢しましょう」 退院した星野は、禁欲生活のあまり、デパートのマネキンにすら欲情したとラジオ「オール [全文を読む]

星野源「今年は無理せず」に、ファン一安心

日刊大衆 / 2017年01月11日20時00分

「俳優、ミュージシャン、そして文筆家としても活躍する星野さんは、2012年にくも膜下出血で活動休止。2013年に復帰しますが、同年再発しています。昨年も体調不良によって9月に『星野源のオールナイトニッポン』、11月に『ベストアーティスト2016』(日本テレビ系)を欠席するなど、これまで体調を崩すことが多々ありました。今年は“無理せず”ということなので、星 [全文を読む]

星野源ほか、働きすぎの“過労芸能人”が増えている!?

日刊大衆 / 2017年01月08日23時00分

大事には至らなかったものの、2012年には、くも膜下出血と診断され、活動を休止した過去があるだけにファンもかなり心配していたようだ。 女優の波瑠(25)は2015年、風邪をこじらせて声が出なくなる症状に見舞われた。NHK連続テレビ小説『あさが来た』の撮影に加えて、映画の舞台あいさつなどが続いたことがその原因のようで、ブログには「体調管理には人一倍どころじゃ [全文を読む]

星野源、大人気で両親が下した決断

NewsCafe / 2016年12月26日12時15分

デスク「この前終わったドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)でブレークした星野源(35)の勢いは続きそうかね」 記者「役者として歌手として、何年も前からファンはいましたけど、確かに今年はNHK大河『真田丸』にも出るなど大ブレークだったのは間違いないですが…」 デスク「オイラも何年も前から役者のほうで注目してたけど、2012年12月にくも膜下出血になっ [全文を読む]

星野源、過労で日テレ音楽特番をドタキャンも、現場はニンマリ「貸しができた」

日刊サイゾー / 2016年12月04日09時00分

2012年にくも膜下出血と診断され、活動を休止。その後、復帰するも、翌年、治療に専念するため再び活動休止しているだけに、大事を取っての出演辞退ということだろう。 日テレにしてみれば、目玉アーティストのドタキャンは大きな痛手。さすがに、意気消沈しているかと思いきや……。 「ドラマ班は小躍りしていますよ。星野さん側に“貸し”を作ったことになりますからね。現在、 [全文を読む]

星野源 番組出演を過労で辞退…過密スケジュール心配する声

WEB女性自身 / 2016年11月30日16時00分

だが星野といえば12年12月、レコーディング直後にくも膜下出血で倒れて緊急手術を経験している。さらに翌年にも再発し、完全復帰を果たしたのは14年2月。実に1年以上も生死をさまよう闘病を続けてきた過去がある。 NHK紅白歌合戦への出場が決まった矢先の出演辞退。そのためファンからは《楽しみにしていたのにショック!》《病気を克服しての再ブレイクなのに、働きすぎ [全文を読む]

新垣結衣はドS?妄想癖の星野源を“生殺し”する悶々撮影現場

アサ芸プラス / 2016年11月28日09時59分

2012年12月に、くも膜下出血と診断され活動を休止し入院していた際も、「美人看護師に座薬を入れてもらう時に“プレイ”だと妄想していた」ことや、看護師の制服姿に「もっと、スカート短くならないかな~」と考えていたそうだ。「退院後は、街行く女性すべてが可愛く見えるほど欲情し、マネキンにまで発情して大変だったと告白している星野。そんな彼が毎日撮影とはいえ新垣結衣 [全文を読む]

星野源、禁欲生活でマネキンに発情…ドラマとは真逆の“暴れん棒”素顔とは?

アサジョ / 2016年11月24日18時15分

「星野は2012年にくも膜下出血で倒れたことがありましたが、その手術後、担当医にいつから“慰め行為”ができるかと尋ねたそうです。その際『1カ月はダメです』と長い“禁欲生活”を強いられたのですが、おかげで退院後はショールームのマネキンにも発情したというほどの肉食系男子です」(エンタメ誌ライター) 自身のラジオ番組「オールナイトニッポン」では、常に男子中高生並 [全文を読む]

フォーカス