脳梗塞 西城秀樹に関するニュース

病と闘う“ヤングマン”西城秀樹が激白「脳梗塞はオヤジだけの病気じゃないんだ!」

週プレNEWS / 2013年03月03日06時00分

「ヒデキ、脳梗塞で入院!」―。2003年に流れたこのニュースは衝撃的だった。自他ともに認める“ヤングマン”の「健康な肉体」が、なぜ40代にして突然の病魔に襲われてしまったのか? 壮絶な闘病と若い読者へのアドバイスを、今も再発と闘う西城秀樹さんが熱く語ってくれた。 ■体形維持のための食生活が逆効果に? 「あれ、まだ夕方なのに、なんでこんなに眠いんだろう?」 [全文を読む]

西城秀樹が明かした脳梗塞の意外な予防法!

アサ芸プラス / 2014年01月24日09時59分

歌手・西城秀樹(58)の発症・入院で知られる脳梗塞。年間の死亡数も7万3000人を超える(2011年)。“隠れ脳梗塞”を持つ人の増加に伴い「若年性脳梗塞」も増加する傾向だというこの病には、朝晩の「水飲み」が効くという。 西城が10年ほど前に最初に発症した時のことをラジオでこう語っている。 「だるくて眠かった。すっきりしない状態が1カ月くらい続き、ある日サウ [全文を読む]

9月はG.G世代を盛り上げる商品・サービスを徹底強化 イオンがG.G世代のハッピーライフを総力応援します!

PR TIMES / 2014年09月03日13時25分

健康:いつまでも若々しく元気に!▼西城秀樹さんプロデュース!イオンオリジナル健康シューズ「REPLUS(リプラス)」「REPLUS」は、2度の脳梗塞から8年間にわたる厳しいリハビリに取り組まれた歌手でタレントの西城秀樹さんと、シューズに高いノウハウと技術を持つアシックス商事株式会社とともにイオンが開発した“おしゃれな”健康シューズです。「ファッションで気持 [全文を読む]

スリム体型でサラサラ血液でもボロボロ血管が死を招く?

ヘルスプレス / 2015年03月03日08時00分

歌手の西城秀樹さんは2003年に脳梗塞を発症。見事に復帰したが2011年に再び脳梗塞に倒れた。2014年にはタレントの磯野貴理子さんが脳梗塞で倒れ、緊急入院した。 いずれも、スリムな体型で自覚症状のなかった健康だと思われた人たち。そんな人でも脳梗塞や心筋梗塞が起こり得るということで、社会に警鐘を鳴らしたといえる。 原因となる動脈硬化を防いでリスクは下げるに [全文を読む]

テリー伊藤対談「西城秀樹」(1)8年ぶりの新曲は僕そのものですね

アサ芸プラス / 2015年05月07日09時55分

その後は俳優としても活動するが、03年と11年に脳梗塞を発症。右半身の麻痺と一部言語障害が残るもステージに復帰し、現在もその熱唱で多くの観客を沸かせている。今年の4月13日に還暦を迎え、同日に記念アルバム「心響─KODOU─」を発表した。 約8年半ぶりの新曲を加えた“還暦記念アルバム”がオリコンデイリーのCDアルバムのランキングで3位に輝いた西城秀樹。2度 [全文を読む]

西城秀樹「自死も考えた…」脳梗塞後遺症との闘い3年間

WEB女性自身 / 2014年11月20日07時00分

脳梗塞が再発して今年の12月で丸3年。いまも右手と右足に痺れがあって、リハビリは欠かせない日課です。リハビリは、朝食後、9時ごろに家から近所の公園へ。休憩を入れながら約1時間半かけて歩きます。終わると、家に帰って柔軟体操と右手でグー・パーを400回。あと、発音がちょっとスムーズでないので約15分、音読を。音読もすごいリハビリになるので。松下幸之助さんや昔 [全文を読む]

芸能活動45周年の集大成。『THE45 西城秀樹デビュー45周年フォトエッセイ』が本日(9月15日)取次搬入です。

DreamNews / 2016年09月15日17時00分

近年では、二度の脳梗塞からの復活など、波乱万丈だが、前に向かって全盛期と変わらない歌声・声量で、年間に100回近くのステージに立つ。 あの日のヒデキがここにいる! 僕が「恋する季節」でデビューしたのは、1972年。16歳のとき。それ以来、芸能界の第1線をひた走ってきて、気づけばあっという間の45年だったと感じます。(本文より) 撮影は、デビュー以来、ずっ [全文を読む]

中居正広 「舞台に立ち続ける」脳梗塞リハビリ中の西城秀樹の姿に感動

Smartザテレビジョン / 2017年05月20日11時57分

一方の西城秀樹は2度の脳梗塞を経て、右半身にまひが残る状態。現在はリハビリ中でテレビ番組の出演を控えていた。しかし、芳村真理のリクエストに応え、今回特別に『金スマ』に出演。歩く姿はゆっくりなものの「ヒットスタジオぶりだよね」と芳村との30年ぶりの再会を懐かしみ、当時の西城の映像を見ながら「髪長いな〜(笑)」と会話に花を咲かせていた。西城は昨年70回のライ [全文を読む]

秋津壽男“どっち?”の健康学「寝起き直後は危険な“朝風呂”。起床後1時間は安静にすべし」

アサ芸プラス / 2016年07月19日05時55分

脳梗塞や心筋梗塞などの発症が、時間帯としては早朝の午前5時~10時に多く見られるのも無関係ではありません。起床後すぐにランニングや運動をすることで、血圧が上昇。体に負担がかかり、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高まります。 つまり、寝起き直後はリスキーな時間帯であり、少なくとも起きてから1時間はゆったりと過ごす習慣を守ることで、緩やかな血圧の上昇となり、急な病 [全文を読む]

歌手の西城秀樹さんが登場!~「2度の脳梗塞を乗り越え、生まれ変わった自分を見て」~特集◎退院マニュアル「病院の退院前後でやるべきこと」

PR TIMES / 2016年03月24日10時44分

【お試し購読キャンペーン中!】 詳しくは→ http://i-life.net/lp01/ [画像: http://prtimes.jp/i/9232/28/resize/d9232-28-326488-0.jpg ] 2度の脳梗塞という苦難を乗り越え、リハビリに励みながら音楽活動を続ける西城秀樹さん。還暦を迎えた昨年は記念ライブを開催、アルバムも発表す [全文を読む]

西城秀樹、ユニコーン川西…夏場に中高年が「脳梗塞」になる理由

アサ芸プラス / 2015年07月24日17時55分

奥田民生がボーカルを務める人気ロックバンド、ユニコーンのドラマー川西幸一(55)が、17日に自身が脳梗塞であることを発表した。 一般的に“脳卒中”と言われるが、実はコレ、くも膜下出血と脳出血、脳梗塞の三つに分けられ、患者は全国で約130万人。がんと心臓病に次ぐ、日本人の死因第3位になっている。 この病気、血圧の上がりやすい冬場に発生しやすい印象があるが、国 [全文を読む]

テリー伊藤対談「西城秀樹」(3)子供がいることが何よりの活力です

アサ芸プラス / 2015年05月07日09時57分

テリー 2回目の脳梗塞で倒れた時、僕たちも驚きましたけど、秀樹さんはどんな思いだったんですか。西城 やっぱり2回目はつらかったね。後遺症がちょっとひどかったから。特に右手、右足が。テリー 今はどうですか。西城 だめです。まだしびれが残ってるんですよ。テリー でも、見たところ手は動いていますよね。西城 動きますけど、完全じゃないです。まあ気長にやろうと思って [全文を読む]

さとう珠緒、完全復帰への課題

NewsCafe / 2015年02月21日17時00分

彼女は酒好きなのですが、ワインやビールなどを飲んだ後にサウナで汗をかいて酒を抜くということを繰り返していたそうで、そのため脳梗塞がいくつも発見されたのです」 えー?! 四十代とはいえまだそれには早くない? 「芸能界で脳梗塞の経験者といえば、昨年一時休業したタレント、磯野貴理子(51)や歌手、西城秀樹(59)やタレント、麻木久仁子(52)らがいますが、彼らよ [全文を読む]

西城秀樹 脳梗塞から復活ライブで「ジャワカレー好き」発言

NEWSポストセブン / 2014年10月16日16時00分

2003年、2011年と2度の脳梗塞を発症しながらも、ステージに立ち続ける秀樹に、ファンはペンライトを片手に大声援を送り続けた。 もともと、コンサートにおけるペンライト使用は、西城秀樹のファンが始めたものと言われている。その元祖であるためか、ファンには今も欠かせないコンサートグッズになっており、中野サンプラザは赤、青、緑の綺麗なサイリュームで埋め尽くされた [全文を読む]

ショップジャパン 発酵黒にんにく「命の力」イメージキャラクターに西城秀樹さんを起用

PR TIMES / 2012年11月15日16時11分

今回、イメージキャラクターに起用する西城秀樹さんは、二度の脳梗塞から、懸命なリハビリを続け、見事歌手として復帰を果たされました。大病の経験から、健康の大切さを改めて知り、健康維持のために「命の力」をご愛飲いただいていることから、今回の起用にいたりました。 インフォマーシャルでは、「命の力はヒデキの力」をキャッチフレーズに、西城秀樹さんの健康に対する思いや [全文を読む]

夕刊フジ特別版「健活手帖」創刊 ~役立つ最新医療情報を満載した健康新聞~ 「名医50人リスト」「血圧10の新常識」など掲載

PR TIMES / 2017年04月17日13時22分

2度の脳梗塞と闘う西城秀樹さんや伍代夏子さんら「有名人 涙の克服記」、楽しく療養できる優良温泉ガイド、創刊記念プレゼント特集も掲載しています。 価格は300円(税込み)。駅売店、コンビニエンスストアなどで発売します。今後、3カ月ごとの発行を予定しています。 [画像: https://prtimes.jp/i/22608/68/resize/d22608-6 [全文を読む]

西城秀樹が26年ぶりに「FNS歌謡祭」に出演決定!

Smartザテレビジョン / 2016年12月01日04時30分

2度の脳梗塞を乗り越え、「歌う事は生きる事。いくつになってもね」と、今また歌い始めた西城。今回は、最も思い入れのある曲の1つである大ヒット曲「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」を披露する。 今回の出演について西城は「1990年の『YOUNG MAN(Y.M.C.A.)』以来、26年ぶりの出演と聞いて時の早さを感じます。45周年を迎えたことし、再び『 [全文を読む]

1200人調査で選出!「オヤジが本当に見たい紅白歌合戦2013!」(3)

アサ芸プラス / 2013年11月15日09時54分

現在、住んでいるオーストラリアから親子そろって出演、『秀樹の妹』としてデビューしたのですから、今年、2度目の脳梗塞から復帰した西城秀樹(58)との組み合わせなら話題性はバツグンです」 本家の紅白にも27年間、出場していない河合が見られるのは「夢の紅白」ならではでございます。 さて、今年の歌謡界、2つの星が消えました。1つは彗星のごとく短く激しい輝きを放った [全文を読む]

星野源、KCO、桜井和寿――ミュージシャンを襲う脳疾患の恐怖

日刊サイゾー / 2013年01月02日09時00分

2002年にはMr.Childrenのボーカル桜井和寿が「小脳梗塞」と診断され、長期療養を余儀なくされた。その際は「トレーニングのやりすぎで疲労がたまっていた」と報じられたが、以後はステージで元気な姿を見せている。そのほか、R&B系の姉妹デュオであったDOUBLEのSACHIKOがくも膜下出血のために25歳の若さで世を去ったことも、音楽界で語り継がれてい [全文を読む]

フォーカス