視聴率 半沢直樹に関するニュース

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

■舞台裏でもう一つのお仕事ドラマこのお仕事路線が以後、連ドラ界の大勢になったのは、ひとえに『HERO』が高視聴率を獲得したからなんですね。なんと、11話全て30%超え。これは日本の連ドラ史上、今もって唯一の快挙である。脚本は福田靖サン。この作品が彼にとって出世作になったんだけど、面白いのは、実は福田サンはピンチヒッターだったんですね。初回は大竹研という、フ [全文を読む]

第20回「若者のテレビ離れはない」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年05月11日17時44分

1~3月に放映された『突然ですが、明日結婚します』なんて、全話一桁視聴率。6話に至っては前代未聞の5.0%だった。平均視聴率6.7%も月9史上最低である。 映画界は若者向け映画が大盛況なのに、テレビ界は若者向けドラマが大不振――これは一体、どういうことか。■過去最高だった『明日婚』のネット視聴 著書『拡張するテレビ』(宣伝会議)でもお馴染のメディアコンサル [全文を読む]

第15回「2016テレビの記憶」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月28日18時39分

1月18日夜、冒頭7分間にメンバー5人が生出演した回の視聴率は、驚異の31.2%――。この数字、今年の視聴率ランキングで、ほぼNHK『紅白歌合戦』に次ぐことが確定しています。それくらい歴史的出来事であったと。とはいえ、それは派手なセットもCGもない、往年のヒット曲が流れるでも、抱腹絶倒のトークが交わされるでもない、極めて地味な絵面。それに、国民の3割がクギ [全文を読む]

紅白の“半沢越え“はウソ!? 2014年、紅白歌合戦の“ライバル番組“になるのは?

tocana / 2014年01月07日16時30分

各テレビ局が一喜一憂する視聴率。 最も話題になるのは、毎年12月31日に行われる『紅白歌合戦』(NHK)が、年間最高視聴率を死守できるかどうか。というのも、過去に年間視聴率で『紅白歌合戦』を上回ったのは、FIFA W杯など世界規模のスポーツイベントしかない。だが、今年は、"モンスタードラマ"といわれる『半沢直樹』(TBS)の42・2%がある。そのため、業界 [全文を読む]

放送当時の評価はいまいち!?後から高く評価(注目)されたドラマの名作たち!

日本タレント名鑑 / 2016年02月04日14時55分

放送当時は、視聴率的に特に振るわなかったり爆発的な人気ではなかったものの、後になって話題になる作品があります。 最近は、映画化前提でドラマが製作されたりもしますが、以前はドラマの映画化といえば、じわじわと人気が高まりとうとう映画化!というような視聴者支持の高い、固定ファンの多い作品ばかりでした。 バブル崩壊前のドラマ界では、人気が高まると延長、人気が下がる [全文を読む]

『半沢直樹』大ヒットでノリに乗る堺雅人 「リーガル・ハイ」にも期待高まる

AOLニュース / 2013年08月19日12時01分

8月11日に放送された第5話が平均視聴率29.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、これから始まる後半戦のさらなる大ヒットが予想されるドラマ『半沢直樹』(TBS)。主演の堺雅人は、現在"ノリに乗ってる"という言葉が最も当てはまる男だろう。 そんな堺は、『半沢直樹』が終了した後の10月期から、フジテレビで放送される『リーガル・ハイ』の第2シリーズに出 [全文を読む]

低視聴率の理由はネットではない! 『半沢直樹』『あまちゃん』で言い訳できないテレビ業界

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月12日11時30分

今年はNHKと日本テレビが開局60周年を迎えた記念イヤーだが、じつは視聴率調査を行うビデオリサーチが創立されて50周年の節目でもある。そこで今回は、50周年を記念して出版された『「視聴率」50の物語 テレビの歴史を創った50人が語る50の物語』(ビデオリサーチ/小学館)から、視聴率にまつわるテレビ裏話を紹介しよう。 関連情報を含む記事はこちら まず、198 [全文を読む]

2013年秋ドラマ視聴率ダービー!期待ハズレなドラマを辛口採点

アサ芸プラス / 2013年10月17日10時00分

“大本命”が不在の中、視聴率も混戦が予想されるのだ。 秋ドラマでも“大本命”と言われているのが堺雅人(39)主演の「リーガルハイ」だ。「半沢直樹」の40%超えの勢いそのままに、前シリーズの10%台前半の平均視聴率を大きく上回ると、放送評論家の松尾羊一氏も太鼓判を押す。 「大本命はやっぱり『リーガルハイ』。前作も視聴率はけっこう高かった。堺雅人は『半沢直樹』 [全文を読む]

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

なぜ同作品、とりわけ1stシーズンがこれほど安定して高い視聴率を取ったかというと、思うに連ドラで描かれるべき3つの世界――「主人公」、「主人公とヒロイン(女優が主人公の場合はその逆)」、「チーム」という、いわゆる“連ドラ三界”をちゃんと描いていたからなんですね。そう、連ドラ三界――。まず1つ目の世界。木村拓哉演ずる主人公・久利生公平は中卒の検事で、普段はジ [全文を読む]

NHK大河『真田丸』で“高視聴率男”ぶりを証明した堺雅人 争奪戦にフジテレビも参入か!?

日刊サイゾー / 2016年12月22日11時00分

NHK大河ドラマ『真田丸』が18日、最終回を迎え、視聴率は14.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だった。全話平均は16.7%で、2012年以降の大河では最高視聴率をマーク。主演の堺雅人は、“高視聴率男”ぶりをあらためて示す格好となった。 『真田丸』は初回19.9%でスタート。20%の大台を超えたのは第2話のみだったが、終始安定した視聴率をキープ [全文を読む]

堺雅人『半沢直樹』がクランクイン間近?続編が3年も経ってしまった舞台裏

デイリーニュースオンライン / 2016年05月13日12時05分

平均視聴率約17%と好調を維持しているNHK大河ドラマ『真田丸』。主演で真田幸村役を演じているのが実力派俳優の堺雅人(42)だ。出演する映画やドラマは話題作となる、そんな順風満帆な堺雅人が自らの出世作となった『半沢直樹』の続編に出演することを決意したという。 ■今秋にも『半沢直樹』のクランクインか 堺雅人は早稲田大学に6年間通い中退の末、極貧生活を経験。貧 [全文を読む]

<東京ドラマアウォード2014が発表>「半沢直樹」の演出家「ジャイさん」こと福沢克雄の苦悩と挑戦

メディアゴン / 2014年11月01日00時32分

なぜなら視聴者が一話で理解できないと視聴率が落ちていくからです。なので、いきなり物語の世界に飛び込んでいくオープニングは本当に斬新に感じました。映画は観客を作品世界へ誘う為に、説明的で魅力的な画を冒頭に度々インサートしていく、同様に、「SweetSeason」第一話も主人公の時系列のシーンに「プールの中で男の子が動かずに揺れる」幻想的で美しく残酷なシーンと [全文を読む]

フジ月9『HERO』絶好調 『SMAP×SMAP』視聴率へも好影響

NEWSポストセブン / 2014年07月28日11時00分

初回26.5%と今年のドラマ最高視聴率を記録。それと連動するように、その後に続く22時30分~の『SMAP×SMAP』(同前。通称『スマスマ』)も17.9%(14日)と久々の高視聴率をマークした。テレビ局関係者が話す。 「最近の『スマスマ』の視聴率は11%前後。1ケタの回もたまにありますから、17.9%は万々歳でしょう。ただ、やはり“スマスマの視聴率は月9 [全文を読む]

『花咲舞』『ルーズヴェルト』池井戸ドラマが好調、あゆ主題歌に臆測、ジャニーズ大惨敗……春ドラマ総まとめ

日刊サイゾー / 2014年06月27日20時30分

続々と最終回を迎え、ついに出そろった4月クールの連ドラ視聴率。一部では「視聴率なんて、録画分は入ってないから意味ないし」「視聴率で評価すること自体、時代錯誤」なんてごもっともな意見も上がっておりますが、テレビ局にとってはいまだに視聴率がすべて。悲しいかな、0.1%の差でスポンサー料が大きく変わったり、スタッフが土下座せんばかりに謝ったりするシビアな世界なん [全文を読む]

21時台で3%!! 『夫のカノジョ』爆死で川口春奈の今後は!?

メンズサイゾー / 2013年11月22日14時00分

『半沢直樹』や『家政婦のミタ』(日本テレビ系)のような、視聴率記録を塗り替えるような大ヒットが突如あらわれる反面、押しなべてプライムタイムのドラマ番組の視聴率は低下傾向にあり、視聴率が一桁という作品もいまや珍しくない。「大当たりかハズレか」という二極化が激しくなっている。 そんな中にあって、視聴率だけをとってみれば『逆・半沢直樹』といえる状態になってしまっ [全文を読む]

『踊る』MOVIE見ながら『半沢直樹』を想起した人多数 理由は「近藤さん!」

AOLニュース / 2013年10月07日12時20分

そして、なぜ注目を浴びるのかといえば、この滝藤は視聴率40%超えの大ヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系)で半沢の同期・近藤直弼役を演じていた俳優だからだ。 『半沢直樹』の近藤さん 『半沢直樹』公式サイトより 『半沢直樹』では最終回が近付くにつれて存在感が増し、迫真の演技でお茶の間に大きな印象を与えた近藤、いや、滝藤。視聴者にはすっかり「近藤」のイメージが [全文を読む]

『小さな巨人』13%台止まりにTBSあぜん!? 豪華キャスト&スタッフもヒットしない2つの理由

サイゾーウーマン / 2017年05月28日12時00分

春ドラマの連ドラが次々と1ケタに陥落する中、同ドラマの最新話(第6話)までの平均視聴率は13.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、比較的高い数字を維持。しかし、マスコミ関係者の間では「期待はずれ」といった声が飛び交っているという。 同ドラマは、警視庁と所轄の確執や警察内部の戦いを描いたエンターテインメントドラマ。警視庁捜査一課で係長として活躍し [全文を読む]

“木村拓哉ブランド”失墜の危機!? ジャニーズ事務所がTBSに不快感を抱くワケ

サイゾーウーマン / 2017年01月29日11時45分

初回視聴率14.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、第2話14.7%と、視聴率15%の壁をなかなか越えられない『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)。木村拓哉のソロ転身後、初の大仕事になる同ドラマの視聴率に、ジャニーズ事務所は苛立ちを抱えているという。 「現在、視聴率全体が低迷するテレビ業界において、14%超というのは高い数字といえますが、最も [全文を読む]

半沢直樹の教訓か?新垣結衣「逃げ恥」続編をTBSが急ぐお家事情

デイリーニュースオンライン / 2017年01月16日11時30分

初回10.2%から始まり、回を重ねるごとに視聴率は上昇、「恋ダンス」は社会的現象を巻き起こした。 このドラマに、早くも続編の噂が流れている。一部報道によれば、主演二人のスケジュール確保にTBSがすでに動きを見せているようなのだ。「このTBSのすばやい行動も納得」だと、テレビ局関係者は語る。 「視聴率争いでは、日テレとテレ朝がトップを競い、TBSがそれを追う [全文を読む]

新垣結衣は“新・視聴率女王”?『逃げ恥』好調キープ

日刊大衆 / 2016年10月21日18時00分

初回放送では、エンディングで披露した“かわいすぎるダンス姿”も好評で、平均視聴率10.2%を記録、続く第2話ではさらに数字を伸ばし、TBSでの同枠ドラマの最高記録となる12.1%という高視聴率をマークした(ともにビデオリサーチ調べ、関東地区)。過去の出演作も含めて、視聴率“爆死”知らずの新垣に「やっぱガッキーは持ってる」と話題になっている。 『ドラゴン桜』 [全文を読む]

フォーカス