真田丸 本多忠勝に関するニュース

真田丸『第38話』裏解説。昌幸の遺言「徳川の倒し方」は現実離れ?

まぐまぐニュース! / 2016年09月25日22時00分

NHK大河ドラマ『真田丸』を放送直後にワンポイント解説する人気連載シリーズ。今回は、「豊臣と徳川が戦争」になった際の、真田昌幸が考えた戦略プランについて。著者の西股総生さんは、昌幸の考える「尾張侵攻作戦」がすでに無理があると指摘。ただし、徳川が簒奪者であるとのイメージを上手く広めることができれば、作戦の公算はかなり変わってくるとの見方を示しています。 今回 [全文を読む]

真田丸『第31話』裏解説。秀吉を死の直前まで苦しめた、ある悩み

まぐまぐニュース! / 2016年08月07日22時00分

NHK大河ドラマ『真田丸』を放送直後にワンポイント解説する人気連載シリーズ。今回は「秀吉の最期」について。病床に臥せっていた秀吉は自分がもう長くないことを悟りましたが、死ぬに死ねない「大きな悩み」を抱えていました。富、名声、権力の全てを手に入れた秀吉の心配事とは一体何だったのでしょうか? 今回のワンポイント解説(8月7日) 今回は、秀吉の最期について、僕な [全文を読む]

『真田丸』第6話をマニアック解説。氏政は息子に社長を譲った会長?

まぐまぐニュース! / 2016年02月14日13時00分

前回の放送で視聴率が19%と調子を上げ、根強い人気を見せつけたNHK大河ドラマ『真田丸』。MAG2 NEWSではナワバリストと呼ばれる城郭研究家たちが、毎回のドラマをさらに楽しむためのワンポイント解説をお送りいたします。今回は、高嶋政伸さん演じる北条氏政に注目し、小田原城主・北条一族が、いかにして乱世を生き抜いてきたかを解説します。 今週のワンポイント(2 [全文を読む]

『真田丸』ロスvs『逃げ恥』ロス 喪失感が大きいのはどっち?

しらべぇ / 2016年12月11日11時00分

(画像はTBS公式サイトのスクリーンショット)三谷幸喜が脚本を務め、放送のたびにツイッターが「#真田丸」祭り状態となるNHK大河ドラマ『真田丸』。そして、エンディングの「恋ダンス」や、二人の恋の行方が注目を集める大ヒットドラマ『逃げるが恥だが役に立つ』(TBS系)。いずれも、間もなくフィナーレを迎える。11日放送の『真田丸』の舞台は、真田幸村最後の戦いであ [全文を読む]

「真田丸」藤岡弘、がゆかりの地で忠勝との縁を語る!

Smartザテレビジョン / 2016年09月25日22時14分

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)で本多忠勝を演じる藤岡弘、が、千葉・大多喜町の「第42回大多喜お城まつり」に参加した。 大多喜は、徳川四天王の一人だった忠勝が初代藩主として治めた所領。藤岡は、ドラマと同じ衣装・甲冑(かっちゅう)姿で、馬に乗り武者行列に参加し、見物客からの声援に応えた。 武者行列後、藤岡は「大多喜町の皆さんの温かさを感じました。忠勝公 [全文を読む]

大河ドラマ『真田丸』の時代考証担当者が明かすウソ・ホント。吉田羊演じる小松姫は沼田城にいなかった?

週プレNEWS / 2016年02月07日21時00分

前回の配信「真田幸村は存在しなかった?」に続き、真田信繁の逸話について『真田丸』の時代考証を務め、真田氏研究の第一人者である歴史研究者の平山優氏に聞く! “真田十勇士”の物語でも知られ、近年ではゲームなどでもイケメンキャラとして武将人気の高い信繁。一般的には真田幸村の呼び名で通っているが、実はそれが本人をモデルに創作された架空のキャラクターの名前だった?な [全文を読む]

NHK『真田丸』の配役に張り巡らされた、俳優たちのリアルな「裏」人間関係

Business Journal / 2016年07月14日07時00分

三谷幸喜が脚本を務め、高い人気を誇っているNHK大河ドラマ『真田丸』。真田幸村こと真田信繁を中心に、真田家と同家に関わるさまざまな武将や戦国の家族ドラマが描かれている。幅広い世代の人物が登場するだけに、出演する俳優も若手からベテランまで幅広い。 ベテランのなかには以前に真田家の一員を演じた俳優も多く、そこにはさまざまな縁が見え隠れする。これは偶然なのか、は [全文を読む]

藤岡弘、語る娘の教育法「手を上げたら抱きしめて愛を囁く」

WEB女性自身 / 2016年09月10日06時00分

「私が『真田丸』で演じている本多平八郎忠勝は「武士道の鑑」と言える存在という気がします。私は、幼いころから武道家の父(故人)に武士道の精神を学び、父からも、母からも『忠孝』について教えられた。ですから、本多忠勝に共感するところは多々ありますし、彼の気持に私の思いを重ねて、何かを発信したい。そう思って忠勝を演じてきました」 と語るのは『真田丸』で7作目の大河 [全文を読む]

「真田丸」寺島進が岩櫃城へ『1話から撮り直すか!』

Smartザテレビジョン / 2016年08月05日20時35分

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)で真田昌幸(草刈正雄)の家臣・出浦昌相を演じる寺島進が、岩櫃城のあった群馬・東吾妻町を訪れた。岩櫃城は出浦が最後の城代を務めた城で、出浦の“400年ぶりの帰城”の実現に、東吾妻町は興奮に包まれた。 かつて真田家が支配した“沼田領”にあった岩櫃城、名胡桃城、沼田城の城下では、8月3日から8月5日まで開催されている「沼田ま [全文を読む]

『真田丸』出演の寺島進 役作りでは「能をヒントにした」

NEWSポストセブン / 2016年07月24日07時00分

堺雅人主演、豪華キャストと三谷幸喜の脚本で人気のNHK大河ドラマ『真田丸』。31回(8月7日放送)では、本多忠勝(藤岡弘)と出浦昌相(寺島進)の大立ち回りが見どころのひとつ。そこで寺島進(52才)に、出浦の魅力や、三谷と交わされた裏話などを聞いた。――出浦が真田昌幸(草刈正雄)に忠義を尽くす姿が格好いいと評判です。出浦の魅力は?寺島:三谷さんいわく、『真田 [全文を読む]

今夜の予習!恋愛・結婚が運命を変える大河ドラマ『真田丸』

しらべぇ / 2016年04月10日19時00分

画像はNHK『真田丸』公式サイトのスクリーンショット三谷幸喜の脚本と豪華な出演者で、視聴率も好調な今年のNHK大河ドラマ『真田丸』。今日4月10日の放送より、舞台を信州から大阪へ移すことになる。■戦と人質が「出会い」のきっかけに先週放送された「第一次上田合戦」で、真田信繁の側室で黒木華が演じる「お梅」が徳川軍に討たれて死亡(史実にはこの合戦で亡くなった記録 [全文を読む]

戦国の女傑、加藤清正を退却させたエリート「おんな城主」

NEWSポストセブン / 2017年01月29日16時00分

昨年の大河『真田丸』で吉田羊が演じた小松姫は、真田信之の妻で無敵の武将・本多忠勝の娘である。 「小松姫の最も有名なエピソードは、関ケ原の戦い直前に真田家が徳川方と豊臣方に分かれた際、夫とともに徳川側につき、沼田城に入ろうとする豊臣方の義父・昌幸、幸村親子の計画を阻止したことです」(河合氏) 徳川四天王と讃えられた父・本多忠勝譲りの勝ち気な性格だったといわれ [全文を読む]

大河偏愛芸人・松村邦洋が選ぶ『真田丸』名場面BEST5

NEWSポストセブン / 2016年08月28日16時00分

大河ドラマの大ファンとして知られる松村邦洋(49)は、現在放送中の『真田丸』も「史上屈指の作品になること間違いなし」と太鼓判を押している。そんな彼が心に残るシーンをセレクトした! 【1位/三成と清正の「水垢離」】 「脇役の2人ですが、男気を感じてベストシーンに選びました。石田三成(山本耕史)と加藤清正(新井浩文)は、仲が悪いように見えて、実は真の友情で結ば [全文を読む]

浜松・家康公祭りに藤岡弘、が見参!

Smartザテレビジョン / 2016年05月29日10時02分

静岡・浜松の浜松城公園にて、「出世の街浜松 家康公祭り」が開催され、大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)で家康の側近・本多忠勝を演じる藤岡弘、が登場した。 「家康公祭り」は、浜松城主を17年間務めた徳川家康公をたたえ、毎年開催されていて、ことしが3回目となる。 トークショーでは、藤岡が、浜松市のキャラクター“出世大名家康くん”、千葉・大多喜町から応援に駆 [全文を読む]

藤岡弘、 『真田丸』で演じる本多忠勝への格別な思い

NEWSポストセブン / 2016年05月15日07時00分

どんな失敗も自分の糧として、自分の栄養としてそれを消化していけば、未来に繋がると思っていました」 藤岡は現在、NHK大河ドラマ『真田丸』に本多忠勝役で出演している。『勝海舟』での坂本龍馬役、『春日局』での織田信長役とこれまでに6本の大河に出演してきたが、22年ぶりとなる今回のドラマへの思いは格別だった。「この武将は偉大だな、なんでこの人の名前が世に出てこな [全文を読む]

『真田丸』で注目の本多忠勝 ファンを惹きつける魅力

NEWSポストセブン / 2016年02月28日16時00分

NHK大河ドラマ『真田丸』において、独特の存在感を放っているのが藤岡弘、演じる徳川家臣・本多忠勝である。「徳川四天王」の一角として、最強の武将と称される彼の史実を紐解くと、豪快な中に潜んだ繊細さや優しさを持つ忠勝像が見えてくる。ファンを惹きつけて止まない魅力はどこにあるのか。 2月14日放送のNHK大河ドラマ『真田丸』(第6回)でこんな場面があった。 大阪 [全文を読む]

【真田丸】後藤又兵衛の壮絶な最期を記録した新史料が見つかる

しらべぇ / 2016年11月20日10時00分

(画像はNHK公式サイトのスクリーンショット)大河ドラマ『真田丸』は、大坂の陣の真っ只中である。哀川翔演じる後藤又兵衛は、主役である真田幸村に勝るとも劣らない人気を獲得しているようだ。自分なりの形の忠義を、荒々しく貫き通そうとするその姿はまさに「戦国武将」そのもの。「侍の鏡」とは、ああいう者を言うのかもしれないと思わせるほどだ。そんな又兵衛の最期に関する史 [全文を読む]

「真田丸」藤岡弘、“ほれ込んだ”本多忠勝役を語る!

Smartザテレビジョン / 2016年09月23日17時00分

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)9月18日放送では、関ヶ原の戦いに勝利した徳川家康(内野聖陽)が天下を握り、昌幸(草刈正雄)・信繁(堺雅人)は第二次上田合戦に勝利したものの、徳川に屈することに。真田信幸(大泉洋)は、家康に二人の助命を嘆願しに行くのだが、そこで共に家康の説得に当たったのが義父・本多忠勝(藤岡弘、)。自らの命を懸けた忠勝の気迫に、家康も [全文を読む]

真田丸の危機は徳川家康ではなく「高畑裕太」がもたらした

しらべぇ / 2016年08月26日05時30分

さらに、NHKの大河ドラマ『真田丸』にも出演することになっていた。母親の高畑淳子は、真田昌幸の妻の薫役をコミカルに演じ評判に。高畑容疑者も真田信之と稲との間に生まれた子、真田信政として登場するはずであった。当然ながら、母子共演は完全消滅。売れっ子二世俳優の愚かな行為が、真田家をも巻き込んでしまった。■「悩める父」だった真田信政ここで、高畑容疑者が演じる予定 [全文を読む]

さらば秀吉、ありがとう……BSプレミアムで自己最高タイ! やっぱり注目度が高かった『真田丸』第31話「終焉」レビュー!!

おたぽる / 2016年08月09日17時00分

ついにとうとういよいよ、強烈な存在感を発揮してきた豊臣秀吉(小日向文世)が死去、一方で出浦(寺島進)が大ピンチ!? と次号予告で期待を煽っていた大河ドラマ『真田丸』(NHK総合)第31話「終焉」。視聴率は17.3%(ビデオリサーチ調べ)と普段と変わらないのだが、NHK総合よりも2時間早く放送されるNHK・BSプレミアムでの視聴率が5.2%と、自己最高タイを [全文を読む]

フォーカス