ヒット曲 安室奈美恵に関するニュース

「安室奈美恵の時代は終わった」知られざる過去と現在を語るロングインタビュー

モデルプレス / 2012年07月25日20時37分

ひとたびヒット曲を出せば、本人も「怖いとこに就職したんだな」と冷静になってしまうほど、爆発的な注目を浴びた。 そんな彼女の大きなターニングポイントとなったのは、小室哲哉から離れて再スタートを切ることになった20代半ば。その当時は「安室ちゃんはもう終わったね」という心ない言葉を口にする人が「すーごいいました。ほんとにいた」。しかし「それがいちばんの原動力だっ [全文を読む]

安室奈美恵、一夜限りの“20周年”沖縄凱旋ライブ開催が決定!

PR TIMES / 2012年03月09日09時23分

瞬く間に数々の大ヒット曲を生み出し日本の音楽史に名前を刻んできた。 95年には、当時女性ソロシンガー最年少「紅白歌合戦」出場を果たし、翌年96年にリリースしたアルバム「SWEET 19 BLUES」では、当時史上最高記録となった初回出荷枚数305万枚という偉業も成し遂げる。 同年、ソロアーティスト史上最年少でレコード大賞も受賞。 その後も10代で全国4大 [全文を読む]

安室奈美恵、ライブDVDに通算500回公演達成を祝うサプライズ映像を収録

okmusic UP's / 2014年01月15日00時00分

アルバム「FEEL」からの楽曲はもちろん、ヒット曲「Love Story」や世界初の試みとなる照明演出によって幻想的な空間を創り上げた最新曲「Ballerina」など、アンコールを含む全28曲を歌唱。同ライブDVD&Blu-rayには、その全楽曲が収録されている。20周年を迎えてもなお挑戦的に進化し続ける、エモーショナルな『Queen of Pop・安室奈 [全文を読む]

安室奈美恵20th Anniversary×WOWOWコラボレーションが実現!貴重なライブヒストリーと密着ドキュメント映像を交えたアニバーサリー特別番組をWOWOWで無料放送決定 !

PR TIMES / 2012年04月24日09時27分

その後も小室哲哉プロデュースによる数々のヒット曲を発表し続けた彼女だが、2001年以降はセルフプロデュースによる創作活動を開始。内外の様々なアーティストとのコラボレーションや、香港・台湾・韓国などアジアへの進出、ヒップホップ・R&Bを基調とする独自のサウンド作りにより、彼女の存在は国民的アーティストとして絶対的なものとなる。圧倒的な共感と深いリスペクトの [全文を読む]

いつ劣化するの!? 3位宇多田ヒカル「10年前と変わらない女性歌手」1位は

VenusTap / 2017年01月01日19時40分

■いつオバさんになるのか謎の森高千里が2位2位は、1992年に『私がオバさんになっても』というヒット曲を世に送り出した森高千里、47歳。[youtube https://www.youtube.com/watch?v=GewWg-T29Js]47歳という年齢を考えると、世間一般では立派なオバサン……。にもかかわらず透明感ある美しさと美脚、キュートな声も健在 [全文を読む]

4位は安室奈美恵!「本当に歌が上手いと思う女性歌手」美声女王は

VenusTap / 2016年08月24日12時40分

次なる大ヒット曲が期待されますね。■第4位:安室奈美恵(33票)May J.を抑えて第4位に輝いた歌姫は安室奈美恵。沖縄アクターズスクールのメンバーで結成されたSUPER MONKEY’Sでデビューして人気を博し、その後1995年にソロデビュー。以降、『SWEET 19 BLUES』、『CAN YOU CELEBRATE?』などの大ヒット曲を連発し、日本レ [全文を読む]

安室奈美恵、6月に自身初となるバラードベストアルバム発売

okmusic UP's / 2014年04月10日11時30分

安室奈美恵といえば、300万枚という驚異的な売上枚数を記録したアルバム『SWEET 19 BLUES』からのリカットシングル「SWEET 19 BLUES」(1996年発売)、結婚式の定番ソングである「CAN YOU CELEBRATE?」(1997年発売)は、シングルでありながらダブルミリオンとなり、オリコン邦楽女性ソロアーティスト歴代1位のシングル売 [全文を読む]

安室奈美恵が通算500回目のライブを迎える!

okmusic UP's / 2013年12月08日13時00分

発売から2年後となる今月12月にUSEN リクエストチャート最高位1位を獲得した「Love Story」、TBS系 日曜劇場『空飛ぶ広報室』主題歌「Contrail」などのヒット曲から、FASHION'S NIGHT OUT 2013でGUCCI×VOGUE×NAMIE AMUROのスペシャル企画に起用された新曲「Ballerina」、本人出演のコーセー [全文を読む]

ユニークな選曲や行進曲のイメージじゃない曲も!? センバツ高校野球 入場行進曲の歴史

日本タレント名鑑 / 2017年03月17日08時55分

夏の甲子園と違う“センバツ”ならはの特色の一つとして、開会式の入場行進曲に前年のヒット曲が起用されることが挙げられます。この行進曲には、誰もが認める大ヒット曲や、選手の頑張りを後押しするような応援歌的な楽曲が目立ちますが、なかには意外な選曲も!? そんなセンバツ入場行進曲の歴史を振り返ります。 今年はアップテンポな星野源の『恋』が入場曲 スローバラードが起 [全文を読む]

Crystal Kay、NY修行に移籍…転機の2年間―栄光の裏で選んだ道「常に進化したい」 モデルプレスインタビュー

モデルプレス / 2015年09月11日18時00分

◆転機が続く…LDHへ移籍 ヒット曲「恋におちたら」で感じた戸惑いも告白 ― 昨年の10月からマネージメントをLDHへ移されたということも大きな転機になったのでしょうか? Crystal Kay:すごく大きなターニングポイントでした。7年間ずっと個人だったので、次のステップに踏み出すには環境を変えないとダメなんだろうなって思っていたんです。以前、舞台「D [全文を読む]

フォーカス