大谷翔平 菊池雄星に関するニュース

【プロ野球】ジャクソン(広島)とマテオ(阪神)は916票差!オールスター中間発表・激戦区はここだ!

デイリーニュースオンライン / 2017年05月27日16時05分

■【パ・リーグ】指名打者 1位:大谷翔平(日本ハム) 33,176票 2位:デスパイネ(ソフトバンク) 27,084票 ケガで離脱中でも大谷翔平(日本ハム)強し! 予想していたとはいえ、大谷本人も困惑気味。6月中の復帰は可能か? (票数、順位、成績は5月23日時点のもの) 文=落合初春(おちあい・もとはる) 【関連記事】 [全文を読む]

菊池雄星、エースとして乗り越えるべき壁

ベースボールキング / 2017年05月23日11時30分

CBSスポーツのM・アサシア記者が「近い将来に大谷翔平以外でMLB球団の食指が動きそうな日本人選手」として5人の名前を挙げている。打者では山田哲人(ヤクルト)。投手は藤浪晋太郎(阪神)、則本昴大(楽天)、有原航平(日本ハム)、そして菊池雄星だ。 「キャリアはアップダウンだがストレートに球威がある上、最近はカーブ、スライダー、チェンジアップを駆使して打者を打 [全文を読む]

【プロ野球】オリックスは打率.389?パ投手陣の交流戦打撃成績

デイリーニュースオンライン / 2016年06月25日17時05分

二刀流・大谷翔平を除けば、パ・リーグの投手が打席に入ることはまずない。それでも今季も投げるだけではなく、打撃でも存在感を示す投手が現れた。 交流戦のパ・リーグ各球団の投手打撃成績をまとめてみた。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! 【ソフトバンク】計:20打数1安打0打点 打率.050千賀滉大 5打数1安打0打点 打率.200 [全文を読む]

【プロ野球】逃した魚はデカい?日ハムがドラフトで獲得失敗した選手の活躍ぶり

デイリーニュースオンライン / 2016年06月07日17時06分

大谷翔平のように大成功をしたケースもあれば、競合くじに敗れたり、入団拒否の憂き目にあうことも。今回は、日本ハムがドラフトで獲得に失敗した選手たちを紹介しよう。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■過去10年のドラフトで日本ハムが獲得に失敗した主なケース 長野久義(巨人) ~2006年:入団拒否 2010年に新人王、2011年 [全文を読む]

“フーゾク王子”西武・菊池雄星の指南で、日ハムルーキー大谷翔平が「昼と夜の二刀流」へ!?

日刊サイゾー / 2013年08月02日09時00分

日本ハム・大谷翔平が、球宴中の22日に無断外出して監督から厳重注意を受けたが、これには伏線があったようだ。 「先日、高校の先輩でもある菊池雄星(西武)から“フーゾク遊び指南”があったそうなんですよ。無断外出は先輩選手と食事したことになっていますが、その間にちょっと女の子と遊んできたんじゃないかって言われてるんですよ。だから監督も、わざと記事になるような怒り [全文を読む]

日ハムGM「大谷は現時点で投手より打者としての完成度高い」

NEWSポストセブン / 2012年10月30日16時00分

10月25日に行なわれたドラフト会議では、花巻東高校の160キロ右腕・大谷翔平に多くの注目が集まった。北海道日本ハムファイターズから指名されたものの、メジャー挑戦を表明した彼は一体どんな選手なのか。ノンフィクションライターの柳川悠二氏がレポートする。 * * * 花巻東監督の佐々木洋は「しばらくは雄星(菊池雄星・現埼玉西武ライオンズ)のように怪物と呼ばれる [全文を読む]

逸材の当たり年「大谷翔平世代」に続くのは“3年周期法則”の「1997年組」or“奇跡の世代”「1998年組」!?

日本タレント名鑑 / 2017年05月24日11時15分

その後3年周期で当たり年が来る法則があり、「マー君世代」の6年後の1994年度生まれには日本ハム・大谷翔平選手、フィギュアスケート・羽生結弦選手、水泳の萩野公介選手、瀬戸大也選手、芸能界では山崎賢人さん、土屋太鳳さん、二階堂ふみさんなどがいます。 その3年後の1997年度生まれも逸材ぞろいですが、特に芸能界に限れば、その翌年の1998年度生まれは“奇跡の [全文を読む]

多士済々の開幕投手…セは”外国人対決”、パは”代役”の活躍に注目 30日の予告先発

ベースボールキング / 2017年03月30日17時00分

過去2年務めた大谷翔平が怪我の影響で登板できないこともあり大役が回ってきた。オープン戦は1勝3敗と波に乗れなかったが、シーズンではどうなるか。相手の西武は2年連続となる菊池雄星。昨季は6回1失点と試合を作り、チームに勝利をもたらした。 ロッテとソフトバンクはそれぞれ涌井秀章と和田毅の両ベテラン投手が登板。2015年最多勝投手と2016年最多勝投手による見応 [全文を読む]

【プロ野球】菊池雄星はメジャーで通用するのか!? 日本人左腕メジャーリーガーの成績を総ざらい!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月12日16時05分

現在のプロ野球界で、最もメジャーリーグに近い選手といえば大谷翔平(日本ハム)。「いつ行くのか」が話題になっているが、そんななか突然(?)、菊池雄星(西武)のメジャー移籍話がスポーツ新聞の一面を飾った。 最近は花巻東の後輩である大谷の陰に隠れているが、菊池自身も2009年のドラフト会議前にはメジャーリーグへの憧れを口にし、メジャーの8球団と面談した過去を持つ [全文を読む]

和田アキ子との接近も?大谷翔平の”ホリプロ入り”が危険視されるワケ

デイリーニュースオンライン / 2016年12月24日08時05分

北海道日本ハムファイターズの大谷翔平(22)が、芸能事務所「ホリプロ」とマネジメント契約を交わしたことが明らかになった。ファンの間では、大谷翔平に“悪い虫”がつくのではないかと不安視する声が飛んでいる。 ■美女いっぱいのホリプロとマネジメント契約 シーズンオフは各所にひっぱりダコの大谷。投手と野手の“二刀流”として、2016年シーズンは投げれば日本最速の1 [全文を読む]

漫画のような大谷翔平選手の今年の活躍を「あの漫画」と比較してみた

しらべぇ / 2016年10月29日08時00分

画像出典:Amazonプロ野球の大谷翔平選手の今年の成績が前代未聞の記録ずくめだととして世間をにぎわせている。日本シリーズ第3戦では打者としてサヨナラタイムリーを放つなど、その活躍ぶりは「小学生が考えた漫画のキャラクター」とネットでも揶揄されるほど。えっと大谷くんって漫画の中から飛び出してきた選手って認識であってるよね?#fighters #大谷翔平 #日 [全文を読む]

夏の甲子園でスターになれなかった男たち(2)菊池雄星は肋骨を折りながら154キロ

アサ芸プラス / 2016年08月07日17時58分

今では「大谷翔平の(花巻東の)先輩」といったほうが、世間での通りがいい菊池雄星(現・西武)だが、甲子園での注目度は大谷よりも数段上だった。 07年の夏、1年生ながら甲子園で初登板。新潟明訓との戦いで、スコアレスで迎えた5回表からのリリーフ登板で被安打5、4奪三振で1失点。しかしこの1点が決勝点となり、初戦で敗退した。しかしこの日、最速145キロをマークした [全文を読む]

西武・菊池雄星を落とした女子アナ・深津瑠美って、どんな人?

日刊サイゾー / 2016年07月08日23時30分

昨年、15勝をマークして最多勝のタイトルを獲得した、高校の3年後輩である大谷翔平投手(日本ハム)に、大きな差を付けられてしまった。今年はここまで(7月6日現在)、13試合に登板し、6勝5敗、防御率2.47とまずまずだが、現在は右脇腹痛を発症して、2軍で調整中。 結婚して、成績が伴わなければ、とかく、夫人が“下げマン”扱いされてしまいかねない。“大器”として [全文を読む]

大谷翔平、日ハム入団に「恨み節」が大爆発

アサ芸プラス / 2012年12月21日09時54分

「完全に出来レース、花巻東の監督に騙されたッ」 12月9日、花巻東の大谷翔平(18)がついに進路を発表した。本誌の締め切り時点で結論は出ていないが、日本ハム入団で間違いないだろう。「可能性ゼロ」から、熱心な交渉によって気持ちを動かした日本ハムの手腕を称賛する声はある。一方で球界には、恨み節が飛び交っているのだ‥‥。 * 「他球団のスカウトにとっては、獲得か [全文を読む]

日ハム入り決定の大谷 父の説得と先輩プロの言葉で心変わり

NEWSポストセブン / 2012年12月10日07時00分

ドラフト直後の記者会見で、高校球界屈指の右腕・大谷翔平(花巻東)は「評価は感謝しますが、日本球団入団の可能性はゼロ」とまで言い切っていた。 ここにきての心変わりには何があったのか。スポーツ紙の記者が語る。 「元々、大谷の両親は言葉の壁や人種差別を懸念して息子のメジャー挑戦には反対でした。日ハムが意志の固い本人よりも両親を説得したことが功を奏したようです」 [全文を読む]

中日権藤コーチ 155km/h出す菊池雄星が打たれる理由解説

NEWSポストセブン / 2012年08月18日07時00分

今年は夏の甲子園・岩手大会準決勝で球速160キロを記録した花巻東の大谷翔平が大会前から話題となっていた。 * * * 松坂は156。マー君は155。横浜ベイスターズを日本一に導いた権藤博氏は、いま中日の投手コーチを務める。新人で35勝を挙げた輝きの経歴を持つ。「権藤、権藤、雨、権藤」と言われ、連投連投また連投。沢村賞を受賞したが、肩を壊して30歳で引退した [全文を読む]

160キロの球投げた史上最速球児 163キロが目標だったと監督

NEWSポストセブン / 2012年07月30日16時00分

大谷翔平擁する花巻東は盛岡大付に3-5で敗退。自慢のストレートを狙い打たれ5失点を喫した。 ちょうど1週間前に行なわれた準決勝において、大谷は高校生として史上最速となる160キロを記録。俄然、注目度は高まった。 「160キロは、入学した時から監督と約束し、目標にしてきた数字でした」 高校入学時の大谷は、186cmの長身ながら、体重は65kgしかなく、まるで [全文を読む]

松井裕樹、田口麗斗が躍動!歴代高卒4年目サウスポーの成績を振り返る

ベースボールキング / 2017年05月23日06時45分

最近のプロ野球界は大谷翔平(日本ハム)や藤浪晋太郎(阪神)、そして今やカープの4番を張る鈴木誠也(広島)らを輩出した94年組を始めとして、若い高卒入団選手の活躍が目立つ。その1年後輩、13年ドラフト組では松井裕樹(楽天)と田口麗斗(巨人)のサウスポーコンビがそれぞれ結果を残している。◆ 高卒左腕の4年目 95年生まれで高校時代「東の松井、西の田口」と称さ [全文を読む]

【プロ野球】「25歳以下限定」の年俸ランキング!トップは山田哲人(ヤクルト)。若くして大金を稼ぐ男たち!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月29日16時05分

■1位:山田哲人(ヤクルト) 1992年7月16日生/24歳 年棒:3億5000万円 ■2位 筒香嘉智(DeNA) 1991年11月26日生/25歳 年棒:3億円 ■3位 大谷翔平(日本ハム) 1994年7月5日生/22歳 年棒:2億7000万円 ■4位 藤浪晋太郎(阪神) 1994年4月12日生/23歳 年棒:1億6000万円 ■5位 今宮健太(ソフト [全文を読む]

絶対王者を倒し、新奪三振王へ!千賀滉大への期待

ベースボールキング / 2017年04月23日11時00分

◆ 初の個人タイトル獲得へ… ちなみに、過去10年の両リーグ規定投球回到達者延べ294人のなかでの最高奪三振率は、2015年に大谷翔平(日本ハム)が記録した「10.98」。今季の千賀の登板はまだ3試合のみということで、現時点で過去の成績と比較するのも無理はあるが、千賀がいかにハイペースで三振を奪っているかがわかる。 今季開幕前に開催されたWBCでは、世界 [全文を読む]

フォーカス