高校時代 桑田真澄に関するニュース

甲子園のスターといえば誰?1位はやっぱりあの選手!

しらべぇ / 2016年08月06日21時00分

現在はyoutubeで高校時代の動画が閲覧できるだけに、それをみて凄さを実感しているのかも。・30代30代は圧倒的に清原和博の支持率が高く、続いて松井秀喜がランクイン。30代にとって清原の高校時代は幼少期となるが、プロでの活躍が強烈だったため、支持する人が多い模様。・40代KK世代である40代も、清原和博がダントツの1位に。とくに男性は3割が清原を推してお [全文を読む]

テリー伊藤対談「桑田真澄」(2)桑田さんは巨人で変人扱いだった?

アサ芸プラス / 2015年05月19日05時55分

桑田 僕が現役の時には、江川(卓)さんもおられましたし、高校時代は清原君がいました。体格と技術力がある選手が常に横にいたものですから、同じ練習をしたり、ましてやその人の倍も練習したら体が壊れると思っていたんですね。対等にやるには効率よく鍛えて、練習も試合も、常に万全の状態でいようと。そうじゃないと太刀打ちできないと思っていた。そのためには常識をまず疑ってみ [全文を読む]

斎藤佑樹「背番号1」に変更 「あと1年?」「めざす勝ち星?」の声も

しらべぇ / 2016年12月20日11時00分

齋藤は、入団6年間で14勝しかしておらず、エースナンバーは返上することになったが、1は、「ハンカチ王子」と騒がれた高校時代に甲子園で優勝したときの背番号。プロ野球では野手がつけることが一般的なものの、投手として入団した王貞治(巨人)や、鈴木啓示(近鉄)、現役では松井裕樹(楽天)が1を背負っている。■ネットでは賛否両論高校時代以来となる「背番号1」に、ネット [全文を読む]

桑田真澄「少年野球から蓄積した投げすぎは日本野球の弊害」

NEWSポストセブン / 2015年05月23日07時00分

あくまでも経験論ですが、高校時代に強豪校のエースだった投手は、プロ入り後約10年が危険な時期となるのでは。少年野球の段階から指導者が肘や肩に負担のないフォームを研究し、連盟は球数や連投を制限するルールを徹底するなど、関わる大人が考え方を根本的に変えない限り同じことが繰り返されるでしょう。 ■くわた・ますみ/大阪府出身・47歳。PL学園から読売巨人軍に入団 [全文を読む]

テリー伊藤対談「桑田真澄」(1)プロ野球1年目は目の前真っ暗

アサ芸プラス / 2015年05月19日05時54分

宮田さんは「高校時代のフォームでいいじゃないか」と励ましてくれて、連日キャッチボールにつきあってくれたんですよ。右肩を下げてから投げるフォームにしたことで、2年目の大活躍につながり、沢村賞をはじめとしたタイトルをいただいたんです。その後も試行錯誤しましたが、21年間もジャイアンツでプレーさせてもらったんですね。 [全文を読む]

桑田真澄実父が暴露“PL学園野球部員いじめ水死”隠蔽(2)スリッパを池に放り投げた

アサ芸プラス / 2013年03月28日09時59分

桑田氏は、高校時代には指導者からの体罰がなかったことで野球選手として「いちばん成長した」と述べているが、やはり上級生からの体罰には悩まされていたようだ。 桑田氏が受けた仕打ちに関しては、本人の口からではなく実父の泰次氏(故人)が明かしていた。00年に上梓された著書「野球バカ」(講談社刊)にこう記されている。 〈ある上級生は、真澄に夜中じゅうマッサージをさせ [全文を読む]

【プロ野球】あわや初登板ノーヒットノーランのルーキー・加藤拓也。慶応義塾大出身の先輩名投手に続けるか!?

デイリーニュースオンライン / 2017年04月13日17時05分

渡辺は高校時代は3年時にセンバツに出場。大学では通算29勝を挙げ、2年秋、3年春、4年秋とリーグ戦を制覇。3年時には全日本大学選手権優勝にも貢献したほか、春の立教大戦では東京六大学リーグ初となる完全試合を達成した。なお、加藤も4年秋にノーヒットノーランを達成している。 卒業後は南海に入団し、2年目の1966年には16勝、1967年は15勝と先発陣の一角で [全文を読む]

ドラフト直前予想。桜美林・佐々木千隼が1位競合、最有力な理由

週プレNEWS / 2016年10月18日06時00分

肩は高校時代からの古傷みたいなものだし。1年目から大活躍するかもしれないが、短命で終わるイメージもある。 A 対照的にこの春、台頭してきたのが佐々木千隼(ちはや・桜美林大)です。都立高校(日野)出身という異色のキャリアで注目されていましたが、秋の首都大学リーグで東海大時代の菅野智之(巨人)に並ぶ53イニング連続無失点、年間7完封と記録づくめで、評価が急上昇 [全文を読む]

夏の甲子園でスターになれなかった男たち(13)“平成の怪物”中田翔は田中将大&斎藤佑樹に力負け

アサ芸プラス / 2016年08月19日05時59分

そんな中田は高校時代から“平成の怪物スラッガー”として常にその動向が注目されていた。 05年に大阪の強豪・大阪桐蔭へ進学すると1年夏から5番・一塁手でレギュラーの座を掴み、大阪府予選では2本塁打13打点の活躍で、チームを夏の選手権に導く。すると初戦の春日部共栄(埼玉)戦でもいきなり5打数4安打、7回裏の第4打席では決勝の本塁打を放つなど3打点。さらに5回表 [全文を読む]

汚れたハンカチ王子?日ハム・斎藤佑樹の”ポルシェ報道”に批判止まず

デイリーニュースオンライン / 2016年07月15日12時06分

高校時代は2006年夏の甲子園で田中将大(27・ヤンキース所属)を相手に投げ勝って優勝。大学時代も東京六大学野球のリーグ戦などで活躍し、最終年となる2010年の秋季リーグを優勝で飾った。文句なしの花道だ。 2011年からはプロ野球界入り。入団時点で契約金1億円、年俸1500万円(出来高5000万円プラス)を得て、サラリーマンの生涯年収とも言われる1億円以上 [全文を読む]

フォーカス