視聴率 三船美佳に関するニュース

太川&蛭子『バス旅」映画化決定も“視聴率低下”や“三船美佳起用”で大コケ必至か

デイリーニュースオンライン / 2015年11月10日16時00分

太川、蛭子に加えて毎回ゲスト女性の“マドンナ”の3人が、毎回珍道中を繰り広げるバラエティだが、土曜ゴールデンのテレ東ながら毎回2ケタの視聴率を獲得する名物番組となっている。劇場版『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE』は台湾を舞台とした番組初の海外ロケで、マドンナ役には三船美佳(33)が抜擢された。 視聴率が1桁に下降中で「大丈夫か?」の声も [全文を読む]

【ウラ芸能】フジ迷走が伝染?! キー局自滅の分かれ目

NewsCafe / 2015年11月25日15時00分

『いいとも』からそのまま『ごきげんよう』と昼ドラを見るという習慣が完全に壊れるわ」記者「視聴率の問題でしょうが、優良なマンネリ番組というポジションのままでいいのに…。現状、何を持ってきても失敗するのが目に見えてます」デスク「さすがに韓流ドラマの垂れ流しはもう懲りてやらないだろうけど、とんちんかんな亀山千広社長(59)はもう交代した方がいい」記者「その前に、 [全文を読む]

「調子に乗るな!」高橋ジョージの大逆転「紅白」ロードに暗雲

アサ芸プラス / 2015年08月27日05時59分

『美女と男子』自体の視聴率も悪くないので、NHKへの貢献度という点でも候補には挙がるかもしれませんね」(前出・芸能誌記者) THE虎舞竜時代に「ロード」を大ヒットさせた時にも出場できなかった「紅白」だけに、実現すれば大きな勲章となるどころか、三船との立場を大逆転するチャンスだ。しかし、すんなりはいかないだろうと音楽業界関係者が解説する。「朝ドラ、大河関連以 [全文を読む]

田畑智子、救急搬送のウラ側! フジ「自殺未遂」報道が“誤報扱い”、現場でのマスコミ襲撃も

サイゾーウーマン / 2016年01月02日13時00分

視聴率以外の話だったら、ほかの局だって結構不祥事はあるよね。C 日本テレビは、「利益供与騒動」の上重聡、「内定取り消し騒動」の笹崎里菜と、アナウンサーが悪い意味で話題を呼びました。前者は本人、後者に関しては局サイドに非があるのですが。B 上重ネタは、日テレ内部から各メディアにガンガンネガティブ情報が流れていたよ。やれまだ億ションから引っ越ししてないだの、駐 [全文を読む]

来年の20周年で打ち切り濃厚か!?『めちゃイケ』テッパン企画が過去最低11.9%で、フジ大ショック!

日刊サイゾー / 2015年10月07日18時00分

“バカNo.1”を決める高視聴率企画「抜き打ちテスト」が放送されたフジテレビ系バラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!~しれっと19周年なんで目指せ問題ゼロSP~』が、平均視聴率11.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。同企画がスタートした2000年以来、最低となった。 3日の同放送では、「問題児だらけの女子高抜き打ち中間テスト」と題し、上西 [全文を読む]

仲間由紀恵、東京・下町で何を?!

NewsCafe / 2015年05月28日17時00分

「ドラマは高橋の離婚騒動のおかげもあってか、通常の同枠よりは高い…といっても4-6%台の視聴率で推移していて、注目度はイマイチ。ここで仲間絡みで話題が出てくれば、面白いことになるかもしれません」(先のライター) 昨年、NHK朝ドラ『花子とアン』の準ヒロインで大きな注目を集めた仲間だが、その後は相変わらずの芝居ぶりで、評価は平行線。大舞台を終えた来年が女優 [全文を読む]

妻が残念!な男たちが欲しがる○○妻とは?

週プレNEWS / 2015年02月18日01時00分

2011年に放送され高視聴率を記録した『家政婦のミタ』を生み出した脚本家とプロデューサーのタッグによるだけに路線も踏襲、毎回思わせぶりな演出と衝撃の事実発覚で今クールのドラマ中、最も高い15%前後の視聴率を保っている。 その視聴者の中心層である全国の主婦達は柴咲コウ演じる献身的な妻・ひかりに対し「こんな妻、いるわけねーだろ!」「尽くしすぎ!!」と総ツッコ [全文を読む]

フォーカス