家政婦 市原悦子に関するニュース

松岡昌宏が史上最恐のオトコ家政婦に!

Smartザテレビジョン / 2016年08月25日05時00分

本作は松岡がテレビ朝日史上初となる男性の家政婦=“家政夫”に扮(ふん)し、派遣先の家庭の秘密を暴き、めちゃめちゃに壊して再生させる痛快なヒューマンドラマ。松岡は「三田園は派遣先の家庭の事情をのぞき見して、さらにその家庭を壊そうとしてしまうという悪趣味の持ち主。実際こんな人間がいたら嫌だなー、と思いますが、そういう人物を演じられるというのがこの仕事の面白さ、 [全文を読む]

女装・TOKIO松岡の半端ない仕事人ぶり!『家政夫のミタゾノ』は痛快か胸糞か

messy / 2016年11月01日00時00分

家政婦”ドラマといえば、何といっても同局系で長く放送された『家政婦は見た!』。ドア越しに事件を目撃した時の「あらやだ」でお馴染み、市原悦子(80)主演作品でございます。最近では米倉涼子ver.も放送され、テレ朝の大事なコンテンツのひとつ。そして2011年には、大胆にもタイトルをパロッた松嶋菜々子(42)主演『家政婦のミタ』(日本テレビ系)が大ヒット! [全文を読む]

松平健 電動付き黒い自転車で6才息子の幼稚園の送り迎え

NEWSポストセブン / 2012年11月11日07時00分

以来、松平一家には、共に暮らす40代後半と思われる家政婦がいた。ひとり息子の健太くん(6才)を時に厳しく叱り、時には手をつないで仲良く散歩する。母のいない健太くんにとって、文字通り母親のような存在だ。 松平は最近、その家政婦を“住み込み”から“通い”に変えた。それは、彼が息子を大切に思っているからこその決断だった。松平は、心機一転を図るため、家族で暮らした [全文を読む]

TOKIO松岡主演のテレ朝ドラマ『家政夫のミタゾノ』 家政婦シリーズに新たな風

しらべぇ / 2016年09月12日18時30分

「カセイフの~」と聞いて記憶に新しいのが日本テレビ系で2011年に放送されたドラマ『家政婦のミタ』。松嶋菜々子(42)が演じる独特なキャラクター「三田灯(みたあかり)」によって問題を抱えた家族が再生していく内容で、多くの支持を集めた。しかし「家政婦シリーズ」の元を辿れば、市原悦子(80)主演の2時間ドラマ『家政婦は見た!』シリーズが原点。現在では米倉凉子( [全文を読む]

市原悦子が「てへぺろ」…家政婦は見た!スタンプ登場

Smartザテレビジョン / 2015年10月16日12時45分

ドラマ「家政婦は見た!」で“家政婦役”としてさまざまな豪邸に暮らす人々の裏側をのぞいてきた女優・市原悦子。10月16日(金)より家政婦役の市原をモチーフにしたLINEスタンプが配信されることが決定した。 ガラス越しにのぞき込む市原や、壁の横から「見ました」という市原の他、マンホールの中、天井裏などテレビでは見られないシチュエーションのスタンプも登場。 さら [全文を読む]

【引越し料金比較サイト 引越し侍】パワフル引越しセンターを超えたのは?「大喜利 こんな引越し業者は嫌だ!!」大賞決定! ~株式会社エイチーム

PR TIMES / 2012年11月16日22時17分

家政婦引越しセンタースタッフが家政婦(市原悦子ver.)ばりに好奇心旺盛で、段ボールの隙間からすべてを観察。引っ越しが終わる頃には旦那の年収から奥さんの浮気まで丸裸。投稿者:@starbecrux 様審査員の声:家政婦の発言で、上流家庭が崩壊する絵が容易に想像できました。≪キャンペーン結果発表ページ≫http://hikkoshizamurai.jp/c [全文を読む]

5位市原悦子…「家事代行に来て欲しい有名人」1位は今注目のアノ女優

BizLady / 2017年01月11日22時00分

■家事代行に来て欲しい芸能人1位は『逃げ恥』の新垣結衣では、家事代行を利用する場合、人々はどんな人に来て欲しいと思うのでしょうか?「家事代行スタッフとして来てほしい芸能人」ランキングは、1位・・・新垣結衣(28%)2位・・・石原さとみ(9%)3位・・・松居一代(6%)4位・・・天海祐希(5%)5位・・・市原悦子(4%)と、『逃げ恥』の主演を務めた新垣結衣さ [全文を読む]

TOKIO松岡昌宏、“家政夫”役で新境地へーー頼れる兄貴分はダークな役柄をどうモノにする?

リアルサウンド / 2016年09月05日06時10分

テレ朝といえば、『家政婦は見た!』の主演を務めた市原悦子と米倉涼子の“二大家政婦”が有名だろう。そこに今回はTOKIOの松岡昌宏が名を連ねることになった。ちなみに松嶋菜々子主演で大ヒットした『家政婦のミタ』は、日本テレビ系だったため、テレ朝としては勝負をかけてきた作品といえそうだ。 参考:滝沢秀明 vs 中村蒼、好対照のイケメンぶりーー『せいせいするほど、 [全文を読む]

TOKIO・松岡昌宏、4年ぶりドラマ主演の大役も……“お気楽モード”で余裕のワケ

サイゾーウーマン / 2016年08月29日09時00分

松岡が演じるのは、家政婦紹介所に所属する家政夫・三田園薫(みたぞの・かおる)役。三田園は、女性が多く活躍する家政婦業界で、男性ながら掃除・洗濯・料理・子守などの家事全般を完璧にこなしてしまう“一流家政夫”。家事のスキルが高く、派遣先の家で信頼を得るのも早いが、三田園は家の汚れだけではなく、派遣された家庭の抱える“根深い汚れ”までもスッキリと落とし、再生へ [全文を読む]

「芸能人宅の家政婦ってどんな仕事? お給料は?」楽しんごのお手伝いさんに聞いた!

サイゾーウーマン / 2016年02月21日13時00分

そんな彼らの中には、“家政婦”を雇う人もいるようだ。芸能人宅の家政婦――なかなかお目にかかれない特殊な仕事に従事する人たちは、日々どのように働いているのだろうか。市原悦子のドラマ『家政婦は見た』のように、芸能人の秘密を知ってしまうなど、ゴシップ好きにはたまらない仕事のような気もするが、今回その実態を芸人・楽しんご宅で働くお手伝いのAさんにインタビュー。1月 [全文を読む]

藤原紀香に続いて米倉涼子に「政治家転身説」がささやかれる理由

アサ芸プラス / 2014年03月17日09時59分

市原悦子から「家政婦は見た」(テレビ朝日系)シリーズを受け継いだ米倉涼子(38)。市原版とは違って、「絶世の美女があえてそれを隠しながら」家政婦としてさまざまな家庭の人間関係をのぞく、というアレンジが話題だ。そんな彼女に、先頃、共産党の機関紙「しんぶん赤旗」のインタビュー記事に登場し政界進出説が流れる藤原紀香(42)との“共通点”が見られるのだ。 藤原が昨 [全文を読む]

松本清張作品の中からお気に入りの一作に投票し、豪華プレゼントに応募しよう!

PR TIMES / 2014年07月15日12時23分

家政婦は見た」シリーズの原点となった市原悦子主演「熱い空気」、清張作品の中でも特に人気の高い「黒革の手帖」、何度も映像化された「ゼロの焦点」をはじめ、代表作の1つ「Dの複合」、「指」、「中央流沙」などの人気の作品をラインナップ。その他にも、CS初放送となる「蒼い描点」、「証言」など、松本清張の世界観が存分に味わえる作品が目白押しです。放送に先駆け実施する [全文を読む]

米倉涼子主演、テレ朝ドラマ『ドクターX』パート3が10月スタート TBS『半沢直樹』と一騎打ちへ

日刊サイゾー / 2014年03月19日11時00分

3月2日に放送されたテレ朝の開局55周年記念ドラマ『家政婦は見た!』の17.4%という視聴率が、米倉に自信を持たせたという背景があったことは想像に難くない。 『土曜ワイド劇場』でベテラン演技派女優の市原悦子が主演した『家政婦は見た!』シリーズは83年から08年まで、26作品が放送された。平均視聴率20%前後を獲得して、市原の当たり役といわれていた。それだけ [全文を読む]

フォーカス