西武 松坂大輔に関するニュース

【プロ野球】岸孝之(楽天)を見ると思い出す。西武からパ・リーグ他球団に移籍して活躍したピッチャーたち

デイリーニュースオンライン / 2017年02月09日17時05分

この岸の姿を見て思い出すのは、西武からパ・リーグの球団に移籍し、活躍したピッチャーがいたことだ。そんなピッチャーたちを振り返りたい。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■優勝請負人・工藤公康 1980年代から1990年代にかけての西武で、渡辺久信とともに左右の両輪で活躍したのが工藤公康。1986年、1987年と2年連続で日 [全文を読む]

【西武】松坂大輔の運命を変えた? 1998年の日本シリーズ

文春オンライン / 2017年06月11日11時00分

西武対横浜 1998年日本シリーズ 黄金期からの世代交代も進み、西武ライオンズとして6年ぶりの日本一奪還に臨んだ1998年の日本シリーズの相手は38年ぶりにリーグ優勝を果たした横浜ベイスターズ。優勝に対する「飢餓度」では横浜に劣っていたのは事実でしょう。 それまで中日、巨人、阪神、広島、ヤクルトと日本シリーズで対戦していましたので、セ・リーグ6球団目で一巡 [全文を読む]

スカウトの眼力はホンモノか? 過去20年間のプロ野球ドラフト1位競合選手を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2015年10月29日11時30分

【2007年・高】佐藤由規(仙台育英高・投手) ○ヤクルト ×楽天、巨人、中日、横浜 【2007年・大社】大場翔太(東洋大・投手) ○ソフトバンク ×日本ハム、オリックス、巨人、阪神、横浜 【2007年・大社】長谷部康平(愛知工業大・投手) ○楽天 ×西武、ロッテ、広島、中日 【2009年】菊池雄星(花巻東高・投手) ○西武 ×日本ハム、楽天、ヤクルト、 [全文を読む]

NPBでプレーする“松坂世代”は何人いる?

ベースボールキング / 2017年03月17日11時30分

球団別でみると、西武の渡辺直人、上本達之、育成の木村昇吾、広島の江草仁貴、梵英心、永川勝浩、巨人の杉内俊哉、村田修一、実松一成の3人が12球団で最多。DeNAの久保康友、G.後藤武敏、西武の渡辺、上本、木村、オリックスの小谷野栄一はチーム最年長となる。ロッテは12球団で唯一“松坂世代”の選手がいない。 生え抜きの選手はというと、西武・上本、広島・梵と永川 [全文を読む]

松坂、涌井、雄星…西武「高卒ドラ1投手」の系譜

ベースボールキング / 2017年01月19日15時00分

西武「高卒ドラ1」の系譜 エース・岸孝之が抜けた西武に、新たな希望の光が差し込んだ。 2月1日のキャンプインを前に西武第二球場で行われている新人合同自主トレで、ドラフト1位・今井達也の評価がうなぎ登り。鈴木葉留彦球団本部長に「センスが良い。西口(文也/二軍コーチ)と岸(孝之/現楽天)の長所をミックスしたような」と言わしめた逸材は、2010年の菊池雄星以 [全文を読む]

松坂大輔が江夏豊に語った日本球界復帰「妻は“わかった、ついていく”だけでした」

週プレNEWS / 2015年02月24日06時00分

で、9年ぶりの日本のキャンプはどう? 以前は西武、今はソフトバンクという違いもあるけれど。 松坂 向こうのキャンプとは全然雰囲気が違いますし、チームも違って動きがまったくわからないので、第1クールの最初の3日間はストレスがありました。でも、その3日間でいろんな選手と話をさせてもらって、今はだいぶ馴染(なじ)めたかなと。 江夏 調子はどうだ? 今日はキャッチ [全文を読む]

「世界の鈴木」スケート連副会長は伝説の西武ライオンズ広報

NEWSポストセブン / 2014年02月15日07時01分

金メダルが期待されるフィギュアスケート選手たちが所属する日本スケート連盟副会長の鈴木恵一氏は、かつてプロ野球の西武ライオンズ球団職員として広報をつとめていた。スピードスケート選手時代は「世界のスズキ」として知られた鈴木氏について、スポーツライターの永谷脩氏が思い出をつづる。 * * * ソチに到着した日本人選手団の中に、懐かしい顔を見た。西武が1979年に [全文を読む]

清原和博の歯車が狂った意外な理由とは? 入れ墨、薬物…“黒い世界”にハマるまで

tocana / 2016年02月04日09時00分

PL学園高校時代から怪物と恐れられ、プロ入り後は西武、巨人、オリックスとプロ通算22年間で2122安打、525本塁打を記録した。多くのファンを獲得し、スター街道を渡り歩いてきたはずの清原容疑者ははたして、どこで歯車を狂わせてしまったのか。 この点についてスポーツ紙のプロ野球担当記者は次のように指摘する。「現在はコンプライアンスが厳しくなって、一切そのよう [全文を読む]

プロ野球「師弟の絆」裏物語 第2回 松坂大輔と東尾修の「一子相伝」(2)松坂が“原点回帰”した

アサ芸プラス / 2012年09月11日10時59分

98年の日本シリーズ、東尾率いる西武は、権藤博(現中日投手コーチ)率いる横浜(現DeNA)と対決した。結果は横浜が4勝2敗で日本一に輝く。 その年のドラフトでは、西武が横浜より先にくじを引くことになった。そして“西武・松坂”が誕生した。 「あの時うちが負けていたならば、間違いなく松坂の当たりくじを引けた。シリーズで負けて2位になり、松坂を取って日本一になれ [全文を読む]

WBC組がシーズンの開幕投手を任されたケースは?

ベースボールキング / 2017年02月25日11時00分

◆ 開幕戦回避が多いWBC組 楽天の梨田昌孝監督は、今季の開幕投手にFAで西武から加入した岸孝之に託すと明言した。楽天の開幕投手といえば、新人の2013年から4年連続で則本昂大が務めてきたが、開幕前に行われる『第4回 ワールドベースボールクラシック』(WBC)の日本代表に選出されたため、岸が大役を担うことになった。 過去3大会を振り返っても、第3回大会に出 [全文を読む]

フォーカス