高校時代 松坂大輔に関するニュース

【プロ野球】松坂大輔がソフトバンク入り…豪華すぎる松坂世代の軌跡

デイリーニュースオンライン / 2014年12月05日16時50分

<松坂大輔の高校通算成績> 登板試合:59 登板イニング:379回 防御率:1.12 完投:34 完封:13 奪三振:423 <甲子園での通算成績> 登板試合:11 登板インング:99回 防御率:0.78 完投:10 完封:6 奪三振:97 松坂が今なお圧倒的な存在感を示しているのは、これだけの実績を残した高校時代があるからなのは間違いない。そして、19 [全文を読む]

涌井、松坂、成瀬 「横浜高OBはなぜ太るのか」を調べてみた

NEWSポストセブン / 2012年06月09日07時00分

「太ったなァ」と感じていたファンはいただろうが、高校時代と比べると一目瞭然。一部のファンからは横綱・白鵬になぞらえ、「涌鵬」と揶揄される始末である。 その分析が興味深い。「横浜高校出身者はプロに入ると太る」というのだ。 いわれてみれば涌井だけでなく、レッドソックスの松坂大輔(31)、ロッテの成瀬善久(26)。野手では横浜の筒香嘉智(20)がいる(もともと [全文を読む]

松坂大輔が江夏豊に語った日本球界復帰「妻は“わかった、ついていく”だけでした」

週プレNEWS / 2015年02月24日06時00分

高校時代から怪物と呼ばれ、26歳でメジャー移籍。酸いも甘いも噛かみ分けて9年ぶりに日本に戻った彼は今、何を思うのか。キャンプ地を訪れた江夏豊氏との“ピッチャー同士の対話”が始まった。 ■江夏氏を驚かせた1年目のブルペン 江夏 お帰り。久しぶりだな。 松坂 お久しぶりです。 江夏 9年ぶりに日本に帰ると決断したわけだけど、これはあなただけの問題じゃないよな [全文を読む]

松坂大輔が語った日本球界復帰と広島・黒田。「西武ドームのマウンドに上がったら?…うーん」

週プレNEWS / 2015年03月03日06時00分

高校時代から怪物と呼ばれ、26歳でメジャー移籍。酸いも甘いも噛かみ分けて9年ぶりに日本に戻った松坂大輔は今、何を思うのか。 キャンプ地を訪れた江夏豊氏との“ピッチャー同士の対話”を先週に続き。お送りする。(前編⇒http://wpb.shueisha.co.jp/2015/02/24/44045/) ■「先発ができない」ことへの拒否反応 江夏 気候にしても [全文を読む]

マー君vs斎藤、松坂vs日テレ上重…甲子園名試合をプレイバック、マニアックに語り尽くす

モデルプレス / 2014年07月14日05時00分

◆名シーンや名試合をプレイバック 番組では、今プロ野球で活躍する選手たちが高校時代にどんな選手で、どんな活躍をしていたのか、その貴重映像の数々をプレイバック。ピッチャーとしてだけでなくバッターとしても才能を見せつけていた松坂大輔投手、高校時代にすでに球速160km/hを出していた大谷翔平投手、田中将大投手と斎藤佑樹投手の投げ合いなど、名場面の数々をもとに [全文を読む]

斎藤佑樹「背番号1」に変更 「あと1年?」「めざす勝ち星?」の声も

しらべぇ / 2016年12月20日11時00分

齋藤は、入団6年間で14勝しかしておらず、エースナンバーは返上することになったが、1は、「ハンカチ王子」と騒がれた高校時代に甲子園で優勝したときの背番号。プロ野球では野手がつけることが一般的なものの、投手として入団した王貞治(巨人)や、鈴木啓示(近鉄)、現役では松井裕樹(楽天)が1を背負っている。■ネットでは賛否両論高校時代以来となる「背番号1」に、ネット [全文を読む]

全盛期の姿はどこに…松坂大輔「CS戦力外」で来季も不安な“太め残り”

アサ芸プラス / 2016年10月24日05時56分

高校時代は“サボりのマツ”なんてあだ名を付けられていたそうですけど、ウチに来てから復活しちゃったんでしょうね。おまけに、プライベートでの食生活もしっかり管理ができていないんだから、そりゃあブクブクになって当然ですよ。二軍にいる選手が松坂のことを陰で何て呼んでいるか知ってますか? 『ビア樽』ですよ(苦笑)」 自己管理ができずに劣化するばかりとは驚きを禁じえな [全文を読む]

【プロ野球】ドラフトの隠し玉!? 帝京大準硬式野球部・鶴田圭祐と歴代準硬式出身プロ野球選手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年10月17日17時05分

高校時代(※寒川高)は制球難で投手落第も、大学入学後に投手に再転向し能力が開花》 また、1年前の『野球太郎』に掲載されたインタビューでは、2016年の抱負として「150キロを投げることとフィールディングの向上。そして、何としてでも卒業後は、硬式野球の高いレベルでプレーしたいです」と語っていただけに、本人もプロ入りの意向は強い。 鶴田選手は果たして、プロで通 [全文を読む]

遊助 新曲MVに松坂大輔が出演!友情のキャッチボール

dwango.jp news / 2015年03月05日14時31分

メジャーリーグをイメージした楽曲であることから、元メジャーリーガーであり高校時代の野球部の後輩でもある松坂投手に、遊助が直々に出演オファーをしたところ松坂投手が快諾、今回の共演が実現した。MVは、野球場で二人がトレーニングをするシーンを中心に撮影された。キャッチボールのシーンでは、あまりの松坂投手の速球に、遊助が「手が痛い!早すぎ!マツ、少し押さえろ!」と [全文を読む]

投球数制限があるのに肘の故障は増えている 本場アメリカの子ども達の環境の過酷さ

東洋経済オンライン / 2017年04月15日17時00分

復活途上にあるが、高校時代に最速157キロのストレートで相手をねじ伏せた姿は戻っていない。甲子園のかつてのスターであり、トミー・ジョン手術を受けた経験のある荒木大輔は本書の中で安樂について「虐待とはいわないが、あれは多すぎです」と答えながらも、「それも甲子園のファンが感動する理由のひとつなんです」と答えている。日本の野球には成功は練習と訓練の反復によって生 [全文を読む]

フォーカス