高校時代 松坂大輔に関するニュース

【プロ野球】松坂大輔がソフトバンク入り…豪華すぎる松坂世代の軌跡

デイリーニュースオンライン / 2014年12月05日16時50分

<松坂大輔の高校通算成績> 登板試合:59 登板イニング:379回 防御率:1.12 完投:34 完封:13 奪三振:423 <甲子園での通算成績> 登板試合:11 登板インング:99回 防御率:0.78 完投:10 完封:6 奪三振:97 松坂が今なお圧倒的な存在感を示しているのは、これだけの実績を残した高校時代があるからなのは間違いない。そして、19 [全文を読む]

涌井、松坂、成瀬 「横浜高OBはなぜ太るのか」を調べてみた

NEWSポストセブン / 2012年06月09日07時00分

「太ったなァ」と感じていたファンはいただろうが、高校時代と比べると一目瞭然。一部のファンからは横綱・白鵬になぞらえ、「涌鵬」と揶揄される始末である。 その分析が興味深い。「横浜高校出身者はプロに入ると太る」というのだ。 いわれてみれば涌井だけでなく、レッドソックスの松坂大輔(31)、ロッテの成瀬善久(26)。野手では横浜の筒香嘉智(20)がいる(もともと [全文を読む]

松坂大輔が江夏豊に語った日本球界復帰「妻は“わかった、ついていく”だけでした」

週プレNEWS / 2015年02月24日06時00分

高校時代から怪物と呼ばれ、26歳でメジャー移籍。酸いも甘いも噛かみ分けて9年ぶりに日本に戻った彼は今、何を思うのか。キャンプ地を訪れた江夏豊氏との“ピッチャー同士の対話”が始まった。 ■江夏氏を驚かせた1年目のブルペン 江夏 お帰り。久しぶりだな。 松坂 お久しぶりです。 江夏 9年ぶりに日本に帰ると決断したわけだけど、これはあなただけの問題じゃないよな [全文を読む]

松坂大輔が語った日本球界復帰と広島・黒田。「西武ドームのマウンドに上がったら?…うーん」

週プレNEWS / 2015年03月03日06時00分

高校時代から怪物と呼ばれ、26歳でメジャー移籍。酸いも甘いも噛かみ分けて9年ぶりに日本に戻った松坂大輔は今、何を思うのか。 キャンプ地を訪れた江夏豊氏との“ピッチャー同士の対話”を先週に続き。お送りする。(前編⇒http://wpb.shueisha.co.jp/2015/02/24/44045/) ■「先発ができない」ことへの拒否反応 江夏 気候にしても [全文を読む]

斎藤佑樹「背番号1」に変更 「あと1年?」「めざす勝ち星?」の声も

しらべぇ / 2016年12月20日11時00分

齋藤は、入団6年間で14勝しかしておらず、エースナンバーは返上することになったが、1は、「ハンカチ王子」と騒がれた高校時代に甲子園で優勝したときの背番号。プロ野球では野手がつけることが一般的なものの、投手として入団した王貞治(巨人)や、鈴木啓示(近鉄)、現役では松井裕樹(楽天)が1を背負っている。■ネットでは賛否両論高校時代以来となる「背番号1」に、ネット [全文を読む]

全盛期の姿はどこに…松坂大輔「CS戦力外」で来季も不安な“太め残り”

アサ芸プラス / 2016年10月24日05時56分

高校時代は“サボりのマツ”なんてあだ名を付けられていたそうですけど、ウチに来てから復活しちゃったんでしょうね。おまけに、プライベートでの食生活もしっかり管理ができていないんだから、そりゃあブクブクになって当然ですよ。二軍にいる選手が松坂のことを陰で何て呼んでいるか知ってますか? 『ビア樽』ですよ(苦笑)」 自己管理ができずに劣化するばかりとは驚きを禁じえな [全文を読む]

【プロ野球】ドラフトの隠し玉!? 帝京大準硬式野球部・鶴田圭祐と歴代準硬式出身プロ野球選手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年10月17日17時05分

高校時代(※寒川高)は制球難で投手落第も、大学入学後に投手に再転向し能力が開花》 また、1年前の『野球太郎』に掲載されたインタビューでは、2016年の抱負として「150キロを投げることとフィールディングの向上。そして、何としてでも卒業後は、硬式野球の高いレベルでプレーしたいです」と語っていただけに、本人もプロ入りの意向は強い。 鶴田選手は果たして、プロで通 [全文を読む]

遊助 新曲MVに松坂大輔が出演!友情のキャッチボール

dwango.jp news / 2015年03月05日14時31分

メジャーリーグをイメージした楽曲であることから、元メジャーリーガーであり高校時代の野球部の後輩でもある松坂投手に、遊助が直々に出演オファーをしたところ松坂投手が快諾、今回の共演が実現した。MVは、野球場で二人がトレーニングをするシーンを中心に撮影された。キャッチボールのシーンでは、あまりの松坂投手の速球に、遊助が「手が痛い!早すぎ!マツ、少し押さえろ!」と [全文を読む]

投球数制限があるのに肘の故障は増えている 本場アメリカの子ども達の環境の過酷さ

東洋経済オンライン / 2017年04月15日17時00分

復活途上にあるが、高校時代に最速157キロのストレートで相手をねじ伏せた姿は戻っていない。甲子園のかつてのスターであり、トミー・ジョン手術を受けた経験のある荒木大輔は本書の中で安樂について「虐待とはいわないが、あれは多すぎです」と答えながらも、「それも甲子園のファンが感動する理由のひとつなんです」と答えている。日本の野球には成功は練習と訓練の反復によって生 [全文を読む]

松坂大輔&斎藤佑樹 「絶好調報道」はどこまで本当か

NEWSポストセブン / 2017年02月14日16時00分

工藤(公康)監督も“紅白戦、オープン戦でしっかり投げてもらわないと……”と話していますが、記事中でそこには触れない」(ソフトバンク担当) 「斎藤の背番号変更は、栄光の高校時代の番号が1番だからといっていますが、実際にはエース番号『18』を返上したということのようです」(日本ハム担当) 2人が在りし日の勇姿を思い出させてくれる日は、もう来ないのだろうか。 ※ [全文を読む]

大谷翔平「WBC出場辞退」を決断させた右足首負傷のドミノ悲劇

アサ芸プラス / 2017年02月11日09時56分

「メジャーは現在、高校時代から登板過多でパンクの危険性と隣り合わせの日本人投手と契約する際、“健康ボーナス”に重きを置いており、無条件では大金を与えない、リスクの少ない契約を望みます。昨年、身体検査でリスクが発覚してベースの年俸を抑えられた前田健太(28)は、そのイニング数や投球数などを順調にクリアしたので最終的に約12億円の年俸を手にしたから、まだよかっ [全文を読む]

2月1日球春到来!海外挑戦確実の大谷翔平にファンは何を思う?

しらべぇ / 2017年02月01日06時30分

しかし大谷の場合、上記3人と比較すると高校時代酷使されていないため、怪我の可能性は低いといわれている。また、野手としてもイチローが認めるほどの打者であるため、「投げられないなら打撃で勝負」もできるだろう。メジャーリーグでも160キロを投げる投手は少なく、MAX165キロはあの世界最速左腕のアロルディス・チャップマンにも匹敵する球速。スピードと正確なコントロ [全文を読む]

松坂世代がまたひとり…引退の新垣渚「ピュアで少し不器用な性格そのままの競技人生だった」

週プレNEWS / 2016年12月11日06時00分

高校時代のピュアで少し不器用な性格そのままの競技人生だったように思えます。まだ投げ続けたかったでしょうが、プロ14年は立派。ある意味で幸せなキャリアだったのでは」 現役14年間で64勝64敗、防御率3・99。101暴投は歴代3位。縦に鋭く落ちるスライダーは、打者だけではなく、キャッチャーの視界からも消える魔球だった。“松坂世代”の怪腕は、白星とちょうど [全文を読む]

「大谷翔平世代」が球界を席巻する! “最強94年組”の逸材たち

日刊大衆 / 2016年12月06日11時00分

高校時代から、大谷とは自他ともに認めるライバル関係だった藤浪。今年は7勝11敗と勝ち星に恵まれなかったが、26試合169.0回を投げ、防御率3.25、176奪三振と、決して悪い数字ではない。「ある意味、藤浪は、リーグ最低のチーム打率(.245)を記録した阪神の“貧打”の犠牲者。彼ばかりを責めるのは間違いです」(前出のスポーツ紙デスク) [全文を読む]

2016「アサ芸“裏”流行語大賞」!(1)ベッキーから始まった不貞行為連発の年

アサ芸プラス / 2016年12月04日05時57分

高校時代のアダ名は「ホラッチョ川上」だったという。「テレビに出るのは顔と経歴だけ、と誰もが了解していたので、その経歴が崩れたら全てが崩れただけ。でも、あまり憎む気になれないのは『ホラッチョ』という語感によく出ている」 イケメン「ホラッチョ」に、目くじらを立てるのも大人気ないか。 [全文を読む]

【プロ野球】《2016ドラフト注目選手・投手編》運命の1一日、近づく。ドラフト目玉投手5人をピックアップ!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月06日16時05分

高校時代は肩のケガで主に外野手としてプレーしていたが、大学進学を機に再び投手に転向。2年時にチームを春秋連続で全国ベスト4に導いたことで、その名が一気に知れ渡った。 田中の最大の武器は150キロを超えるストレートで、制球力・キレともに抜群。昨夏に行われた大学日本代表対NPB選抜の試合では、プロの有望株相手に4回を投げ、7者連続奪三振を含む無安打・無四球・8 [全文を読む]

あのスターを生んだ夏の甲子園(3)打倒松坂!村田修一が打者転向を決めた1回戦敗退

アサ芸プラス / 2016年08月11日05時59分

彼はいわゆる“松坂世代”だが、それのみならず、高校時代に甲子園で松坂大輔(現・ソフトバング)と対戦した貴重なプレイヤーでもある。それも、エースとして…。 98年の春選抜。村田は東福岡のエース兼3番打者として初の甲子園の土を踏んだ。初戦の出雲北陵(島根)戦は、投げては球質の重い速球と切れのあるスライダーで連打を許さず散発6安打の無失点投球。打っては先制タイム [全文を読む]

【プロ野球】甲子園で選手宣誓してプロ入りした選手はどのポジションが多い?

デイリーニュースオンライン / 2016年08月06日16時05分

高校時代からのキャプテンシーで投手陣の信頼を得ていたのだ。 ■2010年・センバツ:西田明央(ヤクルト) つい先日、遅刻でスタメンを外れたと報道されたヤクルトの西田も選手宣誓の経験者だ。 2010年、北照で又野知弥(元ヤクルト)とバッテリーを組み、センバツに出場。この大会で選手宣誓を行い、北照は初のベスト8進出を果たした。そして、西田と又野は道内初の「同一 [全文を読む]

清原和博の歯車が狂った意外な理由とは? 入れ墨、薬物…“黒い世界”にハマるまで

tocana / 2016年02月04日09時00分

PL学園高校時代から怪物と恐れられ、プロ入り後は西武、巨人、オリックスとプロ通算22年間で2122安打、525本塁打を記録した。多くのファンを獲得し、スター街道を渡り歩いてきたはずの清原容疑者ははたして、どこで歯車を狂わせてしまったのか。 この点についてスポーツ紙のプロ野球担当記者は次のように指摘する。「現在はコンプライアンスが厳しくなって、一切そのよう [全文を読む]

【プロ野球】ヒジの靭帯再建手術で知られる“トミー・ジョン投手”の数奇な生涯

デイリーニュースオンライン / 2016年01月21日16時00分

高校時代はバスケットボールもプレーし、インディアナ州のテレホートでは1試合での最多得点を記録したこともある名プレーヤーだった。しかし、トミー・ジョンは将来の道を野球に求め、インディアンズと契約した。 1963年、トミー・ジョンはわずか20歳でメジャーデビューを果たし、その後、移籍したホワイトソックスでめきめきと成長。移籍1年目の1965年に 14勝7敗、防 [全文を読む]

フォーカス