明石家さんま 大竹しのぶに関するニュース

鈴木奈々が大竹しのぶ「アホ」発言で炎上…SMAP・中居を「バカ」呼ばわりの過去も

デイリーニュースオンライン / 2015年12月24日07時30分

番組では、明石家さんま(60)が憧れている人に関するVTRを紹介。その人の職業は女優で、「金曜日って何曜日? と聞く」「肩をぐるぐる回しながら、痛~い、脚がと言う」など面白いエピソードが満載。明石家さんまは「その女優になら生まれ変わってもいい」と言い、「あの人ならずっとなってもええなぁ」「あんなアホやったら人生楽やろなぁ」と思ったという。 過去にはSMA [全文を読む]

2位宇多田ヒカル「紅白に初出場でビックリな歌手」圧勝の大御所は…

VenusTap / 2016年12月31日18時40分

明石家さんまの元妻”であることや、“女優”としてのイメージが強い大竹しのぶですが、多数のミュージカルで鍛えられた歌唱力はお墨付き。本人も自身のTwitterで、「夢が叶った」とコメントしています。夢って叶うもんだね。言葉にするっていいことなんだって改めて思いましたね。歌手の最高目標っていうのは、紅白ですから。私はね3年前くらいから歌手になるんですとか言っ [全文を読む]

19億も!? 3位海老蔵「借金地獄だったと聞いて驚く芸能人」1位は

VenusTap / 2017年03月11日20時40分

■元妻・大竹しのぶとの愛の巣が引き金に!? 借金5億「明石家さんま」<借金地獄に陥ったと聞いて驚いた芸能人ランキング>1位・・・明石家さんま(11.6%)2位・・・阿部寛(11.4%)3位・・・市川海老蔵(8.0%)4位・・・さだまさし(7.4%)5位・・・博多大吉(博多華丸・大吉)(6.2%)ぶっちぎりの1位に輝いたのは、“お笑い怪獣”こと、喋る伝説「明 [全文を読む]

明石家さんまと前次官 「直撃」「独白」は週刊誌の華

文春オンライン / 2017年05月27日17時00分

今週の文春、ワイド特集の「大竹しのぶ『関係あった男は30人以上』告白にさんまは…」では、明石家さんまと記者のやり取りが見もの。婦人公論での鼎談で、今までに関係のあった男性は「およそ30人くらい?」と話をふられた大竹しのぶが、「もうちょっといる……」と答える。で、文春記者がわざわざ元夫のさんまを直撃取材している。 ―――週刊文春です。 「なんや!」 で始まり [全文を読む]

明石家さんま企画「Jimmy」、ジミー大西の描き下ろしイラスト入りビジュアル解禁

CinemaCafe.net / 2017年04月05日12時15分

明石家さんまが企画・プロデュースし、ジミー大西を中尾明慶、さんまさんを小出恵介が演じるNetflixオリジナルドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」。このほど、その配信日が7月7日(金)に決定、ジミーさん描き下ろしイラストも入った豪華キャスト勢ぞろいのキービジュアルも初解禁となった。 稀代のエンターテイナー・明石家さんまが、芸歴42年目で初めて連続 [全文を読む]

明石家さんまプロデュースドラマ、佐藤浩市ら全キャスト発表

モデルプレス / 2017年03月21日06時00分

【佐藤浩市・明石家さんま/モデルプレス=3月21日】お笑いタレントの明石家さんまが脚本・プロデュースを担当するドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」(今夏Netflixにて世界190ヶ国に配信/全9話)の全キャストが発表された。◆全キャスト発表 同作は、子供の頃から何をやっても大失敗ばかりの駆け出し芸人・大西(中尾明慶)が、人気絶頂の明石家さんま[全文を読む]

さんまが元嫁・大竹しのぶに思わず「ありがとう!」

Smartザテレビジョン / 2016年12月29日05時00分

12月29日(木)夜6時30分からTBS系で「爆笑!明石家さんまのご長寿グランプリ2016」が放送される。14年前、「さんまのスーパーからくりTV」の「ご長寿早押しクイズ」で、お茶の間を爆笑の渦に巻き込んだご長寿たち。今回、番組では「高齢化社会が何だ!」「年を食っていて何が悪い!」と息巻くパワフルなご長寿たち5000人を総力取材。14年ぶりの「ご長寿早押し [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】木村拓哉が弾き語る『LA・LA・LA LOVE SONG』 北川悦吏子「歌ってるの見たら、3日は書けなくなりそう…」

TechinsightJapan / 2017年04月13日19時20分

明石家さんまと木村拓哉によるフジテレビ系のバラエティ特番『さんタク』が、4月10日に初めてゴールデンタイムで放送された。終盤で「ドラマ名シーン聖地巡礼」をテーマに、2人がそれぞれ主演した『男女7人秋物語』(1987年)と『ロングバケーション』(1996年)に登場した隅田川にかかる橋を船で巡ることとなった。 『男女7人秋物語』では清洲橋の上で今井良介(明石家 [全文を読む]

佐藤浩市が「Jimmy―」で“名物P”に! 大竹しのぶ役は池脇千鶴

Smartザテレビジョン / 2017年03月21日06時00分

今夏、Netflixオリジナルドラマとして、全9話・世界190カ国同時配信を予定している明石家さんま企画・プロデュース作品「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」の全キャストが発表された。 本作は、稀代のエンターテイナー・明石家さんまが芸歴42年目で初めて連続ドラマを企画・プロデュースし、ジミー大西を中尾明慶、さんまを小出恵介が演じることで話題を呼んでいる [全文を読む]

さんまとしのぶは「現場でイチャイチャ」池上季実子『男女7人』秘話を語る

日刊大衆 / 2017年03月10日14時05分

池上は当時について、深夜にロケバスで待ち時間を過ごす間、寝たいにもかかわらず明石家さんま(61)がずっと話しており、寝かせてくれなかったと苦笑しながら説明。そして、共演していたさんまと大竹しのぶ(59)の様子について「そのときからさんまさんは、しーちゃんにちょいちょい絡んで。(大竹が)“やだぁ~”とか言いながら」イチャイチャしていたと明かした。当時、池上 [全文を読む]

フォーカス