ヒット曲 中森明菜に関するニュース

<中森明菜『紅白歌合戦』出演の謎>その謎を解き明かしてしまったNHKの密着ドキュメンタリー

メディアゴン / 2015年01月10日17時19分

中森明菜” 歌姫復活” 紅白裏側完全密着SP 復活までの苦悩と決断 LAで素顔&本音告白 最新カバーも披露もちろん、『紅白歌合戦』は、その年にヒット曲を出した歌手が出演するのが主旨だろう、という批判はすまい。そのモデルはとうに崩れている。では、中森明菜の出演は、ただ、サプライズを狙った演出だったのか。そうとばかりは言えないのではないか。何らかのメッセージ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】椿鬼奴、中森明菜の『TATTOO』をボディコンで披露 「明菜さんそっくり!」

TechinsightJapan / 2016年12月07日17時30分

お笑い芸人の椿鬼奴が昭和の歌姫・中森明菜に扮し、ヒット曲『TATTOO』をものまね番組で披露した。今回は当時話題となったセクシーなボディコン衣装を再現し、ステージ上で美脚も露わに歌い踊った。 10代の頃、昭和の歌番組を夢中になって見ていた椿鬼奴は中森明菜の大ファンでもある。昨年放送された『ものまねグランプリ』では『十戒(1984)』をヘアスタイルや黒の衣装 [全文を読む]

中森明菜 NHK出演の秘蔵映像満載!DVD-BOX発売へ

dwango.jp news / 2015年08月13日16時53分

ヒット曲『スローモーション』『セカンド・ラブ』『禁区』『北ウィング』『飾りじゃないのよ涙は』『ミ・アモーレ[Meu amor e…]』『DESIRE -情熱-』『難破船』、、、伝説のパフォーマンス映像をあますところなく収録。文字通り、誰もが見たい垂涎のマストアイテムとなる。新曲&DVD-BOX発売は、例年以上の猛暑の中で大きな話題になりそうだ。 [全文を読む]

歴代アイドル歌姫の「深刻闘病」現場(2) 中森明菜

アサ芸プラス / 2012年06月13日11時00分

初期の明菜に「少女A」や「十戒(1984)」などのヒット曲を提供した作詞家・売野雅勇氏は残念そうに言う。 「あれだけ魅力的で歌のうまい歌手が活動していないのはもったいない。ただ、当時から『“少女A”の歌詞は嫌い』とか、自分の意見ははっきりしていた。そのため、周囲が信じられなくなっていった一面もあると思う」 家族の一部を除いては、その姿すら目撃されていない [全文を読む]

中森明菜の復活ディナーショーにアイドル評論家から絶賛の声

WEB女性自身 / 2017年01月08日12時00分

会場のボルテージが上がってきたショーの佳境で明菜が歌い始めたのは、大ヒット曲『十戒』。イナバウアーばりにのけぞる振り付けも見事にこなしてみせた。この日はオリジナル曲だけでなく、アン・ルイス『ああ無情』や、山本リンダ『どうにも止まらない』などカバー曲も熱唱。その歌声に、ショー前半は心配していたアイドル評論家の中森明夫さん(57)も「声が出てきました。素晴らし [全文を読む]

<ライバルなき時代の真剣勝負>NHK紅白歌合戦「聖子VS明菜」はなぜ注目されるのか?

メディアゴン / 2014年12月20日03時33分

メディアゴンの水留氏記事(<トップアイドル時代を知る人物が予想してみた>NHK紅白歌合戦の大トリで松田聖子は何を歌うのか?)にもあるように、「赤いスイートピー」「瑠璃色の地球」などのヒット曲もさることながら、大穴として、娘・神田沙也加さんとの「アナ雪」も、松田聖子さんならあり得るなと、思ってしまいます。そして、そんな中に更に飛び込んできたのが、「明菜出演か [全文を読む]

熱唱はNG? 忘年会の“付き合いカラオケ”正しいお作法

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月11日11時30分

どうせマネるなら、2008年のヒット曲『羞恥心』のようなノリで、3人組でハデハデの衣装を着て部屋中を踊りながら歌うというように、アクションをマネるほうが喜ばれるでしょう」 そ、そうか、部屋中をね。踊りながらね…ってハードルが高すぎる。もうちょっと気軽に場を盛り上げる方法としては、みんなで一緒に歌える曲を選ぶこと。唯野さんが挙げる鉄板の盛り上げソング(一部) [全文を読む]

華原朋美、新アルバムジャケットで見せた”美・腹筋”

dwango.jp news / 2014年08月12日10時00分

今作では、今年デビュー20周年を迎えるGLAYの大ヒット曲『HOWEVER』、さらには2012年に配信チャートを席巻したシェネルのヒット曲『ビリーヴ』、そして不朽の名曲『見上げてごらん夜の星を』を始め、先日発表となったばかりの話題の映画「喰女-クイメ-」のイメージソングにも選ばれたLUNA SEAの『ROSIER』、5年ぶりの新曲発表が話題となっている中森 [全文を読む]

中森明菜「体調不良」での休業は不健康すぎる食べ方のせい?

アサ芸プラス / 2014年06月24日09時59分

このことにより初期のヒット曲やユニバーサルに移籍した後の曲、また人気を博したカヴァーなども含め、彼女の歌った全ての曲からのベストアルバムができたわけです。ただ、このアルバムに中森本人の意思がどれだけ入っているかですね。なにせ2010年10月に芸能活動の無期限休止をして以来、メディアに姿を現していませんから」(音楽関係者) 無期限休止宣言時、その理由は「体調 [全文を読む]

「紅白に出てほしい80年代アイドル」ランキング女性編

WEB女性自身 / 2013年09月12日07時00分

それでもいくつかのヒット曲があるので、順位には納得です」 9位のおニャン子クラブには、「AKB48とのコラボが見たい」「新旧アイドル対決をしてほしい」と、最近のアイドルとの共演を求める声も。「今はAKBを中心に、グループのアイドルがほとんど。おニャン子のデビューは28年前ですから、彼女たちの子供世代がAKBというわけです。どんな世代差が出るのか、コラボが見 [全文を読む]

人気コンピ「クライマックス・シリーズ」が3作同時発売

リッスンジャパン / 2012年12月11日16時00分

誰もが知っているヒット曲の数々をコンパイルした人気コンピ「クライマックス・シリーズ」の最新作が12月26日に3タイトル同時でリリースされる。その内の1タイトル「クライマックス ビューティフル・ソングス」は、90年代&00年代の美しいメロディを持つ女性ヴォーカルのヒット曲だけを集めたCD2枚組。JUDY AND MARY「LOVER SOUL」、Every [全文を読む]

つるの剛士、カバーアルバム第3弾に高橋真梨子、光GENJI、シャ乱など80-90年代ヒット曲

リッスンジャパン / 2012年01月15日09時00分

【リリース情報】つるの剛士 3rdカバーアルバム『つるのうた2』2012年3月14日(水)発売[CD+DVD]PCCA-03559/\3,300(税込)[CD Only]PCCA-03560/\2,800(税込)CD収録予定カバー楽曲(※アーティスト名敬称略):for you.../高橋真梨子スローモーション/中森明菜Graduation/光GENJIGE [全文を読む]

田原俊彦の新たな魅力、阿木燿子氏が16年ぶりに引き出すか

NEWSポストセブン / 2017年05月28日16時00分

同曲の作詞は、山口百恵『横須賀ストーリー』『プレイバックPart2』、中森明菜の『DESIRE -情熱-』、郷ひろみの『How many いい顔』『ハリウッド・スキャンダル』などの大ヒット曲を生み出してきた阿木燿子氏が担当。阿木氏の田原への楽曲提供は2001年の『Dangerous Zone』以来、16年ぶりとなる。 2人は30年前、女性誌の対談で初対面。 [全文を読む]

「のど自慢」でも顕著 なぜ中高生に昭和歌謡が人気なのか

NEWSポストセブン / 2016年12月31日07時00分

例えば、2016年2月、福岡県飯塚市での放送では、高校2年の男子が43年前の吉田拓郎のヒット曲『落陽』(1973年)を熱唱。さらに同じ日、高校受験を控えた女子中学生2人組が選曲したのは、49年前のザ・ピーナッツによる名曲『恋のフーガ」(1967年)だった。 80年代のアイドルソングを歌う中高生も注目を集めた。同年5月1日、富山県上市(かみいち)町の放送では [全文を読む]

売野雅勇×荻野目洋子トーク&サイン会、渋谷HMVで9月29日に開催!

PR TIMES / 2016年09月27日17時06分

『砂の果実 80年代歌謡曲黄金時代 疾走の日々』 中森明菜「少女A」、チェッカーズ「哀しくてジェラシー」、郷ひろみ「2億4千万の瞳」、荻野目洋子「六本木純情派」…きらびやかな数々のヒット曲を彩った斬新な言葉たち。その時代を疾走した作詞家が回想する、80年代の輝ける日々。作詞家生活35周年記念出版。 ■定 価: 1600円+税 ■判型・頁数: 四六判・24 [全文を読む]

ベッキーは休養後“復活”できない? 休養していた芸能人4選!!

tocana / 2016年02月15日09時00分

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/02/post_8803.html】■中森明菜 「少女A」、「飾りじゃないのよ涙は」、「DESIRE -情熱-」などのヒット曲を持ち、あの松田聖子と並び称された歌姫だった中森明菜。彼女は、2010年、体調不良により当面の芸能活動休止を発表している。 その後、さまざまな週刊誌が、休業中の彼女 [全文を読む]

紅白、ジャニーズばかり&意味不明な近藤真彦トリで視聴者はウンザリ…歴代最低視聴率

Business Journal / 2016年01月03日17時00分

「昨年は全世代に通じるような目立ったヒット曲がなく、現在の音楽番組は歌唱中に毎分視聴率が下がってしまう傾向にあります。そのなかで、39.2%は立派な数字であることに間違いありません。ただ、NHKの宣伝色が目立ったという印象は強いですね。後半開始早々、連続テレビ小説『あさが来た』のネタで引っ張り、続いてNMB48が主題歌である『365日の紙飛行機』を歌った [全文を読む]

タモリが司会辞退で目玉なし?トホホ紅白の全舞台裏「結婚した福山雅治が頼みの綱だが…」

アサ芸プラス / 2015年11月01日17時57分

ヒット曲、大物目玉、サプライズ出場もなし! ジリ貧の紅白に音楽評論家の宝泉薫氏は提言する。「今の時代に2部制、4時間半もの長尺番組は合わない。とはいえ、ヒット曲がなくても趣向を凝らせば1年を振り返る番組は存続できるはずです」 もはや無用の長物の紅白は、そろそろ見納めか──。 [全文を読む]

中森明菜 オリジナルSG&豪華DVD-BOX 詳細発表!!

dwango.jp news / 2015年09月10日18時56分

出演の度に話題となった伝説の衣装、パフォーマンスが蘇る! 大ヒット曲『スローモーション』『セカンド・ラブ』『禁区』『北ウィング』『飾りじゃないのよ涙は』『ミ・アモーレ[Meu amor e・・・]』『DESIRE -情熱-』『難破船』、、、 伝説のパフォーマンス映像をあますところなく収録。4枚組の豪華BOXで商品化。文字通り、誰もが見たい垂涎のマストアイテ [全文を読む]

中森明菜は?和田アキ子は?「紅白」出場戦線は早くも異常アリ!?

アサ芸プラス / 2015年08月20日05時59分

「いかんせん、近年ヒット曲がありませんからね。明菜は『同じ歌は歌わない』の姿勢ですが、和田は『あの鐘を鳴らすのはあなた』を歌うこと6回。『聞き飽きた』の声があるのもうなずけます。和田の場合は、所属事務所自体のNHKへの貢献度では、とも言われています」(前出・週刊誌記者) たび重なる炎上という意味では“今年の顔”なのかもしれないが、果たして‥‥。 [全文を読む]

フォーカス