マリノス 中村俊輔に関するニュース

ベスト11初選出でチームの顔になりつつあるMF齋藤学「来年…のことはまだわからない」《2016 Jリーグアウォーズ》

超ワールドサッカー / 2016年12月21日02時09分

▽初のベストイレブン受賞となったMF齋藤学は、今季の飛躍についてマリノスタウンの閉鎖やFWアデミウソンのガンバ大阪移籍などの不安要素が活力となったと語るも、来シーズンを問われると、「来年のことはまだわからない」と言葉を濁した。 ◆MF齋藤学(横浜F・マリノス) ──キャリアハイとなった今年のご自身の評価と好調の要因は 「マリノスというクラブでマリノスタウ [全文を読む]

俊輔放出、中澤減俸は仕方ない!? メディアの過剰な横浜F・マリノス叩きに違和感

日刊サイゾー / 2017年01月12日22時00分

サッカーJ1クラブの横浜F・マリノスに、激震が走っている。 日本屈指のファンタジスタでキャプテンでもある中村俊輔が、1億2,000万円の契約延長を断り、ジュビロ磐田からの8,000万円のオファーを受け入れて移籍してしまったのだ。マリノスは昨年末、年俸半額の延長オファーを中澤佑二に提示し、本人はもちろん、ファンからの怒りを買った。今回の中村の移籍も、その延長 [全文を読む]

【THE REAL】横浜F・マリノスの新エース、齋藤学を高ぶらせた特別な夜…憧れの中村俊輔との初対決

サイクルスタイル / 2017年04月11日10時49分

日産スタジアムのピッチからロッカールームへ引き揚げる横浜F・マリノスのキャプテン、MF齋藤学は突然の頭痛に襲われていた。「前半が終わったときに、めちゃくちゃ痛かったけど…何でだろうね」おそらくはスタジアム全体を支配していた、特異な雰囲気が影響していたのかもしれない。ホームにジュビロ磐田を迎えた8日のJ1第6節は、スケジュールが発表された1月下旬から大きな注 [全文を読む]

【THE REAL】横浜F・マリノスの鉄人、中澤佑二が秘める思い…盟友・中村俊輔への静かなるエール

サイクルスタイル / 2017年04月14日09時17分

■今年に入って変わったマリノスの日常横浜F・マリノスの日常から、今年に入って名物が消えた。通常練習が終わってもグラウンドに残り、黙々とボールを蹴ったレジェンドの移籍とともに、トータルの練習時間が大幅に短くなった。コンディションが重視されるサッカーにおいて、特に外国人監督は個人練習を嫌う。フランス人のエリク・モンバエルツ監督を常に困らせていたのは、ジュビロ磐 [全文を読む]

俊輔ら退団の横浜FMが新体制発表…統括本部長が強化の“3大テーマ”を説明

サッカーキング / 2017年01月15日17時31分

横浜F・マリノスは15日、日産グローバル本社「日産ホール」にて「2017 新体制発表会」を開催した。 約600名のファン・サポーターが会場に詰め掛けた同発表会。冒頭、同日付で代表取締役社長に就任した古川宏一郎氏が挨拶を行った。“キャプテン翼世代”という古川氏は、1993年のJリーグ開幕戦・ヴェルディ川崎vs横浜マリノスを観戦した際のエピソードなどを交えてサ [全文を読む]

“おっさん軍団”横浜F・マリノスが快進撃を続ける理由

週プレNEWS / 2013年09月09日10時00分

J1の横浜F・マリノスが今、サッカーファンを驚かせている。 今季、開幕ダッシュに成功したものの、「ベテランばかりだから、体力的に厳しくなる夏場に失速するだろう」と、メディアや専門家からは冷ややかな声。だが、9月の声を聞いても依然、首位に立っているのだ(24節終了時)。 先発陣の半数以上がオーバー30という、サッカーチームとしては“おっさん軍団”。中心選手を [全文を読む]

【THE REAL】横浜F・マリノスの新司令塔、天野純が追いかける背中…J1初ゴールから幕を開ける挑戦

サイクルスタイル / 2017年06月22日16時11分

横浜F・マリノスのトップ下。しかもレフティーとなれば、誰もが中村俊輔をまず思い浮かべる。「やっぱり言われることが多くなってきたし、僕自身もそこは気にします。でも、昨シーズンの後半からずっとボランチでプレーしてきましたけど、トップ下の選手だと僕は思っているので」マリノスを象徴するレジェンドが、ジュビロ磐田へ新天地を求めた今シーズン。トップ下を任されたのはFC [全文を読む]

「足元にも及ばない」けど…横浜FM加入の山中、俊輔に代わる左利きのキッカーに名乗り

ゲキサカ / 2017年01月15日22時36分

下部組織から育った柏を離れ、横浜F・マリノスに完全移籍したDF山中亮輔。「レイソルからの移籍は悩んだし、簡単な決断ではなかった」。小学4年時に柏の下部組織に加入し、U-12、U-15、U-18を経て12年にトップチームに昇格。千葉に期限付き移籍した14年を除けば、トータル13年間を過ごした古巣に別れを告げた。 「すごく悩んだけど、この決断が間違いではなかっ [全文を読む]

JリーグMVP獲得 中村俊輔を来季待ち受ける「36歳の分岐点」

NEWSポストセブン / 2013年12月11日16時00分

J1最終節でサンフレッチェ広島に逆転優勝をゆるし、あと一歩のところで栄冠を逃した横浜F・マリノス。惜しくも2位に終わったが終盤まで首位を走り続け、Jリーグを大いに盛り上げた。今季のマリノス躍進の立役者となったのは、なんといっても、6月で35歳を迎えた中村俊輔だろう。中村は34試合中33試合とほぼ全試合に出場し10ゴールをあげるなどして、MVPを獲得。年齢を [全文を読む]

中村俊輔の移籍で早くも囁かれるマリノス、J2降格。ファン離れで経営面でも苦境に?

週プレNEWS / 2017年01月23日06時00分

昨季、ゴタゴタの末にJ2降格となった名古屋グランパスの二の舞いか!? Jリーグ屈指の名門、横浜F・マリノスが揺れている。選手、スタッフの処遇などを巡る不協和音が次々と表面化するなか、ついにクラブの顔である中村俊輔の退団(→ジュビロ磐田移籍)が決定。その内情をリポートする! ■現場無視の“外資”にピッチ内外で失望 横浜F・マリノスに、激震が走った。 チームの [全文を読む]

フォーカス