自民党 長島昭久に関するニュース

蓮舫氏に早くもシラケムード。野田幹事長起用で「民進党は終わった」

まぐまぐニュース! / 2016年09月21日04時45分

鳩山は、戦後自民党の安保・基地政策の非道の到達点とも言える「辺野古基地建設」をひっくり返そうとして日米にまたがる軍産政官の複合勢力の巨大な力に跳ね返されて挫折したのだし、菅は3・11の「首都圏壊滅か」という未曾有の危機の中で、戦後自民党が培ってきた、これまた日米にまたがる「原子力ムラ」の圧倒的な闇の権力構造に戦いを挑んで退けられた。開いた口がふさがらない野 [全文を読む]

「いま代表選したら蓮舫は2票しかとれない」と民進党若手

NEWSポストセブン / 2017年04月20日11時00分

自民党にとっては、そのように離党者が相次ぐ民進党は議員の恰好の“草刈り場”に映っている。 長島昭久・衆議院議員が離党すると、自民党の下村博文・幹事長代行が「優秀な人なのでウエルカムだ」とスカウトに動き、次の民進党代表候補と見られていた細野豪志氏が党内の反対を押し切って憲法改正私案を発表すると、すかさず自民党の保岡興治・憲法改正推進本部長が「大変大きな意義 [全文を読む]

右派の長島氏「ついに民進党離脱」の舞台裏 蓮舫氏の求心力はますます低下していく

東洋経済オンライン / 2017年04月11日12時34分

「長島さんは本来なら自民党から出るべき人だ」。そのような評価が常につきまとったことも、かえって仇になったのかもしれない。また同年生まれだが学年が1つ下の前原誠司元外相や9歳年下の細野豪志民進党代表代行に当選回数で遅れをとったことも痛かった。永田町では年齢よりも政治キャリアの長さがものを言う。「(2016年9月の)代表選に挑戦したかったが、(20名必要な推薦 [全文を読む]

蓮舫人気にすがる民進党の苦境 長島昭久議員インタビュー

Japan In-depth / 2016年08月19日09時30分

自民党の一部とやるっていうのもいいし、おおさか(維新の会)とやるでもいいし。共産党でもいいかもしれませんよ、そうなったらね。我々は今病み上がりで、体力もおぼつかないのに、共産党の杖をついて表へ出たら、そこから先ずっとこの杖がなかったら歩けなくなりますよ。今はすべて選挙対策でやってる。確固とした政権戦略があって、その道具にいろんなものを使うっていうのはわかる [全文を読む]

宗教学者・島薗進×憲法学者・小林節が読み解く日本会議 「宗教や思想を押しつける世界では民主主義なんて絶対に成立しない」

週プレNEWS / 2016年06月19日11時00分

前編『自民党の改憲案は「個性を持った個人の尊重」という原則を捨て去ろうとしている』、中編『靖国参拝を“日本人なら当然の常識”と考える『日本会議』には歴史の反省がない」に引き続き、今回は日本会議をめぐる今後の動きに言及。参院選を前に、私たちが見極めるべきこととは? ■所属政治家が日本会議を脱会する動きも ―自民党の高村(こうむら)副総裁は憲法改正について「 [全文を読む]

新党結成否定せず 長島昭久氏

Japan In-depth / 2017年04月26日08時00分

」とした上で、ポスト安倍が自民党の中で模索中であることも指摘し、「政界も流動化する可能性がある。」と述べ、将来の政界再編時における新党設立もありうるとの考えを示した。 [全文を読む]

迷走続く民進党の都知事選候補選び…最後はやっぱりあの人!?

週プレNEWS / 2016年07月12日06時00分

「都知事選で注目を浴びるのは自民党ばかり。野党陣営はすっかりカヤの外です」 こうボヤくのは民進都連の関係者だ。 無理もない。14日の告示を前に、都民の関心は都知事選候補選びをめぐる与党・自民内のドタバタに注がれている。 その中心にいるのは7月6日夕、正式出馬を表明した小池百合子元防衛大臣だ。全国紙政治部記者が言う。 「6日夕の会見で、小池さんは『パラシュー [全文を読む]

「お騒がせ男女」に激辛直言 オマンら、許さんぜよ!(5)田中直紀←屋山太郎(政治評論家)

アサ芸プラス / 2012年03月10日10時54分

どじょう戦略で党内分裂のノーサイドを図りたい野田総理は、小沢に近い輿石を党の幹事長に就けて党内融和を図ったわけだけど、その輿石が、かつての自民党の青木幹雄みたいな「参議院のドン」を気取って、大臣の人事権を掌握して実力を示そうとしたからこうなった。輿石は日教組のドンとして、野田総理のやることで気に食わないことがあったらいつでも踏み込んでやろうという腹だから、 [全文を読む]

民進大串氏「安倍首相の抱きつき戦略は姑息」 財源裏付けある「人への投資」を地道に訴える

東洋経済オンライン / 2017年05月19日08時00分

自民党政権が実行している政策の一部は、前民主党政権時代にできたものも少なくない。政権の後半、財務面から裏付けのある政策実現に向け実務側で汗をかいた1人が現政調会長の大串氏であり、与党や政府関係者の人望も厚い。はたして国民が刮目(かつもく)するような政策を出せるか。党の政策の取りまとめをする大串氏に、有馬氏が迫る。■共産党と連立はしない有馬:まず一つひとつの [全文を読む]

長島氏離党にみる民進党の「終わりの始まり」 執行部激怒、衆院選の「刺客」に蓮舫代表も

東洋経済オンライン / 2017年04月13日08時00分

「真の保守」の構築を目指して、当面は無所属で活動するという長島氏に対し、自民党や日本維新の会からは「一緒にやりたい」との秋波も送られる。また、長島氏の離党と同じタイミングで同党代表代行の細野豪志元環境相が月刊誌に憲法改正私案を発表した。改憲をめぐる執行部への不満が背景にある。相も変わらず「党内バラバラ」の醜態をさらしたことで、「森友疑惑」で安倍1強政権が動 [全文を読む]

長島昭久議員民進党離党の衝撃

Japan In-depth / 2017年04月11日08時00分

自民党・小池新党との連携はないアメリカのトランプ政権がシリア攻撃という単独軍事行動を起こした今、北朝鮮の金正恩委員長がどのような挙に出るか、我が国にとって最大の関心事であるはずだ。「森友学園問題」なのか「籠池氏問題」なのかよくわからない状況で政権を追い込もうと血道を上げている民進党ら野党に国家の安全保障を全権委任したいと思う国民はどれほどいようか。 [全文を読む]

日米同盟が揺れる?元防衛大臣が語るトランプ次期大統領の正体

東京ブレイキングニュース / 2016年11月22日19時00分

マイケル氏は10月に来日し自民党・石破茂元防衛大臣、民進党の長島昭久元防衛副大臣と接触している。いったいトランプ陣営はどんな対日関係のビジョンをもっているのだろうか。 民進党の長島氏は、こう振り返る。「『選挙中のトランプ氏の過激な演説はあくまでパフォーマンス。当選後は実行しないから安心して』とマイケル氏は発言していました」 長島氏は、来日したマイケル氏と初 [全文を読む]

内閣改造をめぐり菅VS麻生・岸田連合の暗闘勃発

NEWSポストセブン / 2016年08月03日07時00分

菅義偉・官房長官、麻生太郎・副総理兼財務相、岸田文雄・外相ら、主要閣僚は留任となり、谷垣禎一氏の後任の自民党幹事長には二階俊博・総務会長が就くことになった。 しかし、内閣改造がすんなりと決まったわけではない。その裏では、いったい何が起こっていたのか。 今回、安倍晋三・首相は次の総選挙をにらんだ布陣を組んで、総選挙に勝ったうえで「総裁任期延長」に持ち込み、2 [全文を読む]

続々出現!「新都知事候補」をエグリ込み身体検査!(2)女性に目がない舛添元東京都知事

アサ芸プラス / 2016年06月28日05時55分

当然、舛添氏とは正反対となる『金銭にクリーン』『初の女性都知事』『タレントではなく実務経験者』が求められる流れにある」(政治部記者) 自民党からは小池百合子元防衛相(63)、石原伸晃経済再生担当相(59)、丸川珠代環境相(45)。民進党からは長妻昭代表代行(56)、長島昭久都連幹事長(54)などの出馬が取りざたされている。注目されていた民進党・蓮舫代表代行 [全文を読む]

民主党は政策論争に舵を切れ!~長島昭久衆議院議員に聞く~

Japan In-depth / 2016年02月10日11時00分

甘利問題は自民党の問題だけの問題ではない。金と政治の問題という政治全体の問題として国民は問題視している。国会としてどう対応すべきか、と細川氏が質問すると、長島氏は、「何の目的で甘利問題を取り上げるかが重要。野党的な感覚からいくと、政権に打撃を与えるいいチャンスということもなくはないが、問題は、こういうことが二度と起こらないような法整備をすること。」と述べ、 [全文を読む]

尖閣購入計画 石原慎太郎氏が所有者との交渉の内幕を明かす

NEWSポストセブン / 2015年04月03日07時00分

そこで青嵐会(自民党の派閥横断的若手の保守組織)の時に果たせなかった尖閣購入を、東京都としてやり遂げようと考えるようになりました。 都は僕が知事になってから財政再建していたし、島全体は20億円くらいの値段になるだろうけど、それくらいの金額であれば知事の決裁で買えると考え、アメリカでの講演で購入の意思を表明しました。大きな反響があり、猪瀬(直樹)副知事が「石 [全文を読む]

「石原慎太郎は下駄の雪」政界に出回った怪文書の背景

東京ブレイキングニュース / 2014年05月23日16時00分

通常国会は延長されずに6月22日で閉じられ、内閣改造と自民党執行部の人事が行われる。それ以降に目標とする政治日程は、来年の統一地方選になる。 「新党を作って国政選挙を戦う前に、地方選で勝っておかなくてはいけない。そのために野党の保守勢力が結集する必要がある」 その時期は少なくとも選挙の半年前。よって通常国会が閉会したら、すぐさま行動に鬱さなければならない。 [全文を読む]

政治家 村上正邦氏が指摘する「嫌われ仕事」買って出るべき

NEWSポストセブン / 2014年03月28日07時00分

村上正邦・元自民党参議院議員会長が書いた『だから政治家は嫌われる』(小学館刊)だ。 村上といえば、2001年にKSD事件をめぐる受託収賄容疑で東京地検特捜部に逮捕され有罪となり収監、2010年に刑期満了で釈放となったが、いま再審請求中の身だ。永田町の世界では「完全に終わった人」である。それだけに本音で日本の政治家と政治の姿を赤裸々に語っている。 安倍晋三政 [全文を読む]

安倍首相 民主党分裂で生まれる「前原新党」と連立の構想も

NEWSポストセブン / 2013年06月14日07時00分

前原氏は超党派の安保議連で以前から安倍首相とパイプがあり、5月の大型連休には、改憲4人組の1人、長島氏とともに自民党や維新との超党派議員団で英国を訪問した。官邸が狙いを定めたのは前原側近の4人組の中で96条議連の会長代理に就任した渡辺氏だった。 「渡辺氏は官邸で開かれている与野党の拉致問題対策協議会メンバーで、民主党内で一貫して外国人参政権に反対してきた [全文を読む]

フォーカス