ヒット曲 長渕剛に関するニュース

フジが“覚せい剤使用疑惑”で干され状態の長渕剛をお神輿! メンバーの目の前で「AKB48批判」か

日刊サイゾー / 2016年12月08日17時00分

司会の森高千里が「今夜は、1980年の大ヒット曲『乾杯』を歌っていただくんですが、当時歌っていた『乾杯』と、今歌う『乾杯』では、大きな違いがあると長渕さんはおっしゃいます」「それではお聞きいただきましょう、『乾杯』」と“曲フリ”をすると、長渕は荒々しくギターを掻きならしながら、マスコミ批判や、若者の貧困問題、地方の過疎化問題などについて叫び続けた。 この [全文を読む]

J-POPヒット曲 桜、翼、扉などここ20年似たフレーズが多い

NEWSポストセブン / 2014年03月09日07時00分

そういう性質なんでしょうね」(マキタスポーツ・以下「」内同) そんな元来の思考回路を駆使し、法則を導き出すフェチ気質を生かして、過去30年間に及ぶ膨大な数のヒット曲から、J-POPの構造を細かに分析した本書は、なんとも挑発的なタイトルだ。 「“あの曲は、この曲のパクリだ”“この部分はあの歌のここにそっくりだ”といった論争が、ネットなどを中心に繰り返されてい [全文を読む]

筆頭はやはり福山雅治!?ミュージシャンと役者の両立について考えてみた!

日本タレント名鑑 / 2016年02月24日10時52分

世良公則&ツイストとして『銃爪 (ひきがね)』『燃えろいい女』などのヒット曲を飛ばしました。デビューして2年程経つと、歌と並行してドラマにも進出。特に1982年から出演した『太陽にほえろ!』でボギー刑事を演じ、俳優としての人気も確立しました。 ちなみに、『太陽にほえろ!』や『西部警察』は、番組自体もかなり“ロック”なためか、ロック界からの抜擢が多めです。『 [全文を読む]

男気にも疑問符?”清原のシャブ仲間”と実名報道された長渕剛の評判

デイリーニュースオンライン / 2016年02月19日12時00分

清原容疑者の引退セレモニーで長渕がヒット曲「とんぼ」を熱唱するなど二人の蜜月関係は知られていたが、シャブ仲間でもあったとなれば大ごとだ。 同誌の実名報道に対し、長渕サイドは一部メディアの取材に「弁護士を通じて抗議をするほか、名誉毀損を含めた法的措置を検討している」と激高。だが、今のところ法的に動いたとの情報はない。 「『週刊文春』が薬物疑惑を報じたASKA [全文を読む]

西内まりや「ゴリ押し」戦略が空回り…“第二の安室”化計画に批判殺到

デイリーニュースオンライン / 2015年10月19日08時00分

「せっかく面白そうなのにゴリ押し主題歌でげんなり」 「一時期の剛力彩芽なみのウザさ」 「大したヒット曲もないのに何で出てくるかね」 「西内まりやなんかより、ファンが望んでいるのはTMN」 もともとモデルとして活動していた西内は、歌手デビューした昨年に日本レコード大賞の新人賞を受賞。だが当初から「ゴリ押し受賞」などと揶揄され、現在に至るまで目立ったヒット曲 [全文を読む]

長渕剛 “自称”10万人ライブを「ろくなもんじゃねえ~」ウラ実況「LIVE集客のためテレビに出まくった」

アサ芸プラス / 2015年09月04日09時57分

チケットも1万5000円とかなり高額ですし、長渕さん自身も近年はヒット曲に恵まれず、正直、CDの売り上げは落ちています。オールナイトの屋外ライブ、しかも会場が不便極まりない場所ということもあり、周りも半信半疑でした」 とはいえ、そこは無類の“俺様キャラ”で知られるカリスマ歌手だ。 ドラマ「とんぼ」(TBS系)の主人公・小川英二を彷彿させ、“過剰なスキンシッ [全文を読む]

長渕剛の焦り?異例のテレビ出演連発の「裏事情」

Business Journal / 2015年08月14日23時00分

ただ、それ以降世代を超えた大ヒット曲を生んだわけではない。つまり、ファン層が広がっていない。そのなかで、さらに2万5000人を増やした10万人、しかもオールナイトライブの集客には当初から苦戦が予想されました」 ファンの年齢層が上がったうえに、尋常じゃない暑さも予想される今回のライブ。無事に成功することを願いたい。 (文=編集部) [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】嵐にギターを教える長渕剛が「カッコイイ」。メンバー5人の腕前も明らかに。

TechinsightJapan / 2015年02月02日20時55分

その中で、彼のヒット曲『乾杯』のサビ部分を3つのコード「D」、「A」、「G」で演奏することとなった。大野智は爪を切り忘れてしまい指を立てられない。長渕は「爪が伸びているから弦が押さえられない」と叱るが、「爪で押さえるつもりでやってみろ」、「痛いのは3か月我慢しろ」など細かく指導してクリアさせている。 相葉雅紀とは2人でギターを弾きながら顔を近づけて見つめ [全文を読む]

「V6初出場感ゼロ」「氷川きよしの意外な友達」どこも報じなかった『紅白』リハ一行情報

サイゾーウーマン / 2015年01月02日09時00分

本番では、ヒット曲「WAになっておどろう」を出演者らを巻き込んでの大合唱となり、会場を沸かせたが、囲み会見の場ではこんな“珍”一幕があったという。「SMAPの香取慎吾が、記者からV6の『紅白』初出場について話を振られて、『えっ、初めてなんだ……』と思わず漏らしていました。井ノ原快彦が『あさイチ』MCを務めていることもあり、確かに初々しさはなかったかもしれま [全文を読む]

長渕剛や徳永英明を謎選出…NHK紅白を私物化した男

デイリーニュースオンライン / 2014年11月30日07時30分

今回の場合は『自分の好きな歌手を出したい』という私的な理由だけで、今年はヒット曲がなく話題にも出なかった長渕剛や徳永英明をキャスティングしているんです。当落線上のアーティストを抱える事務所にとっては、まさに死活問題ですし、『紅白が私物化されたら、もう終わりだね』と呆れかえっていますよ」 晴れの舞台が個人的な「私欲」だけで潰された紅白。果たして、これで視聴者 [全文を読む]

キャンディーズ「春一番」がカラオケから抹殺されていた

アサ芸プラス / 2012年11月13日11時00分

「作曲家とレコード会社が骨肉の争いを繰り広げ…」 キャンディーズの往年のヒット曲「春一番」と「夏が来た!」が、カラオケから突然消えてしまった。その背景には、レコード会社と作曲家のバトルがあったというのだ。 発端は今年の3月31日まで遡る。「年下の男の子」や「微笑がえし」などキャンディーズの数々の楽曲を手がけてきた穂口雄右氏が、「日本音楽著作権協会」(JAS [全文を読む]

中島美嘉、『MTV Unplugged』でのプレミアムなライブ収録が終了

okmusic UP's / 2016年01月11日16時00分

続く大ヒット曲「ORION」も、この時期にピッタリの美しいメロディーと切ないボーカルが胸をギュッと締め付けた。 「見たことある顔の人たちもいっぱいいますが、初めての方も。こういうライブは珍しいので、どう思って見てくれているかわからないですが……大丈夫。ここからは楽しい曲もやっていきます」 ――そうハニかむように笑うと、続くアップナンバー「LIFE」では会場 [全文を読む]

キャンディーズ「春一番」が解禁!「日本の放送禁止歌」90年代編…桑田、ミスチルの歌詞が問題に

アサ芸プラス / 2015年04月29日09時59分

発売中止ではないが、コンサートで歌うことはないようです」(音楽関係者) ウルフルズの大ヒット曲「ガッツだぜ!!」も歌詞が問題となった。「『モテたい、ハメたい』の歌詞がNHKの基準にひっかかり、『モテたい、ホレたい』に変更された。紅白に出場した際には、『白組頑張れ』などと言ってお茶を濁してました」(レコード会社関係者) Mr.Childrenの名曲「名もなき [全文を読む]

大人になっても男の子の日を祝いたい! 端午の節句に贈る男気ソング5選

okmusic UP's / 2015年04月27日18時00分

この後、「純恋歌」「睡蓮花」とメガヒット曲が続き、まさに覇王となる湘南乃風の快進撃のきっかけになった曲。アッパーで明るい曲調に乗せて、健気に頑張るキミを灼熱の太陽と風が乾き切った砂漠に咲くサボテンに例えて励ます応援歌は聴くだけでテンションが上がり、気持ちを奮起させてくれる。まだまだ行けるよな? オイッス! 『とんねるずのみなさんのおかげでした』の「男気じゃ [全文を読む]

明菜、聖子、薬師丸って…若者は興味ゼロ歌手連発で視聴率低下の紅白 捨て合う若者とテレビ

Business Journal / 2015年01月09日23時00分

一部報道によれば、出演した歌手側からも「日頃NHKにほとんど出演していない歌手が選ばれるのはおかしい」「最近売れた曲や過去のヒット曲ではなく、新曲を歌わせるのはいかがなものか」など不満が続出しているという。テレビ局関係者が話す。 「NHKはやたらと宣伝色を嫌う。わかりやすくいえば、サッカーのナビスコ杯は『Jリーグ杯』に言い換えられるし、古い話になりますが [全文を読む]

中森明菜が“特別枠”で紅白出場に賛否両論

デイリーニュースオンライン / 2014年12月29日18時50分

今年は初の大トリを務める松田聖子(52)をはじめ、長渕剛(58)や、1984年発売のヒット曲「Woman “Wの悲劇”より」を歌唱する薬師丸ひろ子(50)、朝の連続テレビ小説『マッサン』の主題歌「麦の唄」を歌う中島みゆき(62)と、懐かしの豪華歌手がズラリの『紅白』。これで視聴率が低下となればNHKの面目丸つぶれとなってしまうが……。いずれにせよ、本番が楽 [全文を読む]

マキタスポーツ 影響受けたのはたけし、長渕剛、コロッケ

NEWSポストセブン / 2014年11月18日11時00分

それがJ-POP評論につながり、2012年に出演した『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)ではこれまで分析したヒット曲から“ヒットの法則”を披露。 「ぼくが今日、仕事に恵まれ、売れた状況になったのはたぶん、『金スマ』が大きいのだと思います。あそこで多くの人にマキタスポーツという存在を知ってもらえた気がします」 芸能界の中でも屈指の売れっ子となったが [全文を読む]

芸能界50年間の「壮絶バトル」を一挙公開!(2)仁義なき「激情アーティスト」-桑田佳祐VS長渕剛 他-

アサ芸プラス / 2014年07月16日09時58分

ともにヒット曲も多く、TBSの「ザ・ベストテン」では同じソファで座ることもあった。 当時、シブがき隊でデビューしたばかりの布川敏和は、本誌に“忘れ得ぬ瞬間”として語ってくれた。 「先にラッツが歌い終えてソファに座っていて、僕らを挟んで銀蠅の出番。黒柳徹子さんが大学の話などを質問していたんですが、ラッツのメンバーが『へえ、不良なのに大学に行ってるんだ』ってひ [全文を読む]

ASKA、飯島愛と薬物&不倫・肉体関係、映像流出怯え薬物依存との報道 復帰絶望的か

Business Journal / 2014年05月29日01時00分

ただ、どちらかというと真面目さが売りでもあったASKAが、セクシー系タレントの飯島と薬物を使用し、かつ不倫関係にあったとなれば、イメージ崩壊とファン離れは必至であり、もはや復帰は絶望的でしょう」(同) こうした見方を裏付けるかのように、大ヒット曲『SAY YES』から20年来のファンだという30代女性は、次のようにASKAへの冷めた感情を語る。 「逮捕後も [全文を読む]

ASKA容疑者、自供で執行猶予が確定的に…業界は早くも「復帰」に注目

メンズサイゾー / 2014年05月28日19時30分

その3年後には自身が手掛けた最大のヒット曲となるSMAPの「世界に一つだけの花」を生みだし、07年にはNHK「紅白歌合戦」にも出場。現在は音楽活動のみならず、音楽バラエティ『新堂本兄弟』(フジテレビ系)のレギュラーを務めるなど幅広く活動している。槇原以外にも、長渕剛、岡村靖幸ら薬物事件を起こしながら復帰したケースは音楽界で珍しくない。1970年代には、井上 [全文を読む]

フォーカス