瀬戸大也 萩野公介に関するニュース

競泳・瀬戸大也「公介の隣を泳いで2人で日の丸掲げます」

NEWSポストセブン / 2016年08月07日07時00分

メダルラッシュが期待される競泳のなかで、特に注目なのがバタフライ・個人メドレーに出場する瀬戸大也(22才)。萩野公介のライバルでもある瀬戸が意気込みを語る。 「ぼくのライバルは萩野公介。同い年のライバルがいたからこそ、切磋琢磨して共に強くなれました。4年前のロンドン五輪は、ぼくだけ出場できず、悔しさに泣いて…唯一公介が銅メダルを獲ったレースだけ日本で見まし [全文を読む]

リオ五輪「メダル1号」は「重量挙げ」か「射撃ピストル」

WEB女性自身 / 2016年08月04日06時00分

萩野公介(21)と瀬戸大也(22)が金も含め、メダルを2つ獲ってくれるのでは。入江陵介(26・11日)の100m、200m背泳ぎ、女子平泳ぎでは200mの金藤理恵(27)、渡部香生子(19、11日)にも注目したい」(同) 萩野公介はアイドルオタク。同じ栃木県出身のAKB48の大島優子の熱狂的なファンだった。だが、彼女が卒業したことで推しメンは、松井珠理奈に [全文を読む]

競泳メダリスト瀬戸大也、飛び込み・馬淵優佳と結婚<コメント全文>

モデルプレス / 2017年05月24日18時36分

瀬戸大也・馬淵優佳/モデルプレス=5月24日】リオデジャネイロオリンピック男子400m個人メドレーで銅メダルを獲得した競泳選手の瀬戸大也選手(せと・だいや/23)が24日、飛び込みの馬淵優佳選手(まぶち・ゆか/22)と結婚したことを発表した。◆23歳の誕生日に結婚 瀬戸選手はTwitterで、「皆さまにご報告があります。本日5月24日に飛び込み選手の馬淵 [全文を読む]

「世界水泳」前最後の国内戦で萩野公介、瀬戸大也が直接対決へ!

Smartザテレビジョン / 2017年05月17日06時05分

■ 400m個人メドレー「萩野公介選手VS瀬戸大也選手」最後の直接対決! 4月の日本選手権では、大接戦の末「1/100秒差」で瀬戸選手に軍配が上がった。“五輪王者・萩野選手”と“世界水泳連覇の瀬戸選手”、同級生の宿命のライバル対決、今季2ラウンド目の行方は果たして…。 ■ 200m平泳ぎ“世界ランク1位の渡辺一平選手”VS“世界ランク2位の小関也朱篤選手 [全文を読む]

「内村へ銀選手からの“敬意”」現地からの“リオ秘話”後編

WEB女性自身 / 2016年08月24日06時00分

彼の背中を押したのは同種目で銅メダルを獲得した瀬戸大也選手(22)だった。2人の初対戦は小学3年生のとき。以来「ライバル」として切磋琢磨してきた2人だが、荻野選手にとって瀬戸選手は「一緒にいたくないと思ったこともある」存在だった。しかし、昨年の夏、選手生命をおびやかすような大けが(右ひじ骨折)をしたことで瀬戸選手への思いは一変。過酷なリハビリに取り組みなが [全文を読む]

世界水泳で活躍 瀬戸大也と萩野公介は恋愛相談するほどの仲

NEWSポストセブン / 2013年08月11日07時00分

100点満点だと思う」 そう誇らしげな笑顔を見せたのは競泳の瀬戸大也選手(19才)だ。8月4日、スペイン・バルセロナで行われていた世界水泳の競泳男子400メートル個人メドレー決勝で、メダルが有力視されていた萩野公介選手(18才)を制し、金メダルを獲得した。ふたりは同学年で、小学生の頃から競い合ってきたライバルとして知られている。 萩野は、生後5か月で母親と [全文を読む]

瀬戸大也 母にプロポーズ宣言を…結婚の陰にあった意外な言葉

WEB女性自身 / 2017年06月01日11時00分

(写真:アフロ) 水泳界にビッグカップルが誕生!リオ五輪競泳男子400メートル個人メドレーの銅メダリスト・瀬戸大也(23)と飛び込みの馬淵優佳(22)が5月24日に婚姻届を提出、結婚を発表したのだ。瀬戸といえば同い年の萩野公介(23)とジュニア時代からしのぎを削るなど、日本競泳界を牽引してきたトップスイマー。いっぽうの馬淵も11年の世界水泳に飛び込み日本代 [全文を読む]

逸材の当たり年「大谷翔平世代」に続くのは“3年周期法則”の「1997年組」or“奇跡の世代”「1998年組」!?

日本タレント名鑑 / 2017年05月24日11時15分

その後3年周期で当たり年が来る法則があり、「マー君世代」の6年後の1994年度生まれには日本ハム・大谷翔平選手、フィギュアスケート・羽生結弦選手、水泳の萩野公介選手、瀬戸大也選手、芸能界では山崎賢人さん、土屋太鳳さん、二階堂ふみさんなどがいます。 その3年後の1997年度生まれも逸材ぞろいですが、特に芸能界に限れば、その翌年の1998年度生まれは“奇跡の [全文を読む]

東京で始まったアジア水泳選手権・競泳、「日中の激闘に注目」―中国メディア

Record China / 2016年11月17日14時10分

日本について、記事はリオ五輪で活躍した萩野公介、金藤理絵、星奈津美が欠けると伝えた上で「日本チームを支えるのはリオ男子400メートル個人メドレーで銅メダルを獲った瀬戸大也と男子200メートルバタフライで銀メダルに輝いた坂井聖人」と指摘、「日本は今大会を東京五輪に向けた新たな出発としている。日中の選手がどのような激戦を繰り広げるのか注目したい」と報じた。( [全文を読む]

リオ五輪閉幕 引き継ぎ式での「安倍マリオ」登場に世界が騒然

しらべぇ / 2016年08月22日11時00分

競泳の400m個人メドレーでは萩野公介、瀬戸大也らの盟友コンビが金・銅、女子バドミントンの高橋礼華、松友美佐紀ペアが同競技で日本初の金メダル、重量挙げでは三宅宏実が腰痛の中、銅メダルとなり、2大会連続のメダル......など、見どころをあげるとキリがないほどの大会となった。メダル獲得には及ばなかったが、7人制ラグビーの健闘など、次回大会へ期待が持てる収穫も [全文を読む]

フォーカス