有馬記念 武豊に関するニュース

安田美沙子が語る有馬記念の思い出「ウオッカが馬群に沈んで頭が真っ白になった」後に待っていた歓喜

週プレNEWS / 2016年12月23日06時00分

25日は有馬記念! 『週刊プレイボーイ』1&2合併号では、25ページもの特集を組んで有馬記念を総力取材している。 有馬記念といえば、競馬ファンならばきっと熱く語りたくなるレースがあるはず。そこで「元MC」の安田美沙子さんに有馬愛を語ってもらった。 * * * ダイワメジャーとアンカツ(安藤勝己騎手)のコンビが頂点を極めた2006年マイルチャンピオンシップ( [全文を読む]

なぜ「武豊」以外のスター騎手が誕生しないのか?(2)

アサ芸プラス / 2014年02月12日09時57分

壇上に騎手が勢ぞろいした昨年の有馬記念フェスティバルで、マイクを向けられた武豊はこう語った。 「有馬記念にはステキな緊張感を持って臨めそうです。中でも(オルフェーヴル騎乗の)池添君はもっと緊張していると思います」 会場が爆笑の渦に包まれたことは言うまでもない。 他にも、キズナで制したダービーでは「僕は帰って来ました!」とお立ち台で叫び、GI100勝を達成 [全文を読む]

日本が「競馬先進国」であるこれだけの理由 国際化が加速する中、世界でトップを争う

東洋経済オンライン / 2017年01月20日11時00分

競馬ファンの一年を締めくくるレースである有馬記念が千葉県船橋市の中山競馬場で行われた。競馬の枠を超えて、日本の年末を代表する国民的イベントの1つになっていると言っても過言ではないだろう。競馬ファン以外では、ご存じでない方が多いかもしれないが、実は有馬記念は世界一馬券が売れるレースだ。■馬券売上高で世界一のレース「有馬記念」の熱気2016年の有馬記念の全国の [全文を読む]

田原成貴 1993年有馬記念のお立ち台でウソ泣きしたとの説も

NEWSポストセブン / 2013年12月01日16時00分

競馬界に語り継がれる「至高の名勝負」から、1993年の有馬記念について、亀和田武氏(コラムニスト)が綴る。 * * * 競馬の世界から、いまは追放された騎手のことを記したい。田原成貴。昭和53年(1978年)の騎手デビューを、あっさり初騎乗、初勝利で飾る。新人ながら一気に関西のトップジョッキーに昇りつめ、多くのG1レースも制した。関東も含めて全国リーディン [全文を読む]

武豊がセーフでムーアがアウト!? 有馬記念「超絶特例措置」の“黒歴史”に迫る

日刊サイゾー / 2015年12月23日23時30分

先日、JRA(日本中央競馬会)に短期免許で来日していたライアン・ムーア騎手が、遠征先の香港競馬で騎乗停止の制裁を受けたため、日本に戻っても年末の有馬記念(G1)に騎乗できないことが発表された。 ムーア騎手が有馬記念で騎乗予定だったラストインパクトは、前走の国際G1ジャパンCでも惜しい2着と明らかに上り調子で、有馬記念でも間違いなく有力視される一頭。しかし [全文を読む]

北島三郎入院で、世間も競馬ファンも心配の声続々......馬主人生「最大のチャンス」が目前

Business Journal / 2016年09月15日19時00分

中には「ゆっくり静養して、有馬記念には戻ってきてほしい」というコメントも。 競馬ファンがこう語るのも、今年サブちゃんが馬主として「大きなチャンス」を迎えているからに他ならない。所有するG1競走2勝馬キタサンブラックが、年末の有馬記念を最大の目標としているからだ。 現役古馬の中でも1、2を争う強さのキタサンブラック。得意舞台である中山競馬場でなら、強豪集うグ [全文を読む]

【天皇賞・春(G1)回顧】北島三郎の「無茶ぶり」に武豊騎手もパニック!?キタサンまつりに終わった春の天皇賞

Business Journal / 2016年05月01日20時00分

有馬記念を勝ったゴールドアクターを筆頭に、ライバルのサウンズオブアース。前年の菊花賞馬キタサンブラックに、阪神大賞典で強い競馬を見せていたシュヴァルグラン。昨年2着のフェイムゲームに3着のカレンミロティック、さらにはここで復活を期すトーホウジャッカルと、各世代から魅力的なメンバーが集結した見所のある一戦だった。 レースは、最内枠から抜群のスタートを切った [全文を読む]

【G1展望・天皇賞・春】古馬王道の頂上決戦に超豪華メンバーが集結! チャンピオンステイヤーに輝くのは古豪か!? 新勢力か!?

Business Journal / 2016年04月24日17時00分

その中心は何といっても、昨年の有馬記念(G1)を制したゴールドアクターだ。 昨年末の有馬記念では8番人気の伏兵に過ぎなかったが、衝撃のG1初制覇から早5カ月。堂々たる快進撃を続け、今や王者の風格さえ出てきた。前走の日経賞(G2)は人気こそサウンズオブアースに譲ったが、レースでは有馬記念と逆の展開に持ち込みながらも差し切って優勝。連勝を「5」に伸ばし、今回 [全文を読む]

角居勝彦調教師 ウオッカが有馬記念走らなかった理由を述懐

NEWSポストセブン / 2015年12月26日16時00分

競馬にあまり詳しくない人でも、12月最後の日曜日に行われる有馬記念の存在は知っているのではないだろうか。最高潮に盛り上がる年の瀬のグランプリだが、ファンと厩舎サイドとの間には微妙な温度差がある。数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏による週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」より、ウオッカが2008年、2009年と年度代表馬となっ [全文を読む]

なぜ「武豊」以外のスター騎手が誕生しないのか?(1)

アサ芸プラス / 2014年02月10日09時57分

若い頃からレース後、関係者に『次は芝の短距離がいいですよ』などと進言していたけど、それが実に的を射ており、気がつけば『豊の言うとおりだ』となる」(前出・丹下氏) 有馬記念のオグリキャップに「芝での調教を進言し、復活優勝させた」と、著書「『武豊』の瞬間」に記した作家の島田明宏氏は、武豊の記憶力に感心する。 「若い頃から“歩く競馬四季報”と呼ばれていました。1 [全文を読む]

フォーカス