ヒット曲 北島三郎に関するニュース

天皇賞を制覇した北島三郎の馬主愛 「悪いんだけど、どう見ても俺の馬が一番良く見えて(笑)」

週プレNEWS / 2016年05月28日06時00分

女シリーズ、仁侠シリーズ、一文字シリーズをはじめ、ヒット曲多数。長年にわたる座長公演やテレビ時代劇などに出演し役者としても高い評価を受ける。海外公演も多く、文化人としても国際交流に貢献、4月29日には春の叙勲で旭日小綬章を受章 (取材・文/工藤 晋 撮影/松木宏祐) [全文を読む]

CDが売れないのになぜ「紅白」は話題なのか

プレジデントオンライン / 2017年01月20日09時15分

ヒットチャートは知らない歌手ばかり、「最近のヒット曲って何?」と聞かれてもピンとこないという人も多いはずだ。それでも「紅白」は40%前後の視聴率を記録している。 「音楽不況」という言葉が喧伝されて久しいのに、なぜ「紅白」は話題を集めるのか。実はその問いは「前提」を間違えている。今は決して「音楽不況」の時代ではないからだ。 たしかに音楽CDの市場規模はピーク [全文を読む]

今年も紅白出場は安泰?秋を迎え和田アキ子への非難再燃

デイリーニュースオンライン / 2016年09月24日12時05分

前回、2015年の出場者発表前には、ヒット曲のない和田の紅白出演に対して、一部の視聴者が「出るな」の大合唱。今年もSNS上で「必要ないから出なくていいからね。ヒット曲ないんだから」などと荒っぽい意見が出始めた。 和田は今年7月、92thシングル『All Right!!!』を1曲リリース。同曲で、軽快なラテンの曲調で「Hey Hey Hey……」と切り出し [全文を読む]

和田アキ子「ヒット曲ないのに紅白出場」に大ブーイング

デイリーニュースオンライン / 2015年11月16日08時00分

目立ったヒット曲もない大御所の出場当選が物議 和田と『紅白』と言えば、女性歌手としては2012年に島倉千代子(享年75)の記録を抜いて36回目で歴代最多出場歌手となった。しかし一方で近年ヒット曲はなく、2014年に38回目の出場が決定した際にも、ネット上では「いい加減辞退すればいいのに」「厚顔無恥の極み」と不満が飛び交っていた。 「目立ったヒット曲もない [全文を読む]

サブちゃんの熱い歌声をカラオケで体感 北島三郎の「まま音」続々登場

PR TIMES / 2015年08月27日13時19分

[画像: http://prtimes.jp/i/14607/9/resize/d14607-9-167598-0.jpg ] 北島三郎は、半世紀以上も演歌一筋に生きる歌謡界の大御所で、数々のヒット曲が多くのカラオケユーザーの十八番(おはこ)として愛されています。 通算で4578回に上った座長公演のフィナーレで、巨大なシャチホコに乗って歌いあげた「まつり [全文を読む]

和田アキ子と北島三郎の『紅白』リストラをもくろむ、“暗躍者”の存在と手口

サイゾーウーマン / 2013年11月30日15時30分

「和田は近年、ヒット曲に恵まれておらず、視聴者からも出場を疑問視する声が上がっています。今年は、紅組の司会がホリプロの後輩・綾瀬はるかに決まったこともあり、ホリプロ枠として何とか出演できたという感じです」(在京ワイドショースタッフ) さらに、一部報道で「『紅白』引退説」が流れた北島三郎の今後の出場も、やはり危ぶまれているようだ。 「北島の『紅白』引退につ [全文を読む]

演歌の大御所そろい踏み!日本クラウン創立50周年記念コンサート開催

okmusic UP's / 2013年08月11日08時00分

その後も瀬川瑛子「命くれない」、三山ひろし「男のうそ」、キム・ヨンジャ「陽は昇る」、美川憲一「さそり座の女」、「生きる」など、ヒット曲が続々披露され、第一部のトリは、水前寺の「三百六十五歩のマーチ」を会場と一緒に合唱 。 熱気冷めやらぬまま続く第二部は、西郷輝彦「星のフラメンコ」に始まり、アグネス・チャン「草原の輝き2005」、さくらまや「大漁まつり」、鳥 [全文を読む]

和田アキ子の「紅白落選」を呼んだ芸能界の”アッコ包囲網”

デイリーニュースオンライン / 2016年11月26日12時00分

■NHKの巧妙なワナ? 「ヒット曲も無いのに、なぜ紅白に出続けているの?」 「司会の綾瀬はるか(2015年)と同じホリプロだから、バーターだろ!」 上記のような罵詈雑言が、毎年のように和田アキ子の紅白出場に対して浴びせられてきた(注3)。 実は近年、和田にはNHKから「そろそろ……(降りてもらっていいですか?)」という内々の降板打診が何回かあった。そこを [全文を読む]

細川たかし、紅白直前辞退のワケ

NewsCafe / 2016年11月25日13時00分

しかも演歌は若者にはまったく人気がないし、最近はヒット曲も出していない細川だけが毎回特別優遇されることも不自然でしょう。今紅白は大きな転換期に来ているんです」 なるほど…。 「要するに細川は的確な読みで自分のプライドを守ったんです。一方、読み誤ったのは今回落選した和田アキ子(66)。ネットで散々『ここ数十年ヒット曲もない和田は落選させるべき』という声が出て [全文を読む]

北島三郎に続き、和田アキ子がついに“紅白引退”を発表!?「40回目の節目に……」

日刊サイゾー / 2016年11月17日20時30分

長らくヒット曲のない和田の連続出場には、以前から疑問の声が相次いでいました」(芸能記者) 同様のケースといえば、15年連続出場を果たしたおととし、「NHKホール卒業させて頂きます」と発表した浜崎あゆみが思い出されるが、この時、浜崎側は「シンガポールを拠点にした海外活動を本格化させる意向」と理由を説明。しかし、和田同様、連続出場に疑問の声が殺到していただけに [全文を読む]

「まだ紅白に出るつもりか」和田アキ子、フェス出演の“話題作り”が必死すぎ!

日刊サイゾー / 2016年04月25日09時00分

紅白のシーズンになるたびに、『ヒット曲もないのに、なぜ選ばれるのか』と批判を浴びていますからね」(スポーツ紙記者) もはや、どう転んでもヒット曲など生み出せそうにない和田が、紅白出場のための窮余の策が音楽好きへ向けた話題作りというわけだ。 「単に世間の耳目を集めるのではなく、フェスに集まるような音楽好きの若者にアピールすることで、ヒットはしなくても音楽的な [全文を読む]

タモリが司会辞退で目玉なし?トホホ紅白の全舞台裏「結婚した福山雅治が頼みの綱だが…」

アサ芸プラス / 2015年11月01日17時57分

ヒット曲、大物目玉、サプライズ出場もなし! ジリ貧の紅白に音楽評論家の宝泉薫氏は提言する。「今の時代に2部制、4時間半もの長尺番組は合わない。とはいえ、ヒット曲がなくても趣向を凝らせば1年を振り返る番組は存続できるはずです」 もはや無用の長物の紅白は、そろそろ見納めか──。 [全文を読む]

高橋みなみに浮上する「紅白で卒業」にブーイング

デイリーニュースオンライン / 2015年10月02日12時30分

「実際にNHK関係者も、こと2015年のヒット曲のなさには頭を抱えています。昨年も『ヒット曲がない1年』と言われていましたが、それでも『妖怪ウォッチ』や『レット・イット・ゴー~ありのままで~』など、全世代が耳にしたことがある曲はいくつかあった。ところが今年に関しては、誰もが口ずさめるような楽曲が、本当に一曲も生まれていないため、NHKはとにかく話題性に飛 [全文を読む]

【ウラ芸能】北山たけし、ぶっちゃけトークもイバラの日々

NewsCafe / 2015年05月22日15時00分

北島の『兄弟仁義』なんて、まんまその世界を歌っていたわけで…」デスク「『親の血ぃを引くぅ~、兄弟よりぃもぉ~』って歌な」記者「東京五輪の翌年昭和40年のヒット曲ですが、以来50年そんな調子なわけです」デスク「そんな"親分"から北山はよく逃げ出すどころか、娘と結婚までしたもんだ」記者「彼は根性ありますからね。北島の付き人を8年間務めた後、30歳でデビューさせ [全文を読む]

「紅白」の目玉は審査員のダルビッシュ!? NHKの苦肉な舞台裏

アサ芸プラス / 2014年12月10日09時58分

「今年はドンと言われた北島三郎が紅白を卒業し、ヒット曲も不作だった。何か仕掛けないと悲惨な視聴率になるのが目に見えている」(放送作家) 司会は白組が嵐、紅組が吉高由里子に決まったものの肝心の目玉演出プランは何一つ決まっていないという。当初、紅白スタッフが期待を寄せていたのが国民的大ヒット曲となった「アナと雪の女王」のテーマ曲「LET IT GO」を歌った [全文を読む]

CDは1,000枚、NHKに貢献ゼロ……でも“大物”和田アキ子が『紅白』に出場し続けるワケ

日刊サイゾー / 2014年10月21日09時00分

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす! 10年以上前からヒット曲もなく、NHKの番組に対して貢献度もないにもかかわらず、女性歌手としてNHK『紅白歌合戦』の最多出場を誇る歌手・和田アキ子。今年も『紅白』に出場するのか否か、その行方が注目されている。 和田は1970年以来、計37回の [全文を読む]

作曲家・船村徹の名曲をコンプリートした『追悼 船村徹 大全集』が発売に

okmusic UP's / 2017年06月07日20時00分

1955年に「別れの一本杉(春日八郎)」で脚光を浴びると、翌年より日本コロムビア専属作家となり、「哀愁波止場(美空ひばり)」「王将(村田英雄)」などのヒット曲を放ち、78年にフリーになって以降も「兄弟船(鳥羽一郎)」「風雪ながれ旅(北島三郎)」など昭和歌謡を代表する作品を発表している。 近年は1997年に日本作曲家協会会長、2004年に日本音楽著作権協会 [全文を読む]

民謡の真髄が味わえる!新曲「母ちゃんの浜唄」などを鍛えぬいた歌声で!『The Vocalist~音楽に恋して~「福田こうへい」』TBSチャンネル1で6月2日(金)テレビ初独占放送!

PR TIMES / 2017年06月01日17時30分

[画像: https://prtimes.jp/i/3065/797/resize/d3065-797-924683-0.jpg ] 演歌歌手・福田こうへいが、民謡で鍛えぬいた歌声を生演奏にのせてお届け!最新曲「母ちゃんの浜唄」など自身のヒット曲のほか、得意の民謡、さらには敬愛する先輩の楽曲も披露する60分のオリジナル番組をテレビ初独占放送!36歳でデビ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】AKB48『365日の紙飛行機』が大正琴音楽大賞 “恋チュン”とは違う世界でスタンダードに

TechinsightJapan / 2017年02月09日14時40分

AKB48のヒット曲『365日の紙飛行機』が第11回 大正琴音楽大賞に選ばれたことが分かった。同曲選抜メンバーの入山杏奈がツイッターで授賞式に出席したことをつぶやいている。NHK連続テレビ小説『あさが来た』の主題歌として誕生したこの曲はNMB48の山本彩がセンターを務め、フォークソング的な雰囲気で広い世代に愛されている。 2月8日、『入山杏奈(iriyam [全文を読む]

第67回NHK紅白歌合戦、“紅白ソムリエ”が注目する7曲

okmusic UP's / 2016年12月29日18時00分

https://www.youtube.com/watch?v=lIrNmMGBOTY■2.「九頭竜川」/五木ひろし●紅白歌合戦史上初、40曲目の歌唱30回以上の紅白出場となると往年のヒット曲を披露する歌手もいますが、五木ひろしさんだけは例外。出身地・福井を流れる九頭竜川を歌う今回の曲で、番組で披露した歌は40曲。ちなみに通算出場回数がより多い北島三郎さん [全文を読む]

フォーカス