ロシア 鈴木宗男に関するニュース

ここにきて浮上した「2島返還論」。北方領土は棚上げが吉な理由

まぐまぐニュース! / 2016年10月04日18時00分

解決の糸口がなかなか見えてこない「北方領土問題」ですが、ここにきて政府は「2島を先に返還してもらう」という妥協案をロシア側に提示する方針を固めたと伝えられます。これについて、当のロシアはどのように受け止め、どう動くつもりでいるのでしょうか。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者でロシア在住の北野幸伯さんが詳しく分析・解説しています。 日本政府、北方 [全文を読む]

「鳩山元首相のクリミア訪問はなぜタチが悪いのか?」 鈴木宗男×佐藤優 東京大地塾レポート

週プレNEWS / 2015年04月04日06時00分

日本政府は、首相経験者である鳩山さんのクリミア訪問はロシアの併合を認めることになる恐れがあるので自粛を要請していました。 鳩山さんは、日本政府の立場はよくわかっています。しかし、その上での独自外交をやっているんです。 鈴木 どんな独自外交を? 佐藤 モスクワで行なった記者会見の冒頭で、鳩山さんはこう言ってます。 「日本では西側、特にアメリカ中心の情報によっ [全文を読む]

今こそ北方領土問題を解決し歴史を動かす時。窮地のロシアに安倍外交が切る起死回生のカードとは

週プレNEWS / 2016年02月17日06時00分

今回は、サウジとイランの国交断絶が原油安を引き起こし、それがロシアに大打撃を与えていること、そしてロシアが苦境に陥っている今こそ、日ロ関係、そして北方領土交渉を動かすチャンスが訪れているという話だ。しかも、安倍政権はそこでなかなかいい動きを見せているという。それはどういうことか? 鈴木 今日は佐藤さんからサウジとイランの関係、日ロ関係の直近の情報について [全文を読む]

あの暴言大統領の誕生で日本では橋下氏が首相に…!

週プレNEWS / 2016年01月12日06時00分

今回は、ロシアとトルコの衝突の背景と、昨年12月にアメリカで発生したテロが大統領選に及ぼす影響についてだ。 このテロによって、大統領選でトランプ候補が支持率を伸ばしているが、もし彼が当選した場合、日本では橋下徹・前大阪市長が日本の首相になる可能性があるという。その理由は? 2015年最後の大地塾で佐藤氏が語った、2016年世界情勢の行方とは…。 ■ロシア [全文を読む]

今国会は安倍政権の終わりの始まり? 鈴木宗男×佐藤優の東京大地塾対談レポート(2)

週プレNEWS / 2014年11月11日11時00分

北朝鮮の拉致問題に、ロシアとの北方領土問題など長引く外交問題を抱える日本。それに加え、国内では経済悪化という悩みの種もある。いったい日本はどうなるのか。 鈴木宗男・新党大地代表と元外務省主任分析官で作家の佐藤優氏が毎月第4木曜日に衆議院第二議員会館で行なっている「東京大地塾」の詳細をレポートする第2回。 ■拉致問題は北朝鮮の崩壊後にしか解決しない? 佐藤 [全文を読む]

日本はいまロシアと組む絶好のチャンスだ 鈴木宗男×中村繁夫が日ロ関係の未来を語る

東洋経済オンライン / 2017年06月05日08時00分

安倍晋三首相は4月27日、ロシアのプーチン大統領とモスクワのクレムリン(大統領府)で3時間にわたる首脳会談を行った。北方領土での共同経済活動に関しては、四島(歯舞群島・色丹・国後・択捉)に官民調査団を派遣することで合意。また29項目にわたる覚書を締結した。これは昨年日本側が提案を行った「8項目の経済協力プラン」についての具体案ともいうべきもので、たとえば医 [全文を読む]

伊勢志摩サミットに隠された外務省の野望。安倍政権はプーチン大統領を本気で呼ぶのか?

週プレNEWS / 2015年08月29日06時00分

このまま日本外交はどんどんヤバい方向へ進むのか? ■伊勢志摩サミットに隠された外務省の野望 佐藤 ところで、来年の伊勢志摩サミットに安倍政権はロシアのプーチン大統領を呼ぼうとしています。 日本の外務省はそのサミットをG7とはひと言も言ってない。これはロシアを含めたG8になる含みを持たせているわけです。しかし、対ロ制裁を解除してロシアを招くような戦略、そのた [全文を読む]

今、安倍首相に求められる決断。北方領土問題を解決するために何をすべきか?

週プレNEWS / 2016年12月10日06時00分

そしてクーデターの直後、ロシアのエリツィン新大統領から、日本に「戦勝国と敗戦国の区別にとらわれずに、法と正義の原則によって、北方領土問題を解決したい」という内容の秘密書簡が届くんです。 相手が強く出たら、こちらも強く出て、相手が譲歩すれば、こちらも譲って、折り合いをつけるのが外交の原則。だから、91年10月に中山太郎外務大臣がモスクワを訪問して、「4島に対 [全文を読む]

注目のロシア新人事。外務省は北方領土解決の“最後のチャンス”を逃すな!

週プレNEWS / 2016年09月22日06時00分

大統領府長官というロシアの重要ポストに、新たに日本語が堪能なアントン・ワイノ氏(44歳)が就任。今回の人事には北方領土問題解決へのロシア側の強い意欲がうかがえるという。 そうした状況において日本外務省はどのようなアクションを起こすべきなのだろうか。前編記事『大統領府長官に日本通の44歳を大抜擢したプーチンの深慮と外務省の無能』に続き、ふたりの議論は…! [全文を読む]

「アメリカが国際情勢のキープレイヤーから脱落した?」 鈴木宗男×佐藤優 東京大地塾レポート

週プレNEWS / 2015年03月06日11時00分

アメリカのオバマ大統領は「イスラム国」、そしてウクライナを舞台にしてロシアと二正面作戦で戦っている。しかし、ヨーロッパ諸国はこの現状を望んでいない。だから今回、ドイツがフランスをうまく説得して、アメリカ抜きで会談を行なったわけです。 ドイツはもともと「金持ちケンカせず」が基本スタンス。第1次、そして第2次世界大戦でドイツはウクライナを自国の影響圏に置こうと [全文を読む]

鈴木宗男氏、北方領土問題に「私なら国後島でロシア大統領を出迎える」

週プレNEWS / 2012年09月04日10時00分

1945年、旧ソ連時代から実効支配し続けているロシアに対し、日本はどのように外交交渉をしていけばいいのだろうか。 現在の負の連鎖が始まったのは、今年7月のロシア・メドベージェフ首相の国後島訪問に対し、野田政権の弱腰な対応がきっかけであるとの見方が一般的だ。 北方領土問題の解決に向けて長年にわたり活動を続けてきた、「新党大地」代表の鈴木宗男氏は「もし私が総理 [全文を読む]

日露首脳会談は大成功だった? ロシアが嫌がる日米安保条約でプーチンが示したメッセージ

週プレNEWS / 2017年01月10日11時00分

そして、プーチン大統領も安倍首相に対して「安倍首相の提案を実現していけば、この島は日露間の争いの種ではなく、日本とロシアを繋ぐ存在になりうる可能性がある」と発言しています。四島での共同経済活動を通じて信頼関係を構築し、深めていくことが歯舞群島・色丹島の引き渡しに繋がるというわけです。 鈴木 では、まず何から手をつけていくべきでしょうか? 佐藤 早く空の自 [全文を読む]

フランス人と似ている日本人。テロ多発地帯になる可能性とは

週プレNEWS / 2015年12月18日06時00分

その原因はロシアの空爆と、地上ではイランのイスラム革命防衛隊による皆殺し作戦です。 イラクで正規軍が「イスラム国」から拠点を奪還したという報道がありますが、あれはイラク軍の制服を着たイラン革命防衛隊の将兵たちです。そしてこの攻撃に「イスラム国」は相当参っている。このままでは拠点を維持できないし、攻撃をやめさせないといけない。そのためには弱い所を狙おうという [全文を読む]

「日本外交の命運は真剣に出世を狙うひとりの外務官僚にかかっている」 鈴木宗男×佐藤優 東京大地塾レポート

週プレNEWS / 2015年06月21日11時00分

■出世しか考えてない外務官僚に日本の外交が左右される 鈴木 先日、ナルイシキン・ロシア国家院議長が日ロ文化フェスティバルの開会式に来日されました。そして5月20日、ホテルニューオータニで安倍総理と15分間会って、総理はプーチン大統領へのメッセージを伝えました。 佐藤 ただ、これも少しややこしい話がありまして(苦笑)。まず、アメリカはウクライナ問題の制裁措 [全文を読む]

「中東ばかりか韓国にも核武装の可能性が?」鈴木宗男×佐藤優 東京大地塾レポート

週プレNEWS / 2015年05月10日06時00分

佐藤 ロシア側がパスポートを持って査証(ビザ)を取ってこいと言い出す可能性は十分あります。とにかく、プーチンの年内訪日は相当難しくなってきていますが、首相官邸なり外務省がそれをどこまで読めてるかは、非常に難しいところです。それで、今日(4月16日)の朝日新聞1面に出ていた「イスラム国」の話ですが、実は「イスラム国」については、日本でちょっと話が大きくなり [全文を読む]

今の安倍政権はソ連共産党崩壊前と似ている! 鈴木宗男×佐藤優の東京大地塾レポート

週プレNEWS / 2015年01月19日06時00分

それからロシア、イスラエルとも関係が良くなっている。安倍さんはどうやら、世界の中で国際水準と少し違う発想で動く国とすごく波長が合うんですね。 そのロシアは、ウクライナ危機以降のアメリカ、EUのロシア封じ込め策に対して、ユーラシア共栄圏をつくり、そこで経済を回していこうとしている。 今、日本の新聞が「ルーブルが下落してロシアは大変だ」とか騒いでいますが、これ [全文を読む]

プーチン大統領はなぜ日露首脳会談に遅刻した? 数万人の命がかかったある重要なやり取り

週プレNEWS / 2017年01月11日15時00分

(第1回「金正恩氏暗殺計画が現実に? 北朝鮮の核脅威より怖ろしい韓国の対日圧力」、第2回「日露首脳会談は大成功? ロシアが嫌がる日米安保条約でプーチンが示したメッセージ」参照) 2016年12月15日に行われた日露首脳会談に、3時間遅れで到着したロシアのプーチン大統領。なぜプーチン大統領は重要な会談に遅刻しなければならなかったのか? その背景には激しい紛争 [全文を読む]

もし大前研一が竹島、北方領土、尖閣諸島の交渉担当だったら

NEWSポストセブン / 2012年10月31日16時02分

もし私が交渉官だったら、韓国、中国、ロシアとの領土問題は「真の国益」を考えて逆転の発想をするだろう。 まず竹島は「韓国にあげましょう。その代わり日本に何をくれますか?」と質問する。肩すかしを食わすのである。「あげる」と言われれば韓国側も交渉のテーブルにつかざるを得ない。が、引き換えに渡せるものは何もないはずなので、最低でも現状の不法占拠状態を脱して共同管 [全文を読む]

「橋の上で暗殺された反プーチン派政治家の裏の顔とは?」鈴木宗男×佐藤優 東京大地塾レポート

週プレNEWS / 2015年04月05日06時00分

今回も意外な話が次から次へと飛び出してきた! (前編⇒http://wpb.shueisha.co.jp/2015/04/04/46056/) 佐藤 さて、2月27日の深夜、ロシアのネムツォフ元第一副首相がモスクワの橋の上で暗殺された事件についてです。 3月3日の『イスベスチヤ新聞』が殺害状況を一番詳しく報じてます。それによると「ロシア野党で最も目立った指 [全文を読む]

鈴木宗男「北方領土奪還交渉の“出口”」(4)露との経済協力を進めよ!

アサ芸プラス / 2013年05月23日09時58分

今、根室にある歯舞漁協は入漁料をロシアに払って、こんぶ漁をしているんですが、こうした民間の経済協力活動にストップをかけようとしているのが外務省ですよ。 「ロシア側の許可を得て、向こうで仕事をすることは、ロシア領だと認めることになる」 外務省はそういう理屈を述べるのですが、両国のトップ同士が領土問題を認めて、それを解決しようと言っているのだから、そんな理屈 [全文を読む]

フォーカス