萩原健一 ショーケンに関するニュース

ロックシンガー、ショーケンの第一歩となったマイルストーン『DONJUAN』

okmusic UP's / 2015年05月13日18時00分

ショーケンこと萩原健一。俳優として大成功したせいか、ロックシンガーとして語られる機会は減ってきたが、日本を代表するロックシンガーの一人である。その魅力を、もっとも音楽活動が充実していた80年代の第一歩となった隠れた名盤とともに振り返ってみたい。ロックの名盤ガイドの類では、ショーケンと言えば、大概、79年発表のライヴアルバム『熱狂雷舞』ということになっている [全文を読む]

ブチ切れる萩原健一、怒鳴りつける岩下志麻……NHK BS『鴨川食堂』現場の地獄絵図

日刊サイゾー / 2016年04月01日18時00分

主人公を演じる忽那汐里の父親役としてキャスティングされたのが、12年ぶりのドラマ出演となる萩原健一ことショーケンだった。 「撮影中からブチ切れて監督や演出と衝突することは一度や二度ではなく、実際に撮影が中断したこともあったそうです。起用する前はプロデューサーも『もう丸くなってるだろう』と高をくくっていたそうですが、考えが甘かったですね」(テレビ局関係者) [全文を読む]

某大物俳優、連ドラ現場で若手イジメ降板…薬物・恐喝未遂で逮捕歴、撮影休止で多額損失

Business Journal / 2016年02月06日17時00分

しかし撮影がスタートすると、共演者のショーケンこと萩原健一にいびり抜かれ、降板させられる羽目になった。そこで冒頭の発言を、親しい人間に漏らしていたという。『鴨川食堂』は、11年ぶりに萩原がテレビドラマに復帰するということで話題になっている。ストーリーは京都の小さな食堂を舞台に、萩原演じる料理人の父と、忽那汐里演じる看板娘が、お客の望む料理を提供して生きる勇 [全文を読む]

【ウラ芸能】高倉健さん死去でトバッチリ受けた俳優

NewsCafe / 2014年11月20日15時00分

『健』がつく人物ということまで分かっていて…」デスク「高倉以外で、健がつく俳優というと?」記者「ショーケンこと萩原健一(64)ですよ。しかも、ショーケン本人に連絡がつかないため、『ショーケン死亡説』はしばらく流れてたんです」デスク「へぇ~」記者「いろいろ聞いて回ったら、どうやらショーケンのそっくりさんタレントが死んだらしい…ということになったんです」デスク [全文を読む]

高樹沙耶だけではない! 大麻の世界に紛れ込んでしまった芸能人5名!

tocana / 2016年11月14日09時00分

萩原健一 ショーケンこと萩原健一はザ・スパイダーズの弟分バンド、ザ・テンプターズのヴォーカリストとして16歳でデビュー。2008年に上梓した自叙伝『ショーケン』で、「いちいち(大麻を)金を出して買った覚えはない。そのころから皆、当たり前のように吸っていた。罪の意識はほとんどなかった」と語っている。 [全文を読む]

“男、ショーケンを知る全ての人に贈ります”LINEスタンプ『萩原健一 vs ショーケン』配信

PR TIMES / 2016年04月26日12時41分

ジグノシステムジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:沼尻一彦)は、LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出澤剛)が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」内のスタンプショップにて、2016年4月26日よりLINEスタンプ「萩原健一 vs ショーケン」の配信を開始しました。 [画像1: http://prtimes.jp [全文を読む]

“ショーケン”萩原健一出演のドラマ『鴨川食堂』は大丈夫か「現場で暴れて撮影が飛んだ…」

おたぽる / 2015年12月24日12時00分

やっぱり、それくらい彼を起用するのは大変だったってことですよ」(NHK関係者) 来年1月放送のNHK・BSプレミアムのドラマ『鴨川食堂』に主人公の父親役で出演するショーケンこと萩原健一。 「ショーケンがドラマに出演するのは04年放送の『女と愛とミステリー 坊さん弁護士 郷田夢栄2』(テレビ東京系)以来12年ぶりで、NHKのドラマに出演するのは02年放送の大 [全文を読む]

高倉健さんの訃報前日に流れた、別の大物俳優死亡説

アサ芸プラス / 2014年11月27日09時59分

「水面下では『高倉健が亡くなったようだ』との噂と共に、『ショーケン(萩原健一)が亡くなった』との説も飛び出し、とにかく“健”と名のつく大物が亡くなったらしいと、マスコミも混乱状態だったんです。裏を取ろうと動き出したがショーケンは連絡がつかないし、高倉さんの周辺は見事なまでの緘口令でした。そもそも発端は、新橋のあるお店で、高倉さんの関係者が、亡くなったこと [全文を読む]

前田吟 研ぎ澄まされた感性で演じる萩原健一に影響を受けた

NEWSポストセブン / 2013年10月18日07時00分

かつて時代劇で共演した、ミュージシャンから役者に転向したばかりだった萩原健一から受けた影響について、前田が語った内容を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏が解説する。 * * * 前田吟は時代劇の出演も数多いが、中でも印象的なのは1973年のテレビシリーズ『風の中のあいつ』(TBS)だ。通常の時代劇では「清水の次郎長」の悪役として登場する幕末のヤクザ「黒駒の [全文を読む]

マツコ&有吉は知らない(1)「タレント取材の衝撃現場」

アサ芸プラス / 2013年01月22日09時58分

それでも、気持ちは変わらないというモノなんですがね」 ラストは、ショーケンこと萩原健一(62)が08年に出した「ショーケン」。 「以前出した本のブラッシュアップ版とも言える本ですが、ドラッグの話が相変わらず出ている(笑)。現代において、“ショーケン”は保護すべき存在とまで思ってしまいますね」 【関連記事】 マツコ&有吉は知らない(4)「勝新太郎・俠秘話」 [全文を読む]

フォーカス