又吉直樹 綾部祐二に関するニュース

神室舞衣がピース綾部祐二に身も心も攻められ尽くした!? 「正直、ヌードより恥ずかしい写真集です」

週プレNEWS / 2016年04月08日15時30分

オフィシャルブログ、http://ameblo.jp/kamuro-mai/ 公式ツイッターもチェック!@mai_kamuro ●綾部祐二(AYABE YUJI) 1977年12月13日生まれ、茨城県出身 趣味=ファッション、スポーツ観戦 ○相方・又吉直樹とお笑いコンビ「ピース」として活動。昨年は昼ドラ『別れたら好きな人』で主演を演じるなど俳優業も開拓。本 [全文を読む]

ピース綾部、神室舞衣でカメラマンデビュー! グラビア界に空前の衝撃作を投下!?

週プレNEWS / 2016年03月17日12時00分

詳細はオフィシャルブログでチェック! http://ameblo.jp/kamuro-mai/ 公式ツイッターは【@mai_kamuro】 ■綾部祐二(Ayabe Yuji) 1977年12月13日生まれ、茨城県出身 趣味=ファッション、スポーツ観戦 ○相方・又吉直樹とお笑い芸人「ピース」として活動。昨年は昼ドラ『別れても好きな人』で主演を演じるなど俳優業 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ピース綾部、急な“おかみさん”ネタに大慌て「4年前の話ですから!」

TechinsightJapan / 2016年01月25日12時11分

一方で芥川賞を受賞した又吉直樹は「先生!」と持ち上げられるが…。 又吉直樹の『火花』が第153回芥川賞に選ばれた2015年7月16日から早いもので半年が経つ。1月24日の『アッコにおまかせ!』(TBS系)で和田アキ子から「先生っ! 第2作も考えてらっしゃるんですか?」と問われると、又吉は「そろそろ書き始めて…」と答えて喜ばせた。一方で相方の綾部祐二はアッコ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】又吉直樹がく然『火花』実は読まれていなかった。「こんなに読まれてないとは…」

TechinsightJapan / 2015年07月20日10時50分

ピース・又吉直樹が芥川賞受賞後初めて、相方の綾部祐二とともにコンビで劇場の舞台に立った。又吉が受賞して以来、一般客の前で仕事をするのは初めてとあり、2人の関係にどのような変化が見られるのか興味深いステージとなった。 7月16日に又吉直樹が小説『火花』で第153回芥川賞を受賞したことが発表されると、綾部祐二は「大先生、芥川賞おめでとうございます。これで本格的 [全文を読む]

21人の旬芸人が登場!!『GQ JAPAN』が贈る、お笑い大特集!『GQ JAPAN』2017年3月号(1月24日発売)

PR TIMES / 2017年01月20日11時45分

『GQ JAPAN』(コンデナスト・ジャパン発行)の最新号(1月24日(火)発売)では、ハリウッドを目指し渡米することを昨年発表した綾部祐二と、芥川賞作家でもある又吉直樹のピースが表紙に登場。”世界レベルにかっこいい写真で笑えるヴィジュアルを作る“をコンセプトに、「お笑い大特集」をお届けする。M-1グランプリチャンピオン、キングオブコント覇者、鬼才のぶっ飛 [全文を読む]

芸人史上初の快挙! ピース又吉&綾部『anan』の表紙を飾る

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月24日16時40分

よしもと芸人のピース(又吉直樹、綾部祐二)が快挙を成し遂げた。創刊以来、そうそうたる俳優、アイドル、タレントが表紙を飾ってきた女性誌『anan』(マガジンハウス)。2015年5月7日(木)発売号に、芸人として初めて表紙を飾ることが決定したのだ。 【画像】『anan』の表紙を飾ったピースの2人 よしもと芸人の間でも、「一度は『anan』の表紙を飾りたい!」と [全文を読む]

ピース・又吉、綾部、芸人初!女性週刊誌「アンアン」の表紙を飾る!!

@Press / 2015年04月23日11時30分

』特集号の表紙を株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の人気コンビ芸人・ピースのお二人(綾部祐二、又吉直樹)が飾ることが決定しました。※崎は正しくは「タツサキ」創刊以来、錚々たる俳優、アイドル、タレントが表紙を飾ってきた「anan」。よしもと芸人の間でも、「一度はananの表紙を飾りたい!」という声が多いなか、遂に、今回、ピースのお二人がコンビ [全文を読む]

又吉直樹、第2弾小説で“恋愛”を描いた理由 作家、ピースとしての夢とは

モデルプレス / 2017年05月09日08時00分

又吉直樹/モデルプレス=5月9日】お笑いコンビ・ピースの又吉直樹(36)が、モデルプレスのインタビューに応じた。芥川賞を受賞した『火花』に続く長編小説第2作『劇場』の単行本が5月11日、発売。自身初の恋愛小説に挑んだ又吉が、今作に込めた思いや、作家として、ピースとしてのこれからについて話を聞いた。今作を一挙掲載した『新潮』4月号は、緊急重版分を含めて文芸 [全文を読む]

ピース綾部・又吉コンビが『しゃべくり』で最後の姿...綾部に渡米を決断させたのはやはり「コンビ格差」問題

リテラ / 2017年04月10日23時00分

だからまずはニューヨークでやってみようかなと思いまして」(『お笑いナタリー』)と、急に思い立ったことではないと説明していたが、その一方で、「昨年、先生(又吉)が偉業を成し遂げたので、自分も何かやってやろうという気持ちが芽生えた」(前掲『お笑いナタリー』)とも語るなど、この渡米の裏にはやはり芥川賞受賞以降どんどん開いていく又吉直樹との間のコンビ格差が関係して [全文を読む]

写真集の撮影中、興奮しっ放しだったピース・綾部に神室舞衣は… 「どんなポーズをすれば、○○するか考えていました(笑)」

週プレNEWS / 2016年04月24日06時00分

趣味=ファッション、スポーツ観戦 ○相方・又吉直樹とお笑いコンビ「ピース」として活動。昨年は昼ドラ『別れたら好きな人』で主演を務めるなど俳優業も開拓。7年後のハリウッド進出をもくろむ [全文を読む]

フォーカス