シリア 安田純平に関するニュース

「ビルの地下にいる」との情報も。安田純平氏の動画を各紙はどう報じたか

まぐまぐニュース! / 2016年03月18日09時07分

《朝日》…「保育士 足りない」《読売》…「解散 選択肢広げる」《毎日》…「拭えぬ曖昧さ 「東京」へ課題」(マラソン代表選考)《東京》…「劣勢組織 資金調達狙う?」(安田さん拘束) 基本的な報道内容 シリアに入国後、行方が分からなくなっていたフリージャーナリスト、安田純平さんとみられる男性の動画が17日未明までにインターネット上に投稿された。男性は家族に向 [全文を読む]

安田純平さん拘束映像が公開された理由とは? 武装組織ヌスラ戦線の窮状と残虐性

tocana / 2016年03月17日21時00分

騒乱が続くシリアでは、シリア政府軍やISIS、さらにさまざまな反政府武装組織やクルド人勢力が割拠しており、ヌスラ戦線も反政府武装組織のひとつである。数ある反政府武装組織の中でも強い勢力を保っているヌスラ戦線が、なぜこのタイミングで安田さんの映像を公開したのか。組織の性質と現状から、その理由を探ってみよう。■アルカイダの流れをくむ残忍な組織 ヌスラ戦線は、 [全文を読む]

第四回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」決定!授賞式・シンポジウムを5月26日(金)に開催

@Press / 2017年05月12日11時00分

また、シリアで2年近く拘束されているジャーナリスト・安田純平氏に、「山本美香記念国際ジャーナリスト賞・特別賞」。2017年5月5日の選考委員会において、第四回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」を上記の受賞者に贈呈することに決定しました。<本年度の受賞者および対象作品>第四回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」林典子氏(33)/フォトジャーナリストイラクの [全文を読む]

殺した政府軍兵士の臓器を食す「アル=ヌスラ戦線」幹部が話題!

tocana / 2016年04月09日21時30分

今月5日、ロシア空軍の支援を受けるシリア・アラブ軍(SAA)との戦闘によって、このアル=ヌスラ戦線の指揮官カリド・アブ・サッカルが死亡したとのニュースが舞い込んできた。 カリド・アブ・サッカルは、アル=ヌスラ戦線に参加する前、シリアで反体制武装組織「オマル・アル・ファルク旅団」を発起した人物だが、2013年に世界中から非難を浴びた1本のビデオを公開した男で [全文を読む]

安田純平さん拘束事件でヌスラ戦線の誤算。身代金目当ての甘い思惑も…

週プレNEWS / 2016年04月01日06時00分

3月17日、昨年の夏頃からシリアで行方不明になっていたジャーナリスト・安田純平さんとみられる男性の動画がインターネット上に公開された。髪やヒゲはボサボサだが、映像を見る限り健康状態に問題はなさそうだ。 安田さんと親交があり、シリア取材も経験し、アフガニスタンで誘拐され5ヵ月間の身柄拘束にあったジャーナリスト・常岡(つねおか)浩介さんが語る。 「安田さんがヌ [全文を読む]

右翼よりも重症…日本人ジャーナリストたちの「米国への属国根性」

まぐまぐニュース! / 2015年10月05日19時20分

ついにロシアも参戦したシリアへの空爆。それ以前から欧米を中心とした有志連合軍もシリアに空爆を繰り返していますが、情勢は一向に安定しません。この現状についてメルマガ『異種会議:戦争からバグパイプ~ギャルまで』の著者で元戦場ジャーナリストの加藤健二郎さんは、空爆で独裁者を殺害できる可能性はきわめて低いと断言、さらに米軍によるアサド派空爆の必要性を主張する日本人 [全文を読む]

【速報】安田純平さん拘束、ツイッターで「自己責任だから手を出すな」と発言していたと話題に

秒刊SUNDAY / 2016年03月17日08時59分

昨年から行方不明となっているフリージャーナリスト安田純平さんがシリアで武装勢力「ヌスラ戦線」に拘束され、その映像が本日公開されていた。顔は憔悴しきっているものの、とりあえず生存は確認できたようだ。ところが安田さんのツイッターでは日本政府への批判とも思える発言がされておりネットでは不安の声が広がっている。 戦場に勝手に行ったのだから自己責任、と言うからにはパ [全文を読む]

[久保田弘信]【日本政府に身代金要求か?】~ジャーナリスト安田純平氏シリアで拘束~

Japan In-depth / 2015年12月24日19時15分

シリアに向かった安田純平君が拘束されたというニュースが入ってきたのは半年近く前のこと。第一報は「ヌスラ戦線に拘束されたらしい」というものだった。 後藤さん、湯川さんの時と違って、拘束したのがISでなくヌスラ戦線で拘束に関する公なメッセージは届いていなくて、日本の中でも大きな話題とはならず知る人ぞ知る事件となっていた。人質事件が起きた時、解放して欲しいなどと [全文を読む]

安田純平さん「シリアの武装勢力が身代金要求」、ジャーナリスト団体が声明―情報の信ぴょう性には疑問も

ニューズウィーク日本版 / 2015年12月24日17時33分

国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団」は、フリージャーナリストの安田純平さん(41)がシリアの武装勢力に拘束されており、「身代金を要求されている」「期限内に対応しなければ殺される」として、早急な対応を日本政府を求める声明を、22日、団体のウェブサイトに掲載した。だが、国境なき記者団の情報については信ぴょう性に疑問も残る。 安田さんは、シリアで取材中の今年 [全文を読む]

ヌスラ戦線が、アル=カーイダから離脱を発表。シリアで何が起きているのか

ニューズウィーク日本版 / 2016年07月29日17時50分

シリアのアル=カーイダがアル=カーイダとの関係を解消した――わかりにくい言い回しだが、この「わかりにくさ」こそが「シリア内戦」の真の姿と「反体制派」の現状を的確に表している。「ヌスラ戦線」がアル=カーイダとの関係解消を発表 アル=カーイダとの関係解消を発表したのは「シャームの民のヌスラ戦線」(以下ヌスラ戦線)を名のる組織だ。日本では、邦人ジャーナリストの拉 [全文を読む]

【シリアの日本人ジャーナリスト拘束】"身代金要求説"はデマだと断定できる根拠と経緯

東京ブレイキングニュース / 2015年12月29日14時00分

どうぞご無事で」 クリスマスイブである12月24日の朝、ジャーナリストの安田純平がシリアで行方不明だと報じる記事をニュースサイトで読んだ。それによると、「シリアの武装勢力が安田さんを拘束し、期限を切って身代金を要求しているとの情報がある」とのこと。出所は「国境なき記者団」ウェブサイト。それを読み終え、僕は「え、なんで今さら」と驚いた。 彼とは十数年来の旧知 [全文を読む]

「邦人シリア拘束」で浮き彫りになった、国境なき記者団の違和感

まぐまぐニュース! / 2015年12月24日19時00分

シリア:日本人安否情報の出し方 シリアで行方不明の安田純平氏の救出に向けて「国境なき記者団」が12月22日に「日本政府に尽力するよう求める」との声明を発表した。これに関して、カトケンの周囲のいろいろな人からも「なぜ、このタイミングに発表を?」という声が出ている。事件の進展や真相がなにか動いたとか発見されたわけでもない内容だからである。 【参考】邦人、シリ [全文を読む]

帰国の常岡さん会見、トランプ氏勝利で「拘束中の安田純平さんに不利になる可能性も」

弁護士ドットコムニュース / 2016年11月10日17時36分

米大統領選でトランプ氏が勝利したことが、昨年からシリアで拘束されているジャーナリストの安田純平さんにとって「不利な状況になるかもしれない」という認識を示した。 常岡さんは10月下旬、過激派組織IS(イスラミック・ステート)が支配していたイラク北部の都市モスルの奪還作戦を取材するためにイラク北部を訪れていた。常岡さんによると、2014年に取材で入手したISの [全文を読む]

シリア拘束・安田純平氏を「自己責任」と言うのは正しいのか?

まぐまぐニュース! / 2016年06月09日12時00分

シリアで日本人ジャーナリスト・安田純平氏が行方不明になってから1年。5月には、安田さんと思われる男性の画像が公開され、日本中に衝撃が走りました。一部からは「自己責任」だと見放すような声も聞かれますが、メルマガ『NEWSを疑え!』の著者で軍事アナリストの小川和久さんは、「自己責任」と「助けるべき」という二者択一的な議論を「幼児的」と一刀両断しています。 簡単 [全文を読む]

政府は安田純平のシリア拘束を昨年7月に知りながら隠蔽していた! 動画公開でも安倍政権は見殺しか

リテラ / 2016年03月17日21時09分

昨年6月に内戦下のシリアに入国して以降、行方が分からなくなっていたフリージャーナリスト・安田純平氏のものとみられる動画が公開された。 安田氏はアルカイダ系の武装組織「ヌスラ戦線」に拘束されているとされ、動画では「私の国に何かを言わなければなりません。痛みで苦しみながら暗い部屋に座っている間、誰も反応しない。誰も気にとめていない。気づかれもしない。存在せず、 [全文を読む]

”日本人攻撃”宣言のIS戦士が国内潜伏? 2016年に予想される危機

デイリーニュースオンライン / 2015年12月29日17時00分

またロイター通信が報道するところでは、米軍特殊部隊がシリア東部で入手されたという文書内でISのイスラム学者が、「背教者の命と臓器への配慮は不要」と述べ、捕虜の臓器摘出を許可する内容が見て取れるという。 フリージャーナリストの安田純平氏がシリアで拉致された可能性も浮上しており、仮にこれが真実であれば、再び日本政府に対して身代金要求騒動が起きるかもしれない。 [全文を読む]

【安田純平氏拘束】公安が報道規制、楽観視していた官邸、過激派とのチャンネルなし…問われる政府責任

tocana / 2015年12月25日09時00分

フリージャーナリストの安田純平さんが現在、シリアで武装勢力に拘束されており、処刑の危機にあると国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団」がホームページ上で明らかにした。 同団体によれば、武装勢力は身代金を要求しており、応じなければ殺害すると脅迫しているという。安田さんは6月下旬にトルコ南部からシリア入りしたあと、連絡が途絶えた。実はその時点で日本のメディアは [全文を読む]

【安田純平氏・拘束】すでに亡くなっている可能性も? 国境なき記者団の発表は本当か? 謎の公開文書も…

tocana / 2015年12月25日08時00分

【事件概要】 フリージャーナリストの安田純平さんが、今年6月、取材で訪れたシリアで行方不明となっていた。そして今月22日ジャーナリストの国際団体「国境なき記者団」がホームページ上で、安田さんがアルカイダ系の武装組織ヌスラ戦線の支配する地域で拘束されていると発表。武装組織が身代金を要求しているため、早急な解放に向けて、日本政府へ動くよう求めた。 これに対し [全文を読む]

安田純平氏のシリア拘束で「国境なき記者団」が声明! 安倍官邸は7月に拘束情報を把握するも隠蔽していた

リテラ / 2015年12月24日02時00分

今年6月から7月にかけて、シリアで消息を絶ったとみられていたジャーナリストの安田純平氏に関して、昨日23日、新たな情報があった。 パリに本部を置く非政府ジャーナリスト組織「国境なき記者団」が22日、ホームページで、安田氏がシリアで武装勢力に拘束されているとして、早急な解放を求める声明を掲載したのだ。〈「国境なき記者団」は日本政府に対し、安田純平さんの解放の [全文を読む]

友人のジャーナリスト常岡浩介がクルド自治政府の拘束を解かれた件

東京ブレイキングニュース / 2016年11月09日20時05分

安田純平がシリアでとらわれて1年以上帰ってきていない中で、また彼が捕まるとは意外だった。記憶によれば、常岡の拘束は6年か7年ぶりのことだ。アフガニスタンで捕らわれて帰ってきたのが2010年の秋だったってことを記憶している。それ以外にロシアとかチェチェンとかグルジアとかでもそれぞれ拘束されていて、2001年の9.11テロのとき、彼は囚われの身であった。これ [全文を読む]

フォーカス