建築家 伊東豊雄に関するニュース

平成27年度 合格祝賀会 開催記念 1月11日 伊東豊雄氏 特別講演 ―将来の日本建築界を担う若者たちに向けて―

DreamNews / 2016年01月07日10時00分

建築関連の資格スクール「総合資格学院」を運営する株式会社総合資格(本社:東京都新宿区、代表取締役:岸隆司)は、1月11日(月・祝)に日本を代表する建築家・伊東豊雄氏による講演会を開催します。 また、総合資格学院では同日、全国各地で難関資格に合格した当学院の受講生の方々への「合格祝賀会」を開催する予定です(※東京地区は、講演会後に同所で開催します)。 建築関 [全文を読む]

平成28年度 合格祝賀会 開催記念 伊東豊雄氏 特別講演 ~建築界を担う若者たちに向け語る~ 1月9日(祝)ハイアットリージェンシー東京

DreamNews / 2016年12月19日10時30分

建築関連の資格スクール「総合資格学院」を運営する株式会社総合資格は、1月9日(月・祝)に日本を代表する建築家・伊東豊雄氏による講演会を開催します。同講演会は大学などで建築を学んでいる学生や若手業界人を対象にしています。 また同日会場にて、難関資格に合格した当学院の受講生の方々への「合格祝賀会」を開催する予定です (※合格祝賀会は同日に総合資格学院を開設して [全文を読む]

坂茂、日本人建築家の偉業

NewsCafe / 2014年03月28日15時15分

3月24日、建築家にとって世界最高の栄誉とされる米・プリツカー賞に、日本人建築家の坂茂(ばん・しげる)氏が選ばれた。日本人の受賞は昨年の伊東豊雄氏に続く2年連続となる。坂氏が受賞するに至った理由を主宰・ハイアット財団の会長はこう説明した。「20年以上にわたり、自然災害によって引き起こされた過酷な状況に対して創造性と質の高いデザインで応えてきた」■建築家・坂 [全文を読む]

建築家伊東豊雄氏×レクサス澤良宏が 「世界を変えるデザイン」を次世代に向け語る! 『LEXUS DESIGN AWARD 2017 デザイントークイベント』

PR TIMES / 2016年09月06日16時40分

トークモデレーターとして、ジャーナリスト林信行さんも登場! 9月15日(木)19:00~20:30 於:青山ブックセンター本店 小教室LEXUSは、9月15日(木)、「LEXUS DESIGN AWARD2017」に向けて、レクサスインターナショナル・澤良宏と本アワードの審査員を務める建築家・伊東豊雄氏、LEXUS DESIGN AWARD 2016でグラ [全文を読む]

神戸芸術工科大学公開特別講義2015『大三島から21世紀のライフスタイルを考える』

DreamNews / 2015年10月16日10時00分

伊東豊雄氏は、建築界のノーベル賞と称されるプリツカー賞や、RIBAゴールドメダルの受賞などで世界的にも高く評価されている、現代日本を代表する建築家のひとりです。近年は、東京の伊東建築塾における教育活動や、仙台市や釜石市などにおける「みんなの家」プロジェクトを通した被災地支援などの社会的活動でも注目を集め、講義タイトルにある瀬戸内海の大三島においても島づくり [全文を読む]

新国立競技場案の有力候補者 伊東豊雄氏の実績と図案の特徴

NEWSポストセブン / 2015年10月06日07時00分

現在“出直しコンペ”が行われているが、「前回勝者のザハ・ハディド氏が辞退したことで、国内二大建築家による事実上の一騎討ちになる見込みだ」(設計事務所関係者)という。 そのうちの1人が、伊東豊雄氏である(もう1人は隈研吾氏)。ここでは、伊東氏の実績と同氏の生み出すデザインの特徴を見てみよう。 太陽光パネルを敷きつめた楕円形の屋根に長方形の穴が空いたデザイン。 [全文を読む]

新国立競技場は「粗大ゴミ」「亀」 建築家・磯崎新の発言に海外メディア注目

NewSphere / 2014年11月07日18時27分

2020年に開催される東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる予定の新国立競技場について、建築家の磯崎新氏は5日、報道関係者に対し、「将来の東京は巨大な『粗大ゴミ』を抱え込むことになる」との意見を表明した。 ◆当初案 2年前に選ばれた新国立競技場のデザインは、イラク出身でロンドン在住の建築家ザハ・ハディド氏によるもので、安上がりだったと言われるロンドン五 [全文を読む]

ザハ案以外の実現も無理? 新国立競技場のコンペ案は建設不可ばかり

週プレNEWS / 2015年08月15日06時00分

後藤田正純さんと河野太郎さんに呼ばれて、建築家の大野秀敏さんと一緒に行って話しました。最初は若手有志だけと聞いていたのですが、行ってみたら年配の議員も含めて約70人。予定の時間を30分もオーバーしました。それが安倍総理にも伝わったのかもしれません。 ―2012年11月、新国立競技場の国際デザイン・コンクールが開催され、ザハ・ハディド案(ザハ案)が採用されま [全文を読む]

世界的建築家、伊東豊雄氏が設計を手掛けた岐阜市の複合施設「みんなの森 ぎふメディアコスモス」の内覧会を開催します!

DreamNews / 2015年06月26日09時00分

設計は世界的建築家の伊東豊雄氏が手掛け、名誉館長に名古屋大学特別教授の益川敏英氏、図書館長にNPO法人森と風のがっこう理事長の吉成信夫氏を迎え、いよいよ7月18日(土)にオープンします。◆会見内容・「みんなの森 ぎふメディアコスモス」の開館について・開館記念式典、開館記念行事の紹介◆会見次第1.開会2.岐阜市長 挨拶3.益川敏英氏 挨拶4.質疑応答5.写真 [全文を読む]

『LEXUS DESIGN AWARD 2015』受賞作発表。新鋭クリエーターによる「五感」の表現がエキサイティング!

IGNITE / 2015年02月02日09時50分

審査員には建築家の伊東豊雄氏や、ニューヨーク近代美術館のシニアキュレーターであるパオラ・アントネッリ氏など、そうそうたる文化人が名を連ねる。■ミラノサローネ出品にむけて2015年4月には『ミラノデザインウィーク 2015』のLEXUS会場にて、今回の入賞4作品のプロトタイプと8作品のパネルによる展示が行われ、プロトタイプの中からグランプリ1作品が決定される [全文を読む]

レクサスがデザインアワードを公開審査。若い才能にデザインとブランドの未来を託す

FASHION HEADLINE / 2014年11月25日22時30分

メンターとして参加したのは、デザイナーのマックス・ラム(Max Lamb)、建築家・エンジニアのアーサー・ファン(Arthur Huang)、ゲームデザイナーのロビン・ハニキー(Robin Hunicke)、建築家・デザイナーのネリ・アンド・フー(Lyndon Neri & Rossana Hu)。審査員は、建築家の伊東豊雄、工業デザイナーでデザインブーム [全文を読む]

戦後日本建築史を飾る住宅を一挙概観 『戦後日本住宅伝説』展

太田出版ケトルニュース / 2014年07月03日09時00分

この展覧会は、戦後を代表する日本の建築家の作品を、そのコンセプトとともに紹介することにより、建築家が”住まい”という私的な空間をどう捉え、表現しようとしたかを探るもの。建築をとりまく様々な問題に取り組みながら、新たな表現を追究してきた建築家たちの作品を概観することで、改めて”住空間”について考える展覧会となっている。 会場では、数々の国家的プロジェクトを [全文を読む]

2日間で5,000人動員!大きな話題を集めた横浜駅「風の塔プロジェクションマッピング」のプロデューサーが語る舞台裏とフリーランスとしての働き方について

PR TIMES / 2014年01月09日15時41分

世界的建築家・伊東豊雄氏設計の「風の塔」とコラボレーションしたこのイベントは、30年の歴史がある「スターライトヨコハマイルミネーション」のオープニングとして実施され、大きな話題を呼びました。今回のセミナーでは、プロジェクトメンバーに登壇いただき、このプロジェクトの受注から実施に至る舞台裏を通して、フリーランスとして活躍するための秘訣をお話いただきます。 日 [全文を読む]

「スターライトヨコハマイルミネーション」30周年記念プロジェクションマッピング作品『風の塔 1億の光』が11/22、23横浜駅西口にて開催

PR TIMES / 2013年11月13日14時00分

~デジタルハリウッド大学院の院生らによるメディアアートユニットが世界的建築家・伊藤豊雄氏設計の「風の塔」とコラボレーション~デジタルハリウッド大学大学院では最先端のデジタル表現を研究する本学の院生らによって構成されたメディアアートユニット「シンクロニズム」が、横浜駅西口初となる「アートによる街の活性化」を目的としたプロジェクションマッピングによって、世界的 [全文を読む]

「スターライトヨコハマイルミネーション」30周年記念プロジェクションマッピング「風の塔1億の光」をデジタルハリウッド大学大学院の学生が制作とプロデュースを担当

PR TIMES / 2013年10月10日17時10分

世界的建築家・伊東豊雄氏が設計した「風の塔」に、シンクロニズムが制作したプロジェクションマッピング映像を投影することで、横浜駅西口ロータリーに「未来永劫への祈り」をテーマとした記念碑を誕生させます。 日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院では、最先端のデジタル表現を研究する本学の院生らによって構成されたメディアアートユニット「シン [全文を読む]

木暮人倶楽部によるシンポジウム・イベント「被災地に建つ木の家の力~『みんなの家』の建築家・伊東豊雄氏をまねいて3.11をわすれないために~」 開催

PR TIMES / 2013年03月01日16時04分

日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院の吉田就彦専任教授が理事長を務める一般社団法人木暮人倶楽部(東京都千代田区、理事長:吉田就彦、以下「木暮人倶楽部」)では、復興支援における木の力をテーマとしたシンポジウム・イベント「被災地に建つ木の家の力 ~『みんなの家』の建築家・伊東豊雄氏をまねいて3.11をわすれないために~」を開催いたし [全文を読む]

黒川紀章や丹下健三など日本の建築家56組による“日本の家”の展覧会

FASHION HEADLINE / 2017年05月04日18時00分

青木淳、安藤忠雄、伊東豊雄、隈研吾、乾久美子、坂本一成、篠原一男、丹下健三、妹島和世、長谷川逸子、藤本壮介、藤森照信、前川國男、山本理顕、アントニン・レーモンド他、日本を代表する建築家56組による75件の住宅建築を、400点以上もの模型や図面、写真、映像などを通して紹介する。 また、同展では建築する際の条件が大きく変わった戦後に焦点を当て、あえて時系列では [全文を読む]

人と人、人と場所の縁を結ぶ、ゆっくり移動するヤマハのモビリティコンセプト【動画】

clicccar / 2016年07月01日16時33分

今回発表された両モデルは、建築家の伊東豊雄氏の大三島(愛媛県今治市)での“島づくり”の活動にヤマハが賛同し、これまで多くのモビリティが目指してきた、速さや走行距離を求めた効率的な移動からあえて考え方を変えて、生活圏内や旅先での短い距離をゆっくりと移動し、「人と人、人と場所の縁を結ぶ」モビリティとしてデザインしたということです。 「06GEN」は、体を優し [全文を読む]

ヤマハ発動機、デザインコンセプト「GEN」の第5弾「05GEN」・第6弾「06GEN」製作

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年06月25日15時00分

両モデルは、建築家の伊東豊雄氏の大三島(愛媛県今治市)での"島づくり"の活動に賛同し、これまで多くのモビリティが目指した、速さや走行距離を求めた効率的な移動からあえて一線を画し、生活圏内や旅先での短い距離をゆっくりと移動する「人と人、人と場所の縁を結ぶ」モビリティとしてデザインした。 ■05GEN・・・衣をイメージ 「05GEN」は、体を優しくくるむ「衣」 [全文を読む]

高額な新国立競技場の木製椅子案 林業利権のダシに使われた

NEWSポストセブン / 2016年06月15日07時00分

競技場をデザインした建築家・隈研吾氏が「杜のスタジアム」をコンセプトとしていることを踏まえ、〈観客が直接触れる箇所に木材を使用することで、「日本らしさ」をより強く感じさせるものになる〉(要望書)と唱えた。変更すれば予算は最大60億円(1脚あたり約9万円)、維持だけで年間2億円かかることになるかもしれない。プラスチック製の椅子であれば20億円で済むほか耐久 [全文を読む]

フォーカス