ヤンキース 井川慶に関するニュース

ヤンキース・田中将大の最大の敵はニューヨークのメディアとファン

週プレNEWS / 2014年01月27日14時00分

日本プロ野球での圧倒的な実績を引っ提げ、満を持してメジャーリーグの名門・ヤンキースを移籍先に選んだ田中将大。 ヤンキースといえば、古くは伊良部秀輝から黒田博樹、イチローまで、日本のファンにとっても見慣れたピンストライプのユニフォーム。これを「待ってました!」ととるファンもいれば、逆に「別のチームで戦う姿が見たかった」と感じたファンも少なくないかもしれない。 [全文を読む]

マー君ヤンキース成功の鍵は女性スキャンダル対策か? 球界の野良犬・愛甲猛が吠える

東京ブレイキングニュース / 2014年01月24日11時38分

東北楽天イーグルスの田中将大投手(25)が米大リーグのニューヨーク・ヤンキースと6年161億円の大型契約を結んだ。これはビックリな金額だった。1年換算すれば23億円となる。これは、広島東洋カープの年棒総額より上だ。日本プロ野球界の最高年棒である読売ジャイアンツの阿部慎之助捕手(34)でさえ、25年プレーしないといけない金額だ。これはなかなか想像できない。マ [全文を読む]

【プロ野球】菊池雄星はメジャーで通用するのか!? 日本人左腕メジャーリーガーの成績を総ざらい!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月12日16時05分

5年目は7試合の登板に留まったが、マイナーで34試合に登板するなど底力を見せたことで、一時はヤンキースからの誘いもあった。 フィジカルチェックで異常が見つかったためヤンキース入りは実現しなかったが、2012年はソフトバンクと契約しNPBに復帰。2013年は再びアメリカに飛んで、2014年に日本に帰ってきたというように(アスレチックス→ソフトバンク)、夢を追 [全文を読む]

田中将大 「161億円エース」を短命に追い込んだ“3つの人災”

アサ芸プラス / 2014年07月29日09時57分

12勝4敗、防御率2.51という抜群の成績で、ヤンキースのエースに上り詰めた田中将大(25)に落とし穴が待っていた。右肘靭帯の部分断裂で故障者リスト(DL)入り。「選手生命」すら危ぶまれているのだ。 田中は7月11日(日本時間12日)に戦線離脱。現段階では「トミー・ジョン手術(靭帯移植手術)」を回避し、「PRP」と呼ばれる注射による治療法とリハビリで回復を [全文を読む]

辛辣NY地元紙「松井はゴロキング」「井川は最も悲劇的失敗」

NEWSポストセブン / 2014年04月18日16時00分

メジャーデビュー後、評価を高めているニューヨーク・ヤンキースの田中将大。先輩の日本人大リーガーたちから様々なアドバイスをされているだろうが、ヤンキースが本拠地を置く大都会・ニューヨークならではの事情も心得ておく必要がある。メジャーに詳しいジャーナリスト、福島良一氏が語る。 「ニューヨークは19世紀後半から20世紀初頭にかけて、ニューヨーク・ジャイアンツやブ [全文を読む]

まるで人身売買。アメリカにはない「日本の芸能界」が抱える深い闇

まぐまぐニュース! / 2016年08月24日04時45分

契約社会というのは、その味付けについては国によって異なりますが、例えばアメリカの場合、今年は多くの著名な野球選手がシーズン途中で引退していますが、レンジャースのプリンス・フィルダーにしても、ヤンキースのアレックス・ロドリゲスにしても、巨額の複数年契約の「残りの期間」については支払いが保証されています。その額は、フィルダーが96億円、ロドリゲスは27億円と [全文を読む]

MLBへのエース流出球団 翌年の成績が悪化しなくなった背景

NEWSポストセブン / 2014年03月16日16時00分

すると、野茂を始め、1997年の伊良部秀輝(ロッテ→ヤンキース)、1998年の吉井理人(ヤクルト→メッツ)、2000年の佐々木主浩(横浜→マリナーズ)、2006年の松坂大輔(西武→レッドソックス)、2008年の黒田博樹(広島→ドジャース)、2012年のダルビッシュ有(日本ハム→レンジャース)などの17投手が該当する。 松坂と井川慶(阪神→ヤンキース)がメ [全文を読む]

FA移籍しても活躍できない阪神。糸井が成功する条件は“まとも”でないこと?

週プレNEWS / 2016年12月18日06時00分

06年に阪神からヤンキースに移籍した井川慶は、ニューヨークで現地の巨大メディアについて問われ、「担当記者は阪神のほうが多い。甲子園球場では通路の角を曲がるたびに記者が立っていた」と、周囲を笑わせたことがある。 また、10年に楽天からFAで阪神入りした近鉄出身の藤井彰人(あきひと)は「阪神でヒットを1本打てば、近鉄で100本以上打つ選手よりはるかに有名にな [全文を読む]

【プロ野球】日米戦績「メジャーでの成績が上」の稀有な日本人投手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年01月20日08時00分

井川慶(阪神・ヤンキースなど)や中村紀洋(近鉄・ドジャースなど)のように、メジャーではサッパリだった選手も少なくない。 しかし個人個人の日米成績を比較すると、「日本よりもメジャーでもてる力を発揮した」選手が散見される。 たとえば岡島秀樹(巨人・レッドソックスなど)。日本では15年間で38勝40敗50S74H、メジャーでは7年で17勝8敗6S84H。1年ごと [全文を読む]

MLBに広がる噂「日本のタイガースはロクな選手よこさない」

NEWSポストセブン / 2014年11月21日16時00分

もっと遡れば、井川慶は「過去10年間のヤンキースで最も期待外れだった投手ワースト10」に選出されている。新庄剛志、藪恵壹はそれなりに活躍したが、藤川・井川のインパクトが強すぎたのだろう。先輩に邪魔されるとは気の毒なものである。 日米野球を見ても、日本人がMLBで通用することはもはや明白。多くの侍が活躍して評価と評判を上げてほしいものだ。 ※週刊ポスト20 [全文を読む]

オリックス 他球団のリストラ選手寄せ集めで快進撃続く裏側

NEWSポストセブン / 2014年05月15日07時00分

投手で頑張っているのも井川慶(ヤンキース)に馬原孝浩(SB)というんですから、まさに寄せ集め軍団です」(オリックス担当記者) これをまとめているのも、秋山幸二監督が就任後、SBで一悶着あった森脇浩司監督ときている。 さらに、フロント陣も寄せ集めだ。球団本部長にダイエー、ロッテのフロントを歴任してきた瀬戸山隆三氏を抜擢。副本部長には、楽天の球団統括本部長から [全文を読む]

マー君 メジャーでの一抹の不安に“井川との共通点”

WEB女性自身 / 2014年01月29日07時00分

田中将大(25)の移籍先が大本命といわれていたヤンキースに決まった。それにしても、その契約内容がとんでもない。7年総額1億5千500万ドル(約163億円)と、年棒は23億円を超える。これはメジャー史上でも18番めで、投手ではカーショー(ドジャーズ)らメジャーを代表する投手に続く5番めの高額契約である。上位4投手は、投手最高の名誉であるサイ・ヤング賞を獲得し [全文を読む]

日本人メジャー屈辱の「土下座交渉」現場(3)岩隈の右肩に関するデマも…

アサ芸プラス / 2012年01月26日10時59分

こうした屈辱の扱いを受けている野手陣に対し、投手陣はというと、 「松坂大輔(31)や井川慶(32)のような残念なケースはありますが、黒田博樹(36)はヤンキースと年俸約1100万ドル(約8億3000万円)で契約、斎藤隆(41)にしても、あの年齢にして投球はハイレベル。そういう市場原理が働き、評価は野手より10倍はいいと言えます」(友成氏) 加えて、ダルビ [全文を読む]

フォーカス