国会議員 稲田朋美に関するニュース

【永田町炎上】政界の常識”白紙領収書”がまかり通るワケ

デイリーニュースオンライン / 2016年10月20日12時08分

【朝倉秀雄の永田町炎上】 ■政治資金パーティー会費の領収書は「白紙」が常識(?) 筆者は先に小池百合子都知事の国会議員時代の「白紙領収書」の問題を指摘した。案の定というか、菅義偉官房長官や稲田朋美防衛相にも飛び火したようだ。他の議員の政治資金パーティーに出席した際、金額が空欄の「白紙領収書」を受け取り、自分たちで金額を記入し、2012年から14年までの3年 [全文を読む]

【永田町炎上】蓮舫や三原じゅん子に百万票以上を投じた有権者の知的水準

デイリーニュースオンライン / 2016年07月28日12時05分

国会議員秘書。中央大学法学部卒業後、中央大学白門会司法会計研究所室員を経て国会議員政策秘書。衆参8名の国会議員を補佐し、資金管理団体の会計責任者として政治献金の管理にも携わる。現職を退いた現在も永田町との太いパイプを活かして、取材・執筆活動を行っている。著書に『国会議員とカネ』(宝島社)、『国会議員裏物語』『戦後総理の査定ファイル』『日本はアメリカとどう [全文を読む]

<県民の意思は反映されてる?>全員自民党の福井県は超個性派ぞろい

メディアゴン / 2017年02月01日07時30分

ここで突然ですが福井県選出の国会議員に目を向けます。(議員名は敬称を略させていただきます)福井県は衆議院小選挙区選出が稲田朋美、高木毅で、北信越比例が山本拓です。参議院の選挙区は滝波宏文、助田重義で、衆参国会議員5人をすべて自民党が独占しています。仮に福井県で自民党の支持率が50%あったとしても、残り50%の県民の意志は国会において無視されかねないことにな [全文を読む]

【永田町炎上】”選挙マニア”に成り果てた田母神閣下のバカさ加減

デイリーニュースオンライン / 2016年04月30日13時05分

国会議員秘書。中央大学法学部卒業後、中央大学白門会司法会計研究所室員を経て国会議員政策秘書。衆参8名の国会議員を補佐し、資金管理団体の会計責任者として政治献金の管理にも携わる。現職を退いた現在も永田町との太いパイプを活かして、取材・執筆活動を行っている。著書に『国会議員とカネ』(宝島社)、『国会議員裏物語』『戦後総理の査定ファイル』『日本はアメリカとどう [全文を読む]

【テキスト速報】籠池理事長、証人喚問で昭恵夫人からの寄付や政治的関与に言及

まぐまぐニュース! / 2017年03月23日12時09分

また、野党議員らとの会合を経た後に、籠池理事長が国会での証言に前向きに変わった経緯について葉梨氏は「国会で説明することについて、国会議員側から何らかの示唆はあったか」と聞いたことについて「参考人として私は出させてもらってもいいですかと、申し上げたことはある」と証言。どちらから言い出したかについては「阿吽の呼吸」と曖昧な表現で煙に巻いた。 午後3時31分、 [全文を読む]

急転「首相から100万」暴露へ。森友学園騒動を巡る黒幕は誰だ?

まぐまぐニュース! / 2017年03月17日05時00分

どのような契約になっているのか知らないが、大阪の某国会議員事務所によると、3月末に建設業者への支払手形が落ちない可能性があるという。 かりに小学校が認可され、開校できていた場合でも、この悪評のもと、児童が集まらず、経営が立ち行かないのは目に見えている。それを誰かに諭され、籠池氏自ら退却を決断したのかもしれない。 開校して破綻し、児童を混乱に巻き込むより、こ [全文を読む]

腰にリボン稲田防衛相 強面のはずがガーリーな実態に違和感

NEWSポストセブン / 2017年02月16日16時00分

調べてみたら、この人、“大臣”になる前から、国会議員らしくなさは業界ピカイチ。水色の短め丈のダッフルコートに3段フレアスカート、網タイツで演説したかと思えば、パリで開かれたイベントでは、胸にふわふわハート形の羽根をつけたゴスロリ・ファッション。 そして最近は、目尻のツケマに縦ロール髪がお気に入り。 ◆「最終目標は総理」の人の勝負服はなぜかガーリーさを強調 [全文を読む]

過半数が「議員の理解が進んでいない」と回答、女性活躍は数合わせではなく環境づくりから

政治山 / 2016年11月25日11時50分

もっとも理解が進んでいないのは「議員」 まずはじめに、働く女性自身に加え、家族や職場、議員やメディアなどがそれぞれ、女性活躍について「どの程度理解が進んでいると思うか」をたずねたところ、「進んでいない」または「どちらかというと進んでいない」と答えた人がもっとも多かったのは「地方議員・国会議員」50.2%との結果が得られました(グラフ1)。 政治の世界は未 [全文を読む]

<政治家の発言の真偽を問う>朝日新聞のファクトチェック=事実確認に期待

メディアゴン / 2017年02月11日09時27分

実際には、2013年2月8日の衆院予算委員会で、日本維新の会の中田宏氏から憲法改正手続きを定めた憲法96条について問われ、「3分の1をちょっと超える国会議員が反対をすれば、指一本触れることができないということはおかしいだろうという常識であります。まずここから変えていくべきではないかというのが私の考え方だ」と答弁。個別の条文の改正について語っていた。 ファ [全文を読む]

安倍内閣の新閣僚が国会質問の見返りに5千万円の重大疑惑! 稲田朋美の領収証偽造に続きマスコミはスルーか

リテラ / 2016年08月31日21時30分

〈これは本当に、嫌疑、そういうものが犯則行為にならないということになれば、誰がその責任をとるのかという話にもなってくるわけであります〉〈私は、こういう調査のやり方しかできない監視委員会というのはある意味で本当に必要なのかなというようにも思ってきていまして〉 結局、この質問から3カ月後に吉岡氏と加藤氏は逮捕され、山本氏は両名の逮捕から5カ月後にブルー社の社長 [全文を読む]

稲田朋美に続き小池百合子にも「政治とカネ」の重大疑惑! 舛添以上の公私混同、秘書を使った裏金づくりも

リテラ / 2016年08月16日21時00分

小池氏側は「週刊朝日」に対して、"政治資金パーティの対価とて配布したり同僚の国会議員に配った"と説明しているが、常識的に考えればその印税は著者である小池氏自身が手にするわけで、これは政治資金の"横流し"にあたるのではないか。配布するならば自腹で購入するべきだ。 [全文を読む]

「同じ便では帰らん」森元首相が「犬猿の仲」小池百合子にすり寄り

WEB女性自身 / 2016年08月13日06時00分

2人はリオ五輪の閉会式で席を並べることになるが、 「閉会式後の帰国便で、小池さんが自分と同じ 青(全日空便) に乗ると聞いた森さんは、急遽『 赤(日航便) に変えてくれ』と言ったそうです(笑)」(自民党国会議員)。 五輪組織委は「そういった事実はございません」と否定するが、2人が犬猿の仲というのは周知の事実。だが、その森元首相も、ついに小池氏にすり寄り始め [全文を読む]

自民党“女たちの戦い”最前線、女性登用ノルマ3割の「9月内閣改造」で笑うのは?

週プレNEWS / 2014年08月21日06時00分

国会議員の男女比は9対1くらいなのに、3割は女性を起用するという話ですからモメそうです。大臣ポストは現在18あり、その3割は5.4。だから女性大臣は5人にして党三役にも1人入れるなど、党のポストと併せて考えていくと思われます」 永田町の前例では、衆院なら当選5回以上、参院なら当選3回以上が「大臣適齢期」といわれている。自民党の女性国会議員は現在40人で [全文を読む]

<公人の妻は「公人」>安倍昭恵総理夫人にプライバシーはない

メディアゴン / 2017年04月11日07時30分

それは「私人で参拝に来た」と靖国参拝に詣でる国会議員が好んで使う言葉と一緒だ。「玉串料は自費だから」が思い出される。昭恵さまは、現役総理の夫人である。なぜあの理事長が当初「安倍晋三小学校」と名付け、現役総理夫人の昭恵さまになにゆえ講演を依頼したか。これだけで私人でないことは小学生でもわかる。本誌(メディアゴン)編集部もこう指摘する。 「安倍昭恵氏は内閣総理 [全文を読む]

籠池証人喚問で自民党議員の質問に唖然! 国有地取引の追及を放棄し偽証と詐欺立件目的だけの質問連発

リテラ / 2017年03月24日11時20分

2月17日に安倍首相は国会で「(国有地払い下げや小学校認可に)私や妻が関係していたということになれば、これはまさに私は間違いなく総理大臣も国会議員も辞めるということは、はっきりと申し上げておきたい」と答弁したが、このファクスは昭恵夫人が国有地問題にかかわっていた大きな証拠だ。 だが、菅義偉官房長官は「籠池氏側の要望には沿うことができないときっぱりお断りし [全文を読む]

稲田朋美「先生に媚を…」同級生語った“嫌われる女の原点”

WEB女性自身 / 2017年03月23日17時00分

「勉強はそこそこ出来たのを覚えていますが、地味で、クラスの中心になるタイプではないし、国会議員になるなんて想像もしませんでした」 同じクラスだったという男性は当初、「稲田?ああ、あの つばき(旧姓の椿原から来ている呼び名) ね」と、すぐには思い出せなかった様子。他の同級生も一様に地味で印象が薄いという反応だった。しかし詳しく話を聞いていくうちに徐々にその [全文を読む]

豊洲、森友学園、日本会議にも連なる小池百合子・父の怪人脈

NEWSポストセブン / 2017年03月17日11時00分

勇二郎氏は当時カイロ在住で直接関わっていないものの、石原氏は日本会議の代表委員であり、娘の百合子氏は国会議員時代に日本会議国会議員懇談会の副会長を務め、鴻池氏も同懇談会メンバーだ。 その鴻池氏はいまや森友学園疑惑の渦中にある。籠池泰典・前理事長夫妻から国有地売却で便宜を図ってもらうために陳情を受けたとして名前が挙がり、会見で“賄賂”らしき封筒を突き返したこ [全文を読む]

森友・籠池理事長の豹変の裏に官邸からの圧力? 会見では“稲田防衛相夫の入れ知恵か“の質問に狼狽も

リテラ / 2017年03月11日23時50分

まあ、国会議員になられてからはそんなにないですよね」と、一気にトーンダウンさせてしまったのだ。 永田町ではこうした籠池理事長の態度豹変に早速、「官邸と裏取引したか、もしくは圧力がかかったのではないか」という見方が流れている。森友問題を取材している全国紙の社会部記者がこう語る。 [全文を読む]

自民党、派閥人事廃止で「頭脳が対応できない」大臣が続々誕生

NEWSポストセブン / 2017年03月04日07時00分

それらを含めた年収は約2700万円で、これとは別に国会議員として文書通信交通滞在費が1200万円、立法事務費が780万円……。「国務大臣」の待遇だ。 高額報酬に見合った重責を担う大臣たちの朝は早い。答弁がある日は、6時ごろには大臣室や議員会館の事務所に顔を出す。官僚たちから答弁内容のレクチャーを受けるためだ。前夜、18時ごろに野党から質問内容が通告され、深 [全文を読む]

森友問題でキレまくる安倍首相以外、プレミアムフライデーで早帰りする人はほぼいない現実

Business Journal / 2017年03月02日06時00分

国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。 2月27日、2017年度予算案が衆議院を通過しました。予算は5年連続で過去最高を更新していて、16年度の当初予算から7329億円も増えました。一般会計の歳出総額は97兆4547億円です。高齢化で医療や介護などに使う社会保障費が膨らんだためですが、想像を超える金額です。 しかし、予算案が提出されてから27日間での通過 [全文を読む]

フォーカス