ゴジラ 円谷英二に関するニュース

ティム・バートンにも影響を与えた! 『GODZILLA ゴジラ』公開で改めて喧伝される円谷英二のスゴさ

おたぽる / 2014年07月28日23時00分

1954年に第一作が公開され、今年で生誕60年を迎えるゴジラ。現在はギャレス・エドワーズ監督のハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』が公開中で、すでに続編の製作も決定している。そんな中、7月26日に放送された『日立 世界ふしぎ発見!』(TBS系)では、ゴジラを生み出した"特撮の神様"円谷英二に迫っていた。 番組では、スティーブン・スピルバーグ、ジョージ・ [全文を読む]

今年は特撮の年!?話題先取り!2016年の大予想

しらべぇ / 2016年01月04日19時00分

■復活が約束されている目玉作品現在、2016年に話題を席巻することが約束されている作品は、ゴジラ、ウルトラマン、そしてガメラです。この3作品の現在の状況をまとめました。ゴジラは『ゴジラ FINAL WARS』で1度終焉を迎えましたが、2014年のハリウッド版『GODZILLA』が大ヒット。スクリーンの中で今も変わらぬ存在感を放ったゴジラの勇姿は、怪獣王復活 [全文を読む]

「ゴジラ」シリーズ4作をBSプレミアムで放送!

Smartザテレビジョン / 2016年06月24日12時42分

半世紀以上にわたって製作され続けている「ゴジラ」シリーズのうち4作品が、NHK BSプレミアムで7月に放送される。 その第1弾となるのが、第17作目「ゴジラVSビオランテ」('89年)で、4日(月)夜9時からの放送。大森一樹監督が初めてメガホンを取った「ゴジラ」作品でもあり、バイオテクノロジーとゴジラの細胞が生み出した謎の怪獣ビオランテとゴジラとの壮絶な死 [全文を読む]

大ヒット「シン・ゴジラ」を二度見したくなる7つの秘密(2)ヒロインも大きな牽引力に

アサ芸プラス / 2016年09月06日05時54分

今までと形態の違うゴジラにオールドファンの間からは「変身するのはヘドラと同じ」と指摘する声が上がっているが、戸惑うなかれ。「他にも、今回のゴジラはしっぽが異常に長いと言われているが、円谷英二は『キングコング対ゴジラ』でしっぽに躍動感を与えたいと初代よりも長くしている。本来、ゴジラはしっぽが長い要素を持っていたんです。また、初代ゴジラにはビルを破壊する動的な [全文を読む]

宝田明が「ゴジラ」「キングコング」について語る。「伊福部昭百年紀Vol.5」コンサート(4月30日渋谷で開催)

DreamNews / 2017年03月14日12時00分

映像音楽コンサートをてがけるスリーシェルズは、2017年4月30日に渋谷で開催する「伊福部昭百年紀Vol.5」に、「ゴジラ」第1作の主演俳優である宝田明が登場することを2017年3月14日に発表する。コンサートで宝田明がゴジラ撮影秘話映像音楽コンサートをてがけるスリーシェルズは、2017年4月30日開催の「伊福部昭百年紀Vol.5」に「ゴジラ」第1作の主演 [全文を読む]

4月30日「伊福部昭百年紀Vol.5」のプレトークは中野昭慶監督vsムトウユージ監督。 つまりはゴジラ対クレヨンしんちゃん!!!

DreamNews / 2017年02月21日09時00分

そのプレトークに、昭和ゴジラシリーズの特技監督、助監督として参加した中野昭慶監督とアニメ「クレヨンしんちゃん」の監督として知られるムトウユージ監督のプレトークを行うことを2017年2月21日に発表する。スリーシェルズは伊福部昭百年紀Vol.5を4月30日に渋谷で開催するが、そのプレトークに、昭和ゴジラシリーズの特技監督、助監督として参加した中野昭慶監督と [全文を読む]

伊福部昭百年紀vol.5 宣伝動画公開(2017年4月30日渋谷)! 特撮映画を彩る、ゴジラ、キングコング、大魔神などスペクタクルサウンドを聴け!

DreamNews / 2016年12月19日13時30分

動画のアドレスはこちらhttps://www.youtube.com/watch?v=Sf7g3pBD-w0&featureゴジラの映画音楽をはじめ、日本映画の黄金期を支えた作曲家伊福部昭の、名作映画音楽をフルオーケストラで再現する。伊福部昭の作品を、映画を中心に様々な観点から復元・演奏するという壮大なプロジェクトである。今回の楽曲には、「伊福部昭百年紀組 [全文を読む]

伊福部昭百年紀Vol.5開催決定!シン・ゴジラの伊福部楽曲も演奏!

DreamNews / 2016年12月12日09時00分

演奏曲目には、「シン・ゴジラ」で使われた伊福部楽曲も含まれる。 プレミアチケット必至!伊福部昭百年紀Vol.5開催!スリーシェルズは、伊福部昭百年紀シリーズの第5回目の開催を12月12日に発表する。これまで宝田明、川北紘一監督、中野昭慶監督、佐野史郎など、ゴジラ関係者もコンサートに参加して、伝説のコンサートシリーズとなっている「伊福部昭百年紀」。その第5 [全文を読む]

宝田明 高峰秀子の「教えてあげないよ」発言が役者の魂に

NEWSポストセブン / 2015年01月14日11時00分

初主演映画『ゴジラ』での特撮ならではの芝居の苦労や、成瀬巳喜男監督作品で共演した女優、高峰秀子にかけられた言葉についての思い出を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載『役者は言葉でてきている』からお届けする。 * * * 宝田明の映画初主演作となったのが、1954年の東宝特撮作品『ゴジラ』だった。 「会社からは『これは東宝が社運を賭けて作る映画で、 [全文を読む]

【出口博之のロック特撮】眠れる才能が目覚める!?怪獣と過ごす芸術の秋

しらべぇ / 2014年11月17日11時30分

怪獣芸術の原点とは 怪獣と言えば1954年に「特撮の神様」円谷英二監督らによって生み出された、世界にその名が轟く怪獣 ゴジラです。その威風堂々とした佇まいは後に数多く生み出される怪獣達のひな形になる程、この時点で完成されています。 巨大なトカゲ、あるいは恐竜に近いデザインですが「人間臭さ」も魅力のひとつにあります。山の向こうから、ビル群の間から現れ、こちら [全文を読む]

北朝鮮版の【怪獣映画】が想像以上に素晴らしい…! 金正日が国家予算を注いだ傑作の内容とは?

tocana / 2017年04月21日15時00分

国民が見ると、公開処刑されてしまうハリウッド映画(脱北者の証言)を自由に鑑賞していた金正日は、『ゴジラ』シリーズや『男はつらいよ』シリーズといった日本映画も大好きだったという。そんな映画好きの金正日が、使い放題の国家予算を注ぎ込んで製作した北朝鮮版ゴジラ『プルガサリ』は、とんでもない政治的背景により、一定の期間封印されていた。『プルガサリ』は、北朝鮮初の怪 [全文を読む]

中野昭慶監督&町山智浩、4Kゴジラに「素晴らしい」「夢のよう」と大興奮!

Movie Walker / 2016年11月02日11時11分

映画『キングコング対ゴジラ』4Kデジタルリマスター版の上映が第29回東京国際映画祭(TIFF)を開催中の六本木・EXシアターで行われ、特技監督の中野昭慶、映画評論家の町山智浩がトークショーに登壇。本作で「助監督を務めていた」と言う中野監督が、「50年前の感激を味わわせてもらった」と感無量の面持ちを見せた。 本作は、ゴジラシリーズ初のカラー作品で、最大のヒッ [全文を読む]

『シン・ゴジラ』とネガポジの関係にある特撮映画とは? バカ映画の巨匠が語る“怪獣愛”、そして“家族愛”!

おたぽる / 2017年03月22日13時00分

特撮映画のアイコンとして世界中に知られている怪獣王ゴジラ。2016年7月に東宝系で全国公開された『シン・ゴジラ』は興収80億円の大ヒットを記録したが、同時期にもう一本の怪獣映画が劇場公開されていたことを覚えているだろうか。バカ映画の巨匠と呼ばれる河崎実監督が特撮映画への万感の想いを込めて撮り上げた『大怪獣モノ』がそれだ。『地球防衛少女イコちゃん』(87年) [全文を読む]

闇に消えた「放送禁止映像」を大追跡!(1)<宝田明・獣人雪男>初代「ゴジラ」の主役が“唯一の封印作”を初激白

アサ芸プラス / 2016年11月19日05時57分

この夏、「シン・ゴジラ」のメガヒットで、日本の特撮技術の高さが再評価された。だが、その原点である「ゴジラ」(54年、東宝)に主演した宝田明(82)に、門外不出の映画があることは、意外に知られていない。──東宝特撮のレジェンドとして、よみがえった「シン・ゴジラ」はご覧になりましたか?宝田 観たよ、いい映画だったと思う。ただ、せっかくのいいセリフが、あまりにも [全文を読む]

【給兵艦、工作艦、電纜敷設艇、甲標的母艦、急設網艦……】日本海軍の「働くフネたち」。どんな船だかわかりますか?

PR TIMES / 2016年07月06日15時22分

ゴジラ」「ウルトラマン」の特撮監督として有名な円谷。彼は戦前から戦後を通じて多数の戦争映画で特撮を担当しましたが、その貴重な特撮現場写真28点を一挙掲載、彼の特撮技術の秘密に迫ります。 [全文を読む]

【書評】ゴジラに込められた「殺される無念」と「殺す快感」

NEWSポストセブン / 2014年12月22日16時00分

【評者】鈴木洋史(ノンフィクションライター) 1954年に公開された日本初の怪獣映画『ゴジラ』を監督した本多猪四郎(1911~1993)は、国内では同じ東宝で監督デビューした黒澤明や特撮監督円谷英二の陰に隠れがちで、賞とも無縁だった。だが、『ゴジラ』を筆頭に『地球防衛軍』『宇宙大戦争』『モスラ』『キングコング対ゴジラ』『マタンゴ』など、監督した多くの空想特 [全文を読む]

スカパー!日本映画専門チャンネルでは 7.25「GODZILLA ゴジラ」公開を記念して ゴジラ30作品をまとめて一挙放送!

PR TIMES / 2014年07月17日17時11分

スカパー!で放送している「日本映画専門チャンネル」では、「ゴジラ」生誕60周年および、待望の新作「GODZILLA ゴジラ」が7月25日(金)に公開されるゴジラメモリアルイヤーを記念して、ゴジラシリーズ全28作品と「ゴジラ」第1作を再編集した「怪獣王ゴジラ/GODZILLA KING OF THE MONSTERS」含む海外版2作品の計30作品を『55時間 [全文を読む]

日本最古のSF映画に“円谷英一”のクレジット? 「ゴジラ」より古いSF作品の数々がここに

ダ・ヴィンチニュース / 2014年05月03日09時20分

怪獣王・ゴジラの誕生から今年でちょうど60年が経つ。関連情報を含む記事はこちら 第1作『ゴジラ』が1954年に公開されて以降、製作されたシリーズは合計28作。日本特撮映画の金字塔として不動の人気を誇るゴジラは、国内のみならず海外のクリエイター達にも多大な影響を与えている。昨年話題になったSF怪獣映画『パシフィック・リム』のエンドクレジットで、ギレルモ・デル [全文を読む]

【芸能コラム】「フランケンシュタインの恋」のルーツ? 日本が生んだSF映画「変身人間シリーズ」とは…

エンタメOVO / 2017年05月19日18時33分

(うち2作は、『ゴジラ』(54)を生んだ本多猪四郎監督&円谷英二特技監督の黄金コンビ作)。いずれもSFスリラーに分類されるが、その中で最もラブストーリーの色合いが濃いのが『ガス人間第1号』だ。 東京都内で次々と銀行の金庫から現金が強奪される怪事件が発生。それは、体を自由にガス化できる“ガス人間”の仕業だった。ガス人間は手に入れた金で、思いを寄せる日本舞踊の [全文を読む]

侍ジャパン快進撃!野球一色の日本に送る「野球特撮作品」3選

しらべぇ / 2017年03月20日21時00分

(3)ヒーローの生みの親が残した正統派野球ドラマ特撮の神様と言えば、ゴジラやウルトラマンの生みの親・円谷英二監督ですが、ヒーローの生みの親という点で見ると、仮面ライダーやゴレンジャーを生み出した石ノ森章太郎先生でしょう。特に70年代以降の特撮作品(主に東映作品)は石ノ森(放送当時は石森)先生が手がけたものが多く、今日につながる重要な下地となっています。石ノ [全文を読む]

フォーカス