鮎子 加藤紘一に関するニュース

意味なし選挙を面白くするのは、やはり“女性”“2世”がキーワードのこの人たち!

週プレNEWS / 2014年12月03日06時00分

自民党の元大物議員・加藤紘一氏の娘、加藤鮎子氏が出馬する。対抗は元酒田市長で無所属の阿部寿一(じゅいち)氏。 大物議員の2世で、しかも地元の選挙戦。これだけ見れば楽勝に思えるが、そこに“あの騒動”が影を落としている。専門家たちの意見も割れた。 「加藤紘一の威光は地元で絶大だが、この前、大臣を辞職した小渕優子の一件が悪影響を及ぼしている。大物政治家の2世で、 [全文を読む]

三角大福中にYKK。「派閥政治」全盛の懐かしき昭和を振り返る

まぐまぐニュース! / 2016年10月11日16時00分

つい数日前にこの出版記念パーティーが都内で開かれ、小泉純一郎元首相、著者の山崎拓氏、そして、先日亡くなられた加藤紘一氏の三女の鮎子氏(衆議院議員)が集まりYKK派閥時代を振り返った。 政界が少し停滞している… そこで印象的だったのは小泉氏の挨拶で、今の政治について「政界が少し停滞している。YKKの政局が注目を浴びた当時と違って、活気がない。もっと活気を出せ [全文を読む]

注目2世女性議員はかく戦えり! 北海道7区・鈴木貴子と山形3区・加藤鮎子の泣き笑い

週プレNEWS / 2014年12月17日06時00分

こちらは自民党の加藤紘一氏の娘、加藤鮎子氏が自民党から出馬した。 こちらも比例区での当確は早かった。夜10時半、選挙事務所に詰めかけた約100人の支持者たちは歓喜に沸いたが、間髪入れずに選対責任者がマイクで「小選挙区で勝たないと勝ちではありません!!」と熱くアナウンス。 前回の総選挙では、父親(加藤紘一氏)が山形県連をまとめきれないうちに出馬を強行。そのや [全文を読む]

自民党2大マドンナ プレイボーイ議員の元嫁・今カノが同席

NEWSポストセブン / 2015年02月12日07時00分

40人を超える自民党の女性議員の中で“2大マドンナ”と評判なのが、当選2回の金子恵美・代議士(36)と新人の加藤鮎子・代議士(35)だ。 元ミス日本関東代表の金子氏は「新潟県きものの女王」から市議、県議を経て国政に出た叩き上げ。一方の加藤氏は元自民党幹事長・加藤紘一氏を父に持つ3世議員と肌合いは違うが、独身男性議員によると、「いずれも着物が似合う知性派美人 [全文を読む]

宮崎謙介元議員 加藤紘一氏の葬儀でも蒸し返されたゲス不倫

NEWSポストセブン / 2016年09月19日07時00分

娘の加藤鮎子・衆院議員である。2014年の総選挙に加藤氏の後継者として出馬し初当選、現在は自民党若手のホープとして期待されている。尊敬する父の死に際し、 「父はしっかり根を張り、大地を高い所からも見渡すことができる、巨木のような政治家だった」 と報道陣を前に毅然と答え、さすがは加藤氏の愛娘との声が上がった。ただし、一部の記者からは、「元後継者はどうしたんだ [全文を読む]

金子恵美議員 宮崎氏との離婚を相談、相手はなんと夫の前妻!

WEB女性自身 / 2016年04月12日00時00分

「金子議員は、同じ自民党所属で同年代の加藤鮎子衆院議員(36)、大沼瑞穂参院議員(37)とよく女子会を開いているんです。党の女性局の会合の後なんかに、月に1回は3人で会っているようですね」(国会議員の1人) 加藤鮎子議員といえば、自民党のかつての重鎮、加藤紘一元官房長官(76)の二世議員。だが宮崎氏とは06年に結婚して09年に離婚した 元夫婦 でもある。 [全文を読む]

自民党・宮崎謙介 “イクメン”の在り方に泥を塗ったゲス議員の呆れた女癖

アサ芸プラス / 2016年02月21日09時55分

「宮崎氏は政治家を志望していた06年、婿養子が早道と思ったんでしょう、加藤紘一自民党元幹事長の三女の鮎子氏と結婚しましたが3年で別れています。その原因も不倫と言われています」(政治部デスク) その後、宮崎氏は12年に京都3区から出馬して初当選。直後に金子氏との交際が報じられた。「交際期間中も党本部の受付嬢やOLと合コンするなど言動が軽かった。何より支援者の [全文を読む]

“育休不倫”宮崎謙介議員に「大恥かかされた」雑誌編集者激怒! さらなるメール暴露も……?

日刊サイゾー / 2016年02月15日13時00分

調整するから待ってください』ということで実現した」(同) 取材が終わると「これから僕が日本を変えますよ」と大きなことを言っていたという宮崎議員だが、加藤紘一・元自民党幹事長の娘で、現在は衆院議員の鮎子氏と結婚3年で離婚したバツイチ。昨年、同僚の金子恵美衆院議員と再婚したが、このときは京都の資産家令嬢との二股疑惑が報じられていた。 今年2月の第一子出産を前に [全文を読む]

フォーカス