民主党 海江田万里に関するニュース

地方知事選4連敗中の安倍政権に暗雲「これでは統一地方選は戦えない」

デイリーニュースオンライン / 2015年01月14日07時50分

先の衆院選でも野党第一党の民主党は議席こそ増やしたものの海江田万里代表が落選するという体たらくを晒した。 それだけに、安倍政権は盤石と思われがちだが、地方の内情は大きく異なる。地方紙記者は話す。 地方との歯車が噛みあわない中央政界 「景気回復を謳ったアベノミクスも、結局は一部の大企業に恩恵をもたらしただけ。地方の農山村で景気回復を実感していません。衆院選は [全文を読む]

存在感を示せるか?民主党

NewsCafe / 2015年01月08日12時00分

先の衆議院選挙で、党代表が落選するなど、自民党と公明党に3分2の議席を許した民主党ですが、代表選の告示がされました。党員やサポーターが参加して行わる代表選は今回で4回目となります。任期は2017年9月末までとなります。 今回の代表選は、海江田万里代表が衆院選で選挙区で落選。比例区でも復活ができなかったことに伴う辞任によるものです。一度は政権を握ったものの、 [全文を読む]

ビートたけしも出演! 20時に475議席の当確予測の的中率95.15%を達成したニコニコの開票特番

ITライフハック / 2014年12月15日17時00分

■政党別 ニコニコ予測獲得議席数と実際の当選者数※()内は当選者数結果※選挙前の議席数順に記載【小選挙区】自由民主党237(223)、民主党28(38)、維新の党7(11)、公明党9(9)、次世代の党2(2)、日本共産党0(1)、生活の党2(2)、社会民主党1(1)、無所属9(8)【比例区】自由民主党70(68)、民主党37(35)、維新の党25(30)、 [全文を読む]

「政界“怪”人プロファイリング」 -海江田万里-

アサ芸プラス / 2014年11月16日09時56分

◆今週のキーマン:海江田万里(民主党代表)●49年、東京生まれ。参院議員秘書、経済評論家を経て93年、日本新党から出馬し、初当選。民主党政権の経産相時代には国会で進退問題を追及されて号泣。12年12月から代表に。 「ヤンキー政党」脱出への覚悟を見せろ あれだけ安倍晋三政権が「政治とカネ」で土俵際に追い込まれたにもかかわらず、いつの間にか土俵中央に押し戻した [全文を読む]

選挙戦で蠢く魑魅魍魎…「妖怪政界ウォッチ」で期日前“裏”投票を慣行!(3)神通力を失った小沢一郎

アサ芸プラス / 2014年12月09日09時56分

協力する市議や県議はほとんどおらず、厳しい選挙になるでしょう」(地元関係者) 最大野党ながら、まったく精彩を欠いている民主党にも妖怪が巣食っている。その代表が、「ぬりかべ」のような海江田万里氏(65)と誰もが口をそろえるのだ。 「10月上旬、民主党関係者に『年内解散はない』と自信満々に言っていた。ところが、突然の電撃解散でいちばんあたふたしていたのは、海江 [全文を読む]

細野豪志議員 民主党代表選辞退の陰で愛娘誕生直後の死

NEWSポストセブン / 2013年02月07日07時00分

大惨敗した民主党を立て直すべく、幹事長に就任したのが細野豪志議員(41才)。昨年12月、総選挙後に引責辞任した野田佳彦氏(55才)の後任を巡っての代表選でも、細野氏を推す声が圧倒的に大きかった。 「昨年9月の代表選でも細野さんの名前が挙がりましたが、その時は“まだ準備ができていない”と辞退したんです。だから今回こそは引き受けてもらえるだろうと、党内の細野グ [全文を読む]

有力野党は「安倍の愛人」になりたいと行列を作っている状況

NEWSポストセブン / 2014年06月18日16時00分

続いて、維新の分党で生まれた「橋下新党」が民主党にぶつかり、「民主党も分裂するべきだ」(橋下徹氏)と裂け目をつくろうとしている。 各党は分裂のたびに小さくなり、それぞれが安倍政権に接近して、なんとか自公を引き裂いて公明党の代わりに政権入りを図ろうと競い合っている。 目下、自民党のパートナーの最有力候補といえば、みんなの党だ。 「安倍支持」を鮮明にしていた [全文を読む]

維新は? 民主は? みんなの党分裂でも見えない野党再編の行方!

週プレNEWS / 2013年12月18日10時00分

江田氏と一緒に離脱した議員らは『こんな個人商店のような政党でいいのか』『当選後に、ようやく党の実態がわかり、このまま政治活動することへの不安が強かった』などと言っているくらいだ」 江田氏はみんな離党組と年内にも“江田新党”を結成、年明けから日本維新の会の橋下徹共同代表と共通政策をつくり、その後、民主党の一部を取り込むなど野党再編を目指す。 離党届を提出した [全文を読む]

日本の最大野党は自民党内に? 共産党躍進も“法案通せぬ”と英誌厳しい指摘

NewSphere / 2014年12月19日18時36分

2009年の総選挙では、民主党は大勝したものの、2012年の選挙では、党内分裂を起こし政策における党の結束を見せれなかったために、大幅に議席を減らす結果となってしまったと指摘する。 その後、「第三極」としてさまざまな政党が結成されたものの、内部分裂や政策の不一致から勢力を失ったと指摘。そのため、野党や第三極政党は、与党としての地位を得たいと思うのなら、自 [全文を読む]

「石原慎太郎は下駄の雪」政界に出回った怪文書の背景

東京ブレイキングニュース / 2014年05月23日16時00分

石原慎太郎氏を「下駄の雪」に例えたり、民主党の執行部の早期の交代を望むなど、好き放題にものを言っている。 なぜこんな文がばらまかれたのか。文書を出したのはどこなのか。少なくとも江田氏を快く思わないところからであることは間違いない。結いの党との連携を好ましく思わない日本維新の会の一部勢力か、あるいはいまだ江田氏と禍根を残す渡辺喜美みんなの党前代表のシンパなの [全文を読む]

フォーカス