記者会見 甘利明に関するニュース

甘利氏「釈明会見」でしつこく質問した元朝日記者「ジャーナリズムの力が落ちている」

弁護士ドットコムニュース / 2016年01月28日21時10分

週刊文春に違法献金疑惑を報じられた甘利明・経済再生担当大臣が1月28日、東京都内で記者会見を開き、大臣を辞任することを表明した。記者会見には200人近い報道関係者が詰めかけ、その模様はテレビやインターネットで生中継された。 1時間10分ほどの会見の前半は、甘利氏が用意した文書を読み上げながら、報道された事実について釈明し、大臣の職を辞することを明らかにした [全文を読む]

<報道の危機?>政権に及び腰の「お行儀よすぎる記者会見」の常態化に危惧

メディアゴン / 2016年06月09日07時40分

上出義樹[フリーランス記者/上智大学メディア・ジャーナリズム研究所研究スタッフ]* * *既に何度か拙稿で指摘してきたが、フリーランス記者として私が参加する閣僚記者会見を見る限り、記者たちの質問が相変わらずピリッとしない。国民目線に立って権力に目を光らせる、つまり、安倍晋三政権の問題点を厳しく追及する姿勢が感じられないのである。 <なぜか沖縄県議選関連の質 [全文を読む]

関わると不幸になる? 川谷絵音の「ゲスノートの呪い」がまた発動か!? SMAP、甘利明、千原ジュニア、ほのかりんに続いて…!

tocana / 2016年10月09日08時00分

また、千原兄弟・千原ジュニアも、14年4月からレギュラー出演していた深夜バラエティ『オモクリ監督 ~O-Creator's TV show~』(フジテレビ系)内で、ゲス極のヒット曲『私以外私じゃないの』(15年4月)を使用した直後の15年9月に、番組が終了しています」(同) また、芸能界以外では衆議院の甘利明議員も、2015年5月の閣議後の記者会見で、マイ [全文を読む]

【日中】舛添都知事に対して、なぜか中国から続々と同情の声

まぐまぐニュース! / 2016年05月25日19時00分

【日中】舛添都知事に対して、なぜか中国から続々と同情の声 ● 舛添都知事 記者会見詳報(1) 外部に支出の調査を依頼 舛添要一東京都知事が政治資金私的流用で大問題となっています。記者会見を開いて釈明をするかと思えば、釈明はせずに「第三者委員会の厳しい目で精査してもらう」を繰り返しただけに終わりました。 報道の中で、ロンドン出張に7,000万円、和菓子9万 [全文を読む]

『バイキング』に元文春記者が出演! なぜ文春はスクープを連発できるのか? 語られなかった意外な裏事情とは?

リテラ / 2016年03月10日21時00分

8日に記者会見が行われた巨人・高木京介選手の野球賭博関与問題も「週刊文春」から球団側に取材があったことで事態が明るみになっており、今日発売の3月17日号にはその真相が掲載されている。 最近のスキャンダルの大ネタはほとんど「週刊文春」によるものだと言ってもいいほどの快進撃。なぜ「週刊文春」だけがこれほどにもスクープを連発できるのか? 最近は「AERA」(朝日 [全文を読む]

”育休”議員を辞職に追い込んだ週刊文春に芸能プロも戦々恐々

デイリーニュースオンライン / 2016年02月12日19時00分

出産間近の妻を差し置き、タレント女性と京都で密会していたと”不倫報道”された宮崎謙介衆院議員(35)が2月12日、記者会見で辞任を表明。週刊文春が現職の国会議員のクビをとってみせたのだ。 「週刊誌報道において、もっとも殊勲とされるのが政治家のクビをとること。宮崎議員は政治家としては落下傘候補で小粒ですが、国会議員の育児休暇を取る“イクメンアピール”をして世 [全文を読む]

甘利明、黒すぎた政治活動…パチンコ・電力業界から巨額資金提供、業界利益優先に暗躍

Business Journal / 2016年02月03日06時00分

「週刊文春」(文藝春秋)の現金授受疑惑報道から1週間が経過した1月28日、甘利明経済再生担当相は記者会見で閣僚を辞任すると表明した。「これまで大きなスキャンダルに発展してこなかったほうが不思議なくらいだ。彼は多くの業界団体と関係が深い商工族で、さまざまな政治的局面で暗躍してきた」(全国紙政治部記者) 甘利氏といえば原発推進派で知られており、福島の原発事故か [全文を読む]

安倍首相の携帯料金値下げ指示、利用者と業界全体に甚大な悪影響?より値上がりの恐れも

Business Journal / 2015年10月13日06時00分

甘利明内閣府特命担当大臣による記者会見要旨を見ると、首相が料金の引き下げを指示したのは、「携帯料金等の家計負担の軽減は大きな課題」となっており、家計負担を軽減することを重視していることがわかる。 さらにその後の質疑応答を見ると、甘利大臣の「3社体制で固定化してしまっていて競争政策が働いていないのではないかという指摘もあります」という発言も出ている。そうした [全文を読む]

GDPプラス転換はアベノミクスの手柄ではない 消費増税の深刻な後遺症、所得改善の嘘

Business Journal / 2015年02月25日06時00分

新聞報道によると、政府では甘利明経済再生担当大臣がこの発表を受けて記者会見し、「雇用・所得環境が引き続き改善し、堅調な民需に支えられた景気回復が見込まれる」と胸を張り、アベノミクスの手柄と言わんばかりだったという。 しかし、宣伝上手の政府の言葉を鵜呑みにして、手放しで喜ぶのは禁物だ。そもそも政府は、消費増税の影響を「あっても軽微だ」と言っていたにもかかわら [全文を読む]

消費増税の影響続く日本経済 来年10%へ引き上げるのか、海外メディアも注目

NewSphere / 2014年09月01日18時32分

【政権内部の声】 ウォール・ストリート・ジャーナル紙によれば、記者会見で麻生財務相は、家計調査を踏まえた消費動向について、7月の悪天候の影響もあるとし、「消費増税の反動減は薄らぎつつあると認識をしている」としながらも、「もう少し注意深くみていかなければならない」と語ったという。 ロイターのインタビューに対して、西村康稔内閣府副大臣は、「1年半で5%上げる [全文を読む]

フォーカス