週刊文春 宮崎謙介に関するニュース

『バイキング』に元文春記者が出演! なぜ文春はスクープを連発できるのか? 語られなかった意外な裏事情とは?

リテラ / 2016年03月10日21時00分

週刊文春」(文藝春秋)の勢いが止まらない。ベッキー&ゲスの極み乙女。川谷絵音の不倫スキャンダルにはじまり、甘利明TPP担当相の収賄スキャンダル、宮崎謙介・衆院議員の不倫スクープ、そして、神戸児童連続殺傷事件の少年Aを直撃──。8日に記者会見が行われた巨人・高木京介選手の野球賭博関与問題も「週刊文春」から球団側に取材があったことで事態が明るみになっており、 [全文を読む]

「清原逮捕」「乙武不倫」「ホラッチョ」「保育園落ちた日本死ね」……ガジェット通信記事で振り返る激動の2016年!その2

ガジェット通信 / 2016年12月25日07時15分

2014年3月に『週刊文春』が薬物疑惑を報じるも、本人は一貫して否定していた中での逮捕。日本中に衝撃が走りました。 『コロコロアニキ』に掲載予定だった河合じゅんじ先生の『かっとばせ!キヨハラくん』が「諸般の事情により休載」となるなどさまざまな場所に影響が出てることに。 清原和博さん逮捕の余波!? ものまねのリトル清原さんやマンガ『かっとばせ!キヨハラくん』 [全文を読む]

”文春砲”の名物記者が語るAKB48「スキャンダル総選挙」の舞台裏

デイリーニュースオンライン / 2016年06月11日16時05分

今後、有力メンバーは続々と卒業していくでしょうから、盛り上がる最後の総選挙になるかもしれません」(芸能関係者) そんなAKB48の“天敵”といえば、『週刊文春』(文藝春秋)だろう。数々のスキャンダルをスクープしてきた同誌は、総選挙にぶつけて生番組を特別配信する。語り手は、文春砲と恐れられる記者・スズキだ。これまで指原莉乃の元の交際相手からの告発や、前田敦子 [全文を読む]

「文春対新潮」情報入手のどこが悪いのか

プレジデントオンライン / 2017年05月26日15時45分

週刊新潮が「『文春砲』汚れた銃弾」として『週刊文春』を告発する記事を、5月25日号から2号続けて掲載している。新潮は文春を「スクープ泥棒」と呼ぶ。しかし、あらゆる手を尽くして情報を取ることが一方的に悪いといえるのだろうか。『週刊現代』『フライデー』の編集長を歴任した元木昌彦氏が問う――。 ■「親しき仲にもスキャンダル」 私見だが、週刊誌編集長には大胆さと繊 [全文を読む]

「がん」「キノコ」「愛人」 安倍内閣“今週の失言”を総チェック!

文春オンライン / 2017年04月22日11時00分

学校経営者では一番の資産家だ」 『週刊文春』 4月27日号 国有地の格安払下げをめぐって世間を騒がせてきた森友学園問題。名誉校長を務めていた安倍昭恵首相夫人の関与や、周囲の官僚らの「忖度」に関する追及も一段落といった模様。時事通信の世論調査によると安倍首相らの説明について7割近くの国民が「納得していない」と回答したが、首相自身は商業施設のオープニングセレモ [全文を読む]

あの「ゲス不倫」の当事者が電話出演? 『流行語大賞』でおなじみ文春くんの『文春砲Live』が12月16日に放送

ガジェット通信 / 2016年12月15日12時00分

「ゲス不倫」で『ユーキャン新語・流行語大賞』のトップテン、そして「センテンススプリング」と「文春砲」で『ガジェット通信 ネット流行語大賞』の特別賞に輝いた週刊文春。『ユーキャン新語・流行語大賞』の授賞式に登場し話題となっていた文春(ふみはる)くん、我が『ガジェット通信 ネット流行語大賞』の授賞式にも出席してくださいました。 まさに、2016年を席巻というか [全文を読む]

東国原英夫が“ハニートラップ“よばわりの文春記者に「胸がはだけてた」と...週刊誌の女性記者たちが「侮辱だ」と怒りの声

リテラ / 2016年02月27日08時00分

"ハニートラップ評論家"東国原英夫が、調子に乗ってまた「週刊文春」(文藝春秋)にかみついた。「前々回に出た番組で文春の記者自らがハニートラップを仕掛けてきたと言いました。それで、その後に、僕の携帯にその記者から、もしかしたら、あなたが番組でおっしゃったのは私のことですかって来たんです」 昨日、放送された『バイキング』(フジテレビ系)でこう切り出した東国原。 [全文を読む]

東国原英夫が発言した「文春のハニートラップ」は本当か?

アサジョ / 2016年02月21日09時59分

2月5日、宮崎謙介元衆院議員の不貞騒動をスクープした「週刊文春」に対して、その取材方法について東国原英夫が「文春は契約記者がハニートラップをしかけてくる」と発言。後の16日には「週刊文春」の女性記者からこの発言に対して質問状が届いたことをツイッターで明らかにした。「過去に東国原は、『週刊文春』で知事時代に20人以上の女性と関係を持ったと報じられ、名誉を傷つ [全文を読む]

【宮崎議員辞職】で露呈した杜撰な公認候補選びの実態と、影に隠れた大臣らの失言

Business Journal / 2016年02月17日06時00分

加えて、「週刊文春」(文藝春秋)が今回報じた相手とは別の女性とも関係があったことを会見でも認めた。議員として居座り続ければ、新たな事実を突きつけられたり、説明を求められたりすることもあり得る。そうした場から彼が逃れる唯一の方法が、議員辞職でもあったのだろう。 それにしても、また2012年初当選組衆議院議員の不祥事だ。同年12月に行われた総選挙で、自民党は [全文を読む]

東国原英夫の「文春の女性記者にハニートラップを仕掛けられた」は大嘘! 元知事のセクハラナンパは裁判所も事実認定

リテラ / 2016年02月13日22時00分

週刊文春」(文藝春秋)のスクープで衆院議員辞職を表明した"育休議員"こと宮崎謙介氏。だが、これは官邸が引導を渡した結果で、実は直前までかなり悪あがきを続けていたらしい。「本人は当初、党の事情聴取に『ハニートラップにひっかかった』と説明していました。官邸も甘利明大臣の時と同じく、一時は『文春』のハニートラップだという話を流して、なんとか世論の同情を買おうと [全文を読む]

"育休議員"辞職を表明...不倫で散った34歳グラドルのはかない恋心

東京ブレイキングニュース / 2016年02月12日15時00分

春節だから、中国人たちの爆買いです! 春だから、センテンススプリングです!! もう週刊文春、絶好調ですよね! ベッキー事件にSMAP解散騒動、そして甘利事件ではとうとう大臣の首までとっちゃいました! 今回は"育休議員"こと宮崎謙介衆院議員の不倫騒動です。奥さんの金子恵美衆院議員が切迫早産しそうなために入院していた時、地元の京都のマンションに女性を連れ込んで [全文を読む]

不倫疑惑の宮崎議員が議員辞職表明「心からお詫び申し上げます」「文春の取材に嘘ついた」

弁護士ドットコムニュース / 2016年02月12日10時56分

宮崎議員はその約1週間前の1月30日、地元・京都市の自宅に女性タレントを招き入れて一夜をともにしたと、2月10日発売の週刊文春に報じられていた。週刊文春には宮崎議員の自宅から別々に外出する2人の写真が掲載されていた。 週刊文春の記者から取材があった際に、宮崎議員が「知らない」と答えたことについて、この日の会見では、「動揺してしまって、とっさに嘘をついたこと [全文を読む]

「育休」宮崎議員に浮上した「不倫疑惑」 離婚に追い込まれる可能性は?

弁護士ドットコムニュース / 2016年02月10日16時32分

男性国会議員として初めて「育児休暇」の取得を宣言した宮崎謙介衆院議員(35)が、妻の金子恵美衆院議員(37)の出産直前、地元・京都市の自宅に女性タレントを招き入れて一夜をともにしたと、2月10日発売の週刊文春が報じた。金子議員は2月5日に第一子を出産したばかりだが、宮崎議員が女性タレントと「密会」したとされるのは、その約1週間前の1月30日だ。週刊文春には [全文を読む]

イクメン議員が妻の出産中に自宅で…ゲスすぎる不倫に物議

デイリーニュースオンライン / 2016年02月10日12時00分

週刊文春により、不倫疑惑が報じられたのだ。 妻が都内で出産中に、夫は京都で不倫! 文春がスクープ 宮崎議員の妻は、自民党の金子恵美衆議院議員(37)。金子議員は2月5日午前、宮崎議員が立ち会う中、東京都内の病院で第一子を出産した。 2015年5月に金子議員と結婚した宮崎議員は昨年12月、 「1か月程度、育児休暇を取得する」 方針を明言していた。育休の理由は [全文を読む]

「昔は他の週刊誌だって結構取材してたんだよ」田原総一朗が『週刊文春』一強時代に喝を入れる

ニコニコニュース / 2017年01月30日11時00分

そんな『週刊文春』の編集部に徹底取材し、数々のスクープの知られざる裏側を明かそうという企画が、ニコニコドキュメンタリー総力特集「文春砲」だ。すべての写真付きでニュースを読む 特集にあわせ、ジャーナリストの田原総一朗氏に「私は『週刊文春』をこう思う」というテーマで語っていただいた。 自らもスクープを連発した辣腕ジャーナリストである田原氏。『週刊文春』がスクー [全文を読む]

“清潔感タレント”の不倫転落劇、今年前半はこんなにあった!?

日刊大衆 / 2016年12月29日20時00分

年明け早々、2016年1月7日発売の『週刊文春』(文藝春秋)によって不倫の第一報が報じられ、世間は騒然となった。だが、後に“文春砲”と呼ばれることになる同誌の報道はこれだけにとどまらず、1月21日発売号では二人によるLINEでのやりとりが公開され、ベッキーによる「センテンススプリング」という迷言が生まれることに。ベッキーはこの騒動を受けて、仕事を全面自粛。 [全文を読む]

週刊文春「うちは別に、どっかの大賞みたいに1億円払ったりとかしてませんから」『ガジェット通信 ネット流行語大賞2016』授賞式でコメント

ガジェット通信 / 2016年12月02日17時00分

ついに『ガジェット通信 ネット流行語大賞2016』を発表させていただきましたが、結果はいかがだったでしょうか? 発表当日の12月2日にガジェ通編集部では授賞式を開催! 「センテンススプリング」、「文春砲」の2ワードを上位にノミネートさせ特別賞に輝いた週刊文春さんも来てくださいました! 『ガジェット通信 ネット流行語大賞2016』授賞式にはニコニコ生放送『文 [全文を読む]

「スクープ主義で正のスパイラルを持続させたい」週刊文春・新谷編集長に聞く(下)

弁護士ドットコムニュース / 2016年06月19日09時07分

宮崎謙介・前衆議院議員の「ゲス不倫」など、スクープ記事や動画を誌面よりも先にネットで出し、「文春砲」とも呼ばれている週刊文春のネット展開。雑誌の誌面だけでなく、ネットに情報を出すことによって、どんな法的リスクが生じているのだろうか。スマートフォンの普及など、メディアを取り巻く環境が変化する中で、どのようなスタンスで雑誌づくりに取り組んでいるのか。新谷学編集 [全文を読む]

「リスクを恐れず、訴訟で負けない記事を作る」週刊文春・新谷編集長に聞く(上)

弁護士ドットコムニュース / 2016年06月19日09時04分

甘利明・前経済再生相の現金授受問題や、宮崎謙介・前衆院議員の「ゲス不倫」、舛添都知事の「公用車で湯河原別荘通い」など、次々とスクープを飛ばす「週刊文春」。スクープ記事は影響力が強いがために、書かれた相手側から、名誉毀損やプライバシー侵害などで訴えられるリスクも伴っている。週刊文春にとって、「攻め」のスクープ記事の裏側にある「守り」の訴訟対策はどうなっている [全文を読む]

なぜ週刊文春だけがスクープ連発できるのか?|プチ鹿島コラム

デイリーニュースオンライン / 2016年03月06日18時00分

ベッキー、甘利明前経産相、宮崎謙介前議員の不倫などスクープを連発して年明けから3号完売も記録という、週刊文春の新谷編集長に話を聞いていたのだ。 《スクープを取る方法を聞かれますが、答えはシンプル。まずはスクープを狙うことです。端緒になる情報をつかんだら、記者を深く潜らせ、証拠を固める。詰まったところで、精鋭部隊を投入し、一気に仕上げていく。》 《リスクを取 [全文を読む]

フォーカス