民主党 玉木雄一郎に関するニュース

総理候補・玉木雄一郎議員 反権力だけのリベラル脱せよと指摘

NEWSポストセブン / 2015年08月18日07時00分

民主党議員ながら “将来の総理候補”として注目を集める男がいる。玉木雄一郎・衆院議員(46)である。数々の総理候補ランキングでも上位に入っている。玉木氏は右に寄った自民党に対して穏健保守・リベラル保守を結集して対抗していきたいという。そのためには何が必要なのか、玉木氏に聞いた。 ──ご自身が保守でも、民主党にはオールドリベラルのイメージがある。 「そこを変 [全文を読む]

総理候補・玉木雄一郎氏 民主党は憲法基づく権力行使の集団

NEWSポストセブン / 2015年08月10日07時00分

民主党に所属しながら、永田町で“将来の総理候補”としてにわかに注目を集める男がいる。玉木雄一郎・衆院議員(46)である。 本誌7月3日号の永田町ウォッチャーが選ぶ「次の総理候補」に民主党から唯一ランクインし(9位)、『FLASH』8月4日号の政治記者101人が選んだ「5年後の総理」ランキングでも民主党トップ(9位)。多くの国民にとっては無名の男が、いったい [全文を読む]

安倍首相 ジェンダーフリー派に「ポル・ポト派」発言の過去

NEWSポストセブン / 2015年03月03日16時00分

民主党の玉木雄一郎代議士が予算委員会で西川公也前農水相の献金疑惑を追及した際(2月19日)、安倍晋三首相は大臣席から「日教組! 日教組どうすんだ! 日教組!」とさんざんヤジを飛ばし、自民党の委員長からも注意を受けた。ここでは過去の安倍首相のトンデモ発言を紹介しよう。 【2002年5月 「民主党は中国の拡声器」】 中国・瀋陽の日本総領事館への北朝鮮亡命者の駆 [全文を読む]

まやかしの農協改革、所得倍増計画はウソ!“与党すり寄り体質”のJA全中は見ぬふり

Business Journal / 2015年05月31日06時00分

5月13日、民主党は衆議院事務局に独自の「農業協同組合法等の一部を改正する法律案」を提出した。民主党が提出する法案が国会で審議されるのは、2014年12月に行われた衆議院議員総選挙後は初めてだという。 政府はすでに、4月3日に農業関連法の改正案を閣議決定している。こちらは、全国農業協同組合中央会(JA全中)を一般社団法人とし、地域農協への監査権限を削るとい [全文を読む]

民進党結成から1年、支持率上がらない野党第一党の行方 「VR蓮舫」は話題となるか?

ZUU online / 2017年03月28日16時20分

民主党と維新の党などが合流しての結党時、衆議院議員96人、参議院議員60名の計156人、代表は民主党出身の岡田克也衆議院議員だった。9月の代表選には岡田氏は出馬せず、1年たった今、代表は蓮舫氏が務めている。最近では蓮舫代表に国会の場で追及される体験ができるという「VR蓮舫」なるサービスを発表するなど話題を振りまいているが、野党第一党ながら支持率が10%を超 [全文を読む]

民主玉木雄一郎氏 政党が裏にいない「民主主義2.0」に注目

NEWSポストセブン / 2015年08月16日07時00分

民主党の玉木雄一郎・衆院議員(46)である。複数の総理候補ランキングでも上位に入っている。果たして同氏はどんな政治を目指しているのか。 ──あなたは同じ香川出身で大蔵官僚出身の大平正芳さんの後継と見られている。なんで自民党じゃないのかという疑問があります。 「自民党で出るなら官僚をずっと続けていました。小選挙区時代において、自民党に代わる政権交代可能な勢力 [全文を読む]

玉木雄一郎議員「民主党は五輪の年か翌年に政権復帰目指す」

NEWSポストセブン / 2015年08月12日07時00分

民主党の玉木雄一郎・衆院議員(46)である。本誌7月3日号の永田町ウォッチャーが選ぶ「次の総理候補」に民主党から唯一ランクインし(9位)、『FLASH』8月4日号の政治記者101人が選んだ「5年後の総理」ランキングでも民主党トップ(9位)。財務省出身の玉木氏は政策を作るだけなら官僚でいればよかったが、政治家はそれではダメだと語る。玉木氏に問うた。 ──政策 [全文を読む]

民主党のオンラインパネルディスカッションサイト「声!CAFE」で、新たな政策討論テーマのパネリスト募集中!

PR TIMES / 2013年07月10日09時50分

本日から7月20日(土)の期間に行われる新たな政策討論テーマについて、一般参加のパネリストを募集民主党のオンラインパネルディスカッションサイト「声!CAFE」(http://sns.dpj-voice.jp/)では只今、本日から7月20日(土)の期間に行われる新たな政策討論テーマについて、一般参加のパネリストを募集中です。「声!CAFE」は、民主党が政策を [全文を読む]

安倍政権に対し「新案」ぶつける 民進党玉木雄一郎衆議院議員

Japan In-depth / 2016年10月13日07時00分

蓮舫氏、前原氏の両氏は、旧民主党時代に要職を務めた経験もあり、知名度やキャリアは抜群。苦労して自身が代表戦に出た理由を細川氏が問うと、「根っこから民進党を変えていきたかった。」と答えた。党の代表が新しくなる、という変化だけで一定の雰囲気は出るが、自分のような全く無名の人間の方が、「何か変わるんじゃないのか」と国民に思わせられるのではないか、と考えたという。 [全文を読む]

どうする少子化!?田原総一朗vs蓮舫・前原・玉木【民進党代表選】

ニコニコニュース / 2016年09月13日13時56分

すべての写真付きでニュースを読む■民進党(当時・民主党)の過去の少子化対策について田原: 日本のいま一番深刻な問題は少子化だと思うんだけど、民主党政権の3年3か月の間で少子化担当大臣が9人変わってるんだよね。全くやる気がなかった。なんでこんなことになるの?前原: 2009年の政権交代の選挙の時に、私も含めて何人かの議員は、子ども手当の増額は少子化対策だ、家 [全文を読む]

トンデモ言動が続く民進党で異変?蓮舫の”安倍絶賛”ツイートの怪

デイリーニュースオンライン / 2016年06月04日12時05分

前回(2010年)は東京選挙区でトップ当選していますが、民主党バブル真っ最中のこと。今回も彼女は強いと思いますが、盤石ではない」(与党代議士) それだけ、民進党の置かれた状況は厳しい。 ■参院選で民進党議員激減? 今春、民主党と維新の党が合流して誕生した民進党。支持率が旧二政党時代の合計より低い(注1)という屈辱的スタートを切ったが、その後もやることなすこ [全文を読む]

安倍首相とメディアの強固な結びつき 代表例はフジサンケイ

NEWSポストセブン / 2015年03月04日16時00分

西川公也前農水相の辞任のきっかけは、2月19日の衆院予算委員会での玉木雄一郎・民主党代議士による質問だった。玉木氏は民主党内で「疑惑のスナイパー(狙撃手)」と呼ばれ政権の追及役を務めており、西川氏が農水省の補助金交付団体や企業から違法献金を受けていた問題を追及し辞任に追い込んだ。 すると産経新聞は2月22日付で〈民主・玉木氏団体に280万円 同一代表者、8 [全文を読む]

産経や朝日の分散献金疑惑報道 意図的に野党に向けられたか?

NEWSポストセブン / 2015年03月02日07時00分

西川氏の辞任のきっかけは、2月19日の衆院予算委員会での玉木雄一郎・民主党代議士による質問だった。 玉木氏は民主党内で「疑惑のスナイパー(狙撃手)」と呼ばれ政権の追及役を務めており、西川氏が農水省の補助金交付団体や企業から違法献金を受けていた問題を追及して辞任を迫った。 その日の夜10時過ぎ、追及がよほど堪えたのか、したたかに酔って西川氏は会合から農水省に [全文を読む]

森友問題でも支持率変わらず?安倍政権を支える民進党の”醜態”

デイリーニュースオンライン / 2017年04月01日12時01分

「安倍晋三内閣の支持率が高い最大の原因の一つは、旧・民主党政権の失敗だ。<あれよりはマシじゃないか>と(略)安倍内閣に支持が集まっている状況だ」(前原誠司元民主党党首・54) 旧民主党の酷さは、しっかり受け継がれている。安倍内閣の揚げ足をとるのが党勢回復への道と思っているようなら、これまで同様に今後も民進党に浮上のチャンスは無い。 そして自民党も、高支持 [全文を読む]

蓮舫氏に早くもシラケムード。野田幹事長起用で「民進党は終わった」

まぐまぐニュース! / 2016年09月21日04時45分

「巨大な勢力」に潰された鳩山・菅両政権 野田の戦犯性 この有様は、第1に、同党が民主党政権の失敗について何も総括できていないことを示した。 私自身は、民主党政権の3年間を印象批評のようにして「失敗」のひと言で片付けることには反対で、「コンクリートから人へ」のスローガンの下、大型公共事業を思い切って削減してそれを省庁の壁を超えて文教予算に回して高校授業料の無 [全文を読む]

自民総裁選はガチなのに民進代表選はそうでないため遺恨残る

NEWSポストセブン / 2016年09月01日07時00分

野田、岡田、前原、枝野といったかつての民主党七奉行世代(*)は蓮舫代表の下で党の実権を握り続けようとしている」(若手議員) 【*2003年頃から渡部恒三氏が呼び始めた呼称で、野田、岡田、前原、枝野の4氏に、仙谷由人氏、玄葉光一郎氏、樽床伸二氏を加えた7人を指した】 政治評論家の有馬晴海氏は民進党の体質をこう分析する。 「民進党が今回の代表選で党の存在をアピ [全文を読む]

高市早苗が憲法改正に反対したテレビ局に「電波停止ありうる」と...民主主義を破壊する発言になぜテレビは沈黙するのか

リテラ / 2016年02月09日18時00分

きょう、民主党の玉木雄一郎議員は「憲法9条改正に反対する内容を相当の時間にわたって放送した場合、電波停止になる可能性があるか」と質問し、高市総務相はこの問いかけに「1回の番組で電波停止はありえない」が「私が総務相のときに電波を停止することはないが、将来にわたって罰則規定を一切適用しないことまでは担保できない」と答えたのだ。 つまり、高市総務相は、"憲法9条 [全文を読む]

安倍首相、TPPについて何も理解していない疑惑浮上 受けた報告をそのまま発言か

Business Journal / 2015年11月17日06時00分

10日の衆院予算員会で質問に立った民主党の玉木雄一郎衆院議員は、ハワイやシンガポールなど交渉の現場に足を運び、大筋合意の舞台であるアトランタにも赴いた。「果たして安倍首相はTPPについて理解しているのか。報告されたものをそのまま発言しているのではないか」 このように玉木氏が訝るのは、大筋合意が整った後に開かれた10月6日の会見での安倍首相の発言だ。たとえ [全文を読む]

安倍首相の「息を呑むような棚田の美しさ」発言は観光客視点

NEWSポストセブン / 2015年08月17日07時00分

財務官僚出身の民主党の玉木雄一郎・衆院議員(46歳、香川2区)である。数々の総理候補ランキングでも上位に入っている。玉木氏はいまSEALDs(安保法案反対デモを行なう学生団体)のような政党や労組が裏にいない「民主主義2.0」が立ち上がる黎明期にあると指摘する。 ──地方分権や地方創生にしても、いまの若い人たちは活発です。自分たちで愛情をもって地域興しとかや [全文を読む]

石破茂氏 公用車をレクサスに変更はクラウン怖いからの珍説

NEWSポストセブン / 2015年04月09日07時00分

民主党の玉木雄一郎・代議士が、石破氏の公用車について追及した。 これまで同氏が使用していたのは、管轄する内閣府が2013年11月に購入したトヨタの「クラウン」(新車で550万円程度)。それが、この2月から高級車「レクサスLS460」(約1000万円)に乗り換えたというのだ。 しかも月に39万円を支払ってレンタカーに乗ったうえで3月にはワンランク上の「レクサ [全文を読む]

フォーカス