日本ハム 栗山英樹に関するニュース

大谷翔平、日ハム入団に「恨み節」が大爆発

アサ芸プラス / 2012年12月21日09時54分

本誌の締め切り時点で結論は出ていないが、日本ハム入団で間違いないだろう。「可能性ゼロ」から、熱心な交渉によって気持ちを動かした日本ハムの手腕を称賛する声はある。一方で球界には、恨み節が飛び交っているのだ‥‥。 * 「他球団のスカウトにとっては、獲得から手を引いていたことで調査不足の責任問題となる事態でした。日本ハム入団に傾きかけてきた段階で、花巻東の佐々木 [全文を読む]

菅野、大谷、藤波、東浜、ドラフト会議を裏中継!

アサ芸プラス / 2012年11月01日10時57分

調査書の受け取りすら拒否 何といっても最大の懸案事項は、昨年、日本ハムへの入団を断固拒否し、浪人生活を送った東海大・菅野智之(23)の動向だった。伯父である原辰徳監督(54)の巨人入団を熱望したものの、同じく1位指名した巨人は抽選で敗れていた。スポーツ紙デスクが言う。 「今年の正月に親戚が集まる席で、菅野は原監督に『今年も必ず指名するから』と言われました。 [全文を読む]

CSと日本シリーズを“ジンクスだけ”で超予想。カープは第7戦で日本一を決める!

週プレNEWS / 2016年10月06日11時00分

ロッテがリーグ3位から日本一になるという「下克上」を成し遂げた2010年以降、11年西武、12年ソフトバンク、13年ロッテ、14年日本ハム、15年ロッテと、「6年連続でリーグ3位がファーストステージを突破」しているのだ。今のところ、パ・リーグ3位はファーストステージでの勝率が歴代1位タイの.727を誇るロッテだけに、またしても法則発動となるだろうか。 ただ [全文を読む]

「あるぞ!松坂大輔VS斎藤佑樹」甲子園を沸かせた「伝説」がパ・リーグの優勝を懸けて激突!注目の対決実現の「日取り」

Business Journal / 2016年09月08日10時00分

一方でパ・リーグは首位を走るソフトバンクと日本ハムの一騎打ちとなっているものの、そのゲーム差はわずか1。残すところ互いに20試合を切っているが、未だまったく予断を許せる状況ではない。 そんな中、日本ハムの斎藤佑樹投手が6日に一軍に合流。今季は9試合に登板し0勝1敗、防御率3.92。直近は7月28日の西武戦で先発も3回2/3で3四球、6安打5失点と炎上して [全文を読む]

スポーツ紙が書かないプロ野球“裏相関図”<パ・リーグ編>(3)「“栗山流”コーチ人事の失敗」

アサ芸プラス / 2014年04月03日09時57分

昨年、最下位に甘んじた日本ハムも「ソフトバンク包囲網」の一翼を担っている。そのキッカケとなったのが、正捕手の鶴岡の引き抜きだった。これには、日本ハムのフロントサイドも「(ソフトバンクだけには)いい思いをさせない」と因縁が勃発しているのだ。 しかも就任3年目を迎える日本ハムの栗山英樹監督もまた正念場を迎えている。大谷翔平を日本ハムに口説き落とした際に、二刀流 [全文を読む]

【プロ野球】ペナントの命運を握るパ・リーグの「極端すぎる鬼日程」! コレを知ればペナントの見方が変わる!?

デイリーニュースオンライン / 2017年02月08日17時05分

今季もソフトバンクと日本ハムの二強を中心にした戦いが予想されるパ・リーグ。頂点をつかむのは2年連続の優勝を狙う日本ハムか? 王者返り咲きを期すソフトバンクか? それとも他球団が割って入るのか? ペナントの命運を握るのは、意外にも「極端すぎる試合日程」かもしれない。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■「マジかよ!」 ツッコミ [全文を読む]

【プロ野球】栗山英樹監督が絵本の読み聞かせ!? オフやキャンプで子どもたちとのふれあう選手&監督たち!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月10日16時05分

■キリン、ゴリラ、チーターは誰? 年明けには、日本ハムの栗山英樹監督が、自身と同じ名前の町ということで、住居を構えている北海道・栗山町の保育園の子どもたちに、絵本の読み聞かせを行った。 栗山監督が読んだ絵本は、日本ハムの選手会が作者となって出版された「もりのやきゅうちーむ ふぁいたーず つよさのひみつ」。これは、2015年に同じく日本ハム選手会作の「もり [全文を読む]

ダルビッシュも見放した日ハム・斎藤佑樹。栗山監督の“最後通告”で再生は?

週プレNEWS / 2016年12月14日06時00分

日本ハムの斎藤佑樹とソフトバンクの松坂大輔。文字どおり背水のオフを迎えたふたりの「18」は果たして来季、復活することができるのか!? ■栗山監督が斎藤にまさかの“最後通告” 11月29日に行なわれた契約更改後の会見のこと。記者たちから来季の目標を聞かれ、「目標とか言う感じじゃない」と、うつろな表情で応じるのが精いっぱいだったのは日本ハムの斎藤佑樹(28歳 [全文を読む]

【プロ野球】大型トレードで巨人入りの吉川光夫 山あり谷ありだった日本ハム時代の10年間を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年11月22日16時05分

11月2日、巨人の大田泰示、公文克彦との交換トレードで石川慎吾とともに日本ハムを去ることになった吉川光夫。 今シーズンで日本ハムの在籍10年だったが、惜別の意味も込めて吉川の山あり谷ありの軌跡を振り返ってみたい。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■高卒1年目から日本シリーズ登板! 吉川は広陵高時代に甲子園出場はなかったもの [全文を読む]

【プロ野球】さよなら「ヤギの呪い」。ジンクス・法則・呪いで振り返る日本シリーズとワールドシリーズ

デイリーニュースオンライン / 2016年11月07日17時05分

では、日本ハムが制した日本シリーズでは、そのような「呪い」や「ジンクス」「法則」はあったのか? あらためて振り返ってみたい。 ■史上初「外野手出身監督」同士の対戦 日本シリーズに進出した広島の緒方孝市監督と、日本ハムの栗山英樹監督は、ともに外野手出身。これまでの日本シリーズにおいて、外野手出身監督同士の対決は一度もなく、初顔合わせ、となった。 逆にいうと [全文を読む]

【プロ野球】巨人・高橋、阪神・金本…長期政権にするための絶対条件とは?

デイリーニュースオンライン / 2016年01月03日16時00分

西本幸雄 大毎・1960年(1年+11年+8年) 川上哲治 巨人・1961年(14年) 古葉竹識 広島・1975年(11年+3年) 藤田元司 巨人・1981年(3年+4年) 広岡達朗 西武・1982年(4年+4年) 吉田義男 阪神・1985年(3年+5年) 森 祇晶 西武・1986年(9年+2年) 阿南準郎 広島・1986年(3年) 権藤 博 横浜・19 [全文を読む]

そういえばどうなった…!? 日本ハム・斎藤佑樹のこれまでの野球人生と今季成績

デイリーニュースオンライン / 2015年12月02日11時00分

11月29日、今季ソフトバンクの1軍投手コーチを務めた吉井理人氏が日本ハムの1軍投手コーチに就任することが発表された。 その就任会見で質疑にあがったのが、未だ1軍で結果を残せないままでいる斎藤佑樹をどうするかという話題だった。 「実力を出し切れていないし、成長の段階で壁に当たっていると思う」 そう切り出した吉井コーチは斎藤佑樹再生を明言した。 2006年夏 [全文を読む]

【プロ野球】球団別!2015年シーズン“戦犯”候補(パ・リーグ編)

デイリーニュースオンライン / 2015年08月06日14時00分

日本ハム時代の2009年から6年連続打率3割、20盗塁、ゴールデングラブ賞と日本球界を牽引する成績を残してきたが、今年は開幕から極度の打撃不振。打率.238と奮わぬ途中結果となっている。 オールスターでは知名度もあり、外野手部門ファン投票3位で選出されたが、1997年の新庄剛志が食らった「応援ボイコット」が起こらなかったのは幸いだろう。 夏場からは右ヒジ、 [全文を読む]

留任でも来季シ-ズン中に激震の火種! DeNAポスト中畑はあの超大物監督?

週プレNEWS / 2014年11月13日06時00分

いよいよストーブリーグも花盛り! 皆さんの大好きな“野球政治”を日々、取材する現場の記者たちの間では例年以上に新旧監督のキナ臭い話題が大豊作…というわけで、マル秘ネタを洗いざらい語ってもらいましたっ! (文中敬称略) ■ポスト中畑はあの超大物監督? デスク 日本ハムの栗山英樹監督も、CSの結果次第では電撃辞任があるんじゃないかとマスコミは警戒していたね。 [全文を読む]

大谷翔平「スピード離脱」は栗山監督の「人災」だ!(1)「ケガの功名」と笑い飛ばし

アサ芸プラス / 2017年04月22日09時56分

4月8日、日本ハムの大谷翔平(22)が、走塁中に左足に違和感を覚えて途中交代。試合後に病院でMRI検査を行った結果、「左大腿二頭筋の肉離れ」の重傷を負っていたことが判明したのだ。実戦復帰までには最短でも6週間はかかる見通しで、大谷本人はもちろんのこと、チーム関係者も落胆の色を隠せないでいる。 現場で最もショックを受けているのは、やはり栗山英樹監督(55)だ [全文を読む]

【プロ野球】連覇? それとも破壊と創造? 早くも黄信号が灯る日本ハムに何が起こっているのか

デイリーニュースオンライン / 2017年04月15日17時05分

日本ハムファンのため息が漏れている。圧倒的な勢いを見せて、日本シリーズを制した昨季から一転、今季は10試合終了時点で2勝8敗。パ・リーグ最下位に沈んでいる。 昨季のV球団に何が起こっているのか。改めて検証していきたい。 (成績は4月11日時点) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■注目が集まる大谷翔平の裏で…… 熱心なプロ野 [全文を読む]

広島、日ハムに見る「Vの条件」【二宮清純スポーツコラム】

日刊大衆 / 2017年03月06日07時35分

トップは10年ぶりの日本一を達成した北海道日本ハムの132で2位の福岡ソフトバンクの約1.2倍。 「走塁の意識が変わればチームが変わる」 このコンセプトの下、チーム改革に取り組んでいるのが中日である。練習試合とオープン戦の6試合で15盗塁(2月28日現在)。走塁改革の先頭に立つのがヘッドコーチの森脇浩司だ。オリックスの監督を務めたこともある森脇は2014年 [全文を読む]

プロ野球契約更改「大物5人の移籍密約」をスッパ抜く!(1)大谷翔平のメジャー移籍を容認した日ハムとの密約とは?

アサ芸プラス / 2016年12月17日05時56分

日米に衝撃を与えたのは、日本ハム・大谷翔平(22)の契約更改で球団が「容認」した、来オフのメジャー挑戦。島田利正球団代表が「4年間の実績を認めた」と、もっともらしいコメントを残したが、これは「入団後3年を経過したあと、本人の意思しだいでメジャー挑戦できる」という、入団の際に交わした「サイドペーパー」、すなわち「密約」を遂行しただけのこと。そして球団にとっ [全文を読む]

【プロ野球】「神ってる」だけじゃない! 「プロ野球流行語大賞2016」発表!! <下半期編>

デイリーニュースオンライン / 2016年12月05日17時05分

鈴木尚広の「心が離れてしまった」、黒田博樹の「出来過ぎの野球人生」なども印象深いが、せつなさよりも力強さを感じさせたフレーズが、日本ハム・武田勝の「俺のために優勝しろ」ではないだろうか。 クライマックスシリーズに向けた練習では、ほとんどの日本ハム選手がこの言葉が書かれたTシャツを着用。日本一の原動力のひとつになった、という意味においても、今年を象徴する言葉 [全文を読む]

大谷翔平 現時点でメジャー移籍なら「7年200億円」契約可

NEWSポストセブン / 2016年11月13日07時00分

* * * 北海道日本ハム・ファイターズを4年ぶりのリーグ優勝に導いた大谷翔平。北海道の瞬間最高視聴率は47.5%(ビデオリサーチ社調べ)と驚異的な数字だったことは、記憶に新しい。 北海道から離れること数千キロのアリゾナ州スコッツデール。この地、ストーブリーグの方向性を決めるゼネラル・マネージャー(GM)が一堂に会するGM会議が行われ、大谷の注目度は急激 [全文を読む]

フォーカス