大阪 桑田真澄に関するニュース

自民党、桑田真澄へ大阪首長選挙出馬要請か

Business Journal / 2015年09月03日22時00分

橋下徹大阪市長の12月任期満了に伴い、大阪府知事・大阪市長のダブル選挙が今年11月22日投開票で行われることとなった。これに先駆け、各政党はそれぞれ「勝てる候補者選び」に奔走中というが、今回もタレント候補者の名前が取り沙汰され始めている。 8月25日に「出馬拒否」と報じられて話題になったのは、俳優・辰巳琢郎。辰巳は前日に自身のFacebook上で出馬要請が [全文を読む]

桑田、清原らを輩出した超名門PL野球部はなぜ廃部に追い込まれたのか?

週プレNEWS / 2017年04月18日06時00分

柳川 取材期間は約2年9ヵ月で、週刊誌からの依頼記事も入れると月2回のペースで大阪に行っていました。でも、教団関係者は基本的には何を聞いてもノーコメント。機嫌を損ねさせてしまって、「あなたにはしゃべりたくない」と言われたこともある。 ある方には「私たちの人生を狂わせないで」とまで言われました。50人近くの方に取材を断られてるんじゃないですかね。野球部の不 [全文を読む]

「春の選抜」歴代のチーム大会最多得点は5試合で取りも取ったり59得点!

アサ芸プラス / 2017年03月30日17時58分

その内訳は1回戦の関西(岡山)戦で10安打、2回戦の大垣日大(岐阜)戦で20安打、準々決勝の鹿児島実戦で9安打、準決勝の履正社(大阪)戦で21安打、決勝戦の九州国際大付(福岡)戦で14安打。打ちも打ったり計74安打である。これが1試合最多安打なら、00年第72回大会1回戦の対丸亀(香川)戦で智弁和歌山が記録した24安打。試合も20対8で大勝している。 最後 [全文を読む]

夏の甲子園でスターになれなかった男たち(13)“平成の怪物”中田翔は田中将大&斎藤佑樹に力負け

アサ芸プラス / 2016年08月19日05時59分

05年に大阪の強豪・大阪桐蔭へ進学すると1年夏から5番・一塁手でレギュラーの座を掴み、大阪府予選では2本塁打13打点の活躍で、チームを夏の選手権に導く。すると初戦の春日部共栄(埼玉)戦でもいきなり5打数4安打、7回裏の第4打席では決勝の本塁打を放つなど3打点。さらに5回表途中からはマウンドにも上がり、最速147キロを記録。被安打6、6奪三振の1失点に抑え [全文を読む]

桑田真澄が府知事選へ出馬!?横浜と大阪で奪い合いが勃発か!

アサ芸プラス / 2015年09月18日17時58分

11月22日投開票の大阪府知事・大阪市長のダブル選挙を巡り、各政党の候補者選びはいよいよ本格化。不調に終わった話も含め、今回も複数の著名人候補の名前が取り沙汰されている。タレントの中でいち早く名前が挙がったのが、大阪を中心に活躍している芸人のたむらけんじと、フリーアナウンサーの辛坊治郎だ。「たむらは、大阪都構想をめぐる5月の住民投票の前に勉強会を開き、都構 [全文を読む]

本日準決勝!“甲子園のヒール”光星学院に浸透しきらなかったカトリックの信念

サイゾーウーマン / 2012年08月22日09時00分

一般的に有名なところでいうと、"PL(パーフェクトリバティー)教"を母体とする大阪の「PL学園」などは、知っている読者も多いことだろう。1980年代に甲子園で圧倒的な強さを誇り、清原和博、桑田真澄をはじめ、多くのプロ野球選手を輩出した野球名門校である。近年は、今大会で4強入りを決めている「大阪桐蔭」や、その大阪桐蔭に大阪府大会の決勝で負けた「履正社」など、 [全文を読む]

まん延する暴力、信者の減少、教祖の方針転換……甲子園常連「PL学園野球部」はなぜ消滅したのか?

日刊サイゾー / 2017年04月03日21時00分

史上初の大阪勢同士の決勝となった春の選抜高校野球は、大阪桐蔭が8-3で履正社を制し、5年ぶり2回目の優勝を飾った。 だが、かつて甲子園の風物詩といえば、アルプススタンドを埋め尽くす応援団が描く「PL」の二文字だった。桑田真澄、清原和博、立浪和義、片岡篤史、松井稼頭央、前田健太など数多くのプロ野球選手たちを輩出したPL学園は、創部以来60年間の歴史上、37回 [全文を読む]

【著者に訊け】柳川悠二氏 小学館NF大賞作『永遠のPL学園』

NEWSポストセブン / 2017年04月01日07時00分

桑田真澄や清原和博など数々の名選手を輩出してきた大阪のPL学園。輝かしい戦績を誇る野球部に一体、何が起きたのか。その謎に正面から挑んだのがノンフィクションライターの柳川悠二氏だ。2年半に及んだ取材の一部始終を記した『永遠のPL学園 六〇年目のゲームセット』は昨秋、第23回小学館ノンフィクション大賞を受賞。 今週の「著者に訊け!」はジャーナリスト・森健氏が聞 [全文を読む]

【プロ野球】KKコンビが逃したセンバツ・紫紺の大優勝旗。最強PL学園がジャイアントキリングに沈む。

デイリーニュースオンライン / 2017年03月24日16時05分

■今春も番狂わせはある!? 大阪で開催される大相撲の三月場所は、「荒れる春場所」とされる。競馬の三冠レースでも、4月の頭に行われる皐月賞のほうが、5月末のダービーや10月の菊花賞に比べて波乱が多い。 3月19日から行われている今年のセンバツも、名門校、強豪校が多く出場しているが、果たして番狂わせは起きるか? そして、KKコンビのような歴史に名を残す選手は [全文を読む]

後世に残る名試合ばかり! プロ野球・日本シリーズ伝説の瞬間「激闘!昭和編2」

週プレNEWS / 2016年10月26日11時00分

この夜、またしても大阪が暴動すれすれの“スペシャルナイト”になったのは言うまでもない。 【1986 西武vs広島】 史上初の第8戦までもつれた熱戦を若き獅子パワーが制す 秋山ホームラン、バク宙ホームイン 1986年の日本シリーズ第1戦。 2-0と西武のリードで迎えた9回裏、完封目前の東尾修は、1アウトから小早川毅彦に一発を浴び、さらにこのシリーズを最後に [全文を読む]

夏の甲子園・我が心の決勝戦(6)「最高の舞台で逃げる必要はない」清原に立ち向かった背番号11

アサ芸プラス / 2016年08月21日09時58分

1年時の83年夏の選手権で優勝して以降、3度の甲子園では準優勝2回、ベスト4が1回と、あと一歩栄冠に届かなかったPL学園(大阪)の“KKコンビ”桑田真澄&清原和博。この二人は最後の夏となった85年の選手権で有終の美を飾るべく、堂々決勝戦に進出していた。 相手は宇部商(山口)。その年の春選抜で対戦し、PLが6-2で勝利したものの、終盤までは1点差の接戦を繰り [全文を読む]

清宮幸太郎はなぜ左打ちなのか? 怪物1年生を生んだ清宮家の英才教育

デイリーニュースオンライン / 2015年08月19日10時00分

大阪・茨田高校でラグビーを始めると、メキメキと頭角を現し高校日本代表のキャプテン。早稲田大ではまたもキャプテンとして4年次に全国大学選手権優勝。卒業後はサントリーに入社し、全国社会人大会優勝・日本選手権優勝など中心選手として数々の偉業を達成してきた。 引退後の2001~2005年は早稲田大の監督を務め、2度の大学選手権優勝など常勝チームを構築。現在はトッ [全文を読む]

<中居正広「金スマ」が清原和博を浮き彫り>報道やドキュメンタリーでも追えない現在進行形の清原の事実を描く

メディアゴン / 2015年04月08日03時46分

戦力外通告を受けた清原は、球界再編で近鉄と合併したばかりのオリックス・仰木彬に、 「大阪に帰って来い。お前の最後の花道は俺が作ってやる」と熱く誘われ移籍を決意するが、名伯楽の仰木はオリックス・清原のユニフォームを見ることなく肺癌で他界する。球界最高の捕手・野村克也の持っていた通算サヨナラ本塁打の記録を塗り替える12本目を放つも、膝のケガが癒えずに、オリック [全文を読む]

[MOM1299]静岡学園MF旗手怜央(2年)_夏の王者沈めたMF、先制弾決めて“ヒガシのクリロナ”封じ!!

ゲキサカ / 2015年01月03日21時30分

旗手の父・浩二さんは高校野球の名門・PL学園高(大阪)のショートのレギュラーとして3年時に春夏連続甲子園準優勝を経験。プロ野球で一時代を築いた「KKコンビ」こと清原和博氏、桑田真澄氏の1学年先輩に当たる。全国トップレベルの戦いを経験している父から「(全国大会では)楽な展開はない。厳しい試合があると聞いていた」という旗手は厳しい試合になることを承知で戦い、 [全文を読む]

PL学園野球部 “廃部危機”に陥った常勝軍団の転落軌跡

アサ芸プラス / 2014年10月28日09時57分

この異常事態の背景を大阪のスポーツメディア関係者が語る。 「現在、PL教団の三代目教主の体調が芳しくない。その結果、夫人の意向が教団の舵取りに大きな影響を及ぼしているのですが、野球部に関して『OBはプロになって何千万円も稼いでいるのに、全然寄付しない』などと、野球部OBの信仰心不足などを問題視しているようです」 それでも野球部は、長年にわたってPL教団の“ [全文を読む]

フォーカス