国家公安委員長 古屋圭司に関するニュース

「いまの交通取締はちょっと・・・」国家公安委員長の「苦言」 弁護士はどう見る?

弁護士ドットコムニュース / 2013年06月20日15時08分

古屋圭司国家公安委員長が警察の交通取り締まりについて述べた発言が報道され、波紋を呼んでいる。 交通取り締まりについて、警察庁を管理する国家公安委員会の大臣が「取り締まりのための取り締まりになっている傾向がある」と発言した重みは大きい。古屋大臣の発言に対し、ネットでは「良く言ってくれた」という共感の声も多く見られる。「不公平だ」と感じている人が、それだけ多く [全文を読む]

新型オービスの実験配備スタート! 一般道での取り締まり強化が着々進行中

週プレNEWS / 2015年03月22日06時00分

「おそらくこの話の発端は2013年6月、古屋圭司・国家公安委員長が記者会見で、交通違反の取り締まりに関して、もっと国民に理解されるようにすべきという発言をしたことでしょう」 確かに当時、古屋氏はこんな意見を述べている。 「(現状の交通取り締まりは)取り締まりのための取り締まりになっている傾向がある。片側2車線で真っすぐの道、歩行者が出てくる危険性もない道 [全文を読む]

“「国家防衛のため」はごまかし” 靖国参拝、中韓怒りの理由を米メディア解説

NewSphere / 2014年08月18日17時45分

閣僚では古屋圭司国家公安委員長、新藤義孝総務相らが参拝した。 ワシントン・ポスト紙によると、荻生田議員は自民党総裁としての安倍氏から「国のために尊い犠牲となられたご英霊に尊崇の念を持って謹んで哀悼の誠をささげてほしい、揺るぎない恒久平和をしっかりと誓ってほしい」と頼まれたという。 今回の安倍首相による靖国神社参拝見送りについて海外メディアは、11月に北京で [全文を読む]

安倍首相の靖国参拝見送りは、中国への配慮か 保守主義との“微妙なバランス”を海外紙指摘

NewSphere / 2014年08月15日17時45分

同日、古屋圭司国家公安委員長兼拉致問題相、新藤義孝総務相、稲田朋美行政改革相が、それぞれ靖国神社に参拝した。 安倍首相は昨年12月26日に、現職首相としては7年ぶりに靖国神社に参拝していた。これに対し、中韓は強く反発し、アメリカも「失望」を表明していた。 なお安倍首相は、千鳥ヶ淵の戦没者墓苑を訪問し、献花した。墓苑は、第2次世界大戦中海外戦没者の身元不明 [全文を読む]

ダンス規制、緩和へ “外国人観光客から退屈と思われたくないから?”海外紙報じる

NewSphere / 2014年06月25日11時50分

ナイトクラブやダンス教室の営業を規制緩和するため、古屋圭司国家公安委員長は13日の記者会見で、政府が今秋の臨時国会に「風営法」改正案を提出すると述べた。 「風営法」とは、ダンス教室やナイトクラブのほか性風俗店、パチンコ店、ゲームセンターなどを風俗営業と定め、営業時間や区域を規制する法律である。ダンスホールや飲食店で「客にダンスをさせること」は、「風俗営業」 [全文を読む]

安倍首相、靖国神社に真榊奉納 直接参拝しなくても中韓激しく非難

NewSphere / 2014年04月22日11時40分

新藤義孝総務相や古屋圭司国家公安委員長兼拉致問題担当相など、内閣閣僚による靖国参拝が続いている。しかし、安倍首相は、自らの参拝は見送った。中国、韓国との関係や、東アジアの不安定化を懸念する米国に配慮した、と時事通信は報道している。 しかし、中国と韓国は、戦争犯罪者が250万人の日本人戦没者と共に祀られている靖国神社を日本の植民地主義の象徴と見ている。中韓 [全文を読む]

「慰安婦、靖国は“おとり”だ」 日本が世界に隠したい秘密は別? アイルランド人ジャーナリストの主張が物議

NewSphere / 2014年04月22日08時02分

国家公安委員長の古屋圭司議員が20日、靖国神社に参拝した。同氏は定期的に靖国を参拝している議員のひとりであり、今回の参拝は21日から23日の春季例大祭にあわせ、1日前倒しして行われたという。 また安倍首相は21日、靖国神社に「真榊(まさかき)」(神前に捧げる供え物)を、「内閣総理大臣 安倍晋三」の名前で奉納した。参拝は見送った。【慰安婦も靖国も問題ではない [全文を読む]

フォーカス