経産省 古賀茂明に関するニュース

原発ムラの思惑通り? 太陽光発電の買取り中止を経産省は2年前から知っていた!

週プレNEWS / 2014年11月18日06時00分

この9月に、九電など電力会社5社が新規の買い取り手続きの中断を表明すると、それと呼応するかのように経産省もまた、FITの抜本的見直しに動きだしたのだ。 現在、経産省内では再エネの認定量に上限を設ける総量規制や、太陽光発電の買い取り価格を大幅に引き下げる案などが検討されているという。これらの案が採用されれば、再エネの普及に急ブレーキがかかることは間違いない。 [全文を読む]

福島原発事故費用の国民負担(1)電気料金が青天井で上がる!?

WEB女性自身 / 2017年01月20日12時00分

『東京電力福島第一原子力発電所 1月12日ライブカメラより』 「経産省は、本来、東電が支払うべき福島第一原発事故の処理費用を 電気代 に上乗せできるシステムをつくり、国民に支払わせようとしています。これを許してしまえば、今後、国民が支払う原発事故処理費用は、青天井になる可能性があります」 そう訴えるのは、立命館大学教授で、国のエネルギー政策や原発の発電コス [全文を読む]

原発を推進する経産省のウソ。「火力発電に収入保証」の真意とは…

週プレNEWS / 2016年10月15日06時00分

電力自由化で電力会社間の競争が激化するなか、経産省が検討するとしている「火力発電の収入保証」。 その理由として、経産省は再生可能エネルギーのバックアップ電源としての重要性を挙げている。しかし、『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏は、その説明に隠されたウソを暴く! * * * 経産省が唐突に、「火力発電に収 [全文を読む]

「官邸のラスプーチン」今井尚哉の実像! “いいかげんなデータ”がびっしり…?

週プレNEWS / 2017年04月29日06時00分

その安倍「一強」内閣を陰で支えるのが、経産省出身の今井尚哉首相秘書官だ。 首相の面会スケジュールから政局対応、官邸広報、内閣の看板政策までをも一手に取り仕切る。アベノミクスや原発再稼働を首相に進言したのをはじめ、第3次安倍内閣が掲げる「一億総活躍社会」にいたっては、首相の「改造内閣の目玉政策が欲しい」とのリクエストに応え、今井氏がわずか3日でひねり出したと [全文を読む]

霞が関の官僚たちが今ワクワクしている「トランプ利権」の中身

週プレNEWS / 2017年02月06日16時00分

■「出番がきた!」色めき立つ経産省 トランプ大統領の暴走が止まらない。就任後1週間で16本もの大統領令を乱発するなど、やりたい放題だ。その矛先は同盟国の日本にも向けられている。 「TPP離脱を皮切りに、トヨタを名指しして『メキシコで生産したカローラをアメリカで販売するなら、巨額の国境税を課してやる』と脅すなど、日本にダメージを与える言動を繰り返しています。 [全文を読む]

文科省天下りを「生け贄」にした安倍内閣の思惑。事務次官の自主退職で一件落着にしてはいけない!

週プレNEWS / 2017年02月04日06時00分

私は古巣の経産省から国家公務員制度改革推進本部事務局に出向し、審議官として渡辺大臣の改革を支えることになった。 当時、公務員の天下り禁止を実現する制度設計が進んでいたのだが、やり切れなかったことがふたつある。 ひとつは省庁OBの天下り斡旋(アレンジ)禁止を実現できなかったこと。08年の天下り規制は事務次官や人事課長など、現職官僚による斡旋は禁止できたが、O [全文を読む]

『もんじゅ』廃炉でも核燃料サイクルは維持…利権が文科省から経産省へ移るだけ!

週プレNEWS / 2016年10月12日06時00分

■河野太郎議員が「もんじゅ」の悪口を好き放題言えたワケ 「もんじゅ」廃炉の陰に、経産省と文科省の省益バトルがあった――。 そう指摘するのは前出の古賀氏だ。 「『もんじゅ』を管轄するのは文科省。今回、その文科省の利権を横取りすべく、経産省が動いたんです。フランスが進める改良型ナトリウム技術炉『アストリッド』の共同開発を合意した上で、『もんじゅ』廃炉を仕掛けま [全文を読む]

東芝救済に走る「日の丸連合」…経産省主導では未来に期待はできない!

週プレNEWS / 2017年04月22日06時00分

主導は経産省。東芝と取引のある企業数十社に一社当たり100億円ほど出資してもらい、不足分を産業革新機構などが拠出するスキームで、事実上の出資者は政府だ。 東芝経営陣も日の丸連合の出資提案を受け入れる考えを表明している。しかし、この買収が成立しても東芝メモリの未来に期待はできない。 半導体ビジネスは浮き沈みが激しい。年間で数千億円規模の投資を続けても、高い利 [全文を読む]

原子力ムラの「大嘘」にだまされるな! 国民負担を強いる前に、東電株を買った株主や銀行の責任を問うべき

週プレNEWS / 2016年12月10日06時00分

あえて国民の危機感を煽ろうとする東電と経産省の思惑とは? * * * 11月24日に東電が公表した節電要請にはあきれた。 この日は大雪のため、ピーク時電力供給4967万kWに対して最大需要電力は4821万kWと予測された。数字だけを見ると、その差はわずか146万kW。電力の安定供給には最低でも3%の余裕が必要なので、節電要請は正当なものに見える。 しかし、 [全文を読む]

8兆2千億円は国民負担?「もんじゅ廃炉」後に生まれる霞が関の新利権とは…

週プレNEWS / 2016年10月13日06時00分

しかし、この利権にまだ食らいつこうとする連中が、霞が関、永田町、財界にはうごめいている! 前編記事『もんじゅ』廃炉でも核燃料サイクルは維持…利権が文科省から経産省へ移るだけ!』に続き、そんな諦めが悪い姿を全部暴く! * * * 核燃料サイクルを死守したいメンツは官邸や霞が関の官僚だけではない。安全保障を重んじる国防族議員らもその一派だ。 使用済み核燃料の [全文を読む]

フォーカス