テレビ番組 高倉健に関するニュース

倉本聰 視聴者を馬鹿にしたテレビはつまらない #1

文春オンライン / 2017年06月03日07時00分

(出典:文藝春秋2017年5月号・全3回) ◆ 大人のための“シルバータイム”を 書こうと思ったキッカケは、僕の同年輩の友人たちが漏らした「見るテレビ番組がない」という言葉でした。 若い頃にどれだけ無理をした人でも、老いると朝5時頃に目が覚めて夜は早く眠るようになります。これはヒトという生き物の本来の生態です。日の出に合わせて起床し、日の入に合わせて就寝 [全文を読む]


山口組組長実子挙式 大物政治家や大スター列席の時代あった

NEWSポストセブン / 2015年02月25日16時00分

新郎新婦と田中氏夫妻、それに司会の長沢純さん(コーラスグループのスリー・ファンキーズ解散後、数多くのテレビ番組で司会者となった)、組関係は幹部の小田(秀)だけ。それにもかかわらず記者諸君は口が重く、長沢さんのユーモラスな司会もあまり通じないかのようであった」(『山口組時報』第10号。昭和49年8月5日発行より抜粋) 日頃の鬱憤を晴らすかのようにマスコミをコ [全文を読む]

テレビ番組制作者は「速い展開」と「ネタ数を増やす」ことを混同してはならない

メディアゴン / 2014年12月04日20時17分

高橋正嘉[TBS「時事放談」プロデューサー]* * *最近のテレビ番組は速い展開を好むようだ。それはドラマもバラエティーもドキュメンタリーも同じだろう。確かに一話に詰め込む情報量は増えたように思う。しかし、「速い展開」ということと「ネタの数を多くする」ということは別だ。最近、「速い展開」と「ネタ数を増やすこと」が混同されているようにも思う。つまり、ただネタ [全文を読む]

追悼・高倉健 不器用すぎた女性関係(2)噂は出ても結婚まではいかなかった

アサ芸プラス / 2014年12月03日09時58分

ある時、テレビ番組に出演した児島が高倉とのことを暴露しようとした際、共演者の小柳ルミ子が『そんなこと、こんな場所で言っちゃダメよ』と諭していました」 そんな濃密な関係も、マスコミ報道されると同時に疎遠に。その後、高倉に女性関係の噂が流れることはなかった。 [全文を読む]

高倉健さん死去「最後のテレビ」でSMAPにかけた言葉

デイリーニュースオンライン / 2014年11月18日13時00分

テレビ番組へのゲスト出演は15年ぶりで、高倉さんにとって人生初の生放送となった。番組では、映画で共演している草なぎ剛とトークを繰り広げ、草なぎがアルバム『GIFT of SMAP』でカバーした「唐獅子牡丹」について「聴いたけど、あんまりうまくねぇな」とバッサリ斬っていた。さらに香取が台本の覚え方について「全て撮影現場で済ませちゃいます」と言うと、高倉さんは [全文を読む]

校内放送で日本に関する内容を増やしたら、驚きの結果になった―中国人学生

Record China / 2016年09月25日13時10分

彼女は日本語ができませんが、字幕のない日本のテレビ番組を見ています。それで、わからない言葉を私によく聞いてきます。彼女はミニブログを通して嵐のファンたちと付き合っています。今、多くの中国の若者は、彼女のようにJポップとか日本の電化製品など、現代の新しい物事に関心を持っています。 しかし、日本語を勉強し、日本人の留学生と付き合っていくうちに、多くの日本人の若 [全文を読む]

シアタールームより、ミニシアターを買いましょう![小山薫堂の妄想浪費vol.10]

Forbes JAPAN / 2016年05月14日12時00分

一度はテレビ番組で、脚本家の倉本聰さんを連れていったこともある。崎津、御所浦などを廻ったあと、第一映劇の近くまで行き、「僕、子どものころ、ここで初めて映画を観たんです」「おお、いい劇場ですねえ」「ちょっと中、覗いてみます?」ということで中に入っていくと、倉本さんが脚本を書いた高倉健さん主演映画『駅 STATION』が上映されているというサプライズ!エンドロ [全文を読む]

芸能人が遭遇した「ハイジャック事件」 なべおさみさんが40年前の体験を振り返る

弁護士ドットコムニュース / 2016年01月26日10時16分

なべさんは、大阪でテレビ番組の収録を終えて東京に戻るため、この便に搭乗していた。 有名芸能人だからなのか、若い客室乗務員や他の乗客に頼まれて、コックピットの近くまで様子を探りにいったところ、中からは、赤軍派の幹部らしき人物の釈放を要求する犯人の声が聞こえてきたという。さらに、回答が長引けば乗客を殺す、とも。なべさんは、犯人が出てきたら立ち向かおうと決意する [全文を読む]

柳葉敏郎「秋田県知事出馬説」の裏でささやかれる「不都合な過去」

アサ芸プラス / 2015年01月29日09時59分

柳葉敏郎(54)といえば、昨年主演したドラマが大コケしたものの、今年からテレビ番組のレギュラーを務める一方、妻夫木聡とのコミカルな掛け合いで話題の「ロト7」シリーズCMも相変わらず好評だ。その稼ぎっぷりの先には2年後に控えた秋田県知事選挙に出馬するのではないかという噂が根強いのだが……。 柳葉のレギュラーとは「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)の人 [全文を読む]

「あんなことは二度とないかも...」業界人に聞いて回った、2014年最大のニュースは何?

tocana / 2014年12月09日07時00分

テレビを賑わせた事件や事故、芸能人の熱愛や逝去のニュース、さらにはテレビ番組内における名場面など、今年もあらゆる出来事がお茶の間に届けられた。 そこで今回は、テレビ業界で働く人々に『2014年最大のニュース』を聞いて回った。現場で働く人たちにとって今年を代表するニュースとは一体何なのか? まずは、テレビ技術会社に属するカメラマンの声からお届けしたい。「都議 [全文を読む]

嫌いな男調査 一票獲得の中山秀征、福留功男らを嫌いな理由

NEWSポストセブン / 2014年05月05日07時00分

番組でそれなりの位置に構えていて気に食わない」(44才・パート) 病気を乗り越え、昨年テレビ番組の司会に復帰。過去に収録現場でのADへの暴力も噂された福留功男(72才)は…。 「ニコニコしているけれど、実は腹黒そうで怖い」(55才・主婦) 石原良純(52才)は、メーンではないが、情報番組などにコンスタントに出演しているが、 「偶然見かけたときにオーラがなく [全文を読む]

フォーカス