女子サッカー 高倉麻子に関するニュース

高倉監督のなでしこジャパン監督就任について田嶋幸三会長「一番勝たせるのは誰かと考えた」

超ワールドサッカー / 2016年04月27日19時30分

素晴らしい力を持っていると思っています」──女子サッカーの競技人口、そして女子サッカーの指導者を増やすことについて、なでしこジャパンに期待することは「私自身が選挙で会長になった際に、女子サッカーの発展というのを挙げさせていただきました。その事をしっかりやっていきたいと思います。そして、FIFAでも新しい女子サッカーのカップ戦がうたわれています。女子の時代に [全文を読む]

なでしこ退任佐々木監督が後任最有力高倉監督を評価、世代別代表を知ることは「理想的」

ゲキサカ / 2016年03月18日17時11分

日本女子サッカー界に伝説を残した指揮官が退任会見を行った。ただ、日本女子代表(なでしこジャパン)の佐々木則夫監督はいつものように柔和な笑顔を交えながら約30分間の会見に臨み、「世界大会に出た時より質問が多いですね。退任のほうがね」と、いつもの佐々木節で会見を終えた。 リオデジャネイロ五輪予選の敗退の責任を取って退任する。日本サッカー協会(JFA)には大会終 [全文を読む]

なでしこ高倉監督、U-20女子代表杉田らの招集示唆「ここからがサバイバル」

ゲキサカ / 2016年12月26日07時48分

今年の女子サッカーは3月のリオデジャネイロ五輪出場権獲得失敗に始まり、なでしこリーグでは岡山湯郷belleの混乱と悪いニュースが続いている。かつてMF宮間あやが「女子サッカーをブームではなく、文化にしたい」と話していたが、正念場を迎えていることは間違いない。女子サッカーの未来を左右しかねない時期だけに、今後の方針は重要になる。 再び世界で対等に戦うことを [全文を読む]

澤穂希さん、高倉麻子監督らが女子サッカーの未来を語るトークイベント「なでしこのReスタート」、9月28日に開催

PR TIMES / 2016年09月20日17時27分

株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)は、澤穂希さん、なでしこジャパンの高倉麻子監督、今井純子・日本サッカー協会女子委員長らをお招きし、日本女子サッカーを語るトークイベント「なでしこのReスタート」を9月28日(水)に東京都港区のアディダス ジャパン本社で開催します。 日本サッカー協会「なでしこvision」や、リオデジャネイロ五輪出場を逃したなで [全文を読む]

【質疑応答】海外移籍を決断した横山について高倉監督「精神的な部分での成長と、どんな相手、どんなチームメートでも合わせられる力を上げてきてほしい」《オランダ・ベルギー遠征》

超ワールドサッカー / 2017年05月29日14時42分

今の女子サッカーの勢力図は、1、2年の間にゲームをしなかったり姿を見なかったりすると力関係が変わっていたりします。力があるチーム、力が落ちるチームがあるなと。その中でもこの2チームは開催国ですし、力を入れているチームです。全力でぶつかっていきたいと思います」「なでしこジャパンは選手試す中で、アグレッシブにアクションしながら全員でで90分間を戦い抜く姿勢を持 [全文を読む]

なでしこジャパン再建で高倉監督が着目したこと

経済界 / 2017年02月13日14時27分

米国の速いプレーにぶっちぎられる姿がなくなるようにしたい」 そんな抱負を述べたのは女子サッカー日本代表(なでしこジャパン)の監督・高倉麻子である。 高倉といえば16歳で代表デビューを果たし、女子サッカーが初めて五輪に正式採用された1996年アトランタ大会にも出場した、いわば日本の女子サッカーの草分けだ。 その高倉がなでしこを再建するにあたり、まず手を付けた [全文を読む]

なでしこジャパン、4月キリンチャレンジカップの対戦相手がコスタリカに決定…高倉麻子監督就任後初の国内戦

超ワールドサッカー / 2017年01月24日15時25分

女子サッカー界で新しい力を見せてくれるチームのひとつだと思うので、私たちも新しいチームとして熊本で戦えることをとても楽しみにしています」 [全文を読む]


故郷・福島への想いを語る高倉監督「みんなが勇気をもらえる試合をする」

超ワールドサッカー / 2016年04月27日20時29分

早く元通りの生活に戻ってほしいなと思っています」「その中で私自身ができること、女子サッカー、日本サッカー界ができることというのは、大会の中で全員が全てを懸けて戦って、最後まで諦めない姿を見て頂いて、みんなが勇気をもらえる試合をすることだと思います。とにかくブレないで、一歩ずつ進んで行きたいと思います」──現役時代は、福島から東京に通うなど苦労もされ、選手と [全文を読む]

なでしこジャパン新監督就任の高倉麻子監督「世界の女子サッカーをリードしていけるように」

超ワールドサッカー / 2016年04月27日19時40分

ワールドカップやオリンピックで良い成績を残すことのみならず、世界の女子サッカーをリードしていけるようなサッカーをしてみたいと考えています」「日本人の特徴、なでしこジャパンが2011年に女子ワールドカップで優勝した時のことを考えてみますと、日本人の特徴が最大限に生かされていたのかなと思います。日本人は非常に器用で、勤勉で、頭が良いと思います。戦術理解度も高い [全文を読む]

なでしこジャパンの活動機会の少なさについて今井純子女子委員長「活動の日程を確保していきたい」

超ワールドサッカー / 2016年04月27日19時34分

しかし、ここで女子サッカーの歩みを止めることなく、これをステップにさらに大きく発展できるように、スタートを切っていきたいと思います。その中で女子委員会を開催し、今までのなでしこジャパンの総括、今後の方向性について話し合いました。それに基づき、次期監督の要件について、女子の監督の候補について話し合い結論を出しました。会長に報告し承認を頂き、今回正式なオファー [全文を読む]

なでしこ復活を託せる新監督で本当にふさわしいのは?

週プレNEWS / 2016年03月22日06時00分

「澤さんは女子サッカー強化に関する明確なビジョンを持っているタイプではないし、本人も言っているように戦術的なことに関する深い知識もない。監督の話し相手にはなれても、サポート役としてはどうだろう。それに彼女は今後、フロントや現場で泥にまみれるより、もっと華やかな場所で自分の知名度を生かした仕事をしたいらしい」 女子サッカーの世界に有望な監督候補がいないので [全文を読む]

自民党の出馬要請に弾丸シュート!澤穂希に「本物のアスリート」と絶賛の嵐

アサ芸プラス / 2016年03月14日09時58分

リオ五輪予選出場を逃し、佐々木監督の退任、主力選手の代表引退など、あの空前のブーム以来、最大の危機を迎えている女子サッカーのなでしこジャパン。 苦戦の連続だった予選中に「こんな時、あの人がいてくれたら」と国民を嘆かせたのが、先日、現役引退を表明したばかりの澤穂希だ。 そんな澤はテレビ解説などで今回のなでしこにも叱咤激励を飛ばしていたが、ここにきて、昨年12 [全文を読む]

なでしこジャパン発表 「意外な選手を試す」高倉監督はサプライズ采配を宣言

ゲキサカ / 2017年05月29日15時21分

女子サッカーの勢力図は1年2年で変わる。その中でもこの2チームはEURO開催国ということもあり仕上がっている。全力でぶつかっていきたい」 メンバーはFW菅澤優衣香(浦和L)が復帰したのみで、4月に熊本で行った親善試合から大きな変更が加えられることはなかった。これについて高倉監督は「新しい選手が非常にいいパフォーマンスを見せた」ことを理由に挙げ、「なでしこジ [全文を読む]

なでしこ、4.9にコスタリカとの初対戦が決定! 高倉監督「楽しみ」

ゲキサカ / 2017年01月24日12時11分

女子サッカー界で新しい力を見せてくれるチームのひとつだと思うので、私たちも新しいチームとして熊本で戦えることをとても楽しみにしています」と意気込んだ。 以下、概要 ▼キリンチャレンジカップ2017~熊本地震復興支援マッチがんばるばい熊本~ ・日時:4月9日(日) ナイトゲーム(予定) ・対戦カード:なでしこジャパン対コスタリカ女子代表 ・会場:熊本/熊本県 [全文を読む]

今秋、FIFAマスターに入学する元なでしこ大滝麻未の“第2の挑戦”

ゲキサカ / 2016年08月03日21時20分

女子サッカーの歴史が浅いことを考慮に入れても、引退したあともサッカーと関わり続けることがいかに難しいかが分かる。 それでも、新たな道を切り開こうとする者もいる。昨年5月、25歳で現役を引退した大滝麻未(27)は、この秋から国際サッカー連盟(FIFA)が運営するスポーツに関する大学院「FIFAマスター」に入学する。「“引退後にもこういう道があるよ”って少しで [全文を読む]

“ベテラン一掃”なでしこ、4つの選考基準…高倉監督「いつでも扉を開いている」

ゲキサカ / 2016年05月20日15時20分

私自身は上に上がってきてくれる選手を待っている」と女子サッカー界全体の底上げを期待した。 [全文を読む]

ルックスがいいからって…猶本光の“特別待遇”は「なでしこ崩壊」の時限爆弾!

アサ芸プラス / 2016年04月29日17時58分

具体的なサポート内容はまだ明らかにされていませんが、日本代表の顔として特別扱いを受けることになりそうです」(スポーツ紙記者) 女子サッカーの普及やなでしこのイメージ戦略を担当することになりそうだ。だが、それがなぜなでしこ崩壊を加速させるのだろうか。「猶本はU-17女子ワールドカップで日本の準優勝に貢献し、14年には日本代表入りを果たした逸材です。ただ、日本 [全文を読む]

なでしこ初の女性監督誕生!高倉新監督「目指すのはどの大会でも優勝」

ゲキサカ / 2016年04月27日18時32分

W杯や五輪で良い成績を残すということのみならず、世界の女子サッカーをリードしていけるようなサッカーをやっていきたい」と抱負を述べた。 なでしこ初の女性監督就任となったが、会見に同席した田嶋幸三会長は「なでしこジャパンを勝たせることのできる監督はだれなのか。外国人でも日本人でも、男性でも女性でも、だれでもよかった。一番勝たせる可能性が高い監督が高倉さんだった [全文を読む]

異例の“幹部尋問”「功績は大きな財産」「他の国の成長が著しい」

ゲキサカ / 2016年03月08日06時23分

どんな立場になったとしても、日本女子サッカーに関わってもらいたい」と労をねぎらった。後任には現在U-20日本女子代表を率いる高倉麻子監督が就任することが濃厚とみられている。 もちろん、リオデジャネイロ五輪を逃した“本題”についてのコメントも求められた。野田女子委員長は、「プロセスとか結果に関しては重く受け止めている」と神妙に話す。また苦戦した要因については [全文を読む]

フォーカス