演技力 高良健吾に関するニュース

「カルテット」吉岡里帆に「いつ恋」森川葵“芋煮会”…坂元裕二氏、若手女優を育てる“第5話の法則”

モデルプレス / 2017年02月15日13時48分

森川葵ちゃんのときも同じこと思った記憶が…」「小夏といい、有朱といい、クラッシャー…こういう役って演技力ないとできないもんね」といった声をはじめ、坂元氏による若手女優の配役についても「坂元さんって本当にすごい。若手女優を次々育てますね」「あんな風にまくしたてる長尺って演技力試されるし、これからって女優さんにとっては大きなチャンスだね」と注目されている。 ◆ [全文を読む]

高良健吾の涙に“もらい泣き”視聴者続出「おかえり練くん」

モデルプレス / 2016年02月29日23時06分

◆高良健吾の演技力に高評価 前回放送の第6話では、優しく穏やかな“引っ越し屋さん”から様変わりしてしまった練の姿が描かれ、視聴者を驚かせた。そんな練が心配で会いに行く音だったが「何にもご存知ないなら、勝手なこと言うな」と冷たく突き放されてしまう。それでも練の亡き祖父・健二が着ていたパジャマから出てきたレシートを読み上げて、健二の生前を想像し、練の心に寄り [全文を読む]

高良健吾はバラエティ向きのキャラ!?さんまのまんまでのトークまとめ

日本タレント名鑑 / 2016年03月14日15時55分

温和な口調とルックスの良さ、演技力の高さで女性から高い支持を得ている高良。さんまと会うのは2回目とのこと。 冒頭でさんまに「飲み物なにしましょうか?」と言われると、「じゃあ、コーラで」と自分の苗字をいかした切り返しを見せ、さんまから「それいただいとこ」とさっそく笑いを取った。 現在29歳の高良。「早く30歳になりたい」と思っているそうだ。その理由は年齢を [全文を読む]

1位福山!「理想の結婚相手」2位ディーンと並ぶイケメン3人は

Menjoy / 2016年07月05日15時20分

演技力があり、男気を感じる雰囲気にコロリときている女子も少なくなさそう!実力派なのにイケメンな男子なら、結婚後にも安心して寄り添うことができそうです。 ■同率2位:斎藤工 続いて、同じく2.3%が選び2位になっていた2人目は斎藤工さん。 ガチで独身な男子ですから、「いつかは斎藤さんのハートを射止めたいっ!」と本気で願っている女性もいるかもしれません。 イ [全文を読む]

「いつ恋」影の“キーパーソン”高橋一生が話題に 視聴者を惹きつける存在感

モデルプレス / 2016年03月07日07時00分

金髪混じりの髪型と、“本当に嫌なやつ”に見えてしまう演技力から、放送開始直後、佐引が高橋だと気づいていない視聴者も多くいたほどだ。そして話題は話題を呼び、回を追うごとに高橋への絶賛の声は大きくなっていった。 ◆子役からキャリアスタート カメレオンぶりで視聴者の心掴む 現在、35歳。デビューは早く、10歳。1995年、スタジオジブリ「耳をすませば」で天沢聖司 [全文を読む]

「いつ恋」森川葵に視聴者から絶賛の嵐「プレッシャーは大きかった」モデルプレスインタビュー

モデルプレス / 2016年02月22日16時50分

それでも常にさらに上を目指す姿勢が、わずか数年で彼女の演技力が急成長する一つの理由なのだろう。 『いつ恋』は6人の成長の物語でもある。森川は自らに“活”を入れる一方で「小夏は大人になりたいのになれない、大人になっているのになっていないように振る舞っている子。自分の中でうまくいってないって気付いていても、それに気付かないようにしていたり。私はこれまでは自分の [全文を読む]

「次世代CM女王」早見あかり、“京都弁”新CMも話題に

日刊大衆 / 2016年10月05日16時00分

朝ドラ『マッサン』(NHK)から、着実に演技力を上げて業界内での評価を高めまして、『創味シャンタンDX』のCM撮影時に、開始5秒で涙を流し、高良やスタッフを驚かせた、なんて話もあったようです。来年あたりはこんなものではないぐらい、CM出演が増えそうな予感がしますね」(広告代理店関係者) 昨年の「CM起用社数ランキング」のトップは、13社に起用された上戸彩( [全文を読む]

「こんなアラレちゃんならウンコつけられてもいいわ」中条あやみの黒歴史一歩手前!? 「GU」のアラレちゃんCM

おたぽる / 2016年09月02日20時00分

さらに、中条の「ンチャ!」や「バイチャ!」といった決め台詞の呂律が少々怪しいことから「バイチャの発音、おかしくね?」「可愛いけどなんかセリフが聞き取りづらいな」「これシリーズ化すんでしょ? 中条芝居大丈夫か?」と中条の覚束ない演技力を指摘する声も。 [全文を読む]

来春朝ドラヒロイン抜擢の有村架純、「あまちゃん」ブレイク経てカムバック<略歴>

モデルプレス / 2016年06月29日16時28分

確かな演技力と圧倒的な存在感を世間に印象づけ、瞬く間にトップ女優の仲間入りをした。 1年間の活躍で、第39回日本アカデミー賞の優秀主演女優賞と新人俳優賞の2部門を受賞したほか、第58回ブルーリボン賞女優賞、第40回エランドール賞新人賞を受賞と、その演技力も高く評価されている。 CMではKDDI「三太郎」シリーズで演じる“鬼嫁”のかぐや姫が人気を博し、同年全 [全文を読む]

キュートな丸いお尻がこんにちは! 二階堂ふみ主演のエロチックファンタジー『蜜のあわれ』を吸い尽くしたい

おたぽる / 2016年03月29日17時00分

持ち前の度胸と演技力で、名だたる監督たちの期待に応えてみせる二階堂。今回のようなオヤジキラー役は、彼女にとってハマリ役だろう。 老作家と金魚とのアブノーマルな恋愛関係に、もう一人のワケありキャラクターが絡むことになる。老作家の大ファンだったという和服の似合う大人の女・ゆり子(真木よう子)が現われ、怪しい三角関係へと物語はよじれていく。実はゆり子はもうこの世 [全文を読む]

フォーカス