演技力 高良健吾に関するニュース

高良健吾はバラエティ向きのキャラ!?さんまのまんまでのトークまとめ

日本タレント名鑑 / 2016年03月14日15時55分

温和な口調とルックスの良さ、演技力の高さで女性から高い支持を得ている高良。さんまと会うのは2回目とのこと。 冒頭でさんまに「飲み物なにしましょうか?」と言われると、「じゃあ、コーラで」と自分の苗字をいかした切り返しを見せ、さんまから「それいただいとこ」とさっそく笑いを取った。 現在29歳の高良。「早く30歳になりたい」と思っているそうだ。その理由は年齢を [全文を読む]

高良健吾の“人生を変えた”廣木監督!2人の歩んできた軌跡を振り返る!

dmenu映画 / 2017年07月08日07時00分

幅広いジャンルに対応する演技力と存在感で、今や日本映画に欠かせない俳優の一人となった高良健吾。2016年は4本の映画出演に加え、月9ドラマやNHK連続テレビ小説、テレビCMへの出演など、活躍の場はお茶の間にも広がっています。 そんな売れっ子俳優となった彼が、未だに敬愛してやまない映画監督がいます。その人こそ、『彼女の人生は間違いじゃない』(7月15日公開) [全文を読む]

「次世代CM女王」早見あかり、“京都弁”新CMも話題に

日刊大衆 / 2016年10月05日16時00分

朝ドラ『マッサン』(NHK)から、着実に演技力を上げて業界内での評価を高めまして、『創味シャンタンDX』のCM撮影時に、開始5秒で涙を流し、高良やスタッフを驚かせた、なんて話もあったようです。来年あたりはこんなものではないぐらい、CM出演が増えそうな予感がしますね」(広告代理店関係者) 昨年の「CM起用社数ランキング」のトップは、13社に起用された上戸彩( [全文を読む]

「こんなアラレちゃんならウンコつけられてもいいわ」中条あやみの黒歴史一歩手前!? 「GU」のアラレちゃんCM

おたぽる / 2016年09月02日20時00分

さらに、中条の「ンチャ!」や「バイチャ!」といった決め台詞の呂律が少々怪しいことから「バイチャの発音、おかしくね?」「可愛いけどなんかセリフが聞き取りづらいな」「これシリーズ化すんでしょ? 中条芝居大丈夫か?」と中条の覚束ない演技力を指摘する声も。 [全文を読む]

キュートな丸いお尻がこんにちは! 二階堂ふみ主演のエロチックファンタジー『蜜のあわれ』を吸い尽くしたい

おたぽる / 2016年03月29日17時00分

持ち前の度胸と演技力で、名だたる監督たちの期待に応えてみせる二階堂。今回のようなオヤジキラー役は、彼女にとってハマリ役だろう。 老作家と金魚とのアブノーマルな恋愛関係に、もう一人のワケありキャラクターが絡むことになる。老作家の大ファンだったという和服の似合う大人の女・ゆり子(真木よう子)が現われ、怪しい三角関係へと物語はよじれていく。実はゆり子はもうこの世 [全文を読む]

芳根京子、『いつ恋』最後のキーパーソンに選ばれた理由 二面性を持つキャラと演技力に迫る

リアルサウンド / 2016年03月22日06時10分

それだけ重要な役を芳根京子に託した理由として、彼女の経験値と演技力に加え、「“強さとかれんさ”、“明るさとけなげさ”という両極端な二面を感じさせる」と期待を込めてオファーしたのだと語っている。(出典:『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』公式サイトより)では、第9話での彼女の出演シーンを振り返ってみよう。 人通りの多い街の中で、自分の荷物をひったく [全文を読む]

「いつ恋」に芳根京子!彼女しかいないとPが出演依頼

Smartザテレビジョン / 2016年03月07日18時04分

音に通じる“強さとかれんさ”、“明るさとけなげさ”という両極端な二面を両方感じさせ、しかも、あの年齢にもかかわらず既に主演やヒロインを張ってきている経験値、そして折り紙付きの演技力…それら全てを持っている芳根さんなら大役の明日香を難なく演じてくれるのではないかと思い、オファーしました」と明かした。 一方の芳根は「毎週とっても楽しみにしていたドラマだったの [全文を読む]

福山雅治主演ドラマ『ラヴソング』の“無名すぎる”ヒロイン決定の裏に、フジと所属事務所の裏取引?

日刊サイゾー / 2016年02月25日13時00分

真偽のほどは定かではありませんが、なにやら、フジとアミューズの“裏取引”のにおいがプンプンしてきます」(芸能関係者) ヒロイン以外のキャストは、田中哲司、宇崎竜童、水野美紀、夏帆、木下ほうか、渋川清彦、駿河太郎といった面々で、演技力はともかく、これまた地味なメンツ。 「月9」はいうまでもなく、フジの看板ドラマ枠だが、ここ最近は低迷。今期の『いつかこの恋を思 [全文を読む]

“清純派”高畑充希がお色気演技に初挑戦 イメチェンで朝ドラ『とと姉ちゃん』は大丈夫?

日刊サイゾー / 2016年01月25日21時00分

すでに、その演技力は高い評価を受けている。お色気チャンレンジで、演技の幅を広げた高畑の朝ドラでの躍動ぶりに注目したい。 (文=森田英雄) [全文を読む]

森川葵はただの“個性派女優”ではない 『いつかこの恋を〜』で期待される役者としての地力

リアルサウンド / 2016年01月17日07時00分

しかし、このような一面ばかりがフィーチャーされることで、森川が元来持つ演技力そのものになかなか注目がいかないことに、筆者はもどかしさを感じていた。もちろん、他の役者なら躊躇してしまうであろう個性的な役を演じきれるのは魅力のひとつだ。とはいえ、振りきれた役柄だけでなく、どこにでもいそうなリアリティのある役柄を演じられるのも、森川の大きな武器だろう。森川は、キ [全文を読む]

大河『花燃ゆ』 女性に見てほしいとイケメンをキャスティング

NEWSポストセブン / 2015年01月18日07時00分

ビジュアルだけではない素晴らしい演技力も持ったかたたちばかりです」(プロデューサー・土屋勝裕さん) 歴史的に見れば決してメジャーとはいえないヒロインだが、それゆえさまざまな楽しみ方ができるというのはコラムニストのペリー荻野さん。 「せっかく今をときめく俳優陣が勢揃いしているので、お気に入りの誰か1人の視点から見てもいい。また“吉田松陰という困ったお兄ちゃん [全文を読む]

“いくえみ男子”の人気は、毒のようなシビアなセリフにあり!?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月09日12時00分

『潔く柔く』では、岡田将生や高良健吾、中村蒼ら演技力に定評のある若手俳優がいくえみ男子を演じる。彼らがどんな表情で名セリフを放つのか。原作と違った魅力が生まれそうだ。 (ダ・ヴィンチ電子ナビより) [全文を読む]

フォーカス