イチロー 黒田博樹に関するニュース

長嶋茂雄「ポケットに隠しきった右手の真実」(4)コメントすれば水を差す!?

アサ芸プラス / 2013年05月23日09時59分

プロ野球界と国民栄誉賞といえば、過去に2度にわたって受賞を打診され、いずれも辞退した経験のあるヤンキースのイチロー(39)の名前が浮かぶ。だが、松井氏の受賞を受けて黒田博樹(38)や上原浩治(38)らが祝福コメントを出す中、イチローは沈黙を保ったままだった。イチローにとって松井氏は、打撃スタイルやメディア対応、WBC出場などを巡って「相いれない関係」とされ [全文を読む]

【プロ野球】今シーズンに”大記録達成”が期待される選手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年01月27日16時00分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■イチロー(マーリンズ) 昨年8月15日(日本時間16日)、カージナルス戦で日米通算4192安打を放ち、「球聖」タイ・カッブ(元タイガースほか)の通算安打を超えた。残るはMLB歴代1位のピート・ローズ(元レッズほか)が持つ通算4256安打の記録更新だ。昨シーズンを終えてイチローの日米通算安 [全文を読む]

意外とイケる? WBC“選手会抜きジャパン”の可能性

週プレNEWS / 2012年08月06日19時00分

今期は不調でトレードされていますが……」(野球ライターS) ●野手(スタメン) 1.【ライト】イチロー(ヤンキース) 2.【レフト】青木宣親(ブリュワーズ) 3.【センター】シェーン・ビクトリーノ(ドジャース) 4.【指名打者】松井秀喜(フリー) 5.【キャッチャー】カート・スズキ(アスレチックス) 6.【ファースト】G.G.佐藤(イタリア・ボローニャ) [全文を読む]

WBC侍ジャパン「阿部助監督」で空中分解も

アサ芸プラス / 2012年11月28日09時59分

残る2人のうち黒田博樹(37)は辞退が確実視され、所属球団が決まらないイチロー(39)は不透明だ。 「辞退が濃厚ですが、メジャーからは誰も出ないとなり、急転直下で『じゃあ、俺が救世主になる』と、オイシイところ取りする可能性は十分ある。その場合、山本監督がはやばやと主将に指名した阿部慎之助(33)との権力争いが勃発します」(前出・デスク) 山本監督は「阿部の [全文を読む]

2014メジャーリーグ、日本人選手17人の現在地

週プレNEWS / 2014年04月01日11時00分

そして、ヤンキースのイチローは、今季も不完全燃焼の日々が続きそうだ。 外野手としては5番手評価だが、ヤンキースは保険としてイチローをなかなか手放せないでいる。結果、この3年、打率3割を打てていない。特に、左投げ投手の打率が.321に比べて、右投げからは.235と極端に打ててないことは気になるところ。 いずれにせよ毎日、打席に立ってシーズンの深まりとともに [全文を読む]

イチローのも影響? マーリンズ買収でジーターがチーム運営に及ぼすもの

週プレNEWS / 2017年05月10日06時00分

モデル張りのルックスで、松井秀喜、イチロー、黒田博樹、田中将大らの同僚だったことから、日本でもおなじみの存在になっている。 そんなMLBが誇る“キャプテン”が、6月に43歳を迎える今年からついにオーナー業に乗り出すことになったのだ。 現役生活20年の年俸だけで約2億6500万ドル(約300億円)を稼いだジーターだが、落札額は約13億ドル(約1443億円)と [全文を読む]

【プロ野球】第1回WBCからはや10年…当時の代表メンバーはいま何してる?

デイリーニュースオンライン / 2016年01月24日16時00分

(★=メジャー現役、◎=NPB現役、△=独立リーグ・社会人野球などで現役、×=所属球団なしで現役志向) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! 【投手】 清水直行/藤田宗一/久保田智之/◎松坂大輔/★上原浩治/薮田安彦 /◎和田毅/◎藤川球児/△渡辺俊介/大塚晶文/久保田智之/小林宏之/◎杉内俊哉/石井弘寿 【捕手】 里崎智也/ [全文を読む]

女子アナと交際・結婚のプロ野球選手、なぜ軒並み絶不調?広島・堂林、巨人・小林&長野

Business Journal / 2015年11月09日22時00分

イチローや青木も女子アナと結婚 このように、今シーズンは女子アナと交際、結婚した選手がことごとく不調に終わっている。しかしながら、米マイアミ・マーリンズのイチロー外野手や、2013年に現役を引退した石井一久元投手、米サンフランシスコ・ジャイアンツの青木宣親外野手などのメジャーリーガーも、女子アナと結婚している。女子アナとの交際、結婚と不調を結びつけるの [全文を読む]

あのイチローがせっせと行う“MLB殿堂入り工作”とは?(2)アメリカの記者はイチローを評価していない?

アサ芸プラス / 2015年01月26日09時56分

イチローのモチベーションはヒットを量産することにあり、メジャーの野球殿堂入りしたいという野望、悲願があるのです」 殿堂入りの資格を持つのは、メジャーで10年以上プレーし、引退後5年以上が経過した選手。投票権を持つのは、全米野球記者協会に10年以上所属した記者である。 「殿堂入りのためには、メジャー通算3000安打が必要だとされています。まずそれを達成し [全文を読む]

広島カープ・黒田博樹はなぜ「“男気”復帰」に動いたのか?(2)復帰への障壁がなくなった?

アサ芸プラス / 2015年01月21日09時55分

あのイチローが尊敬した打撃技術は文句なしに超一流で、アキレス腱断裂という悲運のドラマも手伝ってファンからの支持も絶大な前田だったが‥‥。 「そのうえ、引退を引き延ばされるほど松田オーナーからも寵愛されただけに、誰も意見を言えなかった。晩年こそ堂林をかわいがったりしましたが、黒田とは対照的に若手の面倒を見るというタイプでもなかった。そのため、ベンチで幅をきか [全文を読む]

ヤンキース・田中将大の最大の敵はニューヨークのメディアとファン

週プレNEWS / 2014年01月27日14時00分

ヤンキースといえば、古くは伊良部秀輝から黒田博樹、イチローまで、日本のファンにとっても見慣れたピンストライプのユニフォーム。これを「待ってました!」ととるファンもいれば、逆に「別のチームで戦う姿が見たかった」と感じたファンも少なくないかもしれない。 「実はメディア関係者の間では、ヤンキースという名前は少々意外でした。メジャー屈指の金満球団として知られます [全文を読む]

イチローと岩隈トレードならヤ軍の若手あと2人必要と関係者

NEWSポストセブン / 2013年06月27日07時00分

「ヤ軍の放出要員はイチローではないか。打率.265では物足りないし、何よりも出塁率が3割前後では戦力にならない。存在価値は薄れている」(同前) イチローがマ軍からヤ軍に電撃移籍したのは昨年の7月。1年後の出戻りとなればイチローにとって屈辱的な展開だが、マ軍関係者は苦笑していう。 「いくら何でも岩隈とイチローの交換では、マ軍が大損だ。ヤ軍の有望な若手を2人 [全文を読む]

総額60億超 高年俸選手のみでWBC代表を選んでみた

NEWSポストセブン / 2012年10月12日16時00分

最高はもちろん約15億円を稼ぎ出すイチローで、最低でも金本の2億2000万円。監督は球界最高年俸の原監督で、金本と同額だった。メンツを見ると、監督はもちろん、クリーンアップまで全員、前回大会の出場者。ちなみに当時は田中、黒田も代表候補に挙がっている(未出場)。その意味では妥当な人選といえそうだ。 【プロの評価はお金で決まる 高年俸軍団の底力「金満ジャパン [全文を読む]

プロ野球選手の「女王妻」ランキング(1)

アサ芸プラス / 2012年02月07日10時59分

落ち込みやすい選手を、あえてそっとしておかなかった操縦術の達人でしょう」(野球ライター) 現在活躍中の選手に目を向けると、イチローや内川はご存じのとおり、結婚後に天才がさらに躍進したパターン。 そして現在、イチローに次いでメジャーで期待以上の活躍をしているのが黒田博樹だ。黒田は1歳年上の雅代夫人と結婚。 「ドジャース時代に勝てない日々が続いても、夫人は『ダ [全文を読む]

【プロ野球】川崎宗則が「皇帝」となって長崎をパレード!? 日本人メジャーリーガーたちが扮した“仮装”列伝!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月11日17時05分

ちなみに日本人メジャーリーガー一番の大御所であるイチローもマリナーズのルーキー時代にはフーターズのウェイトレス(タンクトップにホットパンツ)に仮装したとか。しかし、本人の強い要望により、メディアには決して流さなかったというのが定説だ。 また、メジャーリーグではいじめ、いやがらせの防止に力を注いでおり、「新人いじめ」の延長線上にある「ルーキー・ラギング・デ [全文を読む]

2月1日球春到来!海外挑戦確実の大谷翔平にファンは何を思う?

しらべぇ / 2017年02月01日06時30分

また、野手としてもイチローが認めるほどの打者であるため、「投げられないなら打撃で勝負」もできるだろう。メジャーリーグでも160キロを投げる投手は少なく、MAX165キロはあの世界最速左腕のアロルディス・チャップマンにも匹敵する球速。スピードと正確なコントロールで、圧倒的な活躍を期待する声も少なくない。■ファンに聞いてみたファイターズファンのSさんに聞いてみ [全文を読む]

オールスターゲームのファン投票結果発表!注目は山田と大谷

しらべぇ / 2016年06月28日18時00分

■実力者揃いのパ・リーグ一方のパ・リーグは投手として7勝、野手で打率3割9本塁打の大谷翔平投手を筆頭に、パのトリプルスリー柳田悠岐選手、イチローを超えるシーズン216安打を達成した秋山翔吾外野手、日本の4番候補中田翔内野手、糸井嘉男外野手ら実力者が揃う。監督推薦でリーグのホームラントップをひた走るメヒア内野手や3割4分台のハイアベレージを残す角中勝也選手が [全文を読む]

生涯ライオンズ…「独特の美学」を貫いた西口文也のプロ野球人生

デイリーニュースオンライン / 2015年11月21日16時00分

庶民からすれば夢のような「お給料」だが、西口が脂の乗り切ったころと前後して、イチローは年18億円(人生総額190億円)、同じ投手の黒田博樹などドジャースと3年総額約35億円という契約を果たしている。 実際は税金で半分ほどもっていかれてしまうが、それでも、17億円もあれば自宅が何倍も大きくなる。自家用ヘリコプターも楽々買えるし、高級車も買い放題だ。手に入らな [全文を読む]

TBS枡田絵理奈アナと広島カープ・堂林翔太が結婚へ! “姉さん女房・メジャー挑戦組“に続けるか

メンズサイゾー / 2014年11月07日00時30分

たとえば現在ニューヨーク・ヤンキースに所属するイチロー選手(41)と元TBSアナウンサーの福島弓子(48)やニューヨーク・メッツの松坂大輔投手(34)と元日本テレビアナウンサーの柴田倫世(39)のほか、女子アナではありませんが、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手(26)とタレントの里田まい(30)や同じチームに所属する黒田博樹投手(39)も1歳年上の妻 [全文を読む]

ニューヨークのヤンキー・スタジアムに、カナ表記での「メットライフ」の看板を掲出

PR TIMES / 2014年04月08日17時52分

今シーズンのニューヨーク・ヤンキースには、田中将大選手やイチロー選手、黒田博樹選手等が所属し、注目度も非常に高くなっています。過去6年間にわたり、米国メットライフがヤンキー・スタジアムで掲出してきた看板に、日本のお客様によるグローバルブランド「メットライフ」の認知を高めるために、今シーズンはカタカナ表記の「メットライフ」を追加いたしました。 現在、全世界 [全文を読む]

フォーカス